2017年9月27日(水)
坂ノ市中学校 互見授業

坂ノ市中学校の互見授業を2〜4限に行いました。
中学校教員も同じ教科だけでなく、他教科の授業を見合いました。
大分市教育委員会学校教育課指導主事をはじめ、校区の小学校の先生方が約20名参観しました。
参観者からは、「日々の授業の積み重ねの跡が見られる」「グループで意欲的に意見を述べる姿が見られた」
「生徒がわかることを実感できる授業だった」などの感想がよせられました。

2017年7月21日(金)
第3回小中合同研修会

第3回小中合同研修会を行いました。
初めに部会研修を行い、1学期の取組の振り返りと、2学期の内容について話しました。
その後、小中合同の第1回教科研究会を行いました。
各教科における児童生徒の課題を出し合い、身に付けたい力と2学期以降の具体的な対策について意見をまとめました。
第2回教科研究会で行う、指導法の交流についての計画も立てました。

2017年6月26日(月)
小中連絡会

 旧小学校6年の担任と、現中学1年の担任との連絡会を坂ノ市中学校で行いました。5限の授業の様子に加えて、昼休み中に期末テスト勉強に励むところや、授業開始前の「3分前入室・2分前着席・1分前黙想」の取組の様子も見てもらいました。
 生徒たちは、中学生として成長した姿を小学校の時の先生方に見てもらえ、大変うれしそうでした。
情報交換会では、生徒たちが旧担任の先生宛てに書いた手紙も渡しました。

2017年6月21日(水)
第2回小中合同研修会

 坂ノ市中学校で第2回小中合同研修会を行いました。今回は部会研修を中心として行い、今年度の取組の重点について話し合いました。
 どの部会も、これまでの取組を継続しつつ、新たに加えることや、深化させていくことを確認しました。

2017年6月15日(木)
互見授業(丹生小学校)

 丹生小学校で互見授業を行いました。
2校時(低学年となかよし学級)、 3校時(高学年)を中心として、3校15名の教職員が授業を参観しました。
 参観者の感想では、「ホワイトボード」や「付箋」をつかったグループやペアの話し合い活動について、「自分の考えを目に見える形で友だちに伝えることができていた。」「自分の考えをノートにまとめるときにまとめやすい。」という声がありました。

2017年6月13日(火)
互見授業(坂ノ市小学校)

 坂ノ市小学校で互見授業を行いました。
2校時は低学年、3校時は中学年、4校時は高学年という形で、全クラスで授業を公開しました。校区の小中学校、幼稚園、保育園の教員、合わせて46名が参観しました。
 参観者からは、「子どもたちが積極的に課題解決に取り組んでいる。」や「板書の書き方が統一されていて、先生が変わってもスムーズに学べると思う。」などの感想が寄せられました。

2017年5月10日(水)
第1回小中合同研修会

 全体会では、今年度の研究テーマや推進計画を確認しました。学校教育課、森竹指導主事より、大分市小中一貫教育の視点などについてお話していただきました。
 部会研修会では、今年度の部会の方向性について共通理解しました。今年で4回目となる公開研究発表会で、保護者や地域の方々などに校区の取組の成果をより一層還元できるように努めていきます。