小中一貫教育

1.目標

(1)小中学校9年間を見通したうえで、生徒の発達段階に応じた系統的な教育活動を展開する。
(2)不登校をはじめ、その他の生徒指導上の問題への対応について、小中学校での課題を共通理解し、一貫性、統一性のある指導を行う。
(3)小学校との交流を通して、学校の活性化や授業改善を推進する。

2.取り組み内容

(1)小中連絡会
(2)小中合同研修
(3)小中学校間の授業交流
(4)学校行事や地域行事等における児童・生徒の交流

3.推進方法

(1)校区小中一貫教育推進協議会及び専門部長会を開催する
(2)中学校区重点目標を設定する。
(3)小中連絡会を各学期に一度実施する。
(4)小中合同研修会を実施する。

4.組織



5.校区重点目標と具体的な取り組み

 

専門部会   重点目標  具体的な取り組み
 学習指導部会  

@集中して取り組むための 系統的な学習規律

A思いを伝える場


B家庭学習

 

@・あいさつの統一。

 ・チャイム着席の徹底。

 ・板書の工夫→ノート指導。

A・グループ活動、ペアトークの取り組み。         

 ・話し方あいうえお、聞き方あいうえお。

B・目標時間の設定。 ・内容の確認。

生活指導部会  

@相手を意識したあいさつ




A無言清掃



B情報モラルの定着

 

@・(当たり前でも)ありがとう、(わざとじゃなくても)ごめんなさい。など考えたあいさつをする。         

・判断力をつける。(不審者対策)

・家庭でも取り組んでもらう。

A・掃除中音楽を切る。

・評価を発達段階に応じてする。

・子どもに意識づける。               

B・保護者への啓発活動。

 ・使い方、モラルの指導。

 特別活動部会  

@リーダーの育成

Aリーダーを支える集団の育成

 

・リーダーがいきる集団作り。

  (フォロアーシップの育成)

・リーダーがやってよかったと思える、充実感を味わわせる

 活動を仕組む。

 特別支援教育部会  子ども一人ひとりの実態をきちんととらえて支援していく  

・あったことを記録する。

・見通しをもたせる。活動のメリハリをつける。生活や学習のルールを視覚的に伝える。

・まわりの子のかかわり方を教える。

・保護者、専門機関との早めの連携。           

・担任一人がかかえこまずに周りに伝え、周りの先生がサポートする。




6.年間計画

             ≪≫内は企画・運営担当   ●印は児童・生徒の交流がある活動

 
 内容  備考
 4月  

○校内組織(部会)編成《推進担当者》

○第1回校区推進協議会《推進担当者》

  ・方針および年間計画

 
 5月  

○第1回推進担当者会

  ・第1回専門部長会および第1回小中連絡会の計画

 
 6月  

○第1回小中連絡会≪小旧6年部⇔中1年部≫

  ・授業参観および情報交換

○第2回推進担当者会

  ・夏季合同研修会の計画

○第1回校区専門部長会《推進担当者・各部長

  ・校区部長決め  

・夏季合同研修会の計画

○公開授業(各小中学校職員の相互授業見学)

 
 

7月

〜8月

●職場体験活動《中2年部》

・中学2年生が小学校へ

○第3回推進担当者会

  ・夏期合同研修会の詳細について

○夏季小中合同研修会《推進担当者・各部長》

・重点目標の取り組みの反省と見直し 等

○校内研修《推進担当者・各部長》

・校区重点目標の取り組みについて

 わくわくワンダーランド
     (西部公民館)
 9月
〜10月
 

○第2回小中連絡会《推進担当者・特別支援教育部会》

  ・特別な支援を要する児童生徒に関する情報交換

●大分西中学校合唱コンクール中間発表会

・小6年が鑑賞する≪小6年部≫

 ●浜の市(お上り・お下り)
 11月  

○第4回推進担当者会

・年度後半の活動計画の確認と調整

●特別支援学級交流会《特別支援教育部会》

  ・児童、生徒、保護者も交えての交流会

 
 12月  

○校内研修《推進担当者・各部長》

・重点目標の取り組みの反省

○第5回推進担当者会

・次年度教育課程について

○第2回校区専門部長会《推進担当者・各部長》

・2学期の取り組みの反省(成果と課題の確認)

 今後の取り組みについて

 
 1月  

○校内研修《推進担当者・各部長》

  ・校区部長会の還流報告と3学期の取り組みの確認

 
 2月  

●中学入学説明会≪小6年部⇔生徒指導部,中3年部≫

  ・入学説明 

・授業参観および部活動見学

○第6回推進担当者会

  ・第3回小中連絡会について

 
 3月

○第3回小中連絡会≪小6年部⇔中3年部≫

 ・来年度中学1年生の授業参観・情報交換

○新入生を迎える取り組み《特活部会》

○第2回校区推進協議会《推進担当者》

・本年度の反省と次年度への引き継ぎ