野鳥ニュース

過去のページ2016年 2015年2014年 2013年 2012年  2011年


ヨシゴイ bU 雄

雄が至近距離で飛翔する事を期待していたが、私がいる時間帯は少し遠かった。

ヨシゴイ bT 雌

偶に現れてヨシ原へ10〜20秒で消えて行く。

ヨシゴイ bS

遠慮がちに葦の中から出てきて、こちらの様子を窺がっている様に見えた。

ヨシゴイ bR

雌は至近距離まで出てきてサービスしてくれた。胸に5本の縦斑があった。

ヨシゴイ bQ

葦の中で擬態をすると、矢張り、分からなかった。

ヨシゴイ 1

久し振りに遠征して来ました。地元では偶に見る事が出来るが、滅多に観れません。

2019年6月10日

オオバン bS

穏やかなオオバンですが、食べ物を奪われて、時にはヒドリガモを威嚇していた。

オオバン bR

オオバンが潜水して水草の根を撮って来ると、ヒドリガモに奪われていた。

オオバン bQ

多くのカモがいましたが、白色は目立ち到着すると、直ぐに見付け事が出来た。
オオバン 1

白化個体のオオバンを観て来ました。
活発にボタンウキグサ(ウォーターレタス)を食べていました。

2019年2月13日
県外遠 征

サカツラガン デジスコ

日本産ガンでは最大!午後からは前の小さな島にいたのでデジスコを使ってみました。

サカツラガン&マガンbR

額から後頸が茶褐色です。頭から頸までハッキリ色が分かれているので、識別は容易です。

サカツラガン&マガンbQ

私にとってサカツラガンは13年振り2度目の観察です。

サカツラガン&マガン1

現着して90分間は多くのカルガモが田圃で休んでいましたがサカツラガンは見つかりません。望遠鏡で探していると、側溝から上がって、姿を見せてくれた。

マガン 遠 征

マガンとサカツラガンの観察をして来ました。
マナヅル 遠 征

5羽のマナヅルが越冬していました。しかし昼過ぎに、頭上を通って北帰行してしまいました。

2019年2月10日
県外遠征

コジュリン bQ

個体数が多く沢山シャッターを押した。
この時期は野草の花が少ないので、今度はキスゲ等を撮りに来たいと思っている。

コジュリン 1

14時30分を過ぎていたので、コヨシキリを観たら帰ろうと思っていた。
コジュリンが目の前に現れたので付き合う事にした。

コヨシキリ bQ

ポイントに着くと、数箇所で囀っていたので、ゆっくり声を聴きながら観察した。
コヨシキリ 1

高原で鳥を探したが見つからないので、コヨシキリとコジュリン観察に変更した。

熊本県阿蘇高原
2018年6月22日

ヨシゴイ bR

ギャラリーは長時間頑張って観察していたが、遠慮してか喜ばしてくれませんでした。

ヨシゴイ bQ

葦原から採餌に出掛けるようです。傍にいるライギョウや鮒は飽きたのかな。
ヨシゴイ 1

チョット足を延ばして隣県迄遠征して来ました。ヨシゴイの観察です。

福岡県

2018年6月13日

コジュリン bR

コジュリンは思った以上に多くの個体が観察された。山野草の花は少なくキスゲの咲く7月が良い様です。

コジュリン bQ

午後からの観察の為、東側からの陽がないので、若干の逆光となった。

コジュリン 1

目的はコジュリン探し、30分ほど経つと大きな声の方向を探すと囀っていた。
セッカ

九重高原で鳥見をした後、2人で隣県まで足を延ばした。先ずセッカが現れる。

熊本県阿蘇高原

2018年6月4日

ナンヨウショウビン bQ

マングローブ林にいた様で飛ぶところも捉えています。

ナンヨウショウビン bP

K・Nさんが沖縄で珍鳥のナンヨウショウビンを撮影して紹介してくれました。

沖縄県

2017年9月30日

エゾビタキ bQ

エゾビタの他コサメビタキ、オオルリ等が次々に渡っていた。

エゾビタキ bP

エゾビタキが午前中に多く渡って行った。

ホシガラス bT

こちらは草の中いるバッター捕っていた。

ホシガラス bS

配管に止まって林の地面に降りていた。どうやら、草の実を狙っていた。

ホシガラス bR

飛鳥も数枚撮ったが上手く撮れたのは3枚かな?

ホシガラス bQ

止まると直ぐに飛ぶので、素早くシャッター押す。
ホシガラス bP

久し振りに隣県へ遠征して来ました。運良く至近距離に現れてくれた。


2017年9月10日

カワラヒワ 幼鳥

カワラヒワの幼鳥は群れの中に混じっていた。

ホオアカ 幼鳥

ホオアカ幼鳥も別々の場所で2羽
見掛けた。

コジュリン 幼鳥

今日は繁殖調査ではないが、いろんな幼鳥に合った。
まずはコジュリンの幼鳥です。

コジュリン bQ

キスゲの花はまだ蕾の状態で、1週間もすると、見ごろと思われる。コジュリンは餌探しに活発に動いていた。

コジュリン 1

主目的はキスゲに止まるコジュリンですが、他県の愛好家と1時間待ったが現れなかったので、他の場所へ移動した。

コヨシキリ bQ

この時期は囀りはするが、草の頂にあがりません。我慢比べしていると、草の中ほどに上がって来た。
コヨシキリ 1

阿蘇高原に行って、コヨシキリとコジュリンを観てきました。

熊本県阿蘇高原

2017年7月15t日

アカショウビン bS

餌は殆ど蛙を捕っている様でした。

アカショウビン bR

苦労して行った甲斐があり良く出てくれました。

アカショウビン bQ

現地を忘れて苦労しました。Yさんに電話で教えてもらって、予定より少し遅くなったが無事に、アカショウビンに会えた。

アカショウビン bP

丁度、10年振りにアカショウビンを観察して来ました。



2017年6月1日

クマタカ  bQ

距離は遠方でしたが、空高く旋回して約5分間のショーでした。

クマタカ  bP

クマタカ狙いで山道を歩くと、、1時間経過してやっと出てくれた。

ミソサザイ  bQ

大きく口を開けて囀ってたので、全員確認出来た。
ミソサザイ  bP

九州各県の皆さんが集合して、福岡県で探鳥会をして来ました。先ずミソサザイが出現した。

福岡県
2017年5月21日

アマサギ

アマサギ10羽が田圃に入った様なので、早速、確認に行った。

2017年5月6日

チフチャフ

私にとってチフチャフは2回目です。以前は何度も観れたが、今回は長時間粘ってやっと、観察できた。


キマユウホオジロ 3

チフチャフの出現を待っていると、キマユウホオジロが先に出て来た。

2017年5月5日

シジュウカラ

水浴びにやって来た。

2017年5月4日

シマアオジ

シマアオジが飛び去る様子です。

キマユウホオジロ 2

人が接近すると、近くの木に逃れて通り過ぎると又地上に降りていた。

キマユウホオジロ bP

2羽でやって来て、シロハラホオジロの近くで採餌をする。 

シロハラホオジロ bQ

草に移動して採餌を始めた。
シロハラホオジロ bP

遠距離遠征へ行って来ました。樹上からシロハラホオジロが見つめていました。
長崎県

2017年5月3日

亜種アカヤマドリ bR

木の上と岩に上がってサービスをしてくれたので、短時間でその場を打ち上げた。

亜種アカヤマドリ bQ

情報を頂いて20日経っていたので、抜けていると思ったが、未だ待っていてくれた。
亜種アカヤマドリ bP

遠征の日程が撮れなかったが、遅まきながら観て来ました。

福岡県
2017年4月12日

コスズガモ bQ

常にキンクロハジロ群れの外側にいるので探し易かった。

コスズガモ bP

キンクロハジロの群れに1羽が混じっていた。


キンクロハジロ 雌

雄の方が少し多い様ですが、至近距離から撮れるのは滅多にない事です。


キンクロハジロ 雄

通行の多い開けた池に70羽程のキンクロハジロが泳いでいる。

福岡県

2017年3月19日

クロノビタキ bQ

接近してサービスをしてくれるので、カメラマンは喜んで写真を撮っていた。
クロノビタキ bP

久し振りに長距離遠征をして来ました。
目的のクロノビタキは大サービスでした。
鹿児島県
2017年3月13日

クロノビタキ

Nさんが噂のクロノビタキを撮って来ました。私は野鳥図鑑でしか見た事がありません。有難うございます。

鹿児島県

2017年3月 

コミミズク bU

ネズミを狙って飛び込む直前です。今日は移動の為、短時間の撮影でした。

コミミズク bT

地元の人に撮影のポイントを教わって、昨日よりも比較的良く撮れった。
コミミズク bS

遠征2日目は飛鳥を中心に撮影する。

大阪府

2017年1月1日 

コミミズク bR

枝に止まる機会があるので、ゆっくりと安心して撮る。

コミミズク bQ

天気が晴れたり、曇ったり30分間隔で変わるので、素人の私には失敗が多かった。
コミミズク 1

年末年始を利用して遠征して来ました。コミミズクの写真撮りに挑戦した。

大阪府
2016年12月31日