大分市立横瀬西小学校 MAPカウンター
home

校章 本校の校章は、金色に輝く稲穂、それを支える三枚の葉、その中央に「横西小」の字を配しています。それは、当時の横瀬西小別木達彦教諭の創案によります。

 稲穂は、横瀬の地が、鎌倉時代から大変おいしいお米のとれる所で、阿南荘の政所の直売地になっていたという故事に因んでいます。また、稲穂は一粒の籾から何百もの種子をふやしていくことから実りを象徴しています。そして、実れば実るほど頭をたれるという人徳のひとつのあり方も教えてくれます。

 稲穂を支える銀色の三枚の葉は、「知恵(あたま)」「徳育(こころ)」「体育(からだ)」を象徴し、大空に向かって伸びていく姿をとっています。子どもたちの未来への発展に、祈りを重ねたものです。

 校旗は、「緑豊かな自然に囲まれた環境の中にある輝く本校」を意識して、グリーン地に金地、銀地の校章を入れるデザインとなっています。