小中一貫教育

本校の特色ある教育活動について

概要

夢の実現に向けた「生きる力」を育むために

小中一貫教育のねらい


  1. 「確かな学力の向上」「心の教育の充実」「健やかな体の育成」をバランスよく推進し、子どもたちに生きる力を育むために、小中9年間を見通した系統的な教育を行う  小中一貫教育を推進する。
  2. 小中9年間を見通したうえで、小学校6年間における子どもの発達段階に応じた教育活動を展開する。
  3. 「地域の子どもは地域で育てる」ことを具現化するために、家庭・地域との緊密な連携のもと、中学校への円滑な接続を図る。
  4. 不登校や生徒指導上の問題を解決するために、小中学校での課題を共通理解し、一貫性・統一性のある指導を展開する。
  5. 小学校と中学校の教職員の交流を通し、学校の活性化や授業改善を推進する。


 小中一貫教育の取組内容

  1.学校行事等における児童生徒の交流
    2.教職員の合同研修会
    3.小中互見授業を通した小中合同の授業研究による授業改善


小中一貫教育の重点目標と取組内容

 ○本年度の重点目標 
 ・9年間を見通した「家庭学習の手引き」の活用と実践

 ○取組項目
 
1.児童アンケートで、「家庭学習に毎日進んで取り組んだ」と答える児童の割合90パーセント以上
  
 ・時間と質(内容)の向上
 2.保護者アンケートで、「わが子は毎日進んで家庭学習に取り組んでいたと」と答える保護者の割合80パーセント以上
   
 
3.小中合同研修での家庭学習の取組の検証と手引きの見直し(学期1回以上)
     


○吉野校区小中一貫教育研究推進 広報紙
  平成27年度  ・吉野の里 15号
          ・吉野の里 17号

          ・吉野の里 19号
          ・吉野の里 21号
  平成28年度  ・吉野の里 22号
           ・吉野の里 23号
           ・吉野の里 24号

年間計画

学期

内容

T

4月

 

5月

 

6月

 

7月

・推進委員会(乗り入れ授業等の決定)

・推進委員会、部会研等(年間研修計画・体制の決定、部会の決定、方針等)

・中学校体育大会への小学生の参加

・中学校生徒総会を小学生見学

・少年自然の家新聞の交流

・小学校修学旅行の新聞交流

・意識調査等アンケート

・小中合同吉野川清掃(水質検査、ホタルの幼虫放流等)

7月

8月

・小中合同研修1(教科研、新指導要領について等)

・小中合同研修2(部会研修)

・小中合同研修3(中間発表会、年間計画の検証)

・中学生による小学生への学習指導(チャレンジ学習)

・学力調査の分析

・小中合同学力向上委員会

・アンケート集約と分析

U

9月

10月

 

11月

 

12月

・小学校運動会への中学生参加呼びかけ

・中学校職場体験新聞の小学校への交流

・中学校文化発表会での小学生との交流(合唱コンや作品展示等)

・互見授業の実施

・キャリア教育の実施(小5と小6)

・意識調査等アンケート
 ・アンケート集約と分析

・教育課程編成準備

・自分の生き方を考えさせる取り組み(中3と小6)

 

 

V

 

 

1月

 

2月

3月

・梅まつり関連行事(清掃等)

・中学校体験入学(小6)

・ペットボトルキャップ&ベルマーク回収(交換、贈呈式)

・小学校6年生の情報交換会

・人権意識を考えさせる取り組み(中12、小56)

・中学校卒業生の進路情報の共有

・小学校卒業式での歌唱指導(中学校音楽教諭)

・あいさつ運動

・生徒指導実践交流(生徒指導等の情報交換)

・学習規律を守る取り組み

・家庭学習について共通認識での取り組み