(最新ページはこちら 2020.2.29)
はやしファーム
国東半島・原木乾しいたけ
Hayashi farm
Dried Log wood cultivated Shiitake

 
2019年産米の品質(左)白未熟粒が多い 右は2017年産。

本ホームページ利用規定、著作権について


アクセスカウンター
(2016年2月26日より)

 人目
(旧ページ2016年2月25日まで)

講演・発表・研修受け入れなどの予定 
2020年6月    大学での公開講座(詳細決まり次第お知らせ致します。)
2020年7月28日  私学協会講演予定(大分市)
はやしファーム、世界農業遺産を知るための報告
林 浩昭(2019)「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」の保全活動で地域振興を
  農業 vol.1658:38-45
 

Mana Shioya, Arata Myoga, Atsuya Kitagawa, Yukihisa Tokunaga, Hiroaki Hayashi, Yasuo Kogo, Hiroaki Shimada and Shin-ichi Satake, Analysis of deflection and dynamic plant characteristics of Cyperus malaccensis Lam. Plant Production Science 22:242–249 (2019)
https://doi.org/10.1080/1343943X.2019.1588075


林 浩昭 (2018)日本の世界農業遺産第3回 クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環 世界の農林水産 2018年春季号(通巻850号)p28-31

林 浩昭 (2018)Designation Process of GIAHS in Kunisaki Peninsula Usa Area:Rediscovery of Interlinked Multiple Irrigastion Ponds and UNU (国東半島宇佐地域 世界農業遺産認定課程 ~複数連携式ため池群の再発見と国連大学
In The Road to Globally Important Agriultural Heritage Systems(GIAHS)
(世界農業遺産への道のり~国連大学と地域の歩み~)Corresponding authors and Editors: Ivonne Yui and Akira Nagata , Published by UNU-IAS OUIK :74-77(2018)

林 浩昭(2016)世界農業遺産「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」の潜在的価値」
   農村計画学会誌 35(3):375-378

林 浩昭(2016)乾しいたけを食すると地球温暖化防止に貢献できます 理大 科学フォーラム 389:20-23
林 浩昭(2014)世界農業遺産「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」での重要な特用作物シチトウイ
   (七島藺:Cyperus malaccensis Lam.)の栄枯盛衰と試験研究 肥料科学 36:1-25

今年のコメの栽培履歴 2020.1.23 
2015年はこちら、2016年はこちら 2017年はこちら 
2018年はこちら 2019年はこちら
  過去のホームページ
2018 
2019
20172016
 
2020.2.13 最新のプロフィール personal profile  

2019年以前のプロフィール、講演などはこちら
問い合わせ、七島藺筆のご注文はこちらから  
2020年2月29日
 今日は雨、暖かかった2月も終わろうとしています。
 
   
2月に寒切りしたクヌギの短材(9日)この後駒うち伏せこみ。
通常は11月中ごろ伐採、一か月葉枯らししてから、短材。
 田んぼでは、レンゲの生育が旺盛(2月20日)
 


2019年12月18日
 暖かい一日、まだ青い七島イ刈り取り、ビニールかけました。
 稲刈り後、耕しておいた田んぼでは、レンゲ草が旺盛に生育しています。
   
 ビニールで覆われた七島イ株  田んぼには、一杯のレンゲが元気

2019年12月12日
 
大分県湾岸地域(はやしファームが含まれる)のコメ作況指数が82で確定しました。
はやしファームのコメの収量や生産管理の変遷のまとめをお知らせ致します。
2019年の収量は、426.5㎏/10a、窒素施用量は、2kgN/10aでした。5月にレンゲすき込みました。
コメの品質は2等米(白未熟粒)でした。
 

2019年6月26日 七島イ筆 
 今朝のNHKおはよう日本 まちかど情報室で、書家 松本重幸さんと
作り上げてきた七島イで作った筆、紹介していただきました。
七島イという植物、そして、そこから生み出される 
”くにさき七島藺表”(GI取得)が益々生活の中で使われていくこと(琉球畳になります)を祈念しています。






日本土壌肥料学会のホームページはこちら