九重連山の光と影
◆いつもご訪問いただきありがとうございます。

◆このサイトは九重連山が見せる朝焼け、夕焼けの表情を写真で紹介しています。

◆「見て楽しむ・・」をモットーにフルサイズ画面(960×540ピクセル)で構成しています。

◆暗い夜道を歩くのでちょっと苦労しますが、好きなので仕様がありません。

◆画像と文字サイズはそれぞれのWEBプラウズに合わせてご覧下さい。

◆ごゆっくり、お楽しみ下さい。
(お気に入りの写真集です)
 (山名をクリックするとサムネイルに進みます)
久住山
扇ガ鼻
星生山
肥前ガ城
天狗ガ城
中 岳
稲星山
三俣山
大船山
平治岳
硫黄山
坊ガツル近辺
くじゅうの花
番外編(山)
番外編(花)
ご感想・ご意見はこちらへ⇒
三俣北峰絶壁
開設日:H18.2.1
(写真をクリックすると山行記・特集に進みます)
,
黒岳
このサイトに掲載されている写真の無断転用・転載はお断りします。
光と影アルバム集
直近の山行写真
プロフィール
リンクサイト
更新日:H30.12.14

  
長者原近辺
・開催日   H30.4.1(日)〜しばらくの間

・場 所   長者原・「レストハウス・やまなみ」 1FL「カフェ・きすみれ」 


由布岳
 
 
11月23日(金)、右半分の4点を冬バージョンにしました。
冬の九重は厳しい反面、これが九重の景色か・・と思わせる様な幻想的で美しい表情を見せます・・
私、お勧めの4点です・・長者原を通った時はどうぞお寄りください・・

何度も言いますが、この様な素晴らしい場所で私の写真を見て貰えるのは、本当に幸せな事です・・
レストハウスのH支配人に心より感謝します・・

写真展のコンセプトは次の三点・・

(1)私に多くの感動と試練を与え、私を鍛えてくれた九重へ感謝したい・・
(2)九重の絶景を私一人で見ているのは勿体ない・・
   多くの人に見てもらい、感動を共有したい・・
(3)雄大な景色はやはり大きな写真で、少しでも現場の空気感を・・(すべてA1判)  
九重連山の光と影
写真展開催中
H30.7.16 北千里ガ浜
中宮跡とS37慰霊碑の
確認
<お知らせ>

(1)14日(金)、 
番外編「グレートネイチャー(3)・幻想、地吹雪舞う・・」をアップしました・・
    山行出来ずにいるので、幕繋ぎです・・(苦笑)

(2)開催中の私の写真展は12月末で終了の予定です・・
    はっきり決まり次第、またご案内します・・


(3)私の近況 
   最大のイベント、「五輪塔50周年記念祭」が終り、力が抜けてボーッとしています・・
   休養の為、ネットで古い映画を見ながら、のんびり、まったり・・です(苦笑)
   ・山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」、「息子」・・清兵衛と哲夫の、人を愛し真っ直ぐに生きる姿が良い。
                                  東北弁が懐かしい・・
   ・北川景子の「花のあと」、田中麗奈の「山桜」・・二人の着物姿、身のこなしが美しい・・ウットリ
・・
                                 
BGMも静かなピアノとチェロのみ、静寂が全編を流れる・・
 

H30.10..24 ダンゴ祭り 
2年ぶりに美味しい
ダンゴをいただく・・
  番外編 「グレートネイチャー(3)・幻想、地吹雪舞う・・」  H30.12.14(金) アップ  
五輪塔建立
  50周年記念祭
オアシス版・法華院物語
 特集レポート
H30.11.8 法華院
H30..6〜11月
ここは三俣西峰山頂・・今冬三度目の強力寒波がやってきた・・ (H23.2.16撮影)
今回の目的は、星生山北斜面のトロトロ雪面のモルゲンロート・・
しかし、スガモリ越に着くと、天気は急変・・吹雪ゴーゴーの嵐となった・・
西峰への登りは登路が分からなくなり、腰まで雪に埋まりながら
喘ぎ、もがき、這う様にしてやっとの思いで稜線に出る事が出来た。
そこには、見た事がない幻想の世界が待っていた・・
北千里ガ浜からの烈風で飛び散る地吹雪だ・・
圧巻は、大船の肩からのスペクトル光線に照らされた雪煙の色の変化・・
ピンク色・・オレンジ色・・ゆらゆらと揺れならダンスでも踊っている様に
雪煙は飛び散り、舞い上がり、きらめく・・何という美しさだ・・
烈風に飛ばされる鼻水も、涙も忘れて私は呆然と眺めるだけだった・・
 九重には奇跡の絶景がある・・。