今日の給食    


<<前のページ | 次のページ>>
2017年3月6日(月)
今日の給食

 コッペパン・牛乳・春野菜のポトフ・マカロニグラタンです。
 3月の給食目標は、「食生活を振り返ろう」です。皆さん、食事のときは、よくかんで食べていますか。よくかまずに大きなまま食べ物がおなかに入ると、胃が疲れてしまいます。口の中でよくかむと、つばが出てきます。つばは、食べ物を胃に送るだけでなく、でんぷんを分解します。たくさんかむと、あごが強くなって、歯並びも良くなります。かむことで脳が刺激され、頭の働きもよくなります。しっかりかんで食べましょう。

2017年3月3日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・のっぺい汁・ハンバーグのオニオンソース・ひなあられです。
 3月3日はひな祭りです。「桃の節句」とも呼ばれ、女の子の健やかな成長を願う行事です。ひな人形には、生まれた子供が健やかで優しい女の人に育つようにとの願いが込められています。昔は、雛人形に春の景色を見せる「ひなの国見せ」という風習があり、ご馳走とともに「ひなあられ」を持って出かけたと言われています。雛あられは、関東地方では、砂糖で味付けして、鮮やかな色がつけられたものが、関西地方では、しょうゆや塩で味付けしたものが食べられているそうです。

2017年3月1日(水)
今日の給食

 ミルクパン・牛乳・チリコンカン・大在ネーブルです。
 今日のネーブルは、大在地区で作られたものです。生産者の方が、朝一番に届けてくれました。5人で育てているそうです。日本で売られているネーブルは、外国産のものがほとんどですが、大在地区のネーブルは、甘みとすっぱさのバランスがよく、ジューシーな味わいです。「ネーブル」とは、英語で「おへそ」の意味です。おへそのようなでっぱりがあるので、この名前がつきました。大在で育ったネーブルを、しっかりと味わいましょう。

2017年2月28日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・キムチ入り豚汁・赤魚の元気ニラソースです。
 日本でのニラの歴史は古く、千年以上前からといわれています。北海道や東北などの寒い地方では、体が温まり元気が出る野菜として、古くから食べられていました。丈夫で作りやすく、刈り取った後の株からまた新しい芽が伸びて、一年に何回か収穫できます。戦前は家庭菜園での栽培が主で、あまりお店にはありませんでした。今では、強いにおいもあまりきらわれなくなって、たくさん食べられるようになりました。大分市でも、たくさん作られています。

2017年2月27日(月)
今日の給食

 黒砂糖パン・牛乳・鮭とほうれん草のクリーム煮・お豆のサラダです。
 今日のサラダには、3種類の豆が入っています。赤いのが「赤いんげんまめ」、緑色のが「えだまめ」、白っぽいのは「ひよこまめ」といいます。よく見ると、ひよこの形に似ていますね。豆類には、食物繊維がたっぷりで、体の調子を整えてくれます。おいしくいただきましょう。

2017年2月24日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・韓国風肉じゃが・ほうれん草ののりあえです。
 ほうれん草の原産地は西アジアで、そこから東西に伝わりました。東はシルクロードを通って中国に伝わり、西は北アフリカ、ヨーロッパを通ってアメリカに伝わりました。日本に伝わったのは、江戸時代だと言われています。ほうれん草は野菜の中で鉄分が多く、鉄分の吸収を助けるびたみんCもたくさん含まれています。ほうれん草は、一年中お店で買えますが、夏よりも旬の冬のほうが栄養価が高いそうです。

2017年2月23日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・はるまき・豚肉とごぼうの炒め煮です。
 「はるまき」は「春」を「巻く」と書きます。名前の由来は、2月の立春のころ、新芽が出た野菜を具として作られたところから「はるまき」と名づけられたそうです。今の時季にぴったりで、食べ物から季節を感じることができますね。

2017年2月22日(水)
今日の給食

 ウインナーロールパン・牛乳・水餃子・りんごです。
 りんごには、食物繊維がたっぷり含まれていて、おなかの調子を整えてくれます。その他にも、いろいろな病気の予防に関係していると言われています。「ふじ・おうりん・ジョナゴールド・つがる・シナノスイート・むぐ・紅玉・あきばえ」など、まだまだたくさんの種類があります。知っている名前、好きなりんごの名前など、ありましたか?

2017年2月21日(火)
今日の給食

 麦ご飯・牛乳・ビーフカレー・手作りカルピスゼリーです。
 皆さん、給食の前にはきちんと手を洗いましたか。水が冷たい時季ですが、トイレの後や給食の前はきれいに手を洗い、きれいなハンカチでふきましょう。それから、給食の時間が終わった後、いつもきれいに片付けてくれて、ありがとうございます。牛乳パックの片付けもとてもよくなっています。近頃は、牛乳パック入れの中がバラバラになっていると、気がついた人がきれいに並べてくれることがあります。きちんと片付いていると、気持ちがいいですよね。

2017年2月20日(月)
今日の給食

 コッペパン・牛乳・ポテトのミートグラタン・大根のコンソメスープです。
 今、日本で作られている大根のほとんどが「青首大根」です。特長は、甘みが強いことと、みずみずしいこと、病気に強いため育てやすいこと、生で食べたり、煮物にしたり、漬物にしたりと、いろいろな料理に使えることなどです。今日のコンソメスープも青首大根です。旬の味を味わいながら、元気な体を作りましょう。

2017年2月17日(金)
今日の給食

 きむたくご飯・牛乳・味噌汁・さんまの梅煮です。
 みなさん、朝ごはんは毎日食べていますか。朝ごはんを食べないと元気が出ないし、おなかがすいて気分が悪くなったりします。それに、太りすぎるもとにもなります。おすもうさんは、大きな体になるために、朝ごはんを食べません。夜遅くまでテレビを見ていると、朝早く起きることができません。夜食をムシャムシャ食べていると、朝、食欲もわきません。朝、少し早く起きることから始めてみてはいかがでしょうか。

2017年2月16日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・みぞれなべ・スタミナなっとう・ぽんかんです。
 今日のなべにはすりおろした大根が入っています。その様子がみぞれに似ていることから「みぞれなべ」という名前がついています。私たち日本人が多く食べている野菜は、1位が大根、2位がたまねぎ、3位がキャベツです。給食でも、カレーやスープにたっぷり入っています。日本の大根は、世界で作られる量、食べられる量の約9割を占めると言われています。私たちにとってとても身近な大根を、おいしくいただきましょう。

2017年2月15日(水)
今日の給食

 こめこパン・牛乳・とんこつフォー・サツマイモのカリント揚げです。
 サツマイモは昔アメリカ大陸に渡ったコロンブスがスペインに持ち帰り、そこから世界中に広がりました。日本へはヨーロッパに渡ったサツマイモがアフリカ・インド・中国へと広まって、中国から沖縄を通って鹿児島や長崎に入ったといわれています。サツマイモは、江戸時代の大飢饉や戦中・戦後の食糧不足から多くの人を救いました。サツマイモは甘藷とも言いますが、料理をすると甘みが増すことから「あまいも」という意味の甘藷とつけられたようです。

2017年2月14日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・チャプチェ・中華大根です。
 どうして冬の大根が甘くておいしいかというと、冬の厳しい寒さの中で、水分が多い大根は、細胞が凍って壊れてしまいます。そこで、大根はでんぷんを甘みのある糖質に変え、凍るのを防ごうとします。糖質を含んだ水は、凍る温度が低くなり、0℃以下の寒さでも凍りにくくなるのです。大根にとって自分の身を守る方法が、人間にとっては甘くておいしい大根に変わることになります。

2017年2月13日(月)
今日の給食

 小さいパン・牛乳・ミートソーススパゲッティ・グリーンサラダです。
 ブロッコリーという名前の由来は、「芽」を意味する「ブロッコ」からです。日本に伝えられたのは明治時代ですが、あまり広まらず、本格的に作られるようになったのは、ここ数十年だそうです。

2017年2月10日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・うま煮・さばの黒砂糖煮です。
 さばは、鮮度の落ちやすい魚です。魚の鮮度を見分けるには目を見ると良いと言われますが、もう一つポイントがあります。それは、おなかが金色に光っていることです。金粉をまいたように光っているさばは、新鮮です。さらに、身がピンと張り、弾力があるものを選びましょう。さばは、「青魚の王様」と呼ばれるほど栄養満点の魚です。

2017年2月9日(木)
今日の給食

 麦ご飯・牛乳・ハヤシライス・大根漬です。
 2月に入り、寒い日が続いていますが、みなさんは牛乳を残さずに飲んでいますか。牛乳には骨や歯を丈夫にしてくれるカルシウムがたくさん入っています。また、体を作るたんぱく質もたくさん入っているので、成長期の児童にはとても大切な食べ物です。牛乳は、なるべく、毎日飲むようにしましょう。

2017年2月8日(水)
今日の給食

 ミルクパン・牛乳・ミネストローネ・千切りポテトサラダです。
 皆さん、給食の前にはきれいに手を洗いましたか?この時季、インフルエンザなどの病気にまだまだ注意が必要です。うがい・手洗いをしっかりして、給食の準備をしましょう。

2017年2月7日(火)
今日の給食

 ごはん・牛乳・マーボーあつあげ・ひじきの中華ソテーです。
 海の野菜と言われる海藻類は、カルシウムをたっぷり含み、私たちの体を作る食べ物です。なかでもひじきは、カルシウムのほか、私たちに不足しがちな栄養素をたっぷり含んでいます。ひじきは、貧血の予防や、丈夫な骨作りに欠かせない食品です。

2017年2月6日(月)
今日の給食

 小さいパン・牛乳・カレーうどん・いわしのカリカリフライです。
 いわしには、いろいろな種類がありますが、小魚の仲間で、頭から尻尾まで食べられる魚です。そのため、私たちの骨や歯を丈夫にするカルシウムをしっかり摂ることができます。また、いわしに多く含まれているEPAやDHAというものは、血液をサラサラにしてくれたり、頭の働きをよくしてくれたりします。

2017年2月3日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・冬野菜のみそ汁・豚肉のしょうがいため・節分豆です。
 今日は、節分です。「鬼は外、福は内」と言って、豆をまく風習があります。昔の人は、豆には病気や災難を追い払う力があると考えていました。1年間を元気に過ごせるようにと願いながら、年の数だけ豆を食べます。また、節分には、トゲのあるヒイラギの枝に、焼いたいわしの頭を刺したものを玄関先に飾り、いわしのにおいやヒイラギのとがった葉っぱで鬼が家の中に入ってこないようにする地域もあります。

2017年2月2日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・おでん・手作りたかなふりかけです。
 カゼに負けない体を作るには、食事と運動と睡眠が大切です。1日3食を規則正しくしっかり食べましょう。さらに、石鹸を使った手洗いをして、ウイルスをきちんと洗い流すと、より効果的です。

2017年2月1日(水)
今日の給食

 セルフバーガー(丸パン・照り焼きチキン・ボイルキャベツ)・牛乳・とうふのクリーム煮です。
 まるパンに照り焼きチキンをはさんで食べます。クリーム煮に使われている豆腐は、800年も前の鎌倉時代に、中国からお寺のお坊さんに伝えられました。お坊さんは、修行のために肉や魚を食べません。米や野菜・海草・豆などで作った料理を食べます。大豆からできている豆腐は、とても大切な食べ物でした。江戸時代の始めには、お正月やお祭りなど、特別な日だけしか食べることができませんでした。その後、江戸時代の終わりごろに豆腐屋さんができて、いつでも、たくさんの人が食べることができるほどに広まりました。豆腐は、大豆と同じように、体の血や肉、骨となってくれるたんぱく質やカルシウム、鉄がたくさん入っています。

2017年1月31日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・ちくわの磯辺揚げ・みぞれ汁です。
 1月も今日で終わりですが、1月には給食週間がありました。食べ物は、もとをたどれば、すべて生き物です。私たちは、自分たちが生きていくために、肉・魚・米・野菜など、たくさんの動物や植物の命をいただいています。食べ物となった命のおかげで、私たちが生きていると考えると、その命を無駄にはできません。これからも、食べ物の命に感謝する心を忘れずにいたいものです。それから、好きな給食だけでなく、苦手な給食のときも、がんばって食べているみなさん、きれいに片づけしている皆さんにも、給食室から感謝をこめて「ありがとう」を伝えます。

2017年1月30日(月)
今日の給食

  黒砂糖パン・牛乳・ボルシチ。大根マヨサラダです。
  普段食べる大根の根の部分には、ビタミンCがたっぷり入っています。それから、捨ててしまいがちな葉の部分には、カロテンやビタミンC、カルシウム、食物繊維など、栄養分がたっぷりあるので、捨てずに料理に使ってみてください。大根を選ぶときは、白く、張りが合ってずっしりと重く、葉が生き生きとしているものが新鮮です。ひげ根の穴が一直線に並んでいるものは、おいしいと言われています。

2017年1月27日(金)
今日の給食

 とりめし・牛乳・団子汁です。
 今日は、給食週間最終日です。大分県の代表的な郷土料理の「とりめし」と「団子汁」です。大分県には、団子汁の麺にきな粉をまぶす「やせうま」や、鶏肉を天ぷらにする「とりてん」、「いしがきもち」や「おうはん・かやく」など、昔から今に伝わるおいしい料理がたくさんあります。

2017年1月26日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・肉じゃが・しそ味ひじき・ポンカンです。
 実を食べて、なくしてしまうとあとはかんになって残ってしまう果物はなあに?」
 こたえは、「みかん」です。今日の給食にはポンカンがついています。ビタミンCがたっぷりで、カゼをひきにくくしてくれます。

2017年1月25日(水)
今日の給食

 ナン・牛乳・キーマカレー・コールスローサラダ・いちごヨーグルトです。
 今日は、外国の料理を紹介します。「ナン」は、インドなどの中央アジアで広く食べられている楕円形の平たいパンです。小麦粉を練って、平たく伸ばして熱くしたつぼ形のかま「タンドール」にはりつけて焼きます。普通のパンのようにふくらんではいませんが、モチモチしています。スパイスの豊富なインドでは、それぞれの家庭で何種類ものスパイスを使ってカレーを作るそうです。カレーは、胃の働きをよくして汗を流し、暑さを乗り切るために役立つので、一年中とても暑いインドにはぴったりの料理です。

2017年1月24日(火)
今日の給食

 ゆかりおにぎり・牛乳・白菜の味噌汁・焼き鮭・漬物です。
 今日は、給食週間2日目です。今日の給食は、学校給食が始まったころの献立を再現しています。明治22年に山形県の小学校で弁当を持ってくることができない子供たちのために始まりました。そのころは、「おにぎりと焼き魚、漬物」だけでした。現在の学校給食は、栄養バランスの取れた食事で、地元食材や行事食、郷土料理などもたくさん取り入れられています。給食を食べられることに感謝の気持ちをもって、食べるようにしましょう。今日のおにぎりは、調理員さんたちが皆さんのために心をこめて握ったものです。

2017年1月23日(月)
今日の給食

 ちいさいパン・牛乳・ナポリタンスパゲッティ・かみかみあげです。
 1月24日から30日までは「学校給食週間」です。日本の学校給食は、明治22年に山形県の小学校で、弁当を持ってこられない子供たちのために始められました。戦争のため、中止されていた給食が再開されたのは12月24日でした。12月24日の週は冬休みに入ってしまうため、1ヶ月後の1月24日を「学校給食記念日」、24日から30日までの1週間を「学校給食週間」と決めました。この機会に、普段何気なく食べている学校給食や食事について考えてみましょう。

2017年1月20日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・筑前煮・ぶりだいこんです。
 今日の筑前煮には、「レンコン」を使っています。レンコンは、根っこを食べる野菜です。「はす」とも言われていて、泥の中で育ちます。水の上では、きれいなピンク色の花が咲きます。泥の中で伸びて、大きく膨らんだ根っこの部分を食べています。レンコンの穴は、空気が通る穴で、葉っぱまでつながっています。レンコンにはでんぷんやビタミンC、食物繊維がたくさん入っていて、体の調子をよくしてくれます。

2017年1月19日(木)
今日の給食

 ひじきご飯・牛乳・冬野菜のキムチ汁・みかんタルトです。
 ひじきは、海の中ではおうど色ですが、乾燥させると黒色になります。ひじきは、骨や歯を丈夫にしてくれる「カルシウム」がたくさん入っています。赤の食べ物の仲間になります。よくかんで食べて、元気な体を作りましょう。

2017年1月18日(水)
今日の給食

 こめこパン・牛乳・しるビーフン・大学芋です。
 ビーフンは米の粉で作っためんを乾燥させたもので、中国の米の産地で多く作られます。保存がきき、昔は豊作の年に作って飢饉に備えました。他の麺では、春雨は緑豆またはじゃがいもやサツマイモから作られます。大学芋はサツマイモを油でこんがり揚げて、みつをからめてほごまをふって作ります。外はカリカリ、中はホクホクとしています。大正時代に東京の神田という場所に住んでいる大学生が好んで食べていたところから名づけられたそうです。

2017年1月17日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・ちゃんこなべ・ほうれん草の納豆和えです。
 納豆は、大豆から作られる日本の伝統的な食べ物です。蒸した大豆に納豆菌を加えて発酵させます。ねばねばの中にはおいしさが詰まっていて、よく混ぜることでさらにおいしく食べることができます。消化も良くなって大豆の栄養をしっかりとることができます。納豆にはビタミンB2がたくさん入っていて、成長を助けたり、体の疲れをとってくれたりする働きがあります。また、体のいらない脂を洗い流すビタミンE、骨や歯を作るカルシウム、おなかの調子をよくする食物繊維などもたくさん入っています。

2017年1月16日(月)
今日の給食

 コッペパン・牛乳・冬野菜のポトフ・さといものグラタンです。
 給食にパンが登場したのは、昭和25年のことです。戦争が終わった後で、食べ物がなかった時代です。アメリカから小麦粉をもらって、パンとミルク、おかずといった給食が始まりました。このころは、給食のパンといえば細長いコッペパンと決まっていましたが、昭和30年代の終わりごろから揚げパンなどの調理したパンが登場するようになりました。パンは、力やエネルギーのもとになる黄色の食べ物の仲間です。しっかり食べて、丈夫な体を作りましょう。

2017年1月13日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・とうふの中華煮・にんじんのしりしりです。
 「にんじんしりしり」は、沖縄県の方言です。スライサーを使ってにんじんを切るときの「すりすり」とういう音から名前がついたのではないかと言われています。にんじんには、「カロテン」という、体の抵抗力を高めて病気にかかりにくくする栄養がたくさん入っています。また、彩りもいいので、毎日の給食には欠かせない食材です。しっかり食べて、元気な体を作りましょう。

2017年1月12日(木)
今日の給食

 ごはん・牛乳・おろしソースハンバーグ・もずくと鶉卵のすまし汁です。
 1月の給食目標は「感謝して食べよう」です。毎日給食を出すことができるのは、普段、皆さんには見えないところで働いてくれている人たちがいるからです。直接、お礼を言える機会はなかなかありませんが、あいさつや食べ方で感謝の気持ちを表しましょう。まずは、思いやりの気持ちで後片付けをしましょう。後片付けをしてくれる調理員さんへ感謝の気持ちは伝わるはずですよ。

2017年1月11日(水)
今日の給食

 ミルクパン・牛乳・チキンビーンズ・フルーツミックスです。
 チキンビーンズに使われている「大豆」について、3年生が調べたものを紹介します。「私たちが食べている大豆は、土に落ちる前に収穫したものです。草ごと、何日も日に干してカラカラに乾燥させた後、出荷されます。次に、大きくてヘソに色がついていない大豆は主に煮豆やきな粉用に使われます。中くらいの大きさのものは、みそ・とうふ・しょうゆに使われます。小粒のものは、なっとうに使われます。」調べてくれた3年生、ありがとうございました。

2017年1月10日(火)
今日の給食

 さといもカレー、牛乳、根菜ソテーです。
 今日から3学期が始まります。皆さん、冬休みは楽しく過ごせましたか。元の生活リズムに戻すためには、朝ごはんをしっかり食べて登校しましょう。秋から冬にかけておいしくなる「こんさい」には、ニンジンや大根・かぶ・ごぼう・れんこんなどがあります。「こんさい」はおなかの働きをよくしたり、体を温めたりする働きがあります。

2016年12月22日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・鶏すき焼き・ひじきのマヨサラダです。
 今日で2学期の給食は終わりです。1学期に比べて残さず食べることができるようになった人、おはしを上手に使えるようになった人、苦手なものも食べることができるようになった人、みんなで協力して準備や片づけができるようになったクラスなど、それぞれの成長がたくさんあることでしょう。冬休みはクリスマスやお正月など、楽しいことがたくさんありますが、「早寝早起き朝ごはん」で、元気に3学期に合いましょう。

2016年12月21日(水)
今日の給食

 ロールパン・牛乳・とり手羽元のロースト・野菜のスープ煮・セレクトデザートです。
 今日は、一足早いクリスマスメニューです。デザートには、自分で好きなものを選んだセレクトデザート
です。クリスマスと言えば、日本ではとり肉を良く食べますが、アメリカでは七面鳥を食べます。また、フィンランドでは豚肉のオーブン焼きや魚の鮭を使った料理を食べます。食べ物に感謝しながら、楽しいクリスマスを過ごしましょう。

2016年12月20日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・かぼちゃのそぼろ煮・さんまのゆずみそ煮です。
 明日は、冬至です。1年の中でもっとも昼間が短くて、夜が長い日とされています。昔から冬至の日は冬を乗り切るために、栄養がたっぷり入っていて、冬まで保存ができる「かぼちゃ」を食べていました。さらに、体が温まり、強い香りで悪いことを追い払うと言われている「ユズ」を入れたお風呂に入っていました。

2016年12月19日(月)
今日の給食

 小さいパン・牛乳・ちゃんぽん・さつまいものカリントあげです。
 さつまいもは、ホクホクしていて甘みがあります。「やきいも」「ふかしいも」、煮物、お正月料理のきんとん・天ぷら・スイートポテト・大学芋などがあります。さつまいもは、ゆっくり火を加えると、いっそう甘くなります。でんぷんがたくさん入っていて、体を温め、体の力やエネルギーのもとになります。また、おなかの調子をよくする「食物繊維」がたくさん入っています。しっかり食べて、元気な体を作りましょう。

2016年12月16日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・キムチなべ・ほうれん草ののりあえです。
 3年生の児童の説明文によると、「大豆の種を日光に当てずに水だけをやって育てると、もやしができます。もやしは、野菜炒めなどにも使われます。」なんと、もやしは、大豆からできているのです。

2016年12月15日(木)
今日の給食

 ごはん・牛乳・豚汁・きびなごフライ・みかんです。
 みかんの仲間は世界中に100種類以上あります。その中でも日本でいちばんたくさん作られ、「みかん」という名前で出回っているのが、今日の給食に出ている「温州みかん」です。手で簡単にむけて、ほとんど種がなく、食べると甘酸っぱい味が口いっぱいに広がります。みかんの中に入っているビタミンCは、風邪の予防になります。しっかり食べて、元気な体を作りましょう。

2016年12月14日(水)
今日の給食

 こめこパン・牛乳・さといものシチュー・ほうれん草と切干大根のソテーです。
 手洗いの時に、洗い残してしまうことが多いのは、指先や指の間です。また、爪が伸びていると細菌やウイルスを洗い流した水が爪の間にたまってしまうこともあります。水が冷たくなる季節ですが、手洗いはきちんとしましょう。

2016年12月13日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・さばのしょうが煮・けんちん汁です。
 給食に使っているサトイモは、里で作られるのでサトイモという名前がついたそうです。主に、でんぷんが多くて、みんなのエネルギーのもとになる食べ物です。平安時代からお正月料理に取り入れられていました。親芋から小芋、孫芋とどんどん増えるので、めでたいものとされました。独特なぬめりは、ガラクタンと呼ばれる成分です。サトイモをおいしく食べることのできるけんちん汁に入れています。

2016年12月12日(月)
今日の給食

 小さいパン・牛乳・ガーリックチキン・ミートソーススパゲッティです。
 今日は、3年生の児童が調べてくれた「姿を変えるトマト」を紹介します。「トマトには、いろいろな食べ方があります。まず、トマトを搾るとトマトジュースになります。次に、皮をむいたトマトを水で煮ると、トマトソースになります。最後に、トマトを大きめにつぶして野菜を入れて調味料を入れて煮込むと、ピザソースになります。このように、トマトは姿を変えて食べられているのです。」今日のミートソーススパゲッティには、トマトが姿を変えたトマトケチャップとトマトピューレが入っています。風邪の予防にぴったりです。

2016年12月9日(金)
今日の給食

 ポークカレー(麦ご飯)・牛乳・ブロッチーサラダ・福神漬けです。
 今日は、毎日飲んでいる牛乳について、3年生の児童が書いてくれた説明文を紹介します。「牛乳にはいろいろな食べ方の工夫があります。まず、絞って乾燥させると、粉ミルクができます。次に、滑らかになるまで混ぜると、クリームができます。最後に、砂糖や卵を入れるとアイスクリームができます。」今日のサラダに入っているチーズも姿を変えた牛乳です。おいしくいただきましょう。

2016年12月8日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・冬野菜の煮込み・ほうれん草とベーコンの炒め物です。
 野菜が苦手という人はいませんか。野菜にはビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素がたくさん入っているので、体の調子を整えてくれたり、病気への抵抗力を高めてくれます。今日は、冬においしい「冬野菜」の煮込みです。がんばって食べましょう。

2016年12月7日(水)
今日の給食

 ミルクパン・牛乳・肉団子と春雨のスープ・野菜チップです。
 給食に出る牛乳は、本来なら子牛が飲むべきものを人間がいただいているもので、昔から栄養剤にもされ、とても貴重なものでした。寒くなると飲みにくくなりますが、いつも「いただく」気持ちを忘れずに飲みたいものです。

2016年12月6日(火)
今日の給食

 しゃきしゃきそぼろ丼・牛乳・しらたま汁です。
 丼に入っている切干大根は、大根を収穫した後、きれいに洗って細く切り、干して乾燥させたものです。昔の人々が食品を加工して長持ちさせる知恵と工夫からできたものです。このほかにも漬物に加工したりなど、いろいろな方法で大根を保存してきました。切干大根にすることで、保存以外にもおいしさや栄養分がギュッと詰まったものになります。

2016年12月5日(月)
今日の給食

 黒砂糖パン・牛乳・白菜とツナのクリームグラタン・コンソメスープです。
 今日は、3年1組の児童が調べてくれた、グラタンに使われているチーズの説明文を紹介します。「チーズには、いろいろな食べ方の工夫があります。まず、加熱したり、固めたりして作るチーズは、カッテージチーズです。サラダにかけて食べるとおいしいです。次に、2ヶ月から6ヶ月ほど乾燥・熟成させて作るのは、チェダーチーズです。色が濃いチーズです。最後に、一年以上乾燥・熟成させて作るのは、パルミジャーノ・レジャーノです。ピザみたいな形をしています。このように、チーズは工夫されて、いろいろな姿になって食べられているのです。

2016年12月2日(金)
今日の給食

 高菜ご飯・牛乳・冬野菜の味噌汁・りんごゼリーです。
 今月は、3年生が国語の学習の中で作ってくれた「食べ物のひみつブック」から、給食の中に入っているいろいろな食べ物のひみつを紹介したいと思います。「豆腐を薄く切って揚げる食べ物」「見えない小さな生物の力を借りて作る食べ物」は、何でしょう。答えは、「あぶらあげ」と「みそ」です。3年生の皆さん、ありがとうございました。

2016年12月1日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・切干大根と厚揚げの炒め煮・かきたま汁です。
 最近、すっかり寒くなり、冬らしくなりました。給食前の手洗いは石鹸で丁寧に洗い、手がぬるっとしなくなるまで水で十分に洗い流しましょう。そして、洗濯をしたきれいなハンカチでふきます。うがい・手洗いで感染症を予防しましょう。

2016年11月30日(水)
今日の給食

 きなこ揚げパン・牛乳・ミネストローネ・ミニフィッシュです。
 揚げパンは昔から人気がある献立で、昭和40年ごろ初めて給食に登場したそうです。作り方は、コッペパンを給食室で揚げて、きなこをまぶします。熱いうちでないと、きなこがパンにつきません。きなこは大豆を炒ってすりつぶし、粉にしたものなので、たんぱく質や食物繊維、鉄やカルシウムがたくさん入っています。筋肉を作るもとになるほか、歯や骨を丈夫にしたり、、貧血を防ぐ効果があり生ます。

2016年11月29日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・麻婆豆腐・高菜ときくらげの油炒めです。
 高菜の炒めものの中には、きくらげが入っています。きくらげはしいたけと同じきのこの仲間です。歯ごたえがこりこりしてくらげにそっくりなことから、この名前がついています。

2016年11月28日(月)
今日の給食

 小さいパン・牛乳・しょうゆラーメン・シューマイです。
 ラーメンのめんは、小麦粉から作られています。うどんやスパゲッティも小麦粉から作られる麺です。この3つの麺は、実は作り方がそれぞれ違います。うどんは、小麦粉で作った生地を、平たく伸ばして切り、麺にします。スパゲッティは、穴から押し出して麺にします。そして、ラーメンは少しずつ引き伸ばして細長く麺にします。それぞれ、昔の人たちの知恵で生まれました。

2016年11月25日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・ひじきの炒め煮・ほうれん草とエノキのごまあえです。
 ひじきは「海の野菜」と呼ばれる海藻類です。カルシウムと鉄分をたくさん含んでいて、貧血の予防や丈夫な歯や骨づくりに欠かせない食品です。また、食物繊維もたっぷりあって、おなかの中をきれいにおそうじしてくれます。それから、亜鉛というミネラルも入っています。亜鉛は、足りなくなると、味を正常に感じることができなくなります。海で育った栄養満点のひじきをおいしく食べて、丈夫な体作りをしましょう。

2016年11月24日(木)
今日の給食

 プルコギのっけ丼・ご飯・牛乳・どさんこ汁です。
 プルコギは、朝鮮半島の代表的な料理の一つです。「プル」は「火」、「コギ」は「肉」の意味ですが、日本で言う焼肉というよりはすき焼きに近いもので、「朝鮮半島風すきやき」とも呼ばれています。ご飯によく合う味なので、今日の給食ではご飯に乗せて「どんぶり」にして食べてください

2016年11月22日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・おでん・さばの黒砂糖煮です。
 おでんは、これから寒くなると食べたくなる献立です。大根や里芋・こんにゃく・たまご・厚揚げなどの具を、じっくりと煮込んで作りました。大根も里芋も、これからますますおいしい季節を迎えますね。里芋は、茎の部分が大きくなったもので、株の中心に大きな親芋があって、そこから子芋が増えていきます。ちなみに、「さといも」という名前は、山芋が山に自然にできる芋なのに対し、里の畑で作る芋なので、この名前がつきました。

2016年11月21日(月)
今日の給食

 ミルクパン・牛乳・白ねぎのポカポカシチュー・かみかみ揚げです。
 かみかみ揚げには、「ごぼう」と「だいず」を使っています。歯は、中学生までに上と下を合わせ、28本生えそろいます。しっかりかんで食べると、①頭の働きがよくなって、記憶力が高まります。②食べすぎを防いでくれる信号を出し、太りすぎを防いでくれます。③あごが丈夫になって、歯並びが良くなります。他にも、かむと唾液がたくさん分泌されて、歯の掃除もできます。しっかりかんで、元気な体を作りましょう。

2016年11月18日(金)
今日の給食

 わかめご飯・牛乳・きつねうどん・切り干し大根とツナの炒め煮です。
 きつねうどんには、狐が大好きな「油揚げ」が入っています。「きつねうどんに油揚げ」は全国的に共通していますが、「たぬき」になると、地方によって違いがあります。東京方面では、「たぬきうどん」は天かすが入ったうどんで、大阪では、「たぬき」とは「油揚げがのったそば」を指します。油揚げは、とうふを薄く切って油で揚げて作ります。油揚げなどの大豆から作られる食べ物は、たんぱく質、脂質カルシウムなどが入っていて、栄養満点です。

2016年11月17日(木)
今日の給食

 ポークカレー・麦ご飯・牛乳・福神漬け・ヨーグルトです。
 カレーはとても人気のあるメニューで、いつもほとんどのクラスで完食です。カレーは、暑い国の人々が肉の臭みを消すことと、食欲増進のために考えた料理です。インドでは、右手の指で上手に食べます。サラッとしたカレーが、イギリスに伝わって、スプーンを使って食べるようになりました。これが明治時代に日本に伝わり、簡単でおいしくできるように、カレーのもとが開発され、今のようなカレーが食べられるようになりました。

2016年11月16日(水)
今日の給食

 白菜のスープ・鮭とサツマイモのクリームグラタンです。
 サツマイモは、秋がいちばんおいしい季節です。鹿児島県の昔の呼び方である、「さつま地方」から全国に広く伝わったことから「さつまいも」と呼ばれるようになりました。サツマイモには炭水化物がたくさん入っていることから、エネルギーのもとになってくれます。また、食物繊維も多く、おなかのそうじもしてくれます。ふかし芋や焼き芋のように、蒸したり焼いたりすることで甘みが増して、おいしくなります。今日は、サツマイモをゆでて、鮭とあわせてクリームグラタンにしました。

2016年11月15日(火)
今日の給食

 ご飯・関さばフライ・ポン酢・のっぺい汁・みかんです。
 今日は、「学校給食1日まるごと大分県」の献立です。今回は、「大分県と言えば、この魚」というくらい有名な「関さば」のフライを作りました。今日の献立で大分県産の食物は、お米・牛乳・鶏肉・しいたけ・ねぎ・とうふ、かぼす、しょうゆなど、たくさんあります。皆さんが暮らしている地域で作られたものを、その地域で食べることを「地産池消」といいます。地産地消の良いところは、新鮮な食べ物が食べられることと、身近な人が作っているので、安心できるなど、たくさんあります。

2016年11月14日(月)
今日の給食

 米粉パン・牛乳・豚肉と大豆のシチュー・野菜のセサミドレッシングです。
 昔から大豆は「畑の肉」と呼ばれていました。これは、大豆には肉にも負けないくらい栄養があるからです。大豆も肉も、たんぱく質という栄養素がたくさん入っています。これは、筋肉を作る栄養素で、丈夫な体を作るのに必要なものです。また、カルシウム、鉄分、食物繊維もいっぱい入っています。

2016年11月11日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・豚肉とあつあげのうま煮・さんまの梅煮です。
 さんまは、質の良い脂肪酸やたんぱく質が多く、いわしやさんまとともに「体に良い青魚・御三家」の一つです。漢字で書くと、「秋」「刀」「魚」と書くように、秋が旬で、刀のように細長く輝きます。焼いても煮てもおいしい秋刀魚を、今日は梅味に煮ています。旬を味わいながら食べましょう。

2016年11月10日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・とうふチゲ・こまつなのソテーです。
 とうふチゲの「チゲ」とは、韓国語で何という意味でしょう。答えは「なべ」です。とうふチゲに入っている「とうふ」には、体を作ってくれる「たんぱく質」や骨を丈夫にしてくれる「カルシウム」がたくさん入っています。今日のとうふチゲには、お肉や野菜もたっぷり入っていて、栄養満点です。残さず食べましょう。

2016年11月9日(水)
今日の給食

 コッペパン・牛乳・鮭とほうれん草のクリーム煮・ブロッコリーとカリフラワーのマヨあえです。
 ほうれん草の旬は、冬です。寒いところで育てると、甘くておいしい栄養いっぱいのほうれん草ができるそうです。また、ほうれん草にはかぜを予防してくれる「カロテン」や「ビタミンC」、貧血を予防してくれる「鉄」がたくさん入っています。
 

2016年11月8日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・筑前煮・ぶた肉のみそだれかけです。
 今日は、「いい歯の日」です。よく噛むことを意識できるごぼうやれんこんが入った筑前煮と、焼くことで噛み応えが増す豚肉のみそだれかけです。ごはんは、しっかりかんで食べると唾液の働きででんぷんが小さくわかれ、おなかに吸収されやすくなります。ごはんをよくかむと甘く感じられるように、よくかむと、食べ物をしっかりと味わうことができます。また、虫歯や食べすぎなどの予防にもなります。しっかりかんで、元気な体を作りましょう。

2016年11月7日(月)
今日の給食

 コッペパン・牛乳・ぶりと大豆のオーロラソース・野菜のスープ煮です。
 ぶりは、赤ちゃんからおとなになるまで、名前が変わっていく「出世魚」の代表選手です。「もじゃこ」→「わかなご」→「やず」→「はまち」→「めじろ」→「ぶり」と、呼び名が変わります。今日のぶりは、大分県産です。大豆と一緒にソースをからめました。大分県の海の恵みを味わって食べましょう。

2016年11月2日(水)
今日の給食

 ウインナーロールパン・牛乳・和風スパゲッティ・りんごです。
 りんごは世界中で昔から食べられている果物です。今ではふじ・つがる・むつ・おうりん・こうぎょく・ジョナゴールドなど、たくさんの種類のりんごが作られています。りんごには「ペクチン」という食物繊維がたくさん入っているので、おなかの調子をよくしてくれます。「皮」と「実」の間に栄養がたっぷり入っているので、きれいに洗って皮ごと食べることをお勧めします。

2016年11月1日(火)
今日の給食

 ハヤシライス(麦ご飯)・牛乳・千切りポテトサラダです。
 千切りサラダのじゃがいもには、エネルギーのもとになるでんぷんのほかに、カゼに対する抵抗力を強くするビタミンCが多く含まれています。ビタミンCは熱に弱いものですが、じゃがいものビタミンCはでんぷんに包まれているので、熱を加えてもたくさん残ります。しっかり食べて、元気な体をつくりましょう。

2016年10月28日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・肉豆腐・ほうれん草ののりあえです。
 「肉豆腐」には、たくさんの豆腐が使われています。豆腐は、大豆から作られています。大豆は「畑のお肉」と言われるくらい「たんぱく質」などの栄養がたくさん入っています。また、寝たきりの原因になる「骨粗しょう症」を防ぐカルシウムも豊富です。豆腐は、栄養があるのにカロリーが低いため、「ヘルシーフード」としても、外国でも人気のある食べ物の一つです。

2016年10月27日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・秋野菜のうま煮・じゃこひじきふりかけ・ブルーベリータルトです。
 秋になると、昼間はポカポカ、夜はぐっと冷え込みます。夜と昼の気温の差が、おいしい食べ物を作り出します。秋には、クリやサツマイモ・さといも・きのこ・りんごなど、たくさんの種類の収穫があります。今日は、野菜をたくさん使ったうま煮です。「実りの秋」に感謝しながら、おいしくいただきましょう。ふりかけは、歯を丈夫にしてくれるカルシウムたっぷりのちりめんとひじきです。

2016年10月26日(水)
今日の給食

 牛乳・豆乳コーンスープ・ミートボール・1,2,3年はちみつレモントースト・4,6年食パンとりんごジャムです。
 コーンスープには、豆乳が入っています。豆乳は、大豆からとうふを作るときにできるおからを取り除いたあとの液体です。とうふと同じように質の良いたんぱく質が多いのが特長です。納豆や、もやしも大豆の仲間です。

2016年10月25日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・豚肉の塩糀(こうじ)焼き・のっぺい汁です。
 塩糀は、お米の「こうじ」と塩と水を混ぜ、時間をかけて発酵・熟成させて作られる、日本古来の調味料です。この塩糀の働きによって、材料のうまみが増してきます。今日は、豚肉に塩糀を丁寧にまぶして、オーブンで焼いています。のっぺい汁には、たくさんの野菜が入っています。それぞれのうまみが良く出たお汁です。最後にとろみをつけているので、冷めにくく、温かいのが特長です。

2016年10月24日(月)
今日の給食

 コッペパン・牛乳・白菜のシチュー・さつまいもとりんごの重ね煮です。
 さつまいもはでんぷんが多いので、主にエネルギーになる食べ物です。食物繊維もたくさん入っていて、おなかのなかをきれいに掃除し、おなかの調子を良くしてくれます。りんごにも食物繊維が多く、おなかの調子を整えてくれます。今日のりんごは「ふじ」です。りんごもさつまいもも、今からがおいしい季節です。

2016年10月21日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・しらたま汁・赤魚のげんきニラソースです。
 大分市は、日本でも有名なニラの生産地です。なかでも、川添地区はニラ栽培がさかんで、たくさんのビニルハウスがあります。ニラは、中国で生まれて、明治時代に日本にやってきました。薬としても利用されるニラは、体を温める働きがあります。強い香りのもとは、「硫化アリル」といって、胃や腸を刺激して消化を助けます。今日のニラは、大分市の松岡産のものです。

2016年10月20日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・鶏肉のから揚げ・さつま汁です。
 さつま汁に入っているサツマイモは、アサガオの仲間です。体を動かすもとになる炭水化物や、おなかの掃除をして、いらないものを体の外に出す働きのある食物繊維、肌をつるつるにしてくれるビタミンCなどが入っています。しっかり食べて、元気な体を作りましょう。

2016年10月19日(水)
今日の給食

 小さいパン・牛乳・スパゲッティナポリタン・なしです。
 なしの名前の由来は、中が白いことからきています。なしは、甘みと酸味のバランスがよく、疲れたときにぴったりです。今日の なしは「新高(にいたか)」で、1個がとても大きく、みじみずしいものです。)

2016年10月18日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・マーボー厚揚げ・中華和えです。
 卵というと、日本では鶏の卵を指すことがほとんどですが、世界では、うずらやあひる・ダチョウの卵も食べられています。卵の黄身の色は、鶏が食べた餌の色によって違います。そして、卵には体を作るもとになるたんぱく質がたくさん入っています。たんぱく質のほかにも、体が大きくなるのに必要な栄養素がたくさん入っています。今日のサラダの中に、炒り卵として入っています。

2016年10月17日(月)
今日の給食

 牛乳・ポークビーンズ・ほうれんそうオムレツ
 1・2・3年生 食パンとりんごジャム
 4・5・6年生 はちみつレモントーストです。
 大豆は、約5千年前に中国で作られていて、縄文時代の終わりごろ日本に伝わってきました。大豆には、私たちの体のもとになるたんぱく質がたくさん入っています。肉や魚、卵に負けないくらいのたんぱく質が入っているので、「畑の肉」と呼ばれます。また、大豆には、骨や歯を強くするカルシウムや頭の働きを良くするレシチン、疲れを取るビタミンB1なども豊富に入っています。しっかり食べて、元気な体を作りましょう。

2016年10月14日(金)
今日の給食

 ポークカレー・麦ご飯・牛乳・ころころサラダ・福神漬です。
 食欲の秋。健康に過ごすためには、食べることと同じように、体を動かし、運動することも大切です。おにぎり1個分のエネルギーを使うには、ラジオ体操第1なら52分、野球なら40分、バドミントンなら37分、バスケットボールなら34分、サッカーなら29分ほどだそうです。しっかり食べて、しっかり運動。それから、疲れた体を休めることも大切です。
 

2016年10月13日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・手羽なかの甘辛煮・たぬき汁です。
 たぬき汁は、精進料理のひとつです。昔、今ほど肉を食べる習慣がなかったころ、肉を食べることを禁じられていたお寺で、「たぬき肉」のかわりに「こんにゃく」を使って、お汁を作っていたのが始まりです。こんにゃくの噛み応えが、お肉に少し似ています。

2016年10月12日(水)
今日の給食

 黒砂糖パン・牛乳・秋野菜のポトフ・サケ青海苔チーズフライです。
 秋は、たくさんの作物が収穫の時期を迎えることから、「食欲の秋」とも言われています。そして、秋においしい野菜を「秋野菜」と呼びます。今日のポトフには、にんじん・白菜・しめじ・小松菜などの野菜が入っています。それから、サケも秋においしくなる魚のひとつです。サケには、自分の生まれた川を覚えていて、産卵のときに帰ってくる不思議な力があるそうです。

2016年10月11日(火)
今日の給食

 ゆかりご飯・牛乳・うどん・うずら卵とこんにゃくのみそ煮です。
 こんにゃくは、食べたときの歯ざわりに特徴がある食べ物です。こんにゃくは、「コンニャクイモ」に水を入れて作りますが、水分が97%を占めています。おなかの中をキレイにして、おなかの調子を整える「食物繊維」や、骨を強くする「カルシウム」が入っています。がんを防ぐ効果もあると言われています。好ききらいなく、よくかんで食べましょう。

2016年10月7日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・とりじゃが・さんまのかんろ煮です。
 今が旬のさんまには、体をつくるもとになるたんぱく質のほか、体によいはたらきをすることで、今、注目を集めている不飽和脂肪酸もたっぷり含まれています。血液をサラサラにして、脳を育ててくれます。体の疲れをとるビタミンB群も豊富です。

2016年10月6日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・ちくわの磯辺揚げ・すまし汁・れんこんのきんぴらです。
 れんこんは、泥沼の中で育ちます。そして、花は、ピンク色がきれいなハスの花です。れんこんには穴が開いています。真ん中に1こ、周りに9この穴があり、それらは全て空気穴です。れんこんは水田で育つので、葉から根にまで水中を通って空気を送らなければなりません。1つの穴がふさがっても、他の穴が確実に空気を送ることができるように、いくつもの穴が開いているのだそうです。

2016年10月4日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・豆腐の中華煮・春巻きです。
 今日の豆腐の中華煮に入っている豆腐の数は、何丁くらいと思いますか?答えは、235丁です。豆腐は「畑のお肉」と言われている大豆から作られています。体を作るもとになる食べ物です。しっかり食べて、元気な体を作りましょう。

2016年9月30日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・鶏肉の揚げ煮・しらたき麺のスープです。
 しらたきは、こんにゃくの仲間です。おなかの中をきれいにそうじしてくれるはたらきがあります。元気な体で、明日の運動会をがんばりましょう。

2016年9月29日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・かみなり汁・さんまの塩焼き・かぼすです。
 秋刀魚の塩焼きに、かぼすのしぼり汁をかけて食べましょう。かぼすは、大分県特産のかんきつ類です。皮は緑色で厚く、強い酸味とよい香りが特徴です。今日のような焼き魚や鍋物によく合います。レモンと同じように、ビタミンCがたくさん入っています。ビタミンCは、病気から体を守ってくれるので、カゼの予防に役立ちます。

2016年9月28日(水)
今日の給食

 黒砂糖パン・牛乳・野菜のカレースープ煮・豆のサラダです。
 豆のサラダには3種類の豆が入っています。白くて丸い「ひよこ豆」、赤い「赤インゲン豆」緑色の「枝豆」です。豆類には、食物繊維がたくさんあるので、おなかの調子を整えてくれます。

2016年9月27日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・こまつなのソテー・豚肉と野菜のキムチスープ・豆乳パンナコッタです。
 スープに入っているニラは、丈夫なため栽培しやすく、刈り取った後の株からまた新しい葉が伸びて、一年に何度も収穫できるそうです。ニラの強いにおいの元は、ねぎや玉ねぎと同じもので、ビタミンBの取り込みを良くしたり、肉や魚の生臭みを和らげる働きもあるそうです。

2016年9月26日(月)
今日の給食

 背割りチーズパン・牛乳・ミネストローネ・豊水梨です。
 梨は、9月がいちばんおいしい時期になります。ビタミンは、他の果物に比べて少ないですが、アスパラギン酸と呼ばれる疲労回復にかかわる成分が入っています。疲れた体を癒すにはぴったりの果物です。また、梨は水分が多く、のどの痛みを抑える成分が入っています。中国では、かぜのときなどにスープに入れて食べているそうです。

2016年9月23日(金)
今日の給食

 ミートボールのハヤシライス(麦ご飯)・牛乳・きゅうちゃん漬です。
 夏野菜のきゅうりは、水分が95%以上と多く、夏場の水分補給にもってこいの野菜です。やけどやあせもには、薄切りにして、はりつけると効果があるそうです。今日は、きゅうりを漬物にしました。しっかり食べて、運動会の練習をがんばりましょう。

2016年9月21日(水)
今日の給食

 トンカツドッグ・牛乳・ゆでキャベツ・手作りソース・麦とたまごのスープです。
 運動会の練習をがんばっている児童たちを、給食で応援します。勝負に「カツ!」にかけて、トンカツです。パンにスティックトンカツとゆでキャベツをはさんで食べましょう。

2016年9月20日(火)
今日の給食

 鶏飯・牛乳・魚そうめん汁・みかんタルトです。
 「鶏飯」は、大分県に伝わる料理です。地域や、家庭により少しずつ材料や味付けに違いはありますが、大分県の代表的な郷土料理と言えます。この他にも、「とり天」や「だんご汁」、「いしがきもち」なども昔から伝わる郷土料理です。給食にも登場しますので、楽しみにしていてください。

2016年9月16日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・納豆みそ・ぶた肉とじゃがいもの煮付けです。
 じゃがいもの原産地は、南米のアンデス高原で、インカの重要な食べ物でした。約500年ほど前に、スペイン人によりヨーロッパに持ち込まれました。最初は観賞用でしたが、だんだんと食べられるようになり、たくさん作られるようになりました。日本には、400年ほど前に、オランダ人が長﨑に持ち込んだのが始まりと言われています。

2016年9月15日(木)
今日の給食

 わかめご飯・牛乳・お月見うどん・ごぼうのソテー・お月見ゼリーです。
 今日は、十五夜です。「中秋の名月」ともいい、天候に恵まれればきれいな満月を見ることができます。十五夜には、月見団子や秋の果物、ススキなどを飾って、豊作を願う地域のあります。給食では、ウズラ卵をお月様に見立てたお月見うどんと、ゼリーをつけました。

2016年9月14日(水)
今日の給食

 米粉パン・牛乳・まぐろと大豆のごまがらめ・小松菜とベーコンのスープです。
 マグロは、寿司やさしみでおなじみの魚ですが、江戸時代は人気がほとんどなく、あぶらっこいトロは捨てたり、ネコのえさになったりしていたそうです。まぐろの脂身に含まれる栄養素には、頭や目の働きをよくしたり、血液の流れをよくしたりする成分があります。体の大きさは、大きなもので3メートル、体重は400キログラムにもなるそうです。

2016年9月13日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・厚揚げとはるさめのピリ辛煮・和風サラダです。
 今日の給食には、全部で17の食品が入っています。とり肉・厚揚げ・あるさめ・にんじん・たまねぎ・えだまめ・たけのこなどです。私たちの体は、食べたものでできています。日頃から、いろいろなものをバランスよく食べて、元気な体を作りましょう。

2016年9月12日(月)
今日の給食

 コッペパン・牛乳・なすのミートグラタン・コンソメスープです。
 なすの色は、私たちがよく食べる紫色の他に、白色や緑色もあります。なすの紫色には、食欲を出したり、老化を防止したり、ガンを予防したりする効果があります。また、体を冷やす働きがあるので、暑い夏になすを食べて、ほてった体を冷やすとよいですね。煮る、油で揚げる、焼く、蒸す、漬け物にする等、いろんな料理方法があります。

2016年9月9日(金)
今日の給食

 ご飯・牛乳・なすと豚肉のスタミナ炒め・味噌汁・やきのりです。
 なすは、日本で昔から作られてきた野菜です。長いものや、細長いもの、丸いものなど、いろんな形があります。夏にとれる野菜「夏の実」から、「なすび」になり、いつしか「なす」になったと言われています。秋にとれるなすは、特別おいしいと言われます。

2016年9月8日(木)
今日の給食

 ご飯・牛乳・赤魚のカレー南蛮・汁ビーフンです。赤魚とは、主に、海の深いところに住んでいる体の赤い魚ことです。脂がのった白身魚で、食べやすくておいしいです。今日は、カレー粉を入れて少しピリッとさせた南蛮漬けです。

2016年9月7日(水)
今日の給食

 セルフカレーパン・牛乳・やさいのスープ煮・ヨーグルトです。
 カレーパンの具の中には、大豆が入っています。大豆は、とうふや納豆・味噌など、たくさんの食品に変身します。そして、お肉と同じように、みなさんの体を作るもとになるので、「畑のお肉」とも呼ばれています。
(今日は写真がありません。すみません。)

2016年9月6日(火)
今日の給食

 ご飯・牛乳・豚キムチ・中華たまごスープです。
 少しピリッと辛いキムチは、お隣の韓国から世界に広がった漬け物です。白菜を使ったものの他に、きゅうりやだいこんのキムチもあります。地域によって味付けもいろいろあるそうです。夏の疲れで食欲が落ちているときも、ご飯が進む味なので、しっかり食べましょう。

2016年9月5日(月)
今日の給食
 ご飯・牛乳・麻婆豆腐・野沢菜の油炒めです。
 今日の給食で使われた豆腐は、260丁です。調理員さんが一丁ずつ壊れないように気を付けて切りました。野沢菜は、長野県の野沢温泉村で作られてきたことから、その名がつきました。ビタミンCやカロテンが多く、私たちの体を強くして、病気から守ってくれる働きがあります。
2016年9月1日(木)
今日の給食

 麦ご飯・牛乳・ポークカレー・福神漬け・冷凍みかんです。
 2学期は、運動会など行事がたくさんあり、心も体もぐんと成長する時期です。元気な体があってこそ、いろんなことにチャレンジできます。そのためには、しっかり食べることがとても大切です。9月の食育目標「生活のリズムを整えよう」を頭に置いて、規則正しい生活リズムで楽しい2学期を送りましょう。

2016年7月20日(水)
今日の給食

 セルフチキンバーガー(丸パン・チキンカツ・ボイルキャベツ)・牛乳・夏野菜のスープ煮です。
 今日のスープには、「ズッキーニ」という野菜が入っています。ズッキーニの形は、きゅうりに似ていますが、カボチャの仲間です。皮が緑色の物が多いですが、黄色の物もあります。今回は、コロコロに切ってスープに入れました。食べたことのない野菜も、給食でチャレンジしてみましょう。今日で1学期も終わります。保護者の皆様、1学期の間の学校給食へのご協力、大変ありがとうございました。

2016年7月19日(火)
今日の給食

 鮭と卵の三色丼・牛乳・冬瓜のスープです。
 とうがんは、漢字で「冬のうり」と書きますが、夏においしい野菜です。夏に収穫し、冬まで保存できる野菜ということでこの名前がついています。切った後の見た目は大根に似ていますが、大根よりも柔らかく、甘みのあるのが特徴です。一個が5kg近くあり、大きさも顔の3倍近くあります。