本文へスキップ

JYAN研は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

JYAN研(法人)の概要COMPANY

社・法人名
JYAN研 (地震予知研究会)
代表者
國廣秀光 (JH6ARA=会長)
所在地
〒873-0503
大分県国東市国東町鶴川1737番地
→アクセス
TEL. 0978-72-2643
FAX. 050-3310-5747
設立資本金
個人寄付(必要経費等)で運営中
設立準備
2017年4月〜(NPO等法人化検討)
構成員等
JYAN研(観測網・解析G・配信)等
役員
JYAN研等
取引銀行
銀行他

JYAN研沿革

・2009年  5月  ハムの月刊誌「CQ」で4月・5月に研究会   員募集、15名でJYAN研究会発足

・2009年10月  日本地震学会(京都大学)で地震電磁波   などの監視方式などを発表

・2011年10月  日本地震学会(静岡)で電磁気や電波変   化などの電磁異常理論を発表

・2012年  8月  東京ビッグサイトのハムフェアーに出展   (このときから、毎年展示〜連続継続中)

・2013年  7月7日  JYAN大分ネット第2回総会で研修会を  実施(大分市内ホテル)

・2013年10月2日   日本地震学会(横浜)で淡路地震デー  タ他を発表、産経新聞夕刊「1面トップ」にJYAN研究会  紹介(その後全国版にも研究が紹介された)

・2014年  3月14日 2時7分頃伊予灘で地震発生 全面記  録でき地震観測データ集積)

・2014年12月25/26日    日本地震予知学会(電通大)で  2項発表(FM電波と地震の関係、及び電磁波と潮汐の  同期現象と地震との関係を発表))

・2015年  5月25日〜26日 JGUの学会大会(幕張)で予知  学会での内容を発表

・2016年12月 日本地震予知学会の学会誌(ニュースレタ  ー3号)に当研究会がグループ活動として掲載さる。
予定
  2017年1月 JYAN研 として発足準備開始

  2017年10月 新地震警報システムを開発予定

  2017年12月 研究所を設立予定

  2018年4月 地震観測システムを開発予定