会 長 挨 拶     
ボランティアセンター  
ここのえ子育て交流センター
ここのえ生活サポートセンター
寄り合いカフェひとりじゃないよ
デイサービスセンター  
福祉器具・車両貸出   
小地域ネットワーク   
軽度生活援助事業    
日常生活自立支援事業  
生活福祉資金貸付事業  
採 用 情 報     
相 談 窓 口     
組織図 役員.評議員名簿 
事業計画.予算 決算.事業報告
リ ン ク       
プライバシーポリシー  
第15回福祉ふれあい夏祭り

アクセスカウンター
人目のお客様です
















社協の概要 地域支援事業 ボランティア ここのえ子育て交流センター ここのえ介護事業センター

九重町社会福祉協議会発行
 福祉情報誌 
すまいる
第179号

画像をクリック


社会福祉だより
ふれあい
第91号

画像をクリック


第178号
第177号
第176号
第175号
第174号
第173号
第172号
第171号
第170号
第169号
第168号
第167号



第90号

第89号

第88号

第87号


『共同募金(赤い羽根募金)』

 毎年10月1日から12月31日は、共同募金の運動期間です。この募金運動は、各都道府県に組織された「共同募金会」という民間の団体が行っています。都道府県共同募金会は、活動組織として市町村に委員会を置いており、九重町では「九重町共同募金委員会」が置かれております。

 皆様から寄せられた募金は、九重町共同募金委員会から大分県共同募金会へ送られ、翌年度に県内の福祉施設や福祉団体などへ配分されます。

 歳末たすけあい募金も共同募金の一環として、12月1日から31日に行われます。九重町共同募金委員会で集まった歳末たすけあい募金の分は、その年の歳末に福祉事業に使われます。


 詳しくは、
九重町社会福祉協議会(電話 76-2500)までお問い合わせください。



ふくしまっ子プラスワン
応援プロジェクト7

〜こどもたちの笑顔・九州の笑顔〜
 皆様からの寄付を募集しています 

 震災以来、原発事故の影響により外遊びが難しい福島の子ども達を九州に招いて、思いっきり遊んでもらおうと始まった企画の第7弾です。今年は熊本地震により県内でも大きな被害に見舞われました。福島、大分の子ども達が大自然の中で交流し、絆を深め、笑顔になってもらいたいという思いで実施します。
 
ご協力お願いいたします。


▼寄付金のお振込先▼
銀行名大分銀行ソーリン支店
口座番号(普)5189587
口座名義(福)大分県社会福祉協議会ボランティア活動支援金口
平成29年10月31日までは大分銀行本・支店窓口からの振込手数料は無料
本事業は県民の皆様の募金及び支援団体からの寄付で実施します。


社協会員加入のお願い

 社会福祉協議会の福祉事業は、皆様方よりお寄せいただく会費、寄付金などを財源として行われています。社会福祉協議会をご理解いただき、ぜひ会員としてご加入いただきますようお願い申し上げます。

会費は次の通りです
■普通会員年額一口1,500円
■特別会員年額一口3,000円
■特別賛助会員年額一口10,000円

会費の徴収は各行政区の福祉委員(区長)さんに取りまとめをお願いしています。



生活福祉資金貸付制度

 九重町社会福祉協議会では、低所得者,障害者または高齢者に対し資金の貸付けと必要な相談支援を行う、「生活福祉資金貸付事業」を行っています。

  この事業では、金銭的な援助だけを目的としたものではなく、その経済的自立及び生活意欲の助長促進ならびに在宅福祉及び社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるようにすることを目的としています。

生活福祉資金貸付制度

●九重町ボランティア活動人口 延べ200人
ボランティア東 36人 児童館協力者 11人
はづきの会 35人 風船バレー介助グループ 13人
キスゲの会 24人 ふきのとう 12人
ボランティア南 24人 災害ボランティア 9人
かっこうの会 10人 個人ボランティア 16人
くさもちの会 10人
 《平成29年8月1日現在》
RING!RING プロジェクト
(競輪補助事業のご紹介)
競輪は様々な分野の事業を応援しています。
訪問入浴車の整備
 訪問入浴介護車両が新しくなりました
 この度、公共財団法人JKA(競輪とオートレースの振興法人)より、補助金をいただき、訪問入浴介護車両を購入しました。
 訪問入浴介護は、利用者様のご自宅へ専用浴槽を持参し脱衣から入浴後のバイタルチェックまで入浴のサポートをするサービスです。車両が新しくなったことで、さらにサービスの拡大に努めます。
社会福祉法人 九重町社会福祉協議会

お知らせ

10月1日から12月31日は
赤い羽根共同募金の運動期間です

「共同募金会」が行なう、民間の募金です
 共同募金運動の実施主体は、各都道府県に組織された「共同募金会」という民間の団体です
 各都道府県共同募金会は、第一線の活小津組織として、市町村に委員会を置いています。
 九重町では九重町社会福祉協議会内に「九重町共同募金会」が置かれています。
民間の社会福祉事業を支えます
皆様からお寄せいただいた募金は、県内の社会福祉施設や様々な福祉活動団体などへ配分され「誰もが安心して暮らすことができる福祉のまちづくり」のために役立てられます。
歳末たすけあい募金も、共同募金の一環です
 歳末たすけあい募金(12月1日〜31日)も、共同募金の一環として行われます。集まった歳末たすけあい募金は、その年の歳末に福祉事業に使われます。
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします

ご寄付のお願い

 九重町社会福祉協議会では、高齢者や子どもたち、地域のみなさんの交流を目的とした「ふれあいこども食堂」を各地区で取り組むよう支援しております。
 東飯田地区では、3月から初めて「つなぐ食堂」として5回目が開催され定着して来ています。
 南山田地区では、12月に開催予定で準備が進められています。高齢者と子どもたちの地域でのつながりを大事と考えて支援しています。

もち米・米・さつま芋・里芋・
ごぼう・にんじん・大根 など

 そこで、食堂の食材を、少し分けていただけませんか?連絡いただければ、こちらから受け取りに伺います。

皆さんのご協力をよろしくお願いします。

「平成29年台風第18号災害義援金」の受付について

 標記台風災害にともない、甚大な物的被害が発生しました。
 つきましては、被災された方々の生活の一助とするため、九重町社会福祉協議会の窓口にて、標記義援金の受付を始めましたので、ご協力いただきますようお願いいたします。
 お寄せいただいた義援金は、日本赤十字社を通じて被災者へ配分されます。

受付期間
平成29年12月28日(木)まで

※救援物資(衣料品など)の寄贈については、受付をしておりませんのでご了承願います。

「平成29年7月5日からの大雨災害義援金」について
 これまでに町民の方々や、関係団体の皆様からお寄せいただきました義援金につきまして、下記の通りご報告させていただきます。
 また、義援金受付期間が平成29年12月28日(木)までに延長されました。
大雨災害義援金受付状況
受付件数4件 
受付金額84,000円 
(平成29年8月31日現在)
※義援金窓口へご持参いただいた合計額
 なお、大分県と福岡県それぞれの県義援金配分委員会を通じて被災者へ配分されます


レク備品貸し出します!

 九重町社会福祉協議会では【たいこ相撲】【輪投げ】【思い出カルタ】【十二支ビンゴ】など、全部で32種類の備品を貸し出してます。対象は町内の団体等、貸出期間は2週間、料金は無料です。
 詳しくは、九重町社会福祉協議会までお問い合わせください(電話76−2500)

ファミリーサポート事業

 保護者の病気や冠婚葬祭などの外出時、また、保育施設の時間外や学校の放課後など一時的にお子さんを預かってほしいという保育ニーズにこたえるために設置されました。
  子育てを応援するために「お手伝いする人(まかせて会員)」と「お手伝いを依頼する人(おねがい会員)」が会員となって助け合う、有償の会員組織です。
ここのえファミリーサポートセンターが仲介して、会員同士で助け合います。お手伝いの活動前に、ここのえファミリーサポートセンターを交えて、お願い会員とまかせて会員の事前打ち合わせが必要になります。

【利用料】
@平日7時〜19時1時間あたり600円
A土日祝日及び@の時間外1時間あたり700円

お手伝いできる内容など詳細は、「ここのえファミリーサポートセンター」(ここのえ子育て交流センター内 電話73-2666)へお尋ねください。




平成28年度九重町社会福祉協議会事業報告

 高齢者事業について 
 児童福祉について 
●一人暮らしの高齢者の集いの開催
 (各地区1回)
●ふれあい郵便事業(毎月約348名)
●軽度生活援助事業(61時間)
●福祉器具の貸出(38件)     など
●子育て交流センター(250日開催、延べ13,540名)
●児童館事業(27回、延べ712名)
●児童ふれあい交流事業
●ブックスタート事業
●図書、おもちゃ図書館(4,878個)      など)
 ボランティアセンター事業について 
 介護保険事業 
●ボランティア基礎講座(4回、延べ51名)
●ボランティア講演会(58名)
●手話奉仕員養成講座(入門)(24回開催)
●中学生ボランティアリーダー研修(2回、延べ6名)
●献立検討委員会(6回)
●防災訓練                 など
●通所介護事業   ●訪問介護事業 
●訪問入浴介護事業    ●居宅介護支援事業 
 障がい者福祉について 
 その他の事業 
●コスモスの集いの実施(2回、延べ73名)
●リフレッシュ事業(38名)
●障がい者ホームヘルプサービス事業
●障がい者デイサービス事業
●障がい者相談支援事業        など
●無料法律相談所の開設()6回
●広報誌発行(「ふれあい」3回、「すまいる」9回)
●第15回福祉ふれあい夏祭り開催(参加者500名)
●第42回社会福祉大会の開催(被表彰者61名)
●ふれあい備品貸出(68件)
●日常生活自立支援事業(249回支援)
●生活困窮者自立支援事業(新規相談28件)







平成28年度 社協会費協力状況



総額 4,944,500円
たくさんのご協力に感謝申し上げます


                                                                                              
1月のカレンダー
1元日17ほほ笑み教室 飯田公民館9:00~12:00
無料法律相談【福】9:00~12:00(要予約)
2 18ベビーニコニコ広場【子】10:30~11:30
3 19ふれあいプラザサロン 10:00~15:00
4仕事始め20子育て交流センター通常開館
5 21
6積木で遊ぼう【子】10:00~12:00 22子育て交流センター休館日
723ほほ笑み教室 南山田公民館9:00~12:00
手話奉仕員養成講座【福】19:30~21:30
8成人の日 24ほほ笑み教室 飯田公民館9:00~12:00
9ほほ笑み教室 南山田公民館 9:00~12:00
手話奉仕員養成講座【福】19:30~21:30
25わくわく広場【子】10:30~11:30
10ほほえみ教室 飯田公民館 9:00~12:0 26ふれあいプラザサロン 10:00~15:00
11わくわく広場【子】10:30~11:3027弁当の日【子】10:00~13:00
12ふれあいプラザサロン 10:00~15:00 28
13子育て交流センター休館日 29子育て交流センター休館日
14 30ほほ笑み教室 南山田公民館9:00~12:00
英語で遊ぼう【子】14:15~15:00
15子育て交流センター休館日 31ほほ笑み教室 飯田公民館9:00~12:00
16ほほ笑み教室 南山田公民館9:00~12:00
英語で遊ぼう【子】14:15~15:00
【福】福祉センター 【子】子育て交流センター 【文】文化センター
★行事や時間・場所は、都合で変更になることがあります。



アクセスマップはこちら


 九重町社会福祉協議会の活動についてのお問い合わせ・ご意見・ご要望は
 電話76−2500 FAX76−3835まで、お気軽にお寄せください。



Google
 




〒879-4803 大分県玖珠郡九重町大字後野上17-1
TEL:0973-76-2500 FAX:0973-76-3835
e-mail smile9oct-net.ne.jp
社会福祉法人 九重町社会福祉協議会
Copyright(C)2009 Kokonoemati shakaifukkushi kyogikai All rights reserved
- - KokonoeSyakyou WebSite Ver 2.10 - -