Cafe'  SlowBeat




 


 トピックス

   コンサートなどのイベント情報を発信していきます。


過去のトピックス

      ■ イベント・スケジュール ■


 ■2017/07/20~8/E ガラス作品フェア / 三河裕子

 ■2017/10/20 于波デュオ / 于波Cello)、中山博之(Pf)


 * 変更になる場合もあります。詳細は別途下記。

  イベント情報はメール配信しています。ご希望の方はメールでご一報ください。

2017/07/20 

ちょっと事前アナウンスを忘れてしまっていましたが、、、、(汗)
"本日よりこの時期恒例となってきた「三河裕子さんのガラス作品フェア」、カフェ店内で開催です ! "

この暑苦しい時期、涼やかな透明感あふれる 「パート・ド・ヴェール技法」 による宝石のようなガラス作品の数々、どうぞお手にとってご覧下さい。

          

三河裕子さんについてはコチラ ⇒ OITA SHOKU

八月の終わり頃まで開催予定です。





2017/02/14 

    

長年当店に、ここ大分県出身の世界的ピアニスト辛島文雄さんのトリオで先端のジャズを届けてくれていた日本ジャズのメッカ、新宿ピットイン、そして "Pit inn Music" !
地縁ゆえの場違いな当店での辛島さんの長年に渡るコンサート、でも、彼の闘病でその縁も途絶えると覚悟しました。

でも、また素敵なオファーを "Pit inn Music" から頂きました。
辛島さんの薫陶に浴した、今では日本トップドラマーの一人、奥平真吾さん率いる、ギターとサックス交えたジャズ・カルテット !

「超モダン」・・・オファーを受けた時のアナウンスに触手が動いた。
正統派、王道のドラマー奥平真吾が率いる、でも、ピアノレスの 「ウルトラモダン・カルテット」 とは !!!?

辛島さんの意志継ぐこのカルテット、必ずや皆さまのご期待に応える演奏になる、確信致します。
どうぞ、お見逃しなく。

※ 追伸 2017/03/07
このコンサートに連なる事をコラムに書ていた。
・・・訃報。覚悟していたとはいえ、やはり早過ぎです。




奥平真吾(Ds)Shingo Okudaira
1966 年東京都出身。
3才にしてドラムを学び、5才の時に両親の仕事によりケニアで過ごす。
小学校入学を機に帰国、ジミー竹内(Ds)に師事する。9歳の時にライブハウスに初出演し、その早熟な天才振りがニュースとなり一躍時の人となる。1977 年に初リサイタル、1978 年に「処女航海」においてレコードデビューする。その後、本多俊之(Sax)バーニング・ウエーブ、益田幹夫(Pf)、辛島文雄(Pf)のグループを経て、1991 年にニューヨークへ移住。
ニューヨークではかつてのマイルス・デヴィス(Tp)のメンバーであったカルロス・ガーネット(Sax)のレギュラーを始め、多くのグループで活躍する。2010 年に帰国。これまで6枚のリーダー・アルバムを発表。最新作は2015 年に自己の新しいユニットThe New Force による「THIS IS NEW」である。
ピュアなジャズドラマーとして他に類を見ない存在であり、ワールドワイドな活動は衆目の一致するところである。現在は自己のユニット中心に、本多俊之(Sax)バーニング・ウエーブ・カルテット、福田重男(Pf)トリオ、増尾好秋(Gtr)トリオ、土岐英史(Sax)グループ、高内ハル(Gtr)グループでも活動中。
⇒Webサイト

三好“3吉”功郎(Gtr)Miyoshi ‘‘Sankichi’’ Isao
大分県別府市出身。
1983 年上京後、本田竹広(Pf)ネイティブサン、梅津和時(Sax)シャクシャイン、ポール・ジャクソン(B)グループ等の様々なグループで活躍した後、1995 年 村上”ポンタ”秀一(Ds)と共に結成した「3吉・ポンタUNIT」で初リーダーアルバム「サンキチズム」をリリースする。
このアルバムはジャズギターの概念を破る傑作と各方面より絶賛される。その後もコンスタントにリーダー作を発表している。海外公演も数多く、各地で好評を博している。現在は自身の活動に加え、絢香、JUJU、辛島美登里、国府弘子(Pf)、本田雅人(Sax)等のツアー、レコーディング等で活躍。
また2002 年以降、矢沢永吉、森山良子のツアーにはギタリスト兼バンドマスターとして長年参加、現在にいたる。まさしく現在の日本ギタリスト界を代表するミュージシャンの一人である。

岡 淳(Sax & Fl) Makoto Oka
1963 年東京生まれ。
一橋大学在学中より宮ノ上貴昭(Gtr)&スモーキン、池田芳夫(B)カルテット などで活動しジャズシーンに頭角をあらわす。1990 年にバークリー音楽大学より奨学金を得て渡米。ボストンで2年過ごした後ニューヨークに移り、様々な演奏活動を経験する。1994 年に帰国後は自己のバンドKAIMA、サキソフォビア、小林陽一(Ds)グッドフェローズ、吉岡秀晃(Pf)、酒井 俊(Vo)、綾戸智絵(Vo)、akiko(Vo)、オレンジペコー、中川ひろたか(Vo)MGQ 等の様々なセッションに参加。リーダー作CD には"KAIMA"、"private"、"punch!"、"MAGNETIC MOMENTS"がある。
2009 年に「ミュージシャンによるレーベル」としてモックヒル・レコードを立ち上げ、現在まで緑川英徳(Sax)、サキソフォビア、江藤良人(Ds)、松島啓之(Tp)等のアルバムをリリースしている。

古木佳祐(B)Keisuke Furuki
1990 年生まれ 神奈川県出身。
歌手の母、ピアニストの父の音楽一家に生まれ、幼少の頃よりジャズ、ワールドミュージックに親しんで育つ。コントラバスを山下弘治氏、ジャズピアノを飯沼五洋氏に師事。10代よりプロとして演奏を開始し、現在に至っている。
共演者には、大野俊三(Tp)、Adam Unsworth(Hln)、山口真文(Sax)、高嶋 宏(Gtr)、熊谷ヤスマサ(Pf)、吉本章紘(Sax)佐藤恭子(Sax)等。また、ユニットとしてLibstems, Filament, Veracity Voice, カタリナ等にも参加。他にも作曲家、音楽理論の講師、アーティストのレコーディングなど活動の幅を広げており、期待の若手ベーシストとして衆目を集めている。



★ コンサートのチケット前売は当店にて。ご予約はメールやお電話でも承ります。
  席に限りがございますのでお早めに。



レポート  




                     過去のトピックス