1. TOP
  2.  > リハビリテーションのご案内

リハビリテーションのご案内

当院には3名の理学療法士
がおり、 リハビリテーションに
特に力を入れています。

3人の理学療法士

見出しライン主にこのようなリハビリテーションを行っています。

リハ説明図 リハ説明図

痛みとは…
  ・腰痛
  ・手足の疼痛
   など

動きにくさ(機能障害)とは…
  ・加齢やけがによる関節の拘縮
  ・歩行障害
  ・手足の疼痛 など

見出しライン主に行っている方法

主に行っている方法は以下の4つです。

上へ このページの一番上に戻る

見出しライン低周波療法(電気療法)

体内に微量の電気を流します。
こうすることで痛みをひきおこす
神経の働きを抑えます。
また、筋肉の緊張をとり、
筋力を強める作用もあります。

低周波をしている図

上へ このページの一番上に戻る

見出しラインホットパック

ホットパックで患部を温める
ことによって筋肉の緊張をとり、
痛みを緩和させます。
患部への血流が良くなる事で
回復力も強まります。

膝にホットパックの図
ホットパックを温めている図 ホットパックを包む前の図 ホットパックをタオルで包んだ図 首にホットパックの図

上へ このページの一番上に戻る

見出しライン牽引

首や腰を引っ張ることにより、
椎間板への圧力を軽くし、
神経の圧迫を取り除きます。
また、筋肉の緊張をとる作用もあります。


※ 椎間板…背骨の骨と骨の間で
クッションの役目をしている
ゼリー状の物質(軟骨)のこと。

頚椎牽引の図

見出しライン徒手療法

理学療法士の手で直接手技を行います。

徒手療法図

一般に言うマッサージと異なり、
例えば頚部から肩甲骨の
筋肉の緊張が高まっている場合、
各部の筋肉の全長を始めから
終わりまで充分に治療者の手で
摩擦し、引き伸ばします。

こうする事で筋肉の緊張を緩め、
痛みをとります。
当院ではこのような方法を
リハビリテーションで取り入れています。

理学療法士の手

上へ このページの一番上に戻る