日本野鳥の会大分県支部創立40周年記念誌
「大分の野鳥300」紹介

4月20日頃から県内の主要書店で取り扱いを開始しますので、お手にとってご覧ください。
近くに書店がない場合は下記で取り扱っていますので電話をください。
日本野鳥の会大分県支部事務局 097-541-0978

本図鑑は、2006年発行の「おおいたの野鳥 大分県野鳥ガイドブック」を、大分県内でのバードウォッチングに日常的に使用することを考慮して再編集し、「大分の野鳥300 大分県野鳥ガイドブック増補改訂版」として発行します。
大分県ではこれまでに21目68科360種(外来種7種を含む)の野鳥が確認されています(日本鳥類目録改定第7版:日本鳥学会)。その中から295種(外来種3種を含む)と亜種12種を選び「大分の野鳥300 大分県野鳥ガイドブック増補改訂版」として刊行しました。

以下にその概要を紹介します。
2015年4月1日初版第1刷発行
制作発行 日本野鳥の会大分県支部
版型:A5
総ページ数176ページ
 カラー144ページ
 モノクロ32ページ
ISBN978-4-9901424-1-4
定価:本体2200円


 
野鳥図鑑は 身近な鳥、水辺の鳥、山野の鳥の三部構成。
バードウォッチャーが覚えておくと便利と思われる事柄を豆知識として掲載しました。
身近な鳥は21種掲載。
水辺の鳥は132種掲載。
山野の鳥は142種を掲載。
県内の主要な探鳥地33ケ所を紹介。
レッドデータブックおおいた2011の鳥類編要約版を掲載しました。
大分県の全鳥類リスト(21目68科353種+外来7種)を掲載しました。
他に@バードウォッチングをはじめよう Aバードウォッチング用語集 B日本野鳥の会大分県支部紹介など。