九重連山の光と影
◆いつもご訪問いただきありがとうございます。

◆このサイトは九重連山が見せる朝焼け、夕焼けの表情を写真で紹介しています。

◆「見て楽しむ・・」をモットーにフルサイズ画面(960×540ピクセル)で構成しています。

◆暗い夜道を歩くのでちょっと苦労しますが、好きなので仕様がありません。

◆画像と文字サイズはそれぞれのWEBプラウズに合わせてご覧下さい。

◆ごゆっくり、お楽しみ下さい。
(お気に入りの写真集です)
 (山名をクリックするとサムネイルに進みます)
久住山
扇ガ鼻
星生山
肥前ガ城
天狗ガ城
中 岳
稲星山
三俣山
大船山
平治岳
硫黄山
坊ガツル近辺
くじゅうの花
番外編(山)
番外編(花)
ご感想・ご意見はこちらへ⇒
三俣北峰絶壁
開設日:H18.2.1
(写真をクリックすると山行記・番外編に進みます)
,
黒岳
このサイトに掲載されている写真の無断転用・転載はお断りします。
光と影アルバム集
直近の山行写真
プロフィール
リンクサイト
更新日:R3.1.4 

  
長者原近辺


由布岳
 
 

  <お知らせ> 

コロナ禍で日本国中、いや世界中がひっくり返りそうになってきた・・
今まで経験した事がない、暗くて憂鬱で最悪な年末年始になってしまった。
政府もあの手この手を尽くしているが、全て手探りなので、後手後手の状態だ。
日本だけでも毎日数千人の感染者が出て、数百人が重傷者で、数十人の人が亡くなっている。
これがどこかの外国の様に一桁増えたらどうなるのだろうか・・
恐ろしい事だ・・
でも、この様な状況を、無視している人達がいる・・。
Go To何とかで旅行をしたり、街で飲食したりする自分勝手な人達だ・・。
貴方達は遊ぶために生きているのか?・・
食べるために生きているのか?・・
と・・聞きたくなる。
コロナは原因不明で罹ったり、他人にも移すと言うやっかいな伝染病だと分かっているはずだ。
のっぴきならない理由で、旅行しなければならない人もいると思うが、今、そんな人はまれだ・・。
新聞、テレビではいろいろな先生方が論評を書いたり、しゃべったりしているが
役に立つものはほとんどない・・。
航空会社などの大企業、下請けの小さな会社、中小の観光業者、
繁華街の小さな飲食店、障害者の施設・・などなど・・
どこも息絶え絶えだ・・。
日本の社会構造、経済構造の姿が見えて来る・・。
今までの我々の生き方が正しかったのかどうか・・が見えて来る
あいみょんの歌が思い出される・・
 ♪切り捨てた何かで今があるなら
 ♪「もう一度だ」なんて
 ♪そんな我が儘 言わないでおくけどな
 ♪それでもどこかで今も求めているものがある
今までやって来たやり方で本当に良かったのか、しっかりと考えなさい・・
コロナはそんな事を言っている様だ・・
本当の国の力、本当の人間力が試されるのはこれからだ・・。
R2.9.18 番外編
終戦記念日に思う(後編)
R2.10.21 番外編
グレートネイチャー(13)
R2.11.3 番外編
グレートネイチャー(14)
番外編  九重・グレートネイチャー(15)  神々の宿る大船山   R3.1.4アップ

R2.11.21 番外編
私の昔話(その6)
(私が初恋をされた話)
なんと神々しい大船山であろうか・・。
まるで神が宿っている様な神秘さを感じる・・。
ジーッと見ていると神々の語らいの声が聞こえてくる・・。
やっと見る事が出来た白銀の大船・・。今からあの山頂に立てると思うと胸がときめいてくる・・。
この厳しく威厳のある姿は何に例えたら良いのだろうか・・。
「くじゅうに大船あり・・」 まさにその説得力は充分だ・・。
下の写真をクリックすると今までのグレートネイチャーに進みます