コンサート案内・お得な情報

アトリエ弾が主催・運営するコンサートとお得な情報のお知らせです。

【終了しました】第7回 「親子で楽しむオーケストラ」~未就学児対象オーケストラのコンサート~

未就学児童とご家族が生のオーケストラの大迫力を満喫
クラシックの名曲には知育にも効果が認められている楽曲が数多く存在しますが未就学児童がそれらに触れる機会は多くありません。アトリエ弾では未就学児童とご家族にこれらの名曲をオーケストラの迫力と一緒に楽しんで頂くコンサートを毎年入場無料で開催しております。
今回は指揮に大分県芸術文化短期大学から高田善夫氏を、ゲストコンサートマスターに元九州交響楽団の佐藤真紀氏、ゲストマリンバ奏者にも萩原悠紀氏お招きします。「指揮者になろうコーナー」も大人気です。


ご支援のお願い:大分市1%応援事業(費用負担はありません)
6月1日、大分市の1%応援事業の応援届出が開始となりました。オーケストラ公演に必要な経費をこちらの1%応援事業から補助頂いています。来年以降も開催するため大分市の方は大分(県?)の特設ホームページにて「応援する団体番号:15」アトリエ弾へ応援届出をお願いします。また大分市外の方は大分市内在住の方々に応援届出をお願いできますと幸甚です。
団体番号15 アトリエ弾 の主催するコンサートを今後ともよろしくお願いします。

1%応援事業(あなたが支える市民活動応援事業)とは?
 市民の皆さんに「市民活動」や「税金の使い道」に関心を持ってもらうことを目的に創設され、市民の皆さんに自分が応援したい団体を選択し、それを市に届け出てもらうことによって、届出をされた方が前年度に納めた個人市民税の1%相当額を、選択した団体に補助金として交付する制度です。
 この制度は、市民の皆さんに昨年度納めていただいた個人市民税の1%相当額の使い道を決めるものですので、届出をすることにより、新たな負担が生じることはありません。市民の皆さんからのアトリエ弾への応援届出をお待ちしております。
※届出の受付は、6月1日(土曜日)~7月31日(水曜日)までです。
【応援届出のできる方】
令和元年6月1日時点で18歳以上の大分市に住民票のある方(※)
令和元年6月1日時点で18歳未満の大分市民で個人市民税を納めている方
【応援届出方法】
インターネット、窓口、郵送(〒870-8504 大分市荷揚町2番31号)、ファクス(097-536-4605)の4つの方法があります。インターネットからの届出を希望される方は、パソコンや携帯電話から簡単に応援届出をすることができます!
https://www.egov-oita.pref.oita.jp/SksJuminWeb/EntryForm?id=0bH6DKXr
窓口、郵送、ファクスをご希望の方は、お近くの支所、地区公民館などに設置している「応援届出特集号」の最終ページにある「応援届出用紙」に必要事項を記入のうえ、窓口にお持ちいただくか、市民協働推進課まで郵送またはファクスしてください。アトリエ弾から「応援届出用紙」をお送りすることもできますので連絡用フォーム からご連絡下さい
参考:大分市ホームページ http://www.city.oita.oita.jp/o040/siminkyodo.html


(終了しました)第12回大分市ふるさとコンサート

おおいた夢色音楽プロジェクト
大分市が日本における「西洋音楽発祥の地」であることから、年間を通して音楽があふれ、道行く人が心和むような「音楽のまち大分」を実現するため、さまざまな事業を展開しています。「大分市ふるさとコンサート」もこのプロジェクトの一つとして、国内外で活躍が期待される大分市にゆかりのある若手実力派演奏家の才能の育成とともに、市民の皆さんに本格的なクラシックコンサートを気軽に楽しんで頂くことを目的に開催しています。

実力派奏者の協奏曲を満喫できる!
今回は「別府アルゲリッチ音楽祭」連携事業として音楽祭ゆかりの演奏家が登場し協奏曲を演奏します。華麗なる演奏をお楽しみ下さい。伴奏は第10回で好評を博したストリング大分が担当します!

佐藤花菜 Kana SATO

フルート
10歳よりフルートを始める。大分県立芸術緑丘高等学校卒業。第41回大分県音楽コンクール木管・高等学校の部 第1位、及び特賞受賞。第66、67回全日本学生音楽コンクール北九州大会フルート部門高校生の部奨励賞。第21回宮日音楽コンクール管楽器部門最優秀賞、グランプリ、全部門最高位であるANAヨーロッパ賞を合わせて受賞。 第18回別府アルゲリッチ音楽祭大分県出身若手演奏家コンサートなどに出演。今までにフルートを成清愛、麻生恭子、神田寛明、萩原貴子、細川順三、小池郁江の各氏に師事。フラウト・トラヴェルソを前田りり子氏に師事。室内楽を小畑義昭、佐藤由起、高木綾子の各氏に師事。現在、東京藝術大学音楽学部器楽科4年次に在学中。

三浦大喜 Taiki MIURA

テノール
大分市生まれ。大分市立原川中学校卒業。大分県立大分鶴崎高等学校卒業。国立音楽大学声楽学科卒業。その後イタリア留学。全国共同制作プロジェクト「フィガロの結婚〜庭師は見た!〜」(井上道義指揮・野田秀樹演出)全14公演でクルツィオ役を好演。文京CITTADINO歌劇団「ルチア」エドガルド役、日本オペラ振興会公演「イル・カンピエッロ」ドナ・パスクア役、立川市民オペラ「カルメン」レメンダード役に出演。「椿姫」アルフレード、「リゴレット」マントヴァ公爵、「ラ・ボエーム」ロドルフォ、「夢遊病の女」エルヴィーノ、「魔笛」モノスタトス等幅広い役柄を手掛ける。また、所属団体である藤原歌劇団の公演にも多数携わっている。コンサートではモーツァルト「レクイエム」、「戴冠式ミサ」、ベートーヴェン「第九」、グノー「聖チェチーリア荘厳ミサ」等のテノールソロとして定評がある。地元大分に於いては第10回記念別府アルゲリッチ音楽祭大分県出身若手演奏家コンサート、大分オペラフェスティバル「フィガロの結婚」等に出演。藤原歌劇団正団員。

中津留果己 Kako NAKATSURU

ヴァイオリン
大分高等学校音楽科コース卒業。桐朋学園大学卒業。同大学研究科修了。桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程を修了。2011年までiichikoグランシアタジュニアオーケストラに所属。第63回全日本学生音楽コンクール北九州大会高校の部第2位。小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅫ、サイトウ・キネン・フェスティバル松本、セイジ・オザワ松本フェスティバル2015,2016に塾生として参加。2016年ウィーン国際音楽ゼミナールを受講し、Prof.ディヒラーコンクールにて第1位。これまでにヴァイオリンを木村二郎、川瀬麻由美、石井志都子の各氏に、室内楽を今井彩子、木越洋、銅銀久弥、徳永二男の各氏に師事。2017年、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団入団。 第19回別府アルゲリッチ音楽祭大分県出身若手演奏家コンサートなどに出演。

渡邊智道 Tomomichi WATANABE

ピアノ
大分市で出生、その後別府市に居住し4歳よりピアノを始める。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業、東京芸術大学卒業。 大分にて、島岡恵子氏、塩手美子氏をはじめとする各氏に手解き、師事を受ける。東京上京後、2016年まで植田克己に師事。2016年日本音楽コンクール・ピアノ部門での入賞を区切りとし、その後は昔の偉大な巨匠達が体現し、次世代に伝えんとしていた真の芸術としてのピアノ奏法、響の在り方の追求、復活、伝承を求めて活動。ピアニスト・作曲家の雁部一浩氏に見出される。雁部一浩氏、内藤晃氏、斎藤正樹氏と共に結成したピアノ芸術研究会で講師も務める。また、各地で協奏曲客演、独奏、伴奏、室内楽で独自の活動を展開。その他作詩、作曲、文筆、脚本執筆においても活動。 第11、19、20回別府アルゲリッ チ音楽祭大分県出身若手演奏家コンサートに出演。

ストリング大分

伴奏 大分待望のプロフェッショナルな弦楽オケ
国内外の実力派奏者によって構成される、大分待望のプロフェッショナルな弦楽オーケストラ。第10回大分市ふるさとコンサートでデビューし、ソプラノ佐藤美枝子、ピアノ赤松林太郎、フルート重見佳奈各氏らと共演し好評を博した。ヴィヴァルディからショスタコーヴィチまでレパートリーは広く、今後も力量ある演奏家との共演を予定。過去大分市ふるさとコンサートでソリストを務めた奏者も多く参加。
【第12回大分市ふるさとコンサート出演予定者】コンサートマスター:朝来桂一⑦、ヴァイオリン:甲斐田柳子、加藤和子、倉田りの、高橋令子、淵野日奈子、丸尾和子、宮﨑真実子、宮﨑真莉子、ヴィオラ:足木かよ、今井凛⑪、島森惠三、チェロ:小森奏、白水大地、コントラバス:小野聡美⑤、チェンバロ:大橋奈菜(数字は過去大分市ふるさとコンサートに独奏者として出演した回)

藤林 唯 Yui FUJIBAYASHI

司会
大分県立四日市高等学校卒業。サウスオーストラリア州立ノーウッドモリアルタ高等学校Year10卒業。立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋マネジメント学部卒業。現在はTOSテレビ大分「ゆ〜わくワイド&News」リポーター、「トスキーのタネ」ナレーター、「コレ、いいネ!」ナビゲーター、スカパー、BSフジ、FM大分など出演中。

(終了しました)Tasty Concert vol.7
「デラックス クラシック」

至福のひと時を
大分出身の2名の素晴らしい奏者・・・ブゾーニ国際ピアノコンクール第6位の宮添奈央子さんのピアノソナタ名曲と、二期会ほか全国区で活躍しTVなどメディアへの露出度も高いソプラノ嘉目真木子さんの美声をお話つきで楽しむことができるラグジュアリーなコンサートです。

お得な情報① 開演前・休憩時間に コーヒー謹呈♪


◆第12回大分市ふるさとコンサート(2019年2月24日開催) の半券をお持ちの方には開演前か休憩時間にコーヒーを謹呈いたします( 第12回大分市ふるさとコンサートの半券を持ってこられていない場合はコーヒーは有料販売)。
◆クラウドファンディングでチケットをお買い求めの方にも同じくコーヒーを謹呈いたします(事前にお渡しするコーヒー券が必要。コーヒー券の無い場合は有料販売)。

お得な情報② クラウドファンディングで特製カレンダーも謹呈


今回はクラウドファンディングでチケットの事前販売を行います。宮添奈央子氏の直筆サイン入りCDや嘉目真木子氏の特製カレンダー(アトリエ弾オリジナル)、公演当日のコーヒー券などのプレゼントまでもが確実に入手できる大変お得な購入方法です。詳しくは大分合同新聞sandwichをご覧下さい。sandwichサンドイッチのサイトから上手く申し込めない方はアトリエ弾事務局までご連絡ください。

宮添奈央子 Naoko MIYAZOE

ピアノ
大分県別府市出身。桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻、及び研究科修了。ミュンヘン国立音楽大学大学院マイスタークラス修了。マイスターディプロマ(ドイツ国家演奏家資格)取得。第2回園田高弘賞ピアノコンクール(大分)優勝。第48回ブゾーニ国際ピアノコンクール(イタリア)第6位入賞。ソロリサイタルをボルツァーノ、東京、岡山、津山、諫早、大分、別府で開催。ボルツァーノ管弦楽団、九州交響楽団、大分交響楽団、別府市民交響楽団とピアノ協奏曲を共演。2014年、大分市・武漢市交流35周年記念大分交響楽団演奏会では中国・武漢市にてベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番のピアノソリストを務めた。accstikaレーベルよりCD3タイトルをリリースしている。3枚目のCD「~園田高弘没後10年を偲んで~杉目奈央子ピアノリサイタルライヴⅢ」は音楽雑誌「レコード芸術」にて準特選盤。大分県立芸術文化短期大学准教授、及び大分県立芸術緑丘高等学校非常勤講師。

嘉目真木子 Makiko YOSHIME

ソプラノ・お話
大分市出身。国立音楽大学声楽科、同大学大学院オペラコース修了。文化庁海外研修員として伊フィレンツェへ留学。東京二期会『魔笛』にパミーナで出演しデビュー。以降、同会には『フィガロの結婚』スザンナ、『ドン・ジョヴァンニ』ツェルリーナ、『パリアッチ』ネッダ、『こうもり』ロザリンデ、『魔弾の射手』アガーテで出演。その他、神奈川県民ホール開館40周年記念公演オペラ『金閣寺』有為子、九州交響楽団定期演奏会『道化師』ネッダ、大分・神奈川・東京共同制作『魔笛』パミーナ、日生劇場『コジ・ファン・トゥッテ』フィオルディリージ、フランス国立ラン歌劇場『金閣寺』若い女、等で出演。NHK・FMリサイタル・ノヴァ、BS日テレ「歌に恋して」等のメディアにも出演。2017年はCHANEL PygmalionDaysアーティストとして年6回のリサイタルをCHANEL Nexusホールにて開催、好評を得る。ファーストCDアルバム『My Favorite songsーわたしのお気に入りー』をリリース。2016年、2018年NHKニューイヤーオペラコンサートに出演。トッパンホールのエスポワール・アーティストとして3年に渡りリサイタルを開催予定。その他、国内主要オーケストラとも多数共演。二期会会員。
⇒嘉目真木子オフィシャルウェブサイト

曽我沙織 Saori SOGA

ピアノ伴奏
大分県立芸術文化短期大学附属緑丘高等学校卒業後、武蔵野音楽大学及び同大学特修科修了。在学中より、学内選抜にて演奏会出演や、リート伴奏法オーディションに合格。伴奏法を子安ゆかり氏に師事し、友愛ドイツ歌曲コンクールなど、伴奏ピアニストとして出場する。また、鹿児島県東郷音楽学院での演奏会出演など各地で演奏を行う。卒業後は、ピティナ受賞者コンサートにおける第20回記念演奏会においてゲスト出演等、多数の演奏会にて招待演奏、またジョイントリサイタルを行うなど、幅広く活動を行っている。近年では、県内外でのコンクールや演奏会の伴奏ピアニストを務め、アンサンブルにおいても研鑽を積む。これまでに、姫野まゆみ、加藤菖子、天野頼子、星野美由紀、田中星治、故川崎隆、故E.アシュケナージの各氏に師事。現在、大分県立芸術緑丘高等学校にて後進の指導に力を注いでいる。

魅力的なコンサートの数々

大分県内外の主なコンサートのご案内です。チケットの購入方法はコンサートによって異なります。詳細は各コンサートの主催者や問い合わせ先にお願いします。

現在提示はございません。

外部リンク

iichiko総合文化センター 〒870-0029 大分市高砂町2番33号 ℡097-533-4000
大分の芸術文化の中枢。音の泉ホールの響きはリサイタルに最適。

J:COMホルトホール大分 〒870-0839大分市金池南1丁目5番1号 ℡097-576-7555
大分駅徒歩1分の好立地に位置する。大ホールは1200名収容。旧大分文化会館のSTEINWAYをリニューアルし設置。

コンパルホール 〒870-0021大分市府内町1丁目5番38号 ℡097-538-3700
アクセスの良いホール。大ホールは500人収容でBösendorferとKAWAIのコンサートピアノがある。

臼杵市民会館 〒875-0041臼杵市大字臼杵72番83 ℡0972-63-7977
石仏の里:臼杵の中心に位置する。大ホールは1000人収容壁面にコンクリートが上手に使われており響きはオーケストラに最適。吉丸一昌音楽祭が毎年開催されている。

大分県立芸術文化短期大学 〒870-0833大分市上野丘東1番11号 ℡097-545-0542
全国的に珍しい公立の音楽短大。著名な音楽家も多く輩出している。

西日本弦楽器 〒870-0805大分市上白木7-3組 ℡097-533-2566
九州では数少ない弦楽器専門店の一つ。大分市にある。楽器の製造教室もあり自分の楽器を造ることもできる。

イズタ・バイオリン 〒810-0041福岡市中央区大名2丁目9-29の1F ℡092-713-7536
福岡にある弦楽器専門店。替え弓に定評がある。