ヘッダーイメージ



戦争で児童が疎開したため閉校、戦後
沿革概要
 
 
 
 1873年(明治 6年)津留学校ができる。(個人宅)
1879年(明治12年)現在の場所に校舎を建てる。
      (校舎は三佐村の岡藩倉庫を移転して利用)
1892年(明治25年)
津留尋常小学校と名前をかえる。
1914年(大正 4年)
東大分尋常小学校と名前をかえる。
1925年(大正15年)学校の北側に
赤レンガのへいを建てる。
1941年(昭和16年)
津留国民学校と名前をかえる。
   
津留周辺には、第12海軍航空隊や航空廠などがあり、
   空襲が心配されたため、児童の多くは疎開した。

1945年(昭和20年)戦争で児童数激減のため
学校閉鎖
1947年(昭和22年)校舎を城東中学校、岩田学園が利用する。
1956年(昭和31年)
津留小学校が再び開校する。
1976年(昭和51年)人数が増え、分離するため、
舞鶴小学校が新設される。
2005年(平成17年)復活開校50周年記念行事を行う。
2010年(平成22年)復活開校55年目

2015年(平成27年復活開校60年目