大分の自然観察

過去のページ 2016 20152014 2013 2012 2011


ウバタマムシ

野鳥を観察していると道路に落ちたので、良く観察するとウバタマムシでした。

大分市佐賀関

2018年9月25日

身近な自然観察会 bQ

大分市では貴重な干潟です。絶滅が危惧されている植物や貝類に蟹等も多い。ハクセンシオマネキも沢山見られ、子供達も喜んでいた。観察会終了時には全て干潟に戻した。

身近な自然観察会 1

大分市の身近な自然観察会が大在干潟で行われた。子供が捕った貝・蟹・魚等を講師の方から説明を受けた。

大分市大在干潟

2018年9月22日

自然観察  bQ

乙津川の水中に潜む水生動物と野鳥観察を交代しながら勉強をした。

写真は水生動物を探しているところです。
自然観察  1

乙津川の水辺の楽校で鶴崎小と三佐小学校4年生の野外学習を2校合同で行った。

大分市乙津川水辺の楽校
2018年9月18日

第7回乙津川で遊ぼう! bO2

竹笛(ウグイス)、紙トンボ、絵ハガキ作りのお手伝をしました。

「ミニ凧作り」「カヌーとゴムボートの体験」「水辺のコンサート」「山羊・羊の触れ合いコーナ」「鮎の塩焼き」「かき氷の無料配布」等があり、佐藤大分市長も出席されて楽しいイベントでした。

第7回乙津川で遊ぼう! bO1

8:30小学生男女による開会宣言で始まりました。

大分市水辺の楽校

2018年9月15日

コシアキトンボ

水面を飛んでいたので、飛トンボにチャレンジする。失敗を繰り返したが、何とかゲットした。

ゴマダラチョウ

池の渕にやって来たが、直ぐに去ってしまった。

アオスジアゲハ

小さな池の周囲の地面で水分補給をしている様子。

大分市上野

2018年7月25日

カラスアゲハ 雌

野鳥観察をしていると、カラスアゲハに出会う。

大分県津久見市青江ダム

2018年7月18日

ツマグロヒョウモン bR

20分もすると羽ばたきをすると、飛び立っていった。

ツマグロヒョウモン bQ

気付いたら、蛹からチョウになって抜け殻で羽を乾かせている。


ツマグロヒョウモン bP

スミレに産み付けた卵が蛹になって今にも殻を破りそうです。

大分市森

2018年6月16日

スジグロチョウ  bQ

羽を開いた所を待っていると、先程迄ひらりひらりと飛んでいたが
草に止まって羽を開きサービスしてくれた。

スジグロチョウ  1

鳥を探していたが、鳥がいないので、スジグロチョウに狙いを変える。
大分市九六位山

2018年6月15日

シンジュサン

日本全土で見られるほか朝鮮半島や中国にも分布している。
開張すると110-140mm程の大きい蛾です。

ヤマトシリアゲムシ

体は黒色で、翅に2本の太い黒帯を持つシリアゲムシの仲間。頭部が長く前に伸び、 オスはお尻をクルリと巻き上げる。

オバホタル

由布市陣屋の村観察会に参加して来ました。
光を出さない蛍のようです。小さいので見過ごすところを小学生が見つけてくれました。
大分県由布市
2018年6月9日
アオハムシダマシ

全身金属光沢のある黄緑色をしている。各種の花に集まるが、クリ、 アカメガシワ、リョウブなどの白〜薄黄色の小さな集合花を好む。やや山地性の種。
トノサマガエル

山の中の防火水槽と思われる小さな水槽にトノサマガエルが数匹いました。

大分市県民の森

2018年5月25日

シリアゲコバチ

観察会で、小さな蜂を見つける。お尻を上げています。シリアゲコバチ科のようです。

観察会

大分市の「身近な自然観察会」に参加して来ました。多くの家族が参加してくれました。

大分市高尾山自然公園

2018年5月19日

ヤマカガシ bQ

奥歯に毒があるので、噛まれると大変だ。こちらも急いで退散した。

ヤマカガシ 1

山道を歩いていると、大きなヤマカガシに出会う。 蛇が私に気付き逃げてくれた。

アリゲーターガ bQ

最初は雷魚かなと思ったが大きさが桁外れだった。口を開けて魚を追っているようにも見えた。長さは1mを超えているかも。
アリゲーターガ 1

大きな池でこちらに向かって泳いでいる巨大魚。外来魚でした。

大分市県民の森

2018年5月10日

ベッコウトンボ bR

雌は目の前で止まり、暫くサービスしてくれた。

ベッコウトンボ bQ

近くで飛んでくれて、結構楽しませてくれました。

ベッコウトンボ 1

ベッコウトンボ観察会に参加して来ました。

大分県中津市

2018年5月3日

ネズミ

小鳥を観察していると、大きなネズミが現れた。暫くすると蟹を食べ始めた。

大分市県民の森

2018年4月18日

テングチョウ

多くのテングチョウが場所を移動しても良く見られた。

大分市県民の森

2018年4月12日

サンキライの花

つる性植物の落葉低木です。茎には棘がある。他の植物に這うように絡み付きながら成長します。

大分市

2018年4月2日

ミツバツツジ

国道10を佐伯市へ走行していると、ミツバツツジが綺麗に咲いていたのでとってみる。

大分県臼杵市

2018年3月24日

ツクシ bP

乙津川の土手を散歩していたら、ツクシが顔を出していたので、撮りました。

大分市乙津川

2018年3月12日
第13回つるさき環境フォーラム

鶴崎行政センターで環境フォーラムが行われました。小学校4年生が大野川&乙津川について1年間取り組んだ事を発表してくれました。素晴らしい発表でした。

大分市鶴崎行政センター
2018年1月27日

府内城イルミネーションbR

仮想ではなく、本物の大分府内城を首を長くして待ちたい。

府内城イルミネーションbQ

城址公園に行って、コンパクトカメラで撮る。

府内城イルミネーション1

府内城イルミネーション点灯された綺麗な姿を国道197から撮って見ました。

大分市

2018年1月19日
テングチョウ

本宮山登山口周囲に多くのテングチョウがセイタカアワダチソウの蜜を吸っていたので撮る。

大分市上判田

2017年11月1日

ハクセンシオマネキ

河口の干潟に生息し,甲羅の幅が2〜3cmくらいの横長のカニ です。環境省の絶滅危惧2類に指定されている。 雄は片方のハサミが 大きくて白いので、よく目立つ。

チゴガニ

チゴガニは潮が引いてる間だけ巣穴から出てきては、ダンスを 踊るので知られている。

ヤマトオサガニ

スナガニ科に属していて干潟の上が主な生活の場となっている。 長方形をした甲羅と長い眼、 そして下向きに発達した白いハサミがある。 非常に用心深いカニのようです。

ケフサイソガニ

観察会に参加して干潟の生き物を観察した。ケフサイソガニは成熟した雄のハサミの付け根に毛の房がある。

大分市東部の干潟

2017年10月14日

アサギマザラ bQ

佐賀関関崎のフジバカマの咲き具合が良くないので、以前の様に余り見かけない様です。

アサギマザラ bP

1000km以上を旅する蝶で好物のフジバカマに集まって来る。
県内では最も姫島村が有名です。

ナガサキアゲハ

西日本で多く見られた蝶ですが、関東 地方など、東日本でも見られるようになり、その分布は北上しているようです。

モンキアゲハ bQ

このように大きな斑紋が目立つ。アゲハチョウの中では最も大きい。

モンキアゲハ bP

後翅に黄白色の大きな斑紋があるのが特徴で ある。

大分市佐賀関

2017年10月9日

アキアカネ bQ

小さな赤トンボが背を向けていたので、ソート接近する。

アキアカネ bP

池の周囲に多くのアキアカネが休んでいた。

ホタルガ

1本の太い白帯が印象的な蛾。頭部は赤く、立派な触角を持っている。

ウラギンチョウ bQ

羽を閉じると銀色です。

ウラギンチョウ bP

羽を開いたら「刺しゅう」をした様に綺麗です。

大分市東部の池

2017年10月4日

自然観察会

小学4年生と「水辺の生き物」と「野鳥観察」をして屋外勉強を楽しみました。

大分市乙津川水辺の楽校

2017年9月12日

第6回水辺で遊ぼう 開会宣言

小学4年生2人により開会宣言があった。

第6回水辺で遊ぼう

今年もウグイスの竹笛・紙トンボウ・絵ハガキを制作して好評でした。

大分市乙津川水辺の楽校

2017年9月9日
自然観察会

「身近な自然観察会」が雨で一週間順延になり、今日行われたので参加して来ました。

大分市七瀬川自然公園
2017年9月2日

大水車 bQ

余りにも大きいので、レンズを30mmに切り替え離れて撮った。

大水車 bP

本庄の水辺で遊んで、帰りに大水車を見る。

大分県佐伯市本庄

2017年8月20日
ゴマダラチョウ

小さな池の周りを飛んでいました。疲れたのか、地面に降りた所をと撮った。

大分市上野
2017年8月2日

ツバメシジミ

翅の表面は、水色でした。

ハラビロトンボ

腹部が異様に幅広い小型のトンボです。

モノサシトンボ bQ

近くにやって来たので、105mmレンズでも大きく撮れた。

モノサシトンボ bP

久し振りに会えたトンボです。
この池では良く見かけた。

ベニイトトンボ bQ

次にやって来た方が、紅が濃い様でした。

ベニイトトンボ bP

ベニイトトンボが日陰にいたので、飛ばれない様に、撮った。

キイトトンボ bQ

飛んでいる所を狙ってみました。小さいので、羽は分かりません。

キイトトンボ bP

小さなイトトンボを撮って来ました。先ずは番です。

大分県速見郡日出町

2017年7月22日

ヤマアカガエル bQ

動いて横向きになったので、素早く写真に収める。

ヤマアカガエル bP

湿地帯にヤマアカガエルが現れた。

アオダイショウ 2

腹を見ると膨らんでいるので御馳走にありついた様です。

アオダイショウ bP

大きなアオダイショウに遭遇した。こちらを見つめていたが、向こうから逃げて行った。

大分県別府市城島高原周辺

2017年7月17日

オニヤンマ

池の渕に卵を産み付けているのか私の前から動かなくなった。

コシアキトンボ bQ

静止しているので、どれくらい撮れるかチャレンジして見た。

コシアキトンボ 1

小さな池に胴体を白いビニールで巻き付けた様なトンボが飛んでいたので撮った。

大分市上野

2017年7月2日

イシガケチョウ

ブッポウソウの観察をしているとヒラヒラと飛んきました。

大分県由布市

2017年6月6日

エサキモンカメムシ

背中にハート模様がある。

大分県由布市

2017年4月15日

テングチョウ

蝶を探したが、他の蝶は見つからなかった。

オオイタサンショウウオ卵胞

陣屋村の自然観察会に参加した。今年は例年より卵胞が多い様に感じられた。

大分県由布市挾間町陣屋の村

2017年3月11日