本文へスキップ

TEL. 097-534-6359

〒870-0041 大分市泉町8番41号

小中一貫教育と校内研究

碩田中学校区新設校(大分市HPへ)
○ 大分市立小中学校適正配置(碩田中学校区)-大分市HPへ-
○ 新設校完成予想図
南東側から望む
北西側から望む
メディアセンター
アリーナ
屋内プール
ランチルーム
アトリウム

新校舎の建設
平成28年6月1日。
平成28年6月1日。
平成28年6月1日。
平成28年3月15日。
平成28年3月15日。
平成28年3月15日。
平成28年2月9日。
平成28年1月26日。
平成28年1月26日。
平成28年1月26日。
平成28年1月12日。
平成28年1月12日。
平成28年1月12日。
平成27年6月23日。
平成27年4月24日。
平成27年4月24日。
平成27年4月24日。
   

■碩田校区の小中一貫教育(平成28年度)

授業体験U
 10月11日に、中学校の先生が小学校で授業体験をしました。1〜6年の全学年で授業を体験しました。
それぞれの専門教科で小学校の先生と共に授業をしました。授業を通して「小学生」という発達段階の特徴を理解することができました。
         
    4年生 理科              6年生 社会            2年生 音楽
       
 3年生 社会               5年生 体育

小中合同授業研究会U

 9月14日、中学校の5つの授業提案に碩田校区の先生方が全員参加しました。
 3年1組:道徳、3年3組:社会、2年3組:家庭科、1年2組:美術、1年3組:英語の提案授業がありました。
その後、小中学校の先生が一緒に授業後の研修会を行いました。
       
   
       

小中連絡会
 6月23日、本校で小中連絡会を行いました。昨年度の各小学校6年生の学級担任の先生方が、現中学校1年生の授業の様子を参観し、その後、中学校の学級担任と情報交換を行いました。

       

小中合同授業研究会T
 6月22日、3小学校の校内授業研究会に4校の教職員全員が参加しました。住吉小では1年・3年の算数、中島小では2年国語・5年保健・6年国語、荷揚町小では4年体育の提案授業が行われ、その後、小中学校の教師が一緒に授業後の研修会を行いました。
(住吉小学校での研修会の様子)
       

碩田中学校区新設校開校に向けて(碩田中学校区新設校開校準備室)

○ 一学期末PTA資料(6月発行)
碩田校区小中一貫教育だより(碩田校区事務局発行)
■研究組織








■活動3部会



■年間計画
 期 内容 
 T 4/4
5/6
5/13
6/22
6/23
・転入職員研修会
・活動3部会部長会
・小中合同研修会T(研究テーマ・学力向上・活動3部会)
・授業研究会T(各小学校提案授業・小中合同授業研究会
・前期小中連絡会〜前小学校6年生担任と中学校1年生担任
夏季 7/21
7/21.22
8/
8/26
8/29
・小中合同研修会U(研究テーマ・学力向上・活動3部会)
・里帰り学習支援(中学生が小学校へ)
・各部会研修
・授業体験T(小学校教諭の中学校授業体験)
・学力分析会議T
 U 9/9
9/14
10/11
・碩田校区学力向上会議T
・授業研究会U(中学校5つの授業提案・小中合同授業研究会)
・授業体験U(中学校教諭の小学校の授業体験)
冬季 1/6 ・小中合同研修会V(研究テーマ・学力向上・活動3部会)
 V 2/22
2/16
3/17
3/23
・学力分析会議U
・新入生説明会(授業参観・体験授業・学校説明)
・学力向上会議U
・小中連絡会(各校の指導の重点・児童の情報交換)
上記以外 1 授業参観(全員)
・小学校教員は1学期中に中学校へ
・小学校教員は1・2学期中に、他の小学校へ
・中学校教員は1学期中に小学校へ
2 授業体験(全員)
・小学校教員は8月後半の中学校授業日に中学校で
・中学校教員は2学期中に小学校で
3 3小学校合同学年部会
・3小合同の低・中・高学年部会を、月1回水曜日に実施 
4 4校長会
・2学期より週1回、4校の校長で当面の課題と新設校開校に向けた各種検討事項の協議


■碩田校区の小中一貫教育(平成27年度)

校区内の小学校(各小学校HPへ)
もうすぐ中学生
 平成成28年度入学予定の現小学校6年生と保護者の方を対象に、2月17日本校で「新入生説明会」を実施しました。
 中学校入学への不安や心配を取り除き、夢と希望をもって入学してもらうことを目的に、全体説明1→授業見学→授業体験→全体説明2→部活動見学を行い、中学校の授業や部活動の様子、雰囲気を味わってもらいました。
 小学校での生活も残りわずか。しっかり6年間のまとめと締めくくりをするとともに、新しい生活への希望を膨らませてください。
3小学校への出前授業
 10月13日に、中学校教師による3小学校への出前授業を行いました。これは、中学校教員が実際に小学校の授業を体験することにより、小中連携の一層の推進を図ることを目的として実施されました。
 当日は、各教室で子どもたちから温かく迎えてもらい、「中学校の先生が来て授業をする」という新鮮な気持ちと期待が見られる中で、楽しい授業が展開されました。 
     
小学校教諭による中学校授業観察と授業体験
 8月26日、校区内の小学校教諭全員が本校で授業観察を行いました(今年は8月末に授業日を4日設けています)。また、28日と31日には、希望する教科の授業にティーム・ティーチングのT2として連携・協力しながら参加しました
     
ステップアップ学習サポート
 夏休み最初の5日間、3小学校ではステップアップ学習が行われています。今年も、本校1年生と2年生の有志がそのサポートに参加しています。
 今年は本校の教室にエアコンがあるため、近距離の住吉小と中島小の小学生は本校でステップアップ学習を行いました。ずいぶんと能率も上がったようです。中学生にとっては、後輩の学習のフォローを行うことにより、自分が役に立てたと実感できたようです。
     
夏季合同研修会(於:教育センター)
 7月21日、碩田校区の小中学校の教員が一堂に会した夏季合同研修会が開催されました。午前中は、
(1)開校準備委員会の進捗状況
(2)研究テーマに関する研修
(3)テーマを受けた各校の取組状況
(4)小中合同授業研究会の総括
(5)活動3部会今後の取組説明
を行い、午後からは活動3部会に分かれて、検討事項の進捗状況報告と検討、取組の付加修正・困りの共有等を行いました。
 今後、各部会の項目ごとに提案資料を作成し8月25日に再度、3部会を開催することとなります。
小中連絡会
 7月7日、本校で小中連絡会を行いました。昨年度の各小学校6年生の学級担任の先生方が、現中学校1年生の授業の様子を参観し、その後、中学校の学級担任と情報交換を行いました。     
このページの先頭へ
第1回碩田校区小中合同研修会
 5月15日に、第1回碩田校区小中合同研修会が、碩田中学校多目的教室にて開催されました。
今年度の取組についての説明、各部会の部長及び学年主任紹介、担当指導主事の指導・助言の後、早速、全員がそれぞれ学習指導部、生活指導部、特別活動部に分かれて、今年度の取組方針や、具体的な内容と担当者の決定を行いました。      



■碩田校区の小中一貫教育(平成26年度)

平成26年度碩田校区小中一貫教育
1 小中一貫教育のねらい
 (1) 「確かな学力の向上」「心の教育の充実」「健やかな体の育成」をバランスよく推進し、子ども達に生きる力をはぐくみ、義務教育9年間で自らの将来を切り拓く力を身に付けさせる。
 (2) 児童生徒の心身の発達に応じたきめ細かな指導体制を確立する。
 (3) 「家庭・地域」との連携のもと、小中学校間の円滑な接続を図る。
 (4) 不登校生や生徒指導上の諸問題を解決する上で、小中学校での課題を共通理解し、一貫性・統一性のある指導を展開する。
 (5) 小学校と中学校の教職員の交流を通して、教師の意識をつなぎ、学校の活性化や授業改善を図る。

2 小中一貫教育の取組内容
 (1) 義務教育9年間を見通し、一貫性のある体系的な教育に取り組める教育課程を編成する。
 (2) 義務教育9年間を見通し、児童生徒の発達の段階に応じた教育活動を展開する。
 (3) 小学校と中学校の教職員の交流を通し、四校の活性化を図る。
 (4) 乗り入れ授業や互見授業を通した小中学校間の授業交流や授業研究を通して、教師の授業改善を図る。
 (5) 学校行事等における児童生徒の交流を図る。

3 小中一貫教育の方法
 (1) 四校校長会・教頭会・事務局会・拡大協議会及び学力向上会議等の開催
 (2) 碩田校区重点目標の設定
 (3) 小中合同研修会(年間3回)、授業研究会、転入職員研修会の実施
 (4) 小中連絡会の実施(年間2回)
 (5) 児童生徒・教職員・保護者・地域住民へのアンケートの実施
 (6) 広報誌の発行究組織

このページの先頭へ
中学校生活への期待が膨らみます
  平成成27年度入学予定の現小学校6年生と保護者の方を対象に、2月20日本校で「新入生説明会」を実施しました。
 中学校入学への不安や心配を取り除き、夢と希望をもって入学してもらうことを目的に、全体説明1→授業見学→授業体験→全体説明2→部活動見学を行い、中学校の授業や部活動の様子、雰囲気を味わってもらいました。後半、6年生からの質問もあり、有意義な会になりました。
 4月9日、みなさんの入学を心よりお待ちしています。
第3回(冬季)小中合同研修会(於:大分市教育センター)
 平成27年1月7日、碩田校区の小中学校の教員が一堂に会した冬季合同研修会が開催されました。今年度の研究の成果と課題を、研究三部会、活動三部会それぞれにおいて協議し、引き続き全体報告を行いました。その後、校区一斉防災訓練の提案、今年度の成果と課題、指導・助言など、平成29年度新設される小中一貫教育校開校を見据えた充実した研修会となりました。
平成26年度 公開研究発表会
○ 系統性を重視した検証授業を組むため、本年度も授業公開を小→中の連続公開としています。
 1 研究テーマ 「学び合い」が成立する言語活動
             〜系統性を明確にした授業実践〜
 2 期日  平成26年10月9日(木)
 3 会場  大分市立碩田中学校
 4 日程・内容
    (1)  受付                     13:00〜13:30
    (2)  公開授業T                  13:30〜14:15
        ○ 小学校ことばコミュニケーション 荷揚町小4年
        ○ 小学校道徳 住吉小5年
        ○ 小学校算数 中島小6年
    (3) 公開授業U                  14:20〜15:10
        ○ 中学校英語 碩田中1年
        ○ 中学校数学 碩田中2年
        ○ 中学校道徳 碩田中3年
    (4) 授業研究会                  15:15〜15:55
    (5) 全体会                    16:10〜16:40
     
今年も中学生が小学生の学習のお手伝い
 夏休み最初の5日間、3小学校ではステップアップ学習が行われています。今年は、本校1年生と2年生の有志が出身小学校へ出向き、小学生の学習のお手伝いをしました。
 小学生にとって先輩である中学生が、後輩の学習のフォローを行うことにより、自分が役に立てたと実感できたようです。
     
(夏季)第2回小中合同研修会(於:アートプラザ、荷揚町小)
 7月22日、碩田校区の小中学校の教員が一堂に会した夏季合同研修会が開催されました。午前中は、研究テーマ・授業研究会の成果と課題の報告に続き、研究三部会に分かれて主として指導案審議等を行いました。
 午後は、活動三部会に分かれて、現在までの活動を振り返り、今後の具体的な活動計画等について、協議を重ねました。
 今後、各部会や各学校で、この会で話し合われた事項について実践していくことになります。

小中合同授業研究会
 6月25日、3小学校の校内授業研究会に中学校教員全員が参加しました。当日は、荷揚町小学校学校でことばコミュニケーション科、中島小学校で算数、住吉小学校で道徳の提案授業が行われ、その後、小中学校の教師が一緒に授業後の研修会を行いました。
小中連絡会

 6月24日、本校で小中連絡会を行いました。昨年度の各小学校6年生の学級担任の先生方が、現中学校1年生の授業の様子を参観し、その後、中学校の学級担任と情報交換を行いました。      


第1回碩田校区小中合同研修会
 5月7日、第1回碩田校区小中合同研修会が、新装なった大分市教育センターにて開催されました。
今年度の研修についての提案、各部会の指導助言者・部長・授業者の紹介の後、早速、活動三部会、研究三部会に分かれて、具体的な協議を行いました。     

■碩田校区の小中一貫教育(平成25年度)

碩田校区小中一貫教育全体計画
1 小中一貫教育のねらい
 (1) 「確かな学力の向上」「心の教育の充実」「健やかな体の育成」をバランスよく推進し、子ども達に生きる力をはぐくみ、義務教育9年間で自らの将来を切り拓く力を身に付けさせる。
 (2) 児童生徒の心身の発達に応じたきめ細かな指導体制を確立する。
 (3) 「家庭・地域」との連携のもと、小中学校間の円滑な接続を図る。
 (4) 不登校生や生徒指導上の諸問題を解決する上で、小中学校での課題を共通理解し、一貫性・統一性のある指導を展開する。
 (5) 小学校と中学校の教職員の交流を通して、教師の意識をつなぎ、学校の活性化や授業改善を図る。

2 小中一貫教育の取組内容
 (1) 義務教育9年間を見通し、一貫性のある体系的な教育に取り組める教育課程を編成する。
 (2) 義務教育9年間を見通し、児童生徒の発達の段階に応じた教育活動を展開する。
 (3) 小学校と中学校の教職員の交流を通し、四校の活性化を図る。
 (4) 乗り入れ授業や互見授業を通した小中学校間の授業交流や授業研究を通して、教師の授業改善を図る。
 (5) 学校行事等における児童生徒の交流を図る。

3 小中一貫教育の方法
 (1) 四校校長会・教頭会・事務局会・拡大協議会及び学力向上会議等の開催
 (2) 碩田校区重点目標の設定
 (3) 小中合同研修会授業研究会の実施(年間3回)
 (4) 小中連絡会の実施(年間2回)
 (5) 児童生徒・教職員・保護者・地域住民へのアンケートの実施
 (6) 広報誌の発行

第3回(冬季)小中合同研修会(於:大分市保健所会議室)
 平成26年1月7日、碩田校区の小中学校の教員が一堂に会した冬季合同研修会が開催されました。今年度の研究の成果と課題を、研究三部会、活動三部会それぞれにおいて協議し、引き続き全体報告を行うとともに、来年度の一貫教育に向けた方向性の提案など、午前中いっぱい盛りだくさんの内容で、充実した研修会となりました。
第3回 四校協議会

○ 平成25年11月21日、校区内小中学校の校長・教頭・小中一貫教育担当者が本校に集まり、第3回の四校協議会を開催しました。全学級の授業を参観した後、「公開研究発表会の総括」「冬季合同研修会」等について、協議を行いました。

平成25年度 公開研究発表会

○ 系統性を重視した検証授業を組むため、本年度も授業公開を小→中の連続公開としています。
 1 研究テーマ 「伝え合う力」を育成するための言語活動
             〜系統性を意識した授業実践〜
 2 期日  平成25年10月18日(金)
 3 会場  大分市立中島小学校
 4 日程・内容
    (1)  受付                     13:00〜13:30     
    (2)  公開授業T                  13:30〜14:15
        ○ 小学校理科 荷揚町小4年
        ○ 小学校体育 中島小1年
        ○ 小学校道徳 住吉小3年
    (3) 公開授業U                  14:30〜15:20
        ○ 中学校理科 碩田中2年
        ○ 中学校保健体育 碩田中1年
        ○ 中学校道徳 碩田中3年
    (4) 全体会                    15:35〜16:40

中学1年生が小学生の学習のお手伝い
 夏休み最初の5日間、3小学校ではステップアップ学習が行われています。そこで、本校1年生の有志が出身小学校へ出向き、小学生の学習のお手伝いをしました。
 小学生にとって先輩である中学1年生。後輩である小学生のフォローがしっかりできるとよいですね。
     
(夏季)第2回小中合同研修会(於:ホルトホール)
 7月22日、碩田校区の小中学校の教員が一堂に会した夏季合同研修会が開催されました。午前中は、ビジョン・理論研究・授業研究会の成果と報告に続き、研究三部会に分かれて主として指導案審議等を行いました。
 午後は、活動三部会に分かれて、活動方針・活動の振り返り・今後の具体的な活動計画等について、協議を重ねました。
 今後、各部会や各学校で、この会で話し合われた事項について実践していくことになります。

小中合同授業研究会
 6月26日、3小学校の校内研修会に中学校も参加しました。当日は、荷揚町小学校学校で1年生の生活科、中島小学校で6年生の体育、住吉小学校で4年生の道徳の提案授業が行われ、その後、小中学校の教師が一緒に授業後の研修会を行いました。
小中連絡会
 6月20日、碩田中で小中連絡会がありました。小学校6年生の時の担任の先生方が、中学1年生の授業の様子を参観し、その後、中学校の担任と情報交換を行いました。
第1回碩田校区小中合同研修会
 5月8日、第1回碩田校区小中合同研修会が、荷揚町小体育館にて開催されました。
今年度の研修内容、碩田中1年生の現状報告、各部会の校長・部長の紹介の後、活動三部会、研究三部会に分かれて協議を行いました。      

校内研究(平成27年度)

1 研究主題
「一人一人の『学び』を育む指導の工夫」
     〜「対話力」を育てる場の充実を通して〜

2 研究仮説
 言語活動において、「対話力」の充実を図れば、対話を通じて得た気づきをもとに、効力感をはじめ、思考力・判断力・表現力が高まり、より高い学びを追求できる生徒が育つであろう。  

3 研究内容・方法
 (1) 理論・基礎研究
  @ 昨年度の取組の成果と課題の共通理解。先行事例研究。
  A 本校における「学力モデル」(つけたい力)の明確化と共通理解
  B 対話力とは〜「学び合い」が成立する言語活動の在り方の研究
    そこに求められる教師のスタンス(かまえ)やスキル(技術指導)など
 (2) 指導法の工夫・改善
  @ 授業のユニバーサルデザイン化による指導方法の工夫や改善
  A カウンセリングやコーチングスキルの向上(勇気づけ等)
 (3) 学年部が目指す生徒像具現化と共通理解
  @ 学級集団づくり・支持的風土を醸成するための具体的な取組の策定
  A 学習規律の徹底
  B ・基礎・基本の定着を目指した、家庭学習や補充学習の充実に向けての取組
 (4) 検証のための提案授業・互見授業の実施
 (5) 研究の準備・事後のアンケート実施と分析
4 研究の様子
 (1) 校内授業研究
  7月8日、井上聡指導教諭による2年1組社会科授業
 (2)道徳授業研究
 平成28年2月18日、本校で道徳の公開授業(2年2組、指導者:岩本泉教諭)を行いました。授業後、第12回校内研修として、授業分析や協議を行い、市教委の小野指導主事からご指導をいただきました。このページの先頭へ

校内研究(平成26年度)

1 研究主題
「『学び合い』が成立する言語活動」
     〜学びの質を高める学習過程の工夫〜

2 研究仮説
 言語活動において、「根拠を基に理由づけした発言」や「反応を伴う聴き方」の活動の中で、吟味や比較など交流の工夫を行えば、「学び合い」が生まれ、学びの質が高まり、(確かな)「伝え合う力」が身に付いた生徒を育成することができるであろう。
 ※(確かな)「伝え合う力」…互いの立場や考え方を尊重しながら、自分の考えや思いを分かりやすく伝え合う力
 ※吟味…自分の考えあや思いの根拠として既習事項や条件を使い、論理的に結論が導き出せているか詳細に分析する
  
3 研究内容
(1) 各教科における言語活動の工夫
  ・「学び合い」が成立する言語活動のあり方の研究。
  ・テーマ検証にあたり提案授業の実施
  ・日常の授業実践を通して研究主題について具体的に検証
(2) 指導法の工夫・改善
  ・アンケート項目の部分見直し
  ・生徒アンケートをもとにし、指導法の工夫や改善。
  ・授業のユニバーサルデザイン化(コミュニケーションギャップの解消へ)
  ・日常的カウンセリングスキルの向上(勇気づけ等)
(3) 学年部での研究
  ・学級集団づくり、学習規律の徹底
  ・基礎・基本の定着を目指した、家庭学習や補充学習の充実に向けての取組
(4) 9年間を見通した学力を育成するための授業の実践(小中連携)
  ・小中連携を円滑にするため、意見の交換ができる場の設定
  ・夏季研修会においては、研究テーマに関するもののみならず、各部会の研修や情報交換の実施
  ・公開研での、指導・助言

■校内研究(平成25年度)

1 研究主題
「『伝え合う力』を育成するための言語活動の工夫」
     〜学びを深めるための学習過程の工夫〜

2 研究仮説
 教師が9年間を見通した指導事項の系統性をふまえ、生徒がお互いの意見を交流し、自分の考えを再構築する場を工夫すれば、「伝え合う」力を育成することができるであろう。
 ※再構築の定義:交流の場を通して、自分の意見を見直し、改善の手を加えること。(自分の考えを深め広げる)
  ・自分では気づかなかった考えをまとめる。
  ・自分の考えの根拠となる事実を付け足す。
  ・自分の考えをさらに補強するために根拠となる事柄を集める。

3 研究内容
(1) 各教科における言語活動の工夫
  ・テーマ検証にあたり提案授業を実施する。
  ・日常の授業実践を通して、研究主題について具体的に検証する。
(2) 指導法の工夫・改善
  ・アンケート項目の見直しを行う。
  ・生徒アンケートを行い、指導法の工夫改善に役立てる。
(3) 学年部での研究
  ・学級集団づくり、学習規律の徹底を図る。
  ・家庭学習や補充学習の充実に向けた取り組みを進める。
(4) 9年間を見通した学力を育成するための授業の実践
  ・小中連携を円滑にするため、意見交換ができる場を設ける。
  ・夏季研修会において、研究テーマに関するもののみならず、各部会の研修や情報交換を実施する。
  ・公開授業研を実施し、指導・助言を受ける。

バナースペース

大分市立碩田中学校

〒870-0041
大分市泉町8番41号
旧(大分市碩田町2丁目5番60号)

TEL 097-534-6359
FAX 097-534-6344