ベラジョンカジノ
↑初回入金ボーナス最高$500の100%プレゼント中!無料ゲームもコチラから↑

マカオのカジノ王 スタンレー・ホーとは?

現在、ラスベガスの約7倍のカジノ売上となった
マカオのカジノ。

 

マカオがまだポルトガルの植民地時代の頃に
マカオのカジノ王として君臨していたのが

 

スタンレー・ホー氏です。

 

マカオのカジノ王 スタンレー・ホー

 

カジノや競馬、ドッグレースなどのギャンブルから
ホテル経営や交通のインフラ事業、福祉にわたって
全てスタンレー・ホー氏の手によるものでした。

 

ピーク時にはマカオの税収の約50%を
スタンレー・ホー系列企業が独占!

スタンレー・ホーのプロフィール

  • 生年月日:1921年11月25日 (95歳)
  • 出身地:香港
  • 職業:実業家
  • 子供:パンジー・ホー、 ジョシー・ホー、 ローレンス・ホー、 オーランド・ホウ
  • 兄弟: スージー・ホウ
  • 学歴:皇仁書院、 香港大学

かつてのマカオカジノはマフィアで無法状態!

昔のマカオの賭博はマフィアによる無法状態でした。

 

そこで治安の安定と税収の確保を目的として、
1840年に「独占経営権制度」が作られました。

 

1961年の更新の際にスタンレー・ホー氏が設立した、
STDM(マカオ旅游有限公司)は落札に成功!

 

ライセンスが外資系企業に許可される2002年まで
スタンレー・ホー氏はマカオのカジノ王として
君臨し続けました。

 

スタンレー・ホー氏のカジノの本拠地である
ホテル・リスボア(旧リスボア)は外資系カジノが
参加するまで東アジアのカジノでした。

 

カジノ運営の一部をマフィアと手を組み
スタンレー・ホー氏は裏社会との関係も話題に!

 

ホー氏の娘であるパンジー・ホー氏と合併で、
マカオへの進出を果たしたMGMがニュージャージー州の
ゲーミングコントロール委員会からスタンレー・ホー氏との

 

関係を指摘されアトランティック・シティのカジノから
手を引くことになった話は有名です。

マカオのカジノ外資系企業へカジノライセンス許可

これまでスタンレー・ホー氏の独占下にあったマカオの
カジノ事業は2002年に外資系カジノにライセンスが許可されました。

 

  • スタンレー・ホー氏が経営するSJM。
  • スティーブ・ウィン氏が率いるラスベガスがウィン・リゾート。
  • 香港系のギャラクシー・エンターテインメント(銀河娯楽集団)

の3社がライセンスを取得しました。

 

カジノライセンスは決められましたが、
シャルドン・アデルソン氏のベネチアン(現サンズ・チャイナ)が
提示したMICEに重きをおいた計画をマカオ政府が評価し、

 

ギャラクシーがベネチアンにサブライセンスを許可すると、
スタンレー・ホー氏のSJMはMGMに、
ウィン・リゾーツはメルコ・クラウンと
立て続けにサブライセンスが許可されました。

 

このうちSJMからサブライセンスを与えられたMGMは、
スタンレー・ホー氏の娘であるパンジー・ホー氏との合併。

 

ウィン・リゾーツからサブライセンスを与えられたメルコ・クラウンは
スタンレー・ホー氏の息子であるローレンス・ホー氏との合併。

 

サブライセンスを含む6つのカジノライセンスのうち、
実質的に3つがスタンレー・ホー氏の傘下となり、
現在でもその影響力は健在です。

北朝鮮のカジノ

話は変わって、
あまり知られてないですが北朝鮮にもカジノがあります。
その北朝鮮のカジノ経営者もスタンレー・ホー氏なんです。

マカオ,カジノ王,スタンレー・ホー,カジノ
↑入金不要で有料版で遊べる「$30」今、無料で貰える!↑