山を愛し、秘湯と新たなるロマンチシズムを求めて

九州・大分の山と自然を発信します。 山のいで湯岳人への‘こだわり’
大分(おいた・・・生粋の大分県人はこう呼ぶ)since 2002.2.1
  山を愛し、秘湯と新たなるロマンチシズムを求めて
           (2019.8.3更新)
  Welcome
 

左:涸沢から奥穂〜北穂の稜線を望む、右:ジャンダルム(2019.8.1-2、鈴木会員撮影) 「思い立ったが吉日」とばかり、天候その他の諸条件を勘案して急きょ、鈴木会員が穂高連峰に旅立った。先月末常念山脈を縦走した高瀬会員に次ぐ、穂高入りだ。

かつての山仲間とはそれぞれの思い入れの山も置かれた環境も異なる。グループ山行であれやこれや気を遣うより孤高の人になる方が気持ち的には楽だ。そう言えば、こだわり編集長もかつての一時期、大島亮吉的“アラインゲンガー”を目指したこともあったのだが…。
トピックスと行事報告
お便り紹介
更新履歴
 

掲示板

吉賀信市の ジャヌー挑戦  吉賀信市の ヒリシャンカ挑戦
山の旅人
栗秋正寿
  大平展義の エベレストまでの道
 リ ン ク

 奮 闘 記

特別寄稿

会報‘おゆぴにすと’
 バックナンバー

おゆぴにすと
 クロニクル

会長挨拶
30年来の大切な山仲間
おゆぴにすと解説

▼大分登高会の風
▼最近の主な山行
▼クライミング日記
▼霊山日記

▼こだわり山日記
山のいで湯行脚

山岳紀行

山岳随想

峠・源流紀行

大分の山

憧憬の石鎚山

気まぐれ編集日記

 
制作: 山のいで湯愛好会編集部