11月3日(金)
文化発表会

今年の文化発表会は、「全協全信 〜新たな世代の大きな一歩〜」というスローガンで取り組みました。小学校6年生から中学3年生までの全員での合唱「翼をください」で始まり、3つの縦割り班での活動の発表(ビッグアート・南中ソーラン・英語劇)や各学年の学習発表 そして、学年合唱 最後に全校合唱と盛りたくさんの内容でした。生徒全員に出番があり、すばらしい文化発表会ができたと思います。今年復活した生徒自主企画は、空手道の演武に始まり、荒木君のダンス、藤澤君のピアノ演奏と見ごたえ聴きごたえのあるものでした。特に、荒木君のダンスは、振り付けを自分で考えたオリジナルでした。レベルが高く、大きな拍手が巻き起こりました。下校していく生徒たちの表情には、達成感と充実感があふれていました。

10月30日(月)
大分県新人ソフトテニス大会

今年の県新人大会は、台風22号のため、日程を29日(日)30日(月)に変更して行われました。1回戦耶馬溪中、2回戦駅川中、3回戦臼杵西中に勝ち、ベスト8まで勝ち上がりました。次からは、厳しい戦いが始まりました。以前、県練成大会の決勝で敗れている大神中が相手でした。大神中を2−1で破り、ベスト4に入りました。次は、市の新人戦で負けている上野ヶ丘中でしたが、そこにも何とか競り勝ち、決勝戦へと駒を進めました。決勝戦では、隣の神崎中と対戦し、破れてしまいました。しかし、大分県準優勝ということで、12月26日27日(熊本市)で行われるインドアの九州大会への出場権をゲットすることができました。ナイスだぜ!

10月26日(木)
文化発表会前の全校給食

1学期は、体育大会前に各軍の団結を強めるために、衛生委員会が企画して、全校給食(パワーランチ)が行われました。今回は、文化発表会前に、縦割り班 (英語劇班・ダンス班・ビッグアート班)に分かれて、全校給食を行いました。給食を食べながら、いろんな話題の会話をすることで、協力体制が生まれることを狙っています。11月3日文化発表会当日まで、あと8日 すばらしい文化発表会になることを期待します。

10月23日(月)
野教諭提案授業(小中一貫教育互見授業)

高野先生が、2年生(社会科)「欧米の進出と日本の開国」の単元で、提案授業を行いました。この日は、佐賀関小中学校の先生全員で、授業参観をし、事後研究を行いました。大分市教育委員会から衛藤指導主事を招聘し、ご指導・助言をいただきました。授業では、「第二次長州征伐はどのような影響を与えたか」を考えさせるために、個人で考えさせ、班で練りあい、班の意見をみんなの前で発表しました。事後研究では、考えを深めるための手立ては、どのような策を用いればよいか、深く考えさせるための課題について意見交換を行いました。

10月17日(火)
大分市中学校対抗駅伝競走大会に出場!

今年の駅伝大会は、気温も低く、雨が降る悪天候の中で行われました。佐賀関中学校の選手たちは、自分の部活動や中間テスト前の貴重な時間等を削って、練習に励んできました。1本の襷を繋ぐために、懸命に走りました。女子は、27校中22位 男子は、27校中24位でした。上位入賞することはできませんでしたが、佐賀関中学校のために真剣に走ってくれました。今年のチームは、男女ともに1年生2年生が多く、来年も良い走りを期待したいと思います。佐賀関中学校を代表して走ってくれた選手たちには、本当に感謝しています。ありがとう!

10月5日(木)
大分市中学校新人体育大会(2日目)

ソフトテニス会場では、個人戦が行われました。男子の部では、後藤・島村ペアが3位に入賞し、女子の部では、二宮・紀野ペアが3位に入賞しました。
卓球会場では、個人戦が行われ、佐藤君が1回戦から6回戦まで勝ちあがり、決勝で敗れました。2セット先取し、あと1セットが取れませんでした。本当にすごい試合だったそうです。1年男子の部で、堂々2位です。
バレー会場では、決勝トーナメントが行われ、C部を1位で上がった佐賀関中は、稙田東中と当たり、2−0で1回戦突破。2回戦は、大東中と当たり、0−2と敗れました。ベスト8という成績でした。

10月4日(水)
大分市中学校新人体育大会(1日目)

バレー会場では、予選リーグが行われました。城東中戦2−0 戸次中戦2−1 鶴崎中戦2−1で、全勝で決勝トーナメントに勝ち上がりました。
ソフトテニス会場では、団体戦が行われました。男子予選リーグでは、大分西中戦3−0 上野ヶ丘中戦0−3 1勝1敗、2位で通過しました。決勝トーナメントでは、1回戦稙田東中、2回戦滝尾中に勝ち、3回戦神崎中に破れました。団体3位でした。女子は、予選リーグ1勝2敗で、決勝トーナメントには進めませんでした。
空手道会場では、男子団体組手で、2位 1年男子個人組手で、尾崎君と木村君が3位になりました。

9月30日(土)
佐賀関小運動会 中学3年生補助員として参加

佐賀関小学校の運動会が晴天の下、盛大に行われました。小中連携の一つとして、小学校の運動会には、中学校の生徒がボランティアで、係りの補助員としてお手伝いに行っています。主に、小学校5年生と6年生が競技をしている時に、係りのお手伝いをします。用具の準備や徒競走の時にその子の順位の旗の所まで連れて行き並ばせる係りをしました。小学校の先生も、3年前に担任した子どもの大きく成長した姿を見ることができたと喜んでくれていました。

9月25日(月)
石井教諭 道徳提案授業

1年担任の石井教諭が、道徳のj提案授業を行いました。「夜のくだもの屋」という題材で、【思いやり、感謝】に迫りました。導入では、ICT機器を使用し、朗読の音声と挿し絵等を映し出し、題材のイメージを持たせました。「くだもの屋さんの『あかり』は、少女にとって、どういうものだったのか?」という発問に対して、「帰るときに暗いと怖いけど、安心できるもの」と紀野君が答えていました。「くだもの屋さんの思いやりを知った時、どんな気持ちになったかな?」とだんだん迫っていきました。生徒たちも、「思いやり・感謝」について、真剣に考えました。 

9月21日(木)
消費生活教室(外部講師招聘事業)

1年生の家庭科の授業の中で、消費生活についての学習を深めました。ライフパル・消費生活センターの本田さんに講師をお願いしました。今は、ネットでも買い物ができたり契約ができたりしますので、未成年者が親の承諾も得ないまま契約を交わし、トラブルになることも多いと聞きます。そんな時、未成年者でも、契約の解除ができること、困った時は、消費生活センターに電話をいただければ、力になれるということをおっしゃっていました。授業の中では、クイズ形式でいろんなことを教えていただきました。最後に、尾崎君が「お礼の言葉£を言いました。

9月9日(土)
関の鯛つりおどり大会 5連覇達成!

佐賀関 関の鯛つりおどり大会に今年も全校で参加しました。「ぶりかな 鯛かな 鯛じゃい! 鯛じゃい!」と中学生の大きな声が響き渡りました。佐賀関中は、懸賞踊りで最優秀賞を4回連続でいただいていました。今年も連覇できるかと3年生にとっては、とてもプレッシャーがかかります。これまで、連続してきたのを自分たちの代でとぎれさせるわけにはいかない!全校生徒で、一生懸命声を出して踊りました。結果は、NPOさがのせきまちづくり協議会賞(最優秀賞)をいただくことができました。最後の最後の発表でしたので、みんなドキドキしていました。一緒に踊っていただいた保護者の方も、結果発表の後は、安堵の表情でした。月曜日には、鯛つり保存会の会長さんから、会場を盛り上げてくれたお礼と来年もお願いしますというお電話をいただきました。地域の方から、中学生が頑張っている!という声を聞くと嬉しくなります。

9月9日(土)
大漁おし初め競技大会 今年も出場!

関の鯛つりおどり大会が開催される日の午後1時から佐賀関港内で行われる櫓こぎの競争大会が毎年開催されます。今年も、佐賀関中学校から、中3男子1組、中2男子1組、中2女子2組が出場しました。男子のレースはレベルが高く、熟練した大人にはかなわず、決勝レースへは進めませんでした。女子は、第1レースで、中2小野・戎野組が、1分42秒と好タイムを出しました。第2レースで、昨年度の覇者現在高1の戎野・藤原組が堂々の1分36秒!最終第4レースに出たのが、中2大本・伊藤組!タイムは、1分36秒!2チーム優勝かと思いきや、100分の29秒差で、昨年の覇者の連覇が放送されました。それにしても、すごい盛り上がりでした。地域の行事に中学生が参加して喜ばれるとうれしい限りです。

8月25日(金)
2学期 スタート!

8月25日、例年よりは早い始業式です。これまでも、夏休みのラスト1週間は、補充学習等が実施されていましたが、8月25日に始業式を行い、2学期がスタートするのは初めてです。始業式では、1年代表上野さん、2年代表宮本さん、3年代表藤澤さん、生徒会代表後藤君の力強い意見発表がありました。2学期も学習に部活動に行事に頑張ってくれるものと期待をしています。始業式の後には、各種表彰がありました。書き方展や食育標語、大分市近郊ソフトテニス大会(8月19日)で、準優勝した男子ソフトテニス部が表彰されました。

7月19日(水)
スポーツ大会(水泳)

午後5・6時間目に学期末のスポーツ大会がありました。学年を問わず、各種目にエントリーして、競い合いました。各種目佐賀関中No.1を紹介します。クロール50m中野くん・平泳ぎ50m後藤さん・クロール25m中野くん・平泳ぎ25m安部くん・バタフライ25m紀野くん・ビート板キック藤澤くんです。最後に行われた5名選抜による学年対抗リレーでは、わずかな差で2年生が3年生に競り勝ちました。事故もなく、無事水泳大会を終えることができてよかったです。

7月14日(金)
歯と口の保健集会

衛生委員会の主催で、歯と口の保健集会がありました。歯肉炎や歯周病は、大人の病気だと思われていますが、中学生も気をつけなければいけないと注意を喚起していました。また、運動をする時には、奥歯にすごく力が入っているという発表もありました。平成28年度の資料では、全国の中学1年生の虫歯保有本数は、0.8本 大分県の中学1年生は、1.4本 佐賀関中学校の生徒の虫歯保有本数は、0.9本でした。自分の歯で、おいしく食事をいただくためにも、歯を大切にしてもらいたいものです。まず、夏休みに虫歯の治療をして、丁寧なブラッシングを心がけましょう!

7月13日(木)
小中合同海岸清掃

午後は、暑い中でしたが、小学校6年生と中学生とで古宮地区の海岸を清掃しました。海岸もゴミが流れ着いていましたが、テトラポットの隙間にも、たくさんのゴミがありました。佐賀関のきれいな海を守るために、子どもたちは一生懸命にゴミを拾っていました。来たときより、きれいになっているのを見て、生徒もとても喜んでいました。非常に暑かったので、子どもたちの体調が気になっていましたが、無事終了できてよかったです。

7月13日(木)
小6 中学校へ登校!英語の乗り入れ授業

今日は、小6の児童が中学校へ登校してきました。今日の午後、中学生と一緒に海岸清掃に行くためです。2限には、小学校の首藤先生が、算数の授業を互見授業と言うことで観せていただきました。3限は、中学校の伊東先生が、小6の児童を相手に英語の授業を行ないました。「can できる」を使って、色々な会話をしようと、みんなで大きな声で英文を読みました。小学生の「I can play baseball.」を読む声は、自信に満ちたしっかりした声でした。小学生でも、こんなにできるかとびっくりしました。

7月10日(月)
学習集会・読書集会

「学習するのは何のため?」中学生なら誰もが考えることですが、学習部として、その問いに向き合い、学習習慣をつけるために毎日の学習についてや家庭学習ノートの使い方書き方についての紹介がありました。「佐賀関中学校 学問のすすめ」を是非、活用してもらいたいものです。
読書集会では、新しい本の紹介や環境に関わる本「みどりの町をつくろう」の読み聞かせをしました。また、環境に関することが、クイズ形式で出しました。日本の人口は、世界で何番目か?という問題が出ました。皆さん、わかりますか。面積は小さいほうなのに、人口ではなんと10位だそうです。

7月6日(木)
1年生・2年生 施設訪問

今年も、1年生(菜の花・潮騒)2年生(海風・ひまわり)が佐賀関の施設を訪問し、高齢者との交流活動を行いました。七夕の短冊に願い事を書いたり、飾り付けを一緒に行ないました。また、風船バレーや歌(富士山・茶摘み・ふるさと)を一緒に歌いました。利用者の方に、手を握られて「よく来てくれたなあ。」と涙ながらに感謝の言葉をいただいた生徒もいました。このような交流活動を通して、生徒も成長していくのだと改めて感じました。

7月5日(水)
3年生 施設訪問

3年生が、施設訪問で、佐賀関幼稚園・保育園・子どもルームに行って、体験学習をしました。幼稚園と保育園では、七夕の飾り付けを園児や幼児と一緒に行いました.。飾りや短冊は、学校で準備をして持って行き、短冊には一緒に願い事を書きました。子どもルームでは、乳児を抱かせてもらったり、幼児と遊んだりました。3年生の表情が、とても優しくなって帰ってきました。

7月1日(土)
ふれあいPTA

今年のふれあいPTAは、「佐賀関の文化と歴史」について、大分市歴史資料館の館長さんの武富さんに講演をしていただきました。佐賀関の古い歴史を知るのに、有意義な時間だったと思います。その後、九四フェリーに乗船し、愛媛県の三崎港まで行きました。ブリッジ(艦橋)の見学では、各装置の説明を真剣に聞いていました。代表で、舵に触らせていただいた生徒は、一生の思い出になると思います。地元 佐賀関の企業の見学ができて、良い体験ができました。お世話をしていただいた東さん・島村さん、ありがとうございました。

6月29日(木)
1学期期末テスト 頑張れ!

1週間前から部活動も休みになり、ノーメディアでテスト勉強に集中しようと取り組んできました。今日明日と成果を出すときです。特に、1年生にとっては、入学して初めての定期テストです。テスト勉強と言うのも初めての経験だったかもしれません。担任の好きな色の青チョークで思いのこめられたメッセージが黒板に綴られていました。「自分との勝負!!最後まであきらめない!!」さあ、頑張れ!

6月27日(火)
ヤングキャリアアドバイザー「職業講話」

今年は、株式会社「太田旗店」から姫野さんと大分県信用組合から小川さんに来ていただきました。まず、姫野さんの講話では、大相撲ののぼり旗のほとんどは、太田旗店で作られていることや佐賀関に関係したところでは大漁旗を作っていることなどを紹介していました。金融業の小川さんの話では、1万円札で1億円と言えば、これくらいの高さ、重さになるんだよという説明には、生徒も興味津津でした。お札を数え方の説明もあり、練習のお札で楽しそうに数えていました。こういったいろんな仕事の方のお話を聞き機会をいただけるのは、大変嬉しいことです。

6月23日(金)
郡田教諭 理科1年 互見授業

今回の互見授業は、2時間続きで行われました。「植物のなかまわけ」の単元で、「被子植物」の分類を行いました。花弁・葉脈・茎の維管束の様子・根・子葉の特徴を学習した上で、4つの身近な植物について、なかまわけをしていきました。前は、ノートPCやコンピュータ室で調べ学習をしていましたが、今は、iPadを使って、理科教室で調べ学習をします。生徒達は、慣れた手つきで、iPadを操り、学習プリントを埋めていました。内容の濃い授業だと感じました。

6月20日(火)
水泳の授業 スタート!

プール掃除・プールの安全点検・機械の検査・水質検査を終え、今日からいよいよ水泳の授業がスタートしました。今までの素晴らしいプール日和はどこへ行ったのやら。今日に限って、低気圧が近づいてきて、午後は雨になるとか。気温も朝方は、29度あったのに、少しずつ下がってきました。風も出てきて、生徒は少し寒そうな感じです。明日は、もっとカンカン照りに太陽が出てくれると嬉しいな!

6月20日(火)
小学校5年生が、中学校に来た!

今日は、佐賀関小学校5年生が、中学校に来ました。朝から夕方まで、中学校で生活をしました。3限は、互見授業で、5年生担任の後藤先生に、国語の授業を観せていただきました。子ども達の意欲を引き出すように、活動が要所に入れられていました。中学校の先生から見たら、とても新鮮な授業だったと思います。5限には、中学校の三浦先生が、小学生に音楽の授業を行いました。発声の仕方から始まりましたが、小学生も一生懸命に取り組んでいました。いつもとは違う環境の中で、学習した5年生の感想はどうだったかな?

6月9日(金)
市総体(3日目)

卓球競技(2日目)では、1年生の佐藤君が見事個人で準優勝し、県体出場を決めました。1年生の活躍にびっくりです。今日の3日目は、ソフトテニスの団体戦がありました。予選リーグを2位で通過して、決勝トーナメントには上がれたものの、1回戦で男女共に敗れてしまいました。これで、ソフトテニス部からは、2日目の個人戦でベスト8まで勝ち進んだ男子:田尻・都築ペアと女子:平野・二宮ペアが県体出場となります。これで、佐賀関中学校からは、6名の選手が県体に出場します。応援をよろしくお願いします。

6月8日(木)
市総体(2日目)

昨日の雨が上がり、梅雨入りはしたものの今日の天気は良さそうです。市総体2日目の今日は、卓球競技の個人戦の続きとソフトテニス競技(男女)の個人戦があります。卓球競技では、佐賀関中から佐藤君(1年)が出場しています。1日目の昨日は、1回戦をシードされ、2回戦は賀来中の選手と戦い、勝利を収めています。どこまで勝ち進むのか、楽しみにしています。ソフトテニス部は、昨日の雨で順延となり、今日が初日です。緊張せずに、自分の力を発揮してきてほしいです。朝、6時30分に全員揃い、出発して行きました。吉報を待っています。

6月7日(水)
市総体(1日目)

市総体が、始まりました。あいにくの雨で、ソフトテニス競技は順延になりました。バレーボール競技は、1回戦城東中と対戦しました。1セット目は、拮抗しながらも何とか取ることができ、2セット目は逆転を許し取られてしまいました。セットカウント1−1から、3セット目を何とか取ることができ、1勝をゲットできました。2回戦目は、戸次中に善戦しましたが破れてしました。空手道部は、1年生の入部により、男子の団体を組むことができました。形・組み手と頑張りましたが、県体への出場権はつかむことができませんでした。女子の尾崎さんのみ、県体出場を決めました。

6月5日(月)
市総体に向けての選手激励会

6月7日から開催予定の大分市総合体育大会に向けての選手激励会が行われました。各部キャプテンから決意表明が述べられた後、バレー部キャプテンの田嶋さんとソフトテニス部キャプテンの平野さんが選手宣誓をしました。組み合わせは、以下の通りです。バレー部(城東中体育館 相手:城東中) ソフトテニス部(だいぎんコート 相手:男子 南大分 大東 女子 大分西 附属) 空手道部(県立体育館 相手:鶴崎) 卓球部(県立体育館 相手:未定) いずれも、各会場で、9時ごろ開会式の予定です。お忙しいと思いますが、応援をよろしくお願いします。

6月2日(金)
大分市教育委員会 学校訪問

大分市の教育委員会から3名の方が,本校にお見えになりました。1限目と2限目に、佐賀関中学校の7名の授業を参観していただきました。その後の学校経営・本校の教育課題・各分掌からの説明協議では、学力向上や授業改善に向けた指導と助言をいただきました。授業の導入では、生徒が引き受ける課題の質、引き受けるために考える時間の確保、生徒か感性で感じ取れるような課題との出会いの部分を研究していくことが、本校の学校研究や小中一貫教育の研究をすすめる上で、大切であるということを実感しました。

5月20日(土)
体育大会 本番!
ついに体育大会本番の日を迎えました。わずか10日間の練習ではありましたが、すごく長い間取り組んできた感じがします。生徒達は、全校リレーや学年団体・全校団体・関の鯛つりおどり・関中ソーランなど、一生懸命競技し、演技しました結果的は、白軍が勝ちましたが、閉会式で両軍が一緒になって歌う校歌斉唱には特に感動しました。体育大会の中で、一番好きなシーンです。また、解団式で涙する団長や3年生の姿は成長の証と思います。みんな、ありがとう!
5月18日(木)
パワーランチ(全校給食)

体育大会を2日後に控え、全校で一緒に給食を食べました。佐賀関中学校では、大きな行事の前に、全校の結束力を高めるために、衛生委員会のはたらきかけによって、1年生から3年生、それに校長先生や教頭先生など先生たちも全員生徒に混じって、歓談をしながら給食を食べます。生徒達も、いつもは同級生と食べている給食ですが、今日はちょっと雰囲気が違いました。でも、おいしく楽しくいただくことができました。

5月17日(水)
体育大会 総合練習

体育大会まで、あと3日となりました。5月8日から練習に取り組んできましたが、今日は総合練習でした。今週1週間、晴れマークがずっとついているので、天気の心配をしなくて良いのがうれしいです。今日は、ちょっとお昼を過ぎてしまいましたが、何とか午前中に総合練習を終えることができました。実行委員会や職員会議で出た反省点を改善して本番を迎えたいと思います。どうぞ、20日(土)の体育大会本番を楽しみにしていてください。

5月13日(土)
親子ボランティア草取り作業

1週間後に控えた体育大会に向けて、土曜日の朝、8時から10時まで、保護者と生徒・教職員でグラウンドの草取り作業を行いました。前日からの雨で、作業ができるのか、心配でしたが、ちょうど雨も上がり、草も抜けやすくなって、ベストコンディションでの草取り作業になりました。保護者の方もたくさん参加していただき、本当に助かりました。グラウンドも見違えるようにきれいになって、きっと体育大会当日は、生徒達が精一杯元気に競技をしてくれるに違いありません。参加していただいた保護者の皆様、土曜日の早朝からありがとうございました。

5月10日(水)
学級旗づくり

体育大会の装飾の一つとして、今年度から学級旗の制作に取り組むことになりました。学級のイメージカラーや学級目標、キャラクターなど、生徒も悩みに悩んで制作に取りかかりました。この学級旗は、体育大会当日に飾りますので、楽しみにしておいて下さい。さあ、どんな学級旗ができあがるのでしょう。今は、期待と不安が入り混じった気持ちです。

5月9日(火)
(地域人材活用事業)  「関の鯛つりおどり」の練習

体育大会の練習の中で、「関の鯛つりおどり保存会」の3名の方に学校へお見えいただいて、指導を受けました。生徒にとっては、小さいときから慣れ親しんだ踊りですが、保存会の方の踊りを見ると奥の深さを感じたようです。生徒も経験を積むことによって、だんだんと踊りの所作がかっこよくなっていくんだろうなあと思いました。練習の後には、生徒が頑張っている姿を見て、保存会の方からジュースの差し入れをいただきました。ありがとうございました。帰りの学活の時に、のどを潤わさせていただきました。

5月2日(火)
体育大会結団式

5月20日(土)に行われる体育大会の結団式が行われました。実行委員長の平野さんが挨拶をした後、まず、白軍・紅軍の抽選がありました。抽選の結果、白軍の団長は田尻君に、紅軍の団長は都築君に決まりました。それぞれの応援団員の紹介があった後、みんなで声を出す練習を兼ねて、校歌の絶唱をしました。白軍・紅軍共に、まだまだ体育大会の本番のような声は出ませんでしたが、だんだんと本気モードになっていくと思います。

4月28日(金)
生徒総会

今日の3,4限に体育館で、生徒総会がありました。生徒会執行部、学習・生活・衛生委員会の活動内容が提案され、承認されました。特に執行部から提案された「ノーチャイム」「2分前着席」「1分前黙想」が5月から実施されることが承認されました。この取り組みは、大分市の生徒会役員交流会で、他の学校が取り組んでいる例を知り、自分の学校でも取り組んでみようと始めたものです。5月からの生徒の学校生活が変わって行きます。どのような変化や影響が出るのか、いい意味で期待をしたいと思います。

4月21日(金)
避難訓練(地震・津波を想定)・歓迎遠足

佐賀関中学校では、校舎が海のすぐ近くにあるということもあり、4月のうちに、まず地震・津波を想定した避難訓練を行います。グラウンドへの避難、次に校舎の屋上、次に第2避難場所、そして最終避難場所(緑ヶ丘)の確認を行いました。そして、尾根をつたって、白木海岸まで山道を歩きました。白木海岸では、生徒会の運営で、相撲大会やビーチフラッグ競技をして楽しみました。天気も最高に良く、海の水も透き通るようにきれいでした。

4月14日(金)
新入生との対面式

今日は、生徒会主催での対面式が行われました。生徒会活動の説明や部活動の紹介がありました。生徒会は、学習・体育・衛生・文化・生活の5つの委員会が学習・生活・衛生の3つに統合されます。仕事の内容などを丁寧に説明していました。部活動紹介では、新入部員の獲得のために、おもしろく楽しく紹介をしていました。特に入学してきた女子は、6人しかいません。バレー部もソフトテニス部も存続がかかっていますから真剣です。さあ、新入部員を獲得できたのでしょうか

4月12日(水)
第71回 佐賀関中学校 入学式

昨年度の3月に3年生が卒業したあと、ちょっと寂しげだった佐賀関中学校に,、はつらつと明るい表情をした新入生が入学してきました。男子13名女子6名 計19名の生徒です。担任の石井先生から名前を呼ばれると大きな返事をしました。学校長から入学を許可され、新入生を代表して、浜田さんが「誓いの言葉」を読みました。そして、3年生になった生徒会長の上野君が「歓迎の言葉」を伝え、2年生3年生で校歌を斉唱して、入学式を閉じました。校歌斉唱の時の3年生男子の歌声には、これからの佐賀関中学校生徒の活躍を期待させるようなものを感じました。

4月10日(月)
平成29年度 1学期 スタート!

今年の桜は咲くのが遅く、雨にも耐えて、何とか入学式にも桜が残りそうです。我が佐賀関中学校の桜も咲き誇ってくれました。登校した生徒を、11月6日に建立した創立70周年の記念碑と桜が迎えてくれます。グラウンドの体育倉庫横の昔の正門にもとても立派な桜が咲いています。昔の正門の石柱と桜を懐かしく感じる人もいるのではないでしょうか。

3月29日(水)
JX金属・PPC佐賀関作文コンクール受賞者日鉱記念館見学

一昨日の授賞式に続き、茨城県日立市にある『日鉱記念館』を見学しました。前日まで雪が残っていたそうで、とても寒い中での訪問となりました。JX金属の歴史について学ぶことができるこの記念館には、日立市内の全小学生が見学に来るとのことでした。館内を見て回ると、『佐賀関』についての記述があり、遠い地でふるさとに思いを馳せることができました。この日は、子どもたちのために世界中の光る鉱石を準備していただいていて、ブラックライトを当てると様々な色に光り輝いて、子どもたちから歓声があがりました。

3月27日(月)
JX金属・PPC佐賀関青少年X(みらい)
作文コンクール表彰式

「ぼくたちわたしたちの未来」「銅とみらい」「郷土佐賀関の誇り」の3つのテーマのもと、書く力の向上を目指し、夏休みに全員で取んだ『JX金属・PPC佐賀関作文コンクール』の表彰式が、東京(JX金属本社)で行われました。この日は大賞を受賞した後藤さんと小野さんが、JX金属代表取締役社長の大井滋様より表彰状を授与されました。式典では、ご挨拶の中で、温かい激励の言葉をかけていただきました。また、佐賀関に対する熱い思いもお聞かせいただいて、子どもたちのふるさとを思う気持ちがさらに強くなったようです。この日は、科学技術館で科学技術や産業技術に関する展示に触れ、とてもいい経験になりました。

3月23日(木)
学年末スポーツ大会

生活委員会の運営による今年度最後のスポーツ集会が行われました。今回は、バレーボールとドッヂボールでした。バレーボールでは、白熱した試合が見られ、ファインプレーや珍プレーが続出し、真剣な中にも笑いもあり、とても盛り上がりました。ドッヂボールでは、1年生VS2年生の試合で学年部の先生も加わり、さらに白熱したゲームとなりました。結果は、2試合とも、1年生が圧勝し、悔しそうな2年生でした。準備・運営をしてくれた生活委員会のみなさん、お疲れ様でした。

3月17日(金)
陶芸教室

ここ数年続いている陶芸教室を今年も開催することができました。講師は、仲築間先生と薬師寺先生で、丁寧にやさしく教えてくれました。1年生も2年生も苦戦していましたが、最後は何とか形にできたようです。カップやお皿など、素敵な作品がたくさんでき上がっていました。窯で焼いて完成するまでに、数ヶ月かかるということで、楽しみにしておこうと思います。なかなか形が決まらず、困っていた生徒もいましたが、土の感触を楽しみながら、素敵なひと時を過ごせました。また、来年もお願いしたいと思います。

3月14日(火)
生き生き学習サポート事業 2年生郷土料理

今回は、2年生の調理実習に、大分市東部保健福祉センターより前川さん、佐賀関食生活改善推進委員の尾形さん・岡本さん・幸さんを講師に向かえ、郷土料理「やせうまとクロメ汁」を調理しました。まず、最初に保健福祉センターの前川さんから「やせうま」の由来などについて、講義をしていただきました。手際よく、だしをとったり、クロメを刻んだりしました。やせうまのだんごもよくねられていて、やわらかく、とてもおいしかったです。

3月3日(金)
祝 第70回 卒業証書授与式

3月3日、第70回卒業証書授与式を行いました。国歌斉唱、卒業証書授与の後、橋校長の学校長式辞、高木PTA会長から祝辞を頂きました。送辞では、上野生徒会長が3年生との想い出を語り、送る歌として在校生が『旅立ちの日に』を歌いました。続いて、神田元生徒会長が答辞を述べました。卒業生は、『COSMOS』と『時を越えて』を思いをこめて歌いました。とても感動的で、良い式ができたと思います。羽ばたく卒業生に幸多かれと祈ります。

2月28日(火)
3年生を送る会

卒業式の前の『3年生を送る会』を生徒会の新執行部が企画しました。3年生がこれまでお世話になった先生方から「お祝いメッセージ」が紹介されると、3年生からは懐かしさと共に笑顔がこぼれました。異動されていった先生が、3年生のために合格祈願を神社の絵馬に書いている映像が映ると涙する生徒もいました。神田生徒会長から上野新生徒会長に、生徒会旗が引き継がれると大きな拍手がおきました。佐賀関中の伝統が3年生から在校生に引き継がれた瞬間でした。3年生からの出し物では、担任の後藤先生がピアノ伴奏をし、アンジェラ・アキの『手紙』を歌いました。とても感動的な時間でした。

2月25日(土)
第11回 関崎シーサイドウォーキング

佐賀関地区社会教育団体と佐賀関公民館の共催事業で、今年も関崎シーサイドウォーキングがありました。佐賀関中学校からも1年生と2年生を中心に、行事に参加しました。佐賀関市民センターを9時に出発をし、PPC工場群を左手に見ながら、関崎海星館を経由して、関崎灯台を通り、黒ヶ浜・白ヶ浜できれいな海を見ながら、幸の浦に抜けるコースでした。天気も景色も最高で、約3時間で11Kmの道のりを歩きました。ゴールした後のおにぎりとクロメ汁の昼食は、最高においしかったです。生徒もうつくしい佐賀関を満喫したようでした。

2月24日(金)
2年生 家庭科調理実習

2年生が、楽しみにしていたハンバーグの調理実習がありました。班ごとに手分けをしながら、野菜を切ったりゆでたり、ハンバーグをこねて焼いたりと、みんなで協力しながら調理しました。中には、「家でお手伝いをしているな!」とわかるくらい手際の良い生徒もいました。ハンバーグを焼く時の火加減にも注意して、きれいにおいしくできました。先生方にもおすそ分けで、ハンバーグの試食を持ってきていましたが、本当にとってもおいしくできていました。

2月17日(金)
よい子の表彰

2月17日に、教育センターで、『よい子の表彰』が行われました。他の範となるような善行や地域社会に貢献できる取り組みを行った個人や団体を表彰するもので、今年度は佐賀関中を含む9校が表彰されました。東日本大震災や熊本・大分地震の被災地支援のための募金活動が評価されての表彰でした。今後も継続して活動していきたいと思います。

2月13日(月)
生き生きサポート学習 「和菓子作り」に挑戦!

3年生が、高橋水月堂の高橋さんの指導で、「どら焼き]に挑戦しました。お菓子のまつわる講話をいただいた後、いよいよ実習がスタート!楽しそうに作業を進めていきました。今回は、フライパンではなく、ホットプレートを使用し、生地を焼きました。ある班では、ホットプレートの温度がどうしても上がらず、焼くのにこんなに時間がかかるものかとみんなで生地をじっと見ていて、ようやく気がつきました。プレートの下にもう一枚プレートがあるじゃないか!どら焼きは、おいしくいただきました。そして、3年生にとって、とても楽しい時間になりました。高橋さんありがとうございました!

2月8日(水)
グローバル人材育成講演会

世界で活躍した経験をお持ちの方のお話を聴くことで、本校の教育目標である「世界的な視野に立った基礎的な実践力のある生徒の育成」にせまろうと、講演会を企画しました。PPC(株)佐賀関製錬所 所長 安田豊氏に、アメリカでの留学経験・チリでの鉱山開発・韓国での日本人1人職場の様子等、ご講演をしていただきました。生徒にとっても心ひかれる内容でした。また、佐賀関製錬所で製錬された本物の金のインゴットをお持ちいただいて、生徒教職員全員に素手で10Kgの金の延べ棒を持たせてもらいました。想像よりはるかに重く、びっくりしました。

1月27日(金)
佐賀関地区「環境を考える集い」

佐賀関地区の4校の小中学校の児童生徒と地域の方が参加して、「環境を考える集い」が開催されました。記念講演では、気象予報士の橋本さんから「天気に関するこげん話をしっちょるかえ」と題して、お話をしていただきました。その後、実践発表として、佐賀関小学校4年生による海岸清掃の取り組みの発表がありました。その後、満を持して登場したのが、我が関中の2年生でした。昨年の10月12日に「くじゅう九電の森」で学習したことを実践発表しました。時間をかけて準備をし、発表の練習をした甲斐もあって、素晴らしい発表なりました。

1月25日(水)
JXグループ PPC佐賀関 青少年X作文コンクール表彰

JXグループPPC佐賀関 青少年X(未来)作文コンクールの審査発表及び表彰式が行われました。PPC(株)佐賀関製錬所 副所長の甲斐様に来ていただき、賞状及ぶ副賞の授与が行われました。X(みらい)大賞の1年小野さんと2年後藤さんは、3月27日に東京のJXグループ本社ビルで表彰を受けます。この日は、JX金属社長賞3名とPPC社長賞3名が、賞状と副賞を受け取りました。12日に行われた審査会では、エネオス「童話の花束」の選考委員さんにも本校に来ていただいて審査をしました。

1月12日(木)
パンパシフィック カッパー(株)より銅製プレートの寄附

パンパシフィック カッパー佐賀関製錬所創設100周年記念の一環で、大分市や佐賀関の施設に銅製のプレートが寄附されました。12日には、本社より執行役員・総務部総務担当部長の小松崎様が来校され、校長に手渡されました。「花とし咲かん」の文字は、佐賀関在住の東さんに揮毫していただいたものです。立派なプレートをいただき、大事にしていきたいと思います。頂いてから、2週間は生徒玄関に飾って、生徒にもお披露目をしました。佐賀関中のシンボルの一つになります。

1月20日(金)
生徒会選挙 選挙活動及び立会演説会

佐賀関中学校生徒会は、通年での1期制で役員をしています。今回の選挙では、2年生と1年生が立候補して、役員を引き継いで行きます。会長候補に3名の生徒が立候補し、選挙運動、立会演説会は、熱気を帯びたものになりました。新たに決まった上野生徒会長、後藤・大本副会長、田嶋書記長他生徒会役員のメンバーは、力強くこの佐賀関中学校をリードしていってくれるでしょう。71年目の佐賀関中学校を頼みます。

1月10日(火)
3学期始業式 小中合同百人一首大会

いよいよ3学期がスタートしました。3年生は、4日から補充学習で登校していましたが、全員が揃っての登校は今日が初めてでした。校長式辞の中で、「今年の成果を確実に自分のものにして、来年の一歩が踏み出せるまとめと準備の学期としましょう。3学期のスローガンを『来年度へのロングスパート』とします。」と話がありました。11日には、中学校に小学校6年生を向かえ、中学生と小学校6年生の合同百人一首大会を行いました。小学生が遠慮するのではないかと心配していましたが、競技が始まると和気あいあいと楽しそうな雰囲気になりました。

12月15日(木)
大分県文化キャラバン事業「能を楽しむ会」

伝統芸能ふれあい教室の筑前琵琶に続いて、今回は「能」を鑑賞させていただきました。「能を楽しむ会」代表の谷村先生他3名の方に、舞囃子「熊坂」、「土蜘蛛」の一部を舞っていただきました。その後、谷村先生から能の歴史や能のことについての説明がありました。体験コーナーとして、スリ足の仕方を習いました。実際に、能面にも触らせてもらいました。体育館は、寒かったのですが、楽しいひと時を過ごすことができました。

12月13日(火)
2学期末PTA・思春期講演会

毎年恒例になっている2学期の期末PTAでは、思春期講演会を開催しました。今年は、ほめる子育て研究所の所長で、元中学校教諭の竹下幸喜さんに講師をお願いして、「あなたの言葉で世界が変わる ほめ達の魔法」という演題で、講演をしていただきました。「人は、褒められたいだけではなく、自分が誰かの役に立っているということを実感したいと思っている。」という言葉がとても印象的でした。生徒や保護者の皆さんも心にぐっとくるものがあったと思います。

12月6日(火)〜8日(木)
2年生が修学旅行に行ってきました!

2年生が、待ちに待った修学旅行に行ってきました。2泊3日の旅程で、奈良・京都・大阪をめぐりました。生徒達は、2日目の自主研修と3日目のUSJをとても楽しみにしていました。USJは、すごい混在で、開園と共に入場しましたが、人気のハリーポッターは100分待ちだったとか。天気にも恵まれ、最高の修学旅行にすることができました。全員元気で、楽しい思い出のつまったかばんと共に、無事に帰ってくることができました。

11月25日(金)
伝統芸能ふれあい教室

期末テスト終了後、伝統芸能ふれあい教室が行われました。「筑前琵琶大分旭会」石村旭麗先生他3名の方に、琵琶を演奏していただきました。生徒は、琵琶について音楽の時間に少し学習をしていましたが、生で琵琶を見るのも聴くのも初めての体験でした。体験コーナーでは、かわるがわる琵琶を構えて「荒城の月」の一節を奏でていました。期末テストの後でしたが、感性を豊かできる貴重な時間でした。

11月24日(木)25日(金)
2学期末テスト

24日25日の2日間、期末テストを実施しました。1週間前から、部活動をお休みし、家に帰ってからもノーメディアに取り組みながら頑張ってきました。朝、教室へ行くと生徒達が指示されたわけでもないのにテスト勉強をしている。ぎっしり家庭学習ノートがうまっている。テスト中も時間いっぱい問題と向き合っていて、ぼんやりしている生徒がいない。など、今回のテストへの取組には、とても手ごたえを感じています。そんな手ごたえを、とても嬉しく感じています。

11月17日(木)
すこやか教室 「自分の生活習慣について考えよう」

中学1年生を対象に、養護教諭の友松先生が、生活習慣の「睡眠」の部分を生徒と一緒に学習を深めました。その後、大分県地域成人病検診センター管理栄養士の銅城先生に、「食生活」の部分の講話をしていただきました。また、大分県地域成人病検診センター 運動指導士の石井先生に「運動」の部分を、実技を交えて講義していただきました。人間が生きていく上で、生活習慣病を防ぐために、若い時から意識しなければならないについて、学習を深めることができたと思います。少しでも、健康寿命を長くするために意識していきたいものです。

11月16日(水)
小中一貫教育 互見授業 (後藤教諭) 

中学2年生の数学「第5章 三角形と四角形」の単元で,後藤教諭が互見授業を行いました。[問題]△ABCにおいて、∠B=∠Cならば、△ABCは二等辺三角形であることを証明しなさい。]を補助線をどのように引いて解くか証明するかという授業でした。二つの三角形が合同であるというところまではできていても、最後の『2つの角が等しい三角形は、二等辺三角形である』というところまで、証明できた生徒は少なかったです。 なかなか思考を要する授業でした。

11月11日(金)
3学年 進路PTA・高校説明会

佐賀関中学校の各教室を使って、大分舞鶴高校、大分鶴崎高校、臼杵高校、大分東高校、津久見高校海洋化学校、津久見高校、鶴崎工業高校、情報科学高校、大分商業高校の9校の先生にお越しいただき、各校の進路・就職の状況や部活動等の特色を、30分間 話をしていただきました。生徒は、希望する2校の話を聞きました。自分の進学をしたい高校の先生から、生の情報を聞けるとあって、生徒も真剣に聞いていました。その後、武道場で、今後の進路指導について、学年主任の郡田先生から説明がありました。いよいよ受験シーズン到来です。

11月10日(木)
大分市美術館出前授業

大分市美術館の片山指導主事と学芸担当班専門員の岩尾さんにお見えいただき、美術鑑賞の出前授業をしていただきました。前半は、「豊山 豊水」(高山辰雄氏の作品)を鑑賞し、後半は、宮崎勇次郎氏作の「エンドレスパラダイスの続きをイメージしてみよう!」を鑑賞しました。絵の右側を見て、左側がどうなっているかをクイズ形式で考えるという活動でした。絵の解説等を聞き、絵を深く見ることができたり、感じたりする貴重な時間となりました。授業をしてくださった片山さん・岩尾さんに感謝します。

11月6日(日)
佐賀関中学校創立70周年記念式典

創立70周年事業の一つで、正門近くに石碑を建立しました。校訓の「花とし咲かん」の文字が刻まれた迫力のある石碑ができました。記念式典の後、記念講演が行われました。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の佐々木善信氏が、「宇宙から見た地球と、身近な宇宙技術」と題して、講演を行いました。普段、聞くことない観測衛星の話を聞くことができました。最後に、会場のみんなで、校歌を歌い、式典を締めくくりました。多くの方にご支援ご協力を頂いたことに、改めて感謝いたします。

11月5日(土)
文化発表会『 新・信・進 〜花とし咲かん 関中魂〜 』

「すばらしい感動をありがとう!」小学6年生との合同合唱「翼をください」に始まり、国語弁論、英語暗唱、総合的な学習の発表、創作ダンス、国語劇「走れメロス」、学年合唱、そして、全校合唱「行き先」と見応え、聞き応えのある内容のものでした。本番までの取り組みでいろんな経験をしながら、創り上げていきました。たくさんの方に観に来ていただき,本当にありがとうございました。

11月3日(木)
ソフトテニス部 平野・紀野ペア 九州大会出場権獲得!

11月3日にだいぎんコートで行われた第28回大分県中学校新人ソフトテニス練成大会(個人戦)に、佐賀関中ソフトテニス部の男女2ペアずつが出場しました。その中で、平野・紀野ペアが見事7位に入賞し、九州中学生インドアソフトテニス大会(12月・熊本)への出場権を獲得しました。頑張ってきてほしいです。

10月28日(金)31日(月)
授業力向上研修

授業力向上研修の一環として、10月28日に保健体育科の提案授業を渡邉先生が行いました。市教委のスポーツ・健康教育課の指導主事より、ご指導を頂きました。国際的なスポーツ大会の役割について、生徒達も真剣に考えていました。31日には、後藤先生が数学の提案授業を行い、指導主事2名、数学マイスター2名、数学科の先生方3名の方に授業を観て頂きました。車の速さと制動距離の関係について、データから求めるというものでした。生徒は、難しい課題にも果敢にチャレンジしていました。

10月21日(金)
大分大学の学生が観察体験自習にきました!

昨日の20日(木)から、大分大学教育福祉科学部の学生3名が、教育実習の一環として「観察体験実習」に来ました。教育現場が実際にどのような仕組みで動いているのか。生徒の1日がどのように流れているのか。生徒の意識や行動の仕方、教師の関わり方など教育諸活動の実態を把握するための学習だそうです。生徒の登校、授業中、休憩時間、給食時間、放課後の活動等を真剣に観察していました。教職を目指して、これからも頑張って下さい。君達ならやれる!

10月19日(水)
安部教諭 道徳提案授業(1年生)

NHKデジタル教材「ココロ部!第8回みんなに合わせる『友情』を使って、道徳の授業で「本当の友情とは」というテーマに迫りました。生徒は、ワークシートに「みんなにとって、本当の友達ってどんな人?」「コジマくんはどうしたらいいのでしょう?」についての自分の考えを真剣に書き込んでいました。その後、4人グループで、それぞれの考えを交流しました。生徒も先生の問いかけに真剣に答えようとする姿がとても良かったです。

10月18日(火)
大分市駅伝競走大会(女子31回・男子52回)
大分市中学校対抗駅伝競走大会が、だいぎんドーム周辺で行われました。佐賀関中女子チームは、1区紀野、2区小野、3区宇都宮、4区平野、5区二宮で臨みました。27校中25位でした。昨年のタイムより1分以上縮めて、躍進5位でした。中でも、5区を走った二宮の区間9位の力走がすばらしかったです。男子は、1区島村、2区田尻、3区小田、4区小野、5区簾、6区二宮で臨みました。27校中16位で、昨年より3分59秒縮めて、躍進賞を受賞しました。6区を走った二宮は、区間4位の力走を見せてくれました。
10月12日(水)
1・2年生合同環境学習「くじゅう九電の森」

九電みらい財団の協力を得て、1・2年生が湯布院町山下池周辺にある「くじゅう九電の森」で、間伐体験やログハウスの組立体験をしました。檜や杉の木をのこぎりを使って、切り倒しました。1つの班で協力して、1本の木を切り倒しましたが、結構大変だったようです。ログハウスの組立は、「かけや」という木製の大きなハンマーを使って組み立てました。力が必要で大変でしたけど、だんだんと組み上がると生徒たちの顔も喜びと達成感に満ち溢れてきました。

10月11日(火)
全校朝会

全校朝会で、先週行われた新人大会の報告会と男子ソフトテニス部の優勝旗納め式が行われました。また、社会を明るくする標語で、入選した藤澤さん・後藤さんが表彰されました。続いて、食育標語の表彰がありました。1年生大本さん・後藤君・秦さん2年生浜田君・平野さん・渡邊さん3年生太田さん・後藤君を代表して、3年生の二宮君が賞状を受け取りました。

10月6日(木)7日(金)
大分市中体連新人大会

女子バレー部は、1日目のリーグ戦で1勝2敗とし、リーグ3位で決勝トーナメントに進出しました。上野ヶ丘中、城東中を破り、ベスト8!女子ソフトテニス部は、予選リーグを2位で通過し、決勝トーナメントで明野中を破り、ベスト8!平野・紀野ペアは、個人戦でベスト8に入り、インドアの大会の出場権を得ました。男子ソフトテニス部は、予選リーグを全勝無敗の1位で通過し、決勝トーナメントでは、原川中、大分西中、決勝で上野ヶ丘中を破り、見事優勝しました。すばらしい活躍に拍手!

10月3日(月)
選手激励会(放課後)

5日から行われる大分市中体連新人戦の選手激励会がありました。各部キャプテンから決意表明があり、空手道部と男子ソフトテニス部のキャプテンが選手宣誓を行いました。最後に、健闘を祈って、校歌の斉唱をしました。みんな力いっぱい歌っていました。何かが起こる前触れだったのかもしれません。
5日は、台風18号の影響で、大分市の小中学校は臨時休業となり、6日7日の2日間の開催となりました。空手道部は残念ながら、競技会場や審判の方の確保が難しく、競技中止となりました。

10月3日(月)
学級弁論大会

1限2限に学級弁論大会がありました。学級の全員が、みんなの前で自分の弁論を発表しました。内容は、人権問題や平和についてでした。また、普段感じている自分の考えを発表した生徒もいました。友達の考えに共感した生徒もいて、とてもいい雰囲気の学級弁論大会でした。13日までに学級代表が決まり、11月5日(土)に行われる文化発表会で、学年代表の3名が発表します。

10月1日(土)
小中一貫取組 佐賀関小運動会に補助員として活躍!

佐賀関小の大運動会が、秋晴れの10月1日に行われました。小学校5年生と6年生が競技をしている時に、補助員として、15名の中学生が活躍しました。玉入れの玉を運んだり、ゴールテープを持ったり、着順の旗のところに小学生を連れて行ったりと活躍していました。中学生の成長ぶりを再発見することができた運動会でした。

9月15日(木)
小中合同研修 英語科提案授業

伊東先生に提案授業をしていただきました。生徒の基礎学力の定着・活用力の向上を図るために、小中学校では、本時の振り返りができる授業展開、その過程がひと目でわかる板書計画、生徒がペアや班で教えあったり考えを練りあったりできる場の設定に取り組んでいます。授業後の研修会では、小中学校の先生達から活発な質問や意見が出されました。また、教育委員会の高山指導主事から指導講評をいただきました。

9月14日(水)
UD出前授業・学校運営協議会

大分県障碍者スポーツ指導者協議会から3名・大分県福祉保健部地域推進室から2名の方を招いて、ユニバーサルデザインについての学習を深めました。
午後からは、今年度第2回小中合同学校運営協議会が本校で開かれました。本校の学力の現状や学力向上対策などの説明と協議が行われました。また、地域・家庭・学校の3者での、学校目標の協働達成についての取り組みを話しました。

9月13日(火)
PTA研修部 高校訪問

PTA研修の一貫として、今年も高校訪問を実施しました。大分県立鶴崎工業高校、大分県立大分東高校、楊志館高校の3校にお世話になりました。やはり、「百聞は、一見にしかず。」の言葉通り、保護者は高校の生の姿を実際に見ることによって、進路選択のための知識等を得たようです。3校のお世話を頂いた先生方に感謝申し上げます。

9月10日(土)
第36回関の鯛つりおどり大会4年連続最優秀賞獲得!

第36回関の鯛つりおどり大会が、今年も盛大に行われました。これまで、佐賀関中学校は3年連続で、最優秀賞を獲得していました。3年生にとっては自分達の代で、この栄誉ある賞の継承をとだえさせるわけには行かないという気持ちで鯛つりおどり大会に臨んでいました。練習の時から、生徒会執行部を中心として、列の組み方や大きな声を出すか、悩んでいたそうです。最優秀の決定の瞬間、全校生徒の喜びの声が佐賀関支所多目的グラウンド中に響きました。

9月8日(木)
3年生・2年生のパソコン授業風景

3年生は、自分の決めたテーマにそって、調べ学習をしたり、これまで学習してきた防災学習のまとめをしたり、中学校の学びの集大成として、卒業論文に取り組んでいます。3年生とは言え、コンピュータが苦手な生徒もいますが、頑張って取り組んでいます。2年生は、夏休み中に行った職場体験学習のまとめを行っています。どちらも11月5日(土)に行われる文化発表会で、発表予定です。

9月7日(水)
1学年 宿泊体験研修 「あ祖母学舎」

1年生20名と引率教師4名が、9月7日(水)〜9日(金)の2泊3日の日程で、竹田市「あ祖母学舎」に行きました。火起こし体験やカレー作り・だんご汁作り、葉タバコ農園の手伝い、カボス農園のカボスの収穫など、盛りだくさんの活動が組まれていました。天気も心配されましたが、全ての活動をすることができました。普段、体験することのない活動ばかりだったので、生徒も少し疲れ気味でしたが、ケガや事故もなく無事に終了することができました。きっと多くの想い出ができたことでしょう。

9月1日(木)
2学期 スタート! 始業式

2学期スタートの始業式が行われました。夏休み中大きな事故もなく、全員が登校できました。校長先生は、式辞で「挑みと感動」の2学期にしよう!とスローガンを発表しました。3名の学年代表と生徒会代表により、新学期の抱負が語られました。その後、書き方大会や体力向上優秀生徒の表彰がありました。特に、書き方大会の表彰では、昨年の倍以上の生徒が表彰されていて、生徒達もきっと励みになったことだと思います。

7月15日(金)
小学6年生への乗り入れ授業(英語・理科)

この日は、午後から小学6年生と中学生が一緒に近くの古宮海岸の清掃をすることになっています。小学校は、ちょっと離れたところにあるので、行事をするとなると移動に時間がかかってしまいます。それで、今年度から、行事のある日は、朝から中学校に登校して、1日中学校で過ごすようにしました。もちろん、給食も中学校で食べます。そこで、できる範囲で、理科や英語の授業を小学6年生に中学校の先生が行おうという取り組みを始めました。

7月15日(金)
海岸清掃(小中合同)

今日は、小学6年生が朝から中学校へ登校しました。1時間目は、中学校の理科の先生と「BTB液の特性」について、実験を交えながら学習しました。2時間目は、英語の先生に本格的な発音の仕方を学習しました。5、6時間目は、中学校近くの海岸へ行き、小中合同で清掃活動に取り組みました。小学生も中学生も暑い中、軽トラ一台分のゴミを一生懸拾いました。

7月12日(火)
読書集会

前期生徒会の活動として、学習委員会運営のもと読書集会を行いました。まず,1学期の読書冊数に応じて、多読賞の表彰を行いました。一番多い生徒は約60冊も読んでいました。その後、教員による読み聞かせや、生徒によるブックトークと紙芝居を通して、世界の環境について考える充実した時間を過ごしました。

7月11日(月)
情報モラル授業

夏休みを前に、全校で「情報モラル授業」を行いました。株式会社エムツーアイのネットトラブル・情報モラル安全出前授業ということで、担当者に本校まで来ていただいて、授業をしていただきました。実際にあった事例等を紹介しながらの授業でしたので、生徒も真剣に聞き入っていました。「自分は、大丈夫!」と思っている人は、リスク対策を行っていないから、特に注意が必要であるという言葉が印象的でした。ネットトラブルについては、生徒指導から何度も注意喚起をしていますが、夏休み前のこの授業が生徒の心に届いてくれると信じています。

7月6日(水)
保健集会(朝食を考える)

5限終了後、柔剣道場で、衛生委員会が保健集会を開きました。朝食を食べる理由やどんなものをとれば、脳のスイッチ・からだのスイッチ・胃腸のスイッチを入れることができるのか。また、今朝、食べた食事の内容を書き出し、どんな食品が不足しているかをそれぞれが確認し、発表し合いました。朝食の大切さを考える良い機会になりました。

7月1日(金)
Q-time 福祉体験・施設訪問(総合的な学習の時間)

佐賀関の福祉施設で体験活動に取り組みました。1年生(菜の花・潮騒)・2年生(ひまわり・海風)・3年生(佐賀関幼稚園・佐賀関保育園・子どもルーム)に行きました。3年生は、子ども達と一緒に遊んだり、プールに入ったりしました。1年生と2年生は、笹を準備し、七夕の飾り付けや高齢者の方との交流を行いました。帰校後に記入した体験シートには、いろんな感想や優しさのあふれる言葉が綴られていました。

6月28日(火)
ヤングキャリアアドバイザー職業講演会

今日は大分市役所商工労課のご協力により、ヤングキャリアアドバイザーとして2名の講師をお招きし、職業講話を聞きしました。講師は、1人はイベント関係にお勤めの方で、もう1人は本校の卒業生でもある、キヤノン大分サービス推進部(メーカー)にお勤めの方でした。イベント会場の設営や解体作業の大変さをお話していただいたり、大きくて高価なカメラに触らせてもらったりしました。質問もたくさんしていました。外部講師からお話をしていただいた貴重な時間になりました。

6月25日(土)
PPC工場見学(ふれ合いPTA)

今年のふれ合いPTAは、パンパシフィックカッパー株式会社佐賀関製錬所にお願いして、工場の敷地内の見学をさせていただきました。DVDの上映や総務部長さん自らが会社の概要の説明等をしてくださり、銅の製錬のことがとてもわかりました。また、生徒や保護者の感想の中で、一番感動したのは「煙突の真下に行って、煙突を見上げることができたこと」でした。佐賀関の風景では、おなじみの赤と白の大きな煙突ですが、近くで見ることはありませんでした。生徒や保護者の感想の中に「こんな工場(企業)が佐賀関にあることを誇りに思う」という内容のものもとても多かったです。

6月16日(木)
3年 進路PTA

3年 進路PTAが午後ありました。私立高校6校(大分高校・福徳学院高校・別府溝部学園高校・大分東明高校・楊志館高校・国際情報高校)の説明を生徒・保護者が真剣に聞き入っていました。校長先生の開会の挨拶にあった「3つのあ(あきらめない\甘えない\あわてない)」を意識して頑張ってほしいです。

6月15日(水)
校内授業研究 郡田教諭 理科

校内研修の第1弾として、2年生理科「酸化と還元」の単元の授業研究を行いました。前時を振り返ったり、基礎基本の定着のために、化学式の小テストを行いながら授業がスタートしました。ホワイトボードに前時の実験の考察をまとめさせる班活動を取り入れて、生徒の活動の場を設定していました。まとめをした後に、モデルを使って「還元」の振り返りを行いましたが、授業が終わる時には、「えぇ、もう終わりぃ!」という声がもれた程、生徒は意欲的に取り組めていました。

6月13日(月)
大分っ子体力アップわくわく事業

体力アップを目的とする事業で、昨年度に引き続き、石井聡氏を迎え「大分っ子体力アップワクワク事業」に取り組みました。今年度は、小学校6年生と中学1年生が、石井先生の指導を受けました。生徒も自分のからだの稼動域が広がっていくのをうれしそうにしていました。また、体が柔らかくなったことを実感しながら、体幹トレーニングに真剣に取り組んでいました。きっと部活動のトレーニングに対する生徒の感覚は変化したと思います。

6月6日(月)
市総体 選手激励会

6月8日(水)から行われる大分市総合体育大会に向けての選手激励会が行われました。女子バレー部、男子ソフトテニス部、女子ソフトテニス部、野球部、空手道部の順で、キャプテンが決意表明をしました。その後、女子ソフトテニスキャプテンとバレー部キャプテンによる力強い選手宣誓がありました。高橋校長先生からは、試合の後に、これまでの練習に打ち込んできた気持ちやプレイに対して、お互いに賞賛し合えるようなすばらしい試合をして来てくださいと激励の言葉がありました。頑張ってきてほしいと思います。

5月21日(土)
体育大会本番

5月21日(土)すばらしい天気に恵まれ、体育大会を無事開催することができました。100m走や運命競技的なもの、学年団体、全校団体、全校ダンス等生徒が真剣に取り組んでいる姿を見ることができました。いろんな感動を覚えた体育大会でした。中でも、閉会式の全校生徒による校歌斉唱では、全員の生徒の達成感・充実感があふれていて心が熱くなりました。優勝した白軍、おめでとう!惜しくも敗れた紅軍、この悔しさを忘れるな!真剣に戦ったからこそ、悔しいんだ。この悔しさを今後に活かせ!

5月17日(火)
体育大会前の団結パワーランチ

今日は、毎年行っている体育大会前の全校給食でした。いつもは、各学年・学級の教室で食べていますが、今日は学年をといて、紅軍(被服室)・白軍(調理室)に分かれて給食をとりました。先生方も各部屋に分かれて、生徒と一緒に給食を食べました。団結というよりは、和やかな雰囲気でした。学年を越えて、みんな仲良しのようです。この全校給食は、年3回計画されています。体育大会前と文化発表会前、そして卒業式前です。

5月14日(土)
草取り・草刈りボランティア作業を実施!

体育大会まで、あと1週間になりました。グラウンドの草取り作業を保護者と一緒に行いました。2時間の作業でしたが、とてもきれいになりました。本番では、生徒が精一杯の演技を見せてくれると思います。料理も器で、よりおいしく感じる時があります。グラウンドをきれいにすると、体育大会も盛り上がること間違いなし!

5月12日(木)
緑のカーテンを育てよう!
2年生の技術・家庭科の授業の中で、「緑のカーテンを育てよう!」ということで、本日ゴーヤの苗を植えつけました。地球温暖化防止や夏の省エネ意識を高めることにもつながると思います。今日は、三重総合高校久住校から2人の卒業生が、本校を訪れていて、苗を植えつけ方などを分かりやすく教えてもらっていました。2階までネットを伸ばしていますが、元気に育ってほしいと思います。水やり等のお世話は、班ごとに担当して育てるそうです。
5月10日(火)
生き生き学習サポート事業 「関の鯛つりおどり講習会」

体育大会本番に向けて、練習に取り組んでいるところですが、今日は佐賀関文化協会NPO法人「鯛釣り保存会」の方に講師をお願いし、「関の鯛つりおどり」の練習をしました。保存会の方から、指先の動きや足の運び、大きなかけ声を発することなど、指導を受けました。生徒たちも真剣に取り組んでいましたが、今年の4月に赴任してきた新しい先生方の真剣さは本物でした。体育大会本番に生徒と一緒に「鯛つりおどりを踊らなければならないのですから、真剣になるのも分かります。

5月6日(金)
体育大会結団式

5月21日(土)に行われる体育大会の結団式が体育館でありました。体育委員長の紀野君が、今年のスローガン「新・信・進〜歩め新たな自分たちへ〜」を発表しました。校長先生は、「人は、出会うことで、知り合いになる。過ごす中で、友になる。協力することで、仲間になる。みんなですばらしい体育大会にしよう。」と挨拶をしました。練習期間は、短いですが今年もすばらしい体育大会にしてくれることを期待しています。

5月2日(月)
PTA総会・部活動保護者会

5限の授業参観の後、武道場でPTA総会が行われ、昨年度の活動報告・収支決算報告があり、PTA会長には新しく木さんが承認されました。6月25日(土)には、早速「ふれあいPTA」ということで、地元の企業「パンパシフィック・カッパー佐賀関精錬所」に親子で見学に行くことになりました。地元の企業とは言え、保護者や生徒も工場の中に入るのは初めてなので、とても楽しみです。総会の後、部活動の保護者会が開かれ、今年1年間の部活動方針等が承認されました。

4月28日(木)
生徒総会

中央委員会から、「今まで受け継いだ伝統だけでなく、何事にも進んで挑戦し、さらに新たな関中を全員で創り上げていくために、『〜新・信・進〜』をスローガンに掲げ、頑張っていこうという提案がされました。その後、各委員会(衛生・文化・体育・学習\生活)から活動案が提案されました。議案書の内容もぎっしりと書かれていて、提案もしっかりとできていました。生徒会執行部の様子から、3年生の成長を感じることができました。総会の最後に、中央委員会から緊急提案が出され『佐賀関中学校いじめゼロ宣言』と「熊本の地震で被災された方への募金活動」が承認されました。

4月22日(金)
親睦遠足

最高の天気に恵まれ、親睦遠足を実施できました。避難訓練で、緑ヶ丘のゲートボール場から尾根をつたい、約1時間歩いて、白木の海岸まで行きました。海岸では、生徒会主催の歓迎行事として、相撲大会とビーチフラッグ大会が行われました。生徒の真剣勝負の様子に見入ってしまいました。その後、思いおもいの場所に分かれて、おいしそうにお弁当を食べていました。最高の親睦遠足でした。

4月22日(金)
地震・津波 避難訓練

地震津波を想定した避難訓練を実施しました。まず、グラウンドに避難し、津波の恐れがあるとして、第1次避難場所として学校の屋上に避難しました。屋上が整備され、初めて屋上まで避難しました。屋上まで駆け上がるのはきつかったようですが、屋上からの景色を見るのもはじめての経験で、とても眺めがよかったです。その後、時間的に余裕がある時の避難場所として指定されいる緑ヶ丘のゲートボール場にも避難をしました。新入生は、中学校で生活を始めて、1ヶ月が経とうとしてしていますが、避難場所を確認しておくことは、すごく大切だと思います。大分合同新聞4月22日の夕刊に、この様子が記事として掲載されました。

4月18日(月)
地震対応緊急全校朝会

4月15日未明から17日までの地震対応のことで、緊急全校朝会を持ちました。校長先生から、「いつ何時地震が起こるか分からない状態にある。登下校の途中で起こるかもしれない。危機意識を持って、この1週間は過ごしていこう。また、熊本で震災に遭われた人がいます。命の大切さを今一度考えよう。1人も命を落とすようなことがあってはいけないのです。」という話がありました。大分市の地震対策本部が設置されている間は、部活動の終了時間を少し繰り上げて活動します。

4月20日(水)
学年始めPTA(2年・3年)

今日は、学年始めのPTAということで、2年担任渡邉先生・3年担任後藤先生の授業を保護者の方々に見ていただきました。今日の3年生の数学の授業では、ペアや班の中での教え合い、みんなの前で説明ができるということを生徒に求めました。2年生の保体の授業では、集団行動に取り組みました。指示者の号令で、2列縦隊・回れ右・右へならえ・休めとこれくらいの所までは、上手くいくのですが、2列縦隊から3列横隊・4列縦隊などへの変化は難しかったようです。

4月12日(火)
第70回 佐賀関中学校 入学式

第70回入学式が行われました。学校長式辞では、新入生に向けて、「学ぶ心構えが大切」「豊かな心を育ててほしい」「大分市やふるさと佐賀関、母校を愛し発展に努めてほしい」という3つの言葉を送りました。今日からは、3学年全ての学年がそろいます。卒業式の後、ちょっと静かだった校舎の中もきっと活気に満ちてくると思います。新しく入学した20名の仲間を心から歓迎します。