九重連山の光と影
◆いつもご訪問いただきありがとうございます。

◆このサイトは九重連山が見せる朝焼け、夕焼けの表情を写真で紹介しています。

◆「見て楽しむ・・」をモットーにフルサイズ画面(960×540ピクセル)で構成しています。

◆暗い夜道を歩くのでちょっと苦労しますが、好きなので仕様がありません。

◆画像と文字サイズはそれぞれのWEBプラウズに合わせてご覧下さい。

◆ごゆっくり、お楽しみ下さい。
(お気に入りの写真集です)
 (山名をクリックするとサムネイルに進みます)
久住山
扇ガ鼻
星生山
肥前ガ城
天狗ガ城
中 岳
稲星山
三俣山
大船山
平治岳
硫黄山
坊ガツル近辺
くじゅうの花
番外編(山)
番外編(花)
ご感想・ご意見はこちらへ⇒
三俣北峰絶壁
開設日:H18.2.1
(写真をクリックすると山行記・番外編に進みます)
,
黒岳
このサイトに掲載されている写真の無断転用・転載はお断りします。
光と影アルバム集
直近の山行写真
プロフィール
リンクサイト
更新日:R3.4.1 

  
長者原近辺

由布岳
 
 
  <お知らせ> 

今回は山と全然関係ない話です・・(苦笑)
先日、大相撲春場所で 関脇・照ノ富士が劇的な復活優勝をした・・
表彰式で賜杯を受け取ったあと、土俵下でNHKのアナウンサーが喜びの声を
インタビューするのが恒例になっている。
その時のアナウンサーの一言と聞き方に私は唖然とした・・。
アナウンサーは照ノ富士にいろいろと聞いているうちに、
「序2段まで陥落した時に、相撲を止めなくて良かったですね・・」とケロリと言ったのだ。

照ノ富士(モンゴル出身)は初土俵(2011・5月)後、破竹の勢いで昇進し、
2015.5月に幕内初優勝をして23歳で大関になった。今から6年前である・・。
私はこの頃の照ノ富士を覚えている・・
背が高く大型で、足腰がガッチリと沈み、腕力が強かった。
またモンゴルから強いのが来たな・・横綱になれるかも・・と思っていた。

しかし、膝の負傷や内臓疾患などを患い、体調を崩し、ズルズルを番付を落とし、
序2段まで落ちてしまった(2019.3月)。
序2段というのは相撲の番付で下から2番目のほとんど最下位の番付である。
大関経験力士がここまで落ちるというのは相撲史上初めてで大きな話題になった。
陥落続きの屈辱の4年間を味わっている。
普通ならとっくに引退している。
本人も一度は引退を決意し、親方に相談したが、「引退の前にまず怪我を治せ・・」と正され
周囲の応援もあり、取り続ける事にした。
ここから復活に向けてウェイトトレーニング、ウオーキング等で体力を作り、摂生に努めた。
もともと力士としての体力に恵まれていた事もあり、徐々に地力が戻り、
幕下復活(2019・7月)・・十両復活(2020・初)・・幕内に復活((2020・7月)・・
小結に復活(2020・11月)・・関脇復活(2021・初)・・
と、奇跡の復活をなし遂げ、そして、今春場所で優勝し、大関復活を果たした。
新聞などで、「前例なき復活劇・・」と報じられた。

照ノ富士は大関から序2段への陥落の地獄の4年間・・
リハビリ、トレーニング、稽古をしながらの苦しい復活への2年間・・
給料なしの序2段・・車椅子の生活・・内臓疾患との苦しい戦い・・
「大関から序2段まで陥落しても、まだ続けるのか・・」という周囲の白い目・・。
いろいろな屈辱を味わった・・。
しかし、死にも狂いの6年間を乗り越え、大関に戻ってきたのだ・・。
力士生活の6年間というのはそれはそれは長いものだ・・
私は昔から相撲が好きで観ているが、この様な力士を見た事がない・・。
その様な想像を絶する苦労をしてきた照ノ富士に対し、NHKのアナウンサーは優勝インタビューで
「序2段まで陥落した時に、相撲を止めなくて良かったですね・・」と言ったのだ。
それもケロリとした口調で・・。
私は驚いてしまった。
地獄の苦しみを乗り越え、這い上がってきた人間に対し、この様な事を軽々しく言うものではない。
照ノ富士は返事に困ったのか、10秒間近く沈黙していた・・。
この沈黙は何を意味するのか・・
このアナウンサーは考えなければならない・・
が、おそらくこのアナウンサーは気がつかないだろう・・分からないだろう・・。
このアナウンサーは、相手の気持ちを考えずに、自分の気持ちだけで話すタイプで
インタビューアナウンサーとしては失格である・・。
このアナウンサーに限らず、最近の人間は「相手に対する思いやりと察し・・」が欠けている・・。
「相手の言葉にならない思いを察する感性、理解力・・」が足りない・・又はない。

照ノ富士のこの偉業は、大相撲歴史上にレジェンドとして残り、語り継がれる事だろう・・。
3月31日、大関昇進伝達式があり、正式に大関昇進が決まった。
是非とも横綱になってもらいたいものだ・・。
何度も言うがあのNHKのインタビューアナウンサーにはガッカリさせられる・・ショボン!・・。
   番外編  九重・グレートネイチャー(18)  大船山、雲海上を行く・・  R3.4.1アップ


 ここは中岳山頂・・。
 池ノ小屋で防寒対策をして、ガスが吹きすさぶ真っ暗闇の吊り尾根をトボトボと歩き山頂に立つ・・。
 待つ事一時間・・。
 一進一退を繰り返しながら、遂にガスが切れ、天空の大船山と大雲海が目に飛び込んできた。
 今日の雲海の流れは速い・・
 北の方から大船山を目指しゴーゴーと流れて来る・・
 私は雲海に翻弄され、いたぶられる大船山をしっかりと見続ける事にした。
 今日はこれを見れただけで満足と思ったからである・・
 風が強かったので飛ばされない様に山頂標識の下に座り、背中を岩に押し当てて大船山と雲海だけを見つめる・・
 澄みきった青空が美しい・・。
 何も考える事のない至福の時間だった・・。

R2.11.21 番外編
私の昔話(その6)
(私が初恋をされた話)
R3.1.4 番外編
グレートネイチャー(15)
R3.1.30 番外編
グレートネイチャー(16)

R3.2.15 番外編
グレートネイチャー(17)