校長室から(大分西中学校日記)

2018年6月25日(月)
3年生の5時間目

 右の写真は北校舎普通教室棟の3階、3年生のフロアに設けられた進路情報コーナーです。1月から受験が始まりますので、正味半年という時をすでに迎えています。慌てることなく、日々の積み重ねを大切に過ごすことがなによりも学力向上には大事です。
 授業の様子を見ても、どの学級もたいへん落ち着いています。しなやかな張りといった元気さがあるともっとよいと思います。暑い一日でしたが、午後のこの時間も各教室には風が通り、エアコンをつけている学級はほとんどありません。
 さて、今週もがんばっていきましょう。

2018年6月22日(金)
大分県吹奏楽フェスティバル

 おはようございます。現在22日(金)午前7:04です。これから出張です。第64回大分県中学校長研究大会竹田大会で久住公民館(くじゅうサンホール)へ出かけてきます。中体連が終わったこの時期は出張の件数も多くなります。学校にいて、生徒たちの学びの様子を参観することのほうがもちろん好きなのですが、そうも言ってられません。今年度の研究主題は「社会を生き抜く力を身につけ、未来を切り拓く日本人を育てる中学校教育」で、全中研と同じものです。壮大なテーマですが、子どもたちの人格の形成をめざすことを目的としてしっかりと学んできたいと思っています。校長室の歴代14人の校長先生たちにも心の中でそう伝えて出発です。
 さて、明日・明後日は大分県吹奏楽フェスティバルです。大分西中学校は、明日23日(土)の8番目の演奏で正午頃に登場します。お時間がございましたら、是非、演奏をお聞きにグランシアタまでお出かけくださるとたいへん嬉しいです。

2018年6月21日(木)
技術科の飼育栽培と保健体育科の水泳

 両方の写真ともに本日4時間目の様子です。左は、2年生技術の授業における植物栽培で成長観察しています。芽が出て茎が伸びている鉢を見ながら、「大きくなっています!」と嬉しそうにしていました。
 さて、右は1年生の水泳授業です。学習指導要領では、指導に当たっては、小学校では「泳ぎにつなげる」水中からのスタートを指導し、中学校では「泳法との関連において」水中からのスタートを取り上げて指導することとなっています。安全に配慮するという観点から「飛び込み」は、一斉授業の中では行わないのです。写真でも水中からのスタートの様子がお分かりいただけるのではないでしょうか。
 本日は、市内中学校において教職員の研修会「中教研」が開催され、生徒たちは早めに帰宅します。15時30分までは自宅学習です。

2018年6月20日(水)
梅雨時期の大雨の中

 左は、全校・全学級で実施している生徒会常時活動「学習態度向上プロジェクト」のスタート2分前着席・1分前黙想の様子です。教師は1分前には授業場所へ入り、本時の流れなど導入の際に有効な内容を黒板に書きます。授業開始をノーチャイムで行っている大分西中学校では、常に落ち着い学びの風景があります。
 右の写真は3年生の学年掲示板に貼られた茨木のり子さんの詩です。本当に心穏やかに楽しく豊かに暮らせる誠の「桃源郷」とは何かということを考えさせられる作品です。きっと3年生の心に届いていることでしょう。本日から部活動も基本的に停止です。期末考査に向けて家庭学習にもしっかりと取り組んでほしいと願っています。

2018年6月19日(火)
パルテノン広場

 パルテノン広場と名付けられたこの場所は、昭和62年の大分西中開校時から設置されていました。ベンチの中央にある樹木は1期生の卒業記念樹です。
 パルテノンとは、古代ギリシア時代にアテナイのアクロポリスの上に建設されたギリシャのパルテノン神殿の形状を模倣して設置されたためであろうと思われます。
 それぞれの支柱には幾本もの鉄筋が入っていますが、ひび割れとか歪みがないか点検をしました。
 雨の中、生徒たちが今日も元気に登校してきました。明日まで雨降りは続きそうです。1年生にとっては初めての定期考査である期末テストの試験範囲もいよいよ発表です。

2018年6月18日(月)
ヤングキャリアアドバイザー

 大分市の事業として行っていただいています。若年層の早期離退職を防止し、中学生に早い段階から将来の仕事について考えてもらうきっかけを作るために、働く若者が中学校を訪問して自分の仕事について話していただく講演会です。スタートして既に15年ほど経過しています。
 本日は、2年生の全クラスにヤングキャリアアドバイザーが訪れてくださいました。ご自身の仕事の内容や仕事に対する思いを熱く話してくださり、生徒たちにとっては働くことや進路について具体的に考えるとても価値ある機会となりました。
 お世話になった関係者の皆さま、ありがとうございました。

2018年6月15日(金)
進路PTA(3年)

 市内四つの高等学校の先生方をお迎えし、進路PTAを開催しました。保護者の方も参加して、生徒と席を隣りに熱心に聴いてくださっていました。
 本日資料の中の「これからの学習について」では、はじめに次の言葉が記されています。
 高校入試まで「あと6ヶ月」そう考えると受験までに残された時間はほとんどありません。体育大会や市総体と大きな行事が終わり、一息つきたいところです。しかし、残された時間を考えれば一息つく暇はありません。「気持ちの切り替え」が重要です。学習の結果が出るまでには本格的に取り組み始めてから早い人で3ヶ月、遅い人は6ヶ月かかるかもしれません。時間を有効に使って、しっかりと力をつけ希望する進路に確実に近づく努力をしましょう。

2018年6月15日(金)
教育実習最終日

 大分西中学校卒業生2人の教育実習が本日終了します。お2人ともに誠実で真摯な態度でひたむきに取り組んでいた3週間でした。
 教育実習とは大学またはそれに準じる教育機関において、教育職員免許法に基づく教育課程を履修する者に必須とされている実地学習です。専門職としての教師に必要な心構えや実践技能等を訓練することなどを内容としています。
 お2人が口を揃えて話してくれるのは、西中生の素直な姿でした。

2018年6月14日(木)
西中タイム

 毎週火曜日と木曜日の8時からの25分間は、西中タイムです。この時間は、各教科の基礎的な知識・技能の習得の時間と位置づけてドリル的な学習や家庭学習での習得具合をチェックする時間としています。学級担任等が学級での指導・支援にあたっています。梅雨時とは思えない爽やかな空気の中で、450人ほどの生徒たちが各学級でひと言も呟かずに学んでいる様子は清々しいものです。
 右は1年生の学年掲示版です。3つの学年がそれぞれに個性的且つ効果的な掲示を行っています。来校の際には是非ご覧になってください。
 私は本日、例年のように大分大学でたくさんの学生相手にお話ししてきます。学校経営や学級経営などの内容とともに、大分西中の様子なども伝えてきたいと思っています。

2018年6月13日(水)
PTA主催高校見学会

 今朝は梅雨時の青空が広がり、湿気もなく爽やかな風が吹いています。登校してくる生徒たちの顔もいつもにも増して輝いて見えます。
 13日(水)は、PTA文化部主催の高校見学会です。参加の保護者の皆様は、9時に出会い坂下でバスに乗り込み出発し、これから大分舞鶴高校、大分商業高校、楊志館高校を訪問見学する予定になっています。各高等学校の関係者の皆様、たいへんお世話になりありがとうございます。

2018年6月12日(火)
全校朝会

 中体連市総体の表彰を行いました。硬式テニス団体優勝の旗を披露したのをはじめ、軟式野球競技第3位、バレーボール男子第3位、硬式テニスダブルス準優勝、水泳女子400m自由形優勝、男子200m自由形第2位、体操競技の女子平均台優勝などの賞状伝達を行い、生徒たちの活躍を讃えました。
 私がその後、全校生徒に向けて話したのは次のような内容です。
 「今、表彰をしましたように今回の中体連大会、目に見える結果としても本当に素晴らしい成果を挙げることができました。表彰はされませんでしたが、1点差で県体出場とはならなかった男子バスケットボール部やサッカー部をはじめ、すべての種目が3年生を中心に全力でひたむきにプレーしていました。そんなみなさんの姿を見ていてあることを思い出しました。それは「勝利」とは何かということです。この言葉が仏教用語のひとつであったことを思い出したのです。勝つことができた相手への優越感を抱くのではなく、自分自身の努力や自分自身の今に心の底から満足できるか、納得できるか、それが「勝利」を得たということであると仏教では教えられています。つまり、勝負では負けても「勝利」を得ることはあり得るのです。自分がどういう準備をしてきたのか、どう戦ったのか、まわりの人たちと心はつながったのか、大事なのはそのことです。もし、納得できない、悔いが残るのならば目標や課題を新たにして前に進めばよいのです。部活動に限らず、勝負をする場面は、皆さんの長い人生これから何度もやってきます。その時に悔いを残さず、納得できる自分でいられるように日々自分を律し、前向きに過ごしていきましょう。」
 というような内容でした。
 右の写真は、生徒会執行部が6月活動内容の確認をしている様子です。整美委員長からは、「無言清掃の様子はとてもよいと思います。しかし、清掃区域に向かう際にまだ話している人がいます。清掃時間になったら移動の際も無言で動きましょう!」との言葉ありました。当たり前のレベルが確かに上がっています。 

2018年6月11日(月)
歯科検診

 校医さんが来校されて全学年生徒の歯科検診が行われました。
 学校における歯科検診は、児童生徒健康診断表(歯・口)の検診項目に基づいて行われています。検診手順は「歯肉の状態」「歯列・咬合・顎関節の状態」「歯垢の状態」等々とのことです。私たちの頃も同じですが、虫歯などの程度によって「0」「1」「2」等と診断されるのだと思います。
 さて、6月の整美委員会の活動で、今週は空き缶回収の取り組みのと期間です。保護者の皆さま、地域の方々よろしくお願いいたします。

2018年6月8日(金)
中体連大会3日目

 今年度の大分市中学校体育大会が終了しました。最後まで諦めずにボールを追う姿、ミスをして真から悔しがる様子、声を嗄らせて応援する集団、その全てに心を打たれました。
 バスケットボール男子は44対44の同点で3分間の延長戦となり、終了の笛の1秒前までは1点差で勝っていました。どの競技であっても選手は調子のよい時もありますが追い詰められることもあります。そして運もやはりあります。そんな時にも声を掛け合い仲間を信じてパスを出しシュートを打っていました。生徒たちは「負けて悔い無し」という思いにはまだなれないことでしょう。しかし、きっとこの日の試合は彼らの一生の宝物になるのだと私は信じられるのです。
 それはサッカー部も同じです。両チームの力が拮抗していてどちらもチャンスらしいチャンスがないままに終了前3分ほどでの失点、でも最後の最後まで諦めることなく必死にボールを追い、声を掛け合い横パスをつないでいました。
 女子ソフトテニス団体戦でも感動あふれるシーンがたくさん見られました。選手の皆さんに感謝です。そして、また、終始熱心な応援をしてくださった保護者の方々、西中を常に支えてくださる地域の皆さまほんとうにありがとうございました。

2018年6月7日(木)
中体連大会2日目

 ほんとうに素晴らしい活躍を見せてくれています。チームワークの勝利であり、生徒たちを支えてくれる周りの方々への感謝の気持ちでいっぱいです。
 大分市代表としての県体出場を決めたのは、男子バレーボール、硬式テニス、そして軟式野球です。軟式野球は明日は準決勝、決勝です。
 そして、サッカーは見事にベスト8まで残っています。明日、県体出場をかけて戦います。さらに、女子ソフトテニス部、男子バスケットボールも県体出場をかけて明日戦います。
 個人戦ではたくさんの生徒が県体出場を決めています。剣道、体操、硬式テニス、水泳男女、バトミントン、陸上(100M2年女子、走り幅跳び、女子砲丸投げ、100M1年男子)等々です。
 もちろん、勝敗のみが成果ではありません。部活動を通して生徒たちが人として大きく成長していることを心から感じています。
 明日は、サッカー部と女子ソフトテニス部、男子バスケットボール部の県体出場をかけての戦いや野球部の旗取りなどまだまだ活躍は続きます。

2018年6月6日(水)
中体連大会

 ソフトテニス女子、サッカー、軟式野球部、バスケット男子、バレーボール男子が予選を勝ち抜いています。剣道部は男女ともに予選リーグを勝ち抜きました。バレーボール女子は未だこの時間も予選リーグ突破をかけて戦っています。卓球部男女も団体戦とても惜しい戦いであったということです。明日はソフトテニス男女とともに個人戦があります。陸上部は雨にも負けずに必死なレースの様子がありました。まだまだ戦いは続きます。バスケットボール女子は、私も応援をしましたが本当に素敵なチームです。惜敗でした。
 そして、硬式テニス部は全市優勝で優勝旗をもって凱旋します。
 今年も大分西中旋風が吹いています。
 

2018年6月5日(火)
中体連応援横断幕

 美術部が作成した応援の横断幕は、素晴らしい作品でした。男女ある部についてはどちらかの部を描いています。どの絵もユニフォームは選手たちが試合で身につけるものを忠実に描いていることがはっきりと分かりました。全校生徒の応援の気持ちの象徴です。

2018年6月5日(火)
中体連激励会@

 残留する生徒たち全員が生徒会長の音頭でエールをおくりました。雨音に負けない大きな声が響き渡りました。
 右は、社会体育で出場する生徒たちです。代表してテニス部3年生が決意表明を行いました。

2018年6月5日(火)
中体連激励会A

 ソフトテニス部男子とソフトテニス部女子です。日焼けした彼らが、正味2年間積み重ねてきた力を必ずや発揮してくれることでしょう。お天気が心配ですね。

2018年6月5日(火)
中体連激励会C

 バスケットボール男子とバスケットボール女子です。ダブルで県体出場を果たしてほしいものです。

2018年6月5日(火)
中体連激励会D

 卓球部男子とバレー部女子です。バレー部女子が一部しか映っていないのが私の失敗です。どちらの部の決意表明もスラスラと気持ちのこもったものでした。素晴らしいです。

2018年6月5日(火)
中体連激励会E

 陸上部とサッカー部です。明日の雨が気になります。

2018年6月5日(火)
中体連激励会F

 剣道部と野球部です。どちらも気合の入った決意表明でした。

2018年6月4日(月)
明後日は中体連

 下のスライドには本日の部活動の様子を載せています。
 このスライドの一番左は、昼休みのサッカー部の声だしの様子です。中庭から校舎全体にメガホンの声が響き渡り、学校全体の士気が高まっています。
 真ん中は女子バレーボール部です。18時前、額の汗を吹きつつ懸命にボールを追っていました。
 そして、左は明日お披露目の美術部作製の中体連応援横断幕です。素晴らしい出来栄えですが、まだ明日まではお見せできませんので今日のところはこのくらいでお許しください。

2018年6月4日(月)
本日の部活動@

 剣道部です。外部の指導者の方も来てくださり、みんなが声を出し臨んでいました。初心者を指導する3年生の姿もあり、とてもよい雰囲気の武道場でした。
 頑張れ大分西中生!

2018年6月4日(月)
本日の部活動A

 女子ソフトテニスとサッカー部です。必死にボールを追い、基本を確実に繰り返す姿は必ず勝利へとつながっていきます。

2018年6月4日(月)
本日の部活動B

 バスケット部男女です。男女一緒に激しくボールを追い、シュートを決めています。卒業生(高校1年生)も応援、そして指導に来校してくれていました。
 右は、バーボール部です。教育実習生の先生の専門種目でもあり、的確な指導をしてくれていて、生徒たちは真剣に聞いていました。

2018年6月4日(月)
本日の部活C

 ソフトテニス男子です。部員数の多いテニスの選手たち、先生の球出しを受けて最後の仕上げを懸命に行っていました。
 男子卓球部は、体育館の2階ルームで蒸し暑さを闘いながら、スマッシュを決めていました。

2018年6月4日(月)
本日の部活動D

野球部と陸上部です。強い陽射しの中、基本の練習を確実に行っていました。

2018年6月1日(金)
図書館に行って本を読もう

 本を読むことにはたくさんのメリットがあります。語彙力がアップするのはもちろんですが、新学習指導要領で求められる国語力としては、「語彙を増やし、その語句を会話や書き言葉の中で活用できる力をつける」ことが明記されています。
 それは、文章を書く力です。さらに、読書はコミュニケーション力をアップさせることに直結します。小説の会話部分はその模擬体験でもあるのです。想像力も高まり、前向きに未来を見つめることにもつながります。
 右の写真は今月号の図書館便りに記したお薦めの本紹介の拡大版です。教頭先生が、話題の本『君たちはどう生きるか』を紹介してくれています。
 さて、来週はいよいよ中体連市総体です。ファイト!

2018年5月31日(木)
学年集会とプール掃除

 今朝の2学年集会(生徒会主催)の様子です。学年文化委員会など、各専門委員会から5月の取組の振り返りと6月の活動確認、意欲付けが行われていました。すべてが生徒主導で行われていることに意義深さを感じました。
 右の写真は、本校プール清掃の様子です。デッキブラシを使ってホースから水を流しながら磨いていました。中体連市総体が終了すれば水泳授業が始まります。
 小中学校の水泳領域の指導内容は「1.水慣れ・水遊び、2.初歩的な泳ぎ、3.泳法」の大きくは3段階の指導が発展してくように考慮されています。小学校では1の時間を確保して、楽しい水泳授業を行うことが大切です。中学校でももちろん準備段階において1、2を適宜取り扱うことで、3の泳法習得や技能の向上を図ることにつなげていくことが重要なのだと思います。

2018年5月30日(水)
実験や体験

 左は本日2時間目の2年生理科です。マグネシウムは燃せるのか?といった課題に実験を行っています。
 右は英語のリスニングの様子です。全員が集中して臨んでいる姿が素晴らしいと思いました。「授業で勝負!」が合言葉ですが、疑問が残ったところやさらに学び深めたいと考えたところを家庭学習でしっかりと復習することができれば、確かな学力が身につくはずです。

2018年5月30日(水)
体力テスト

 全国の小中学校で行われている体力テスト実施の様子です。本日、1年生がボール投げやシャトルランなどの計測を行っていました。今年度は、70%以上の種目で全国平均値を上回ることを目標に定めて、それぞれの種目全国値を明示し、生徒たちの意欲を大事に頑張らせています。

2018年5月29日(火)
中体連大会に向けて

 いよいよ来週の水曜日から大分市総合体育大会、いわゆる県体予選です。
 写真は、朝早くから行われていたサッカー部によりあいさつ運動です。横断幕には「あいさつの声を出して皆で県体に行こう」と記されていました。3年生のキャプテンを中心に試合に向かう気持ちを高める取組みです。

2018年5月28日(月)
空調設備

 普通教室の空調設備工事がほぼ完了です。学習教室が冷暖房設備完備となります。今週、来週とで試運転と最終運転テストを行い、通常使用という予定です。大分西中は高台に立ち校舎内は比較的涼しいとは言われますが、生徒たちにとって過ごしやすい学習環境とさらになることはとてもありがたいことです。
 右は、2年生の英語授業の黒板です。今日の流れを左側に示し、めあてをはっきりとして学習活動に臨んでいます。

2018年5月25日(金)
千紅万紫(せんこうばんし)

 1年生の学年フロアに大きく掲示されています。1年生学年生徒会スローガンです。
 この四字熟語、「千」と「万」は数が多いことのたとえ、「紅」と「紫」はさまざまな花の色(美しく咲き開く個性)のたとえです。148人がそれぞれの個性を生き生きと発揮できる学年を目指してという思いが込められています。
 「夢がきこえる大分西中学校」のスローガンは、校内のいたるところに掲示されています。生徒たちが期待や希望を抱き、喜びをもって通ってくることのできる学校を創造し続けていきたいと思います。
 本日の午後からは大分市中学校教育研究会です。北部地区(王子、碩田、上野ヶ丘、滝尾、城東、原川)の先生方が本校へお集まりになります。駐車場誘導や受付、道案内などの係活動として剣道部、野球部、生徒会執行部の生徒たちも活躍してくれます。

2018年5月24日(木)
作品

 左の写真は過去の美術科の作品です。それぞれがテーマを決めてアンケートを取り、それをポスターとして描く学習です。「朝ごはん何食べたい?」について日本食が一番人気であることを美しい作品に仕上げています。
 右は2年生技術科の栽培の学びです。昨年度はミニひまわりを育てていましたが、今年はここからどんな茎が伸びてどのような花が咲くのでしょうか。楽しみです。

2018年5月23日(水)
空き缶回収(整美委員会)

 左の写真、生徒会ボードには「体育大会では1人1人が成長し『飛躍』できたと思います。それを日常生活に生かしてほしいです。声、移動、返事など体育大会前に比べてとても良くなっています。でも、それが体育大会のときだけだったとなっては意味がありません。体育大会が成功したから終わりではなくてこれからにつなげていきましょう。」と記されています。まさに、そのとおりです。
 右は今週はじめからの取り組みが続いている『空き缶回収』です。車椅子を購入し近隣施設に贈呈という目的があります。雨の中ですが、たくさんの空き缶を抱えて生徒たちは登校していました。

2018年5月22日(火)
清掃の取り組み

 「無言で清掃に取り組むことの意義はなにか?」と問われたら、わたしは次の6つの中から答えています。
1.自分自身の気持ちを落ち着かせることができる
2.誰かのために頑張ることを実感しながら取り組める
3.人の話を素直に聴こうとする姿勢につながる
4.取り組み成果が、生徒自身にもくっきりと見える
5.教職員も共に臨み、協働し共に汗をかき、信頼関係がうまれる
6.清掃活動は誰もが平等に取り組めるものである
 大分西中の大切な文化となっています。この取り組みを生徒たちは今後ますます充実させてくれるはずです。

2018年5月22日(火)
体育大会を終えて@

 生徒たちは落ち着いた様子で授業に臨んでいます。新たな一歩、学んだことを日常生活にきっと生かしてくれることでしょう。

2018年5月22日(火)
体育大会を終えてA

 各学年掲示板には、生徒たちの活躍の軌跡が貼られて振り返りを行っています。

2018年5月22日(火)
今日の授業

 3年生英語科と2年生国語科の授業です。生徒自らが活動的・主体的に授業に臨む「学びに向かう力」をはぐくむために、様々な指導方法の工夫改善を行っています。

2018年5月19日(土)
体育大会D

 解団式のあと、全校で円陣をつくり再び「校歌」を歌いました。感動ものです。

2018年5月19日(土)
体育大会C

 大分西中伝統のフォークダンスです。お決まりの感もありますが、今年も元気よく「アンコール」の声が上がりました。生徒たちはとても楽しそうに踊っていました。

2018年5月19日(土)
体育大会B

 ラインをずっと引き続けてくれています。そして、コーンを置きポイントを作っています。このような準備を駆け足で颯爽と行っている姿がほんとうに格好良いと感動してしまうのです。

2018年5月19日(土)
体育大会A

 各係の連携が見事でした。召集、種目責任、出発、審判、記録、アナウンスと一連の流れが極めてスムーズであり、応援している方々も飽きてしまうことがないリズムです。
 

2018年5月19日(土)
体育大会@

 朝の国旗・校旗のはためきからもいかに風が強かったかが分かります。テントが飛ばないようにと、杭打ちを再度行いました。
 右は、紅白の各団長です。今日一日の互いの健闘を誓い合っていました。

2018年5月18日(金)
平成最後の体育大会

 写真は最後の朝練習の様子です。
 いよいよ明日となりました。元号を「平成」とする最後の体育大会です。
 体育的行事のねらいは、学習指導要領の中で「心身の健全な発達や健康の保持増進についての理解を深め、安全な行動や規律ある集団行動の体得、運動に親しむ態度の育成、責任感や連帯感の涵養、体力の向上などに資する活動を行うこと」と示されています。生徒主体の本校の取り組みはまさにこのねらいの達成に結びついています。
 気になるお天気ですが今朝のヤフー天気予報では、『曇り後晴れ』と記され、6時−12時の降水確率が10%、12時−18時は0%です。嬉しいことに大丈夫な感じです。もし、順延や時差開催の場合のみ6時から連絡網によりお伝えしますのでよろしくお願いします。

2018年5月17日(木)
2年生学級目標と学級旗

 3時間目の2年生授業の様子です。体育大会の学年練習が続いていますが、思考し交流しながら積極的に手を挙げ、発表する様子がありました。すばらしい!

2018年5月17日(木)
体育大会スローガン

 【飛躍】聴く気持ち、重なる声・深まる絆、3年生の学年練習から「絶対に自分の学級がナンバー1に!」との意気込みが感じられました。

2018年5月16日(水)
予行練習、騎馬戦と棒引き

 生徒たちは一生懸命に競技していました。よいリハーサルです。
 閉会式で私が生徒たちに伝えたのは次の3つです。一つ目は、グランドは舞台であり、入退場の姿、待つ時の様子、係りの動き、全部が演技である。二つ目は、必要な応援の声をもっと大きくだそう、「静と動」の美しさを示そう。三つ目は、今日はリーダー生徒や担当の先生からたくさんの指摘があると思う。「聴く気持ち」で、しっかりと受け止め自分自身のこととして最高の19日本番を迎えよう。

2018年5月16日(水)
体育大会予行練習A

1年学年団体競技と2年学年団体競技です。

2018年5月16日(水)
体育大会予行練習B

 3年生徒競走と2年生学級対抗リレーの様子です。

2018年5月16日(水)
予行練習C

開会式の準備体操と選抜による玉入れです。

2018年5月15日(火)
朝練に頑張る

 体育大会を4日後にひかえ朝練習も熱気を帯びています。学級対抗で競われる「学年団体種目」と「学級対抗リレー(全員参加)」の練習が中心ですが、限られた時間の中で生徒たちは一生懸命に取り組んでいました。
 さて、気になるのはお天気です。本日朝の予報によれば19日は「曇り時々雨」降水確率は50%と示されています。プログラムは本日、また明日には保護者さまに宛てて「雨天順延」等のお知らせをお届けします。市内ほとんどの中学校が19日体育大会を予定していますし、真剣に取り組んでいる生徒たちのためにどうにか実施できることを祈るのみです。

2018年5月14日(月)
大分市教育委員会学校訪問

 市教委の学校教育課、人権・同和教育課、学校施設課から4人の先生がお出でくださいました。この訪問の目的は各学校の教育推進上の諸問題の解決、指導内容・方法の改善に向けて、さらには教科・領域・生活指導上の具体的な問題の解決を図るために学校と教育委員会とで協議をしたり、助言をいただいたりすることにあります。
 4人の先生方からは「生徒たちに落ち着きがあり、学びに向かう雰囲気が育まれている」とのお言葉をいただきました。
 右は、1年の掲示板に貼られた「輝く文言」です。言葉は言霊です。

2018年5月11日(金)
今日も晴天

 2年生数学「多項式」の授業です。12xy×(−2y)÷6y二乗 の計算に取り組んでいました。生徒たちも先生も真剣です。
 右は、1年生学年練習、大分西中伝統のフォークダンス「オクラホマミクサー」の練習です。実行委員たちがお手本として演技しています。体育大会でフォークダンスに取り組む中学校は多くはないのですが、西中生たちは笑顔いっぱいに踊ります。このオクラホマミクサーが日本に伝えられたのは、1940年代に長崎県へ訪れた外国の方々に、日本舞踊を披露して、その返礼として踊られたアメリカのフォークダンスだと言われています。興味を示した日本側の出席者たちに手ほどきしてくださったのだそうです。私たちの小中学校時代にも学校で踊られていました。

2018年5月10日(木)
青春の1ページ

 全校練習が行われました。北側から吹き降ろす風の冷たさも生徒たちの熱気と気合の入った声で飛んでいきそうです。3・4時間目の全体練習では入場から開会式、準備体操、そして閉会式、種目別、全体団体と行われました。すべてが生徒実行委員会リーダーたちの的確な指示で進行されていました。
 振り返り時間での講評では辛島先生から、「リーダーたちが必死に頑張る様子に応えようと大きな声を出すみんなの姿に感動しました。」の言葉がありました。大分西中、青春真っ只中の今日のページもまた捲られていきます。

2018年5月9日(水)
体育大会学年練習(グラウンド)

 陽の光が射し高崎山もくっくりと望める中、グラウンドでの練習が行えています。しかし、風も吹き若干寒いです。3年生が1・2限、今は2年生の練習です。午後からは1年生の実施予定です。
 明日の朝からは学級ごとの練習が始まります。大分西中は神崎小校区からのバス通学もあり、朝練習7:55分スタートです。着替えの時間を短縮するために体操服での登校でもよいことを生徒たちには伝えています。もちろん、授業時は制服で受けますので忘れないように。そして、日照りが強く熱い日もありますので、水筒(水・お茶)を必ず持参するようにお願いします。疲れもたまる時です。ご家庭での健康管理が肝要です。

2018年5月8日(火)
楽しく分かる「授業」を!

 2020年度から小学校5〜6年生では英語が教科になり、3〜4年生でも外国語活動が必須になります。2018年度から移行期間ですのですでにスタートしている地域もあることでしょう。
 左は本日の2時間目、1年生の英語科授業の様子です。生徒たちはとても楽しく英語によるコミュニケーション活動に取り組んでいました。英語によるあいさつや歌から、英文法の基礎にも触れる中でだんだんと難しさも感じることでしょうが、なによりも楽しく学んでほしいものです。
 右は、2年生の理科です。中2の理科では「オームの法則」や「磁石と磁界」、「化学変化と質量」、「原子と分子」等々、いろいろな単元が出てきます。実験や観察などの体験を取りいれながら生徒たちが主体的に学べるように、授業の工夫をしています。

2018年5月7日(月)
学年練習と「授業」で勝負!

 体育大会へ向けて2週間の練習が始まりました。GWが終わり、生徒たちはまた新しい気持ちで頑張ろうとしています。日々、2時間ほどの練習を重ねる中で、たくさんのことを学んでいきます。ほぼ、生徒実行委員会が指示を出し、生徒たちは動いていきます。赤いジャージ色の1年生たちもリーダーの声に「はい!」という大きな声で返事をしています。
 右は、4時間目、3年生理科の実験の様子です。「力の分解と斜面の物体」の単元だと思います。斜面の物体にかかる力は、重力の分力と抗力を使って考えていくという実験なのです。地球上にある物体には、地球に引っ張られる「重力」がはたらくわけですが、そこから斜面の物体にかかる力について生徒たちは学んでいました。けっこう難しいです。

2018年5月2日(水)
体育大会結団式

 平成30年度大分西中学校体育大会は5月19日(土)に開催の予定です。2週間の集中した練習がスタートしました。
 今年のスローガン「飛躍〜聴く気持ち・重ねる声・深まる絆」が実行委員会から発表されました。リーダーを中心に毎日の練習を積み重ね、生徒たち一人一人の心に深く残る思い出多い体育大会を創り出すことができればと思います。
 紅団は1の3 1の4 1の5 2の3 2の4 3の3 3の4 団長は松野くん副団長は矢野さんです。
 白団は1の1 1の2 2の1 2の2 3の1 3の2 です。団長は立川くん副団長は川井さんです。
 実行委員長の足立くんと石井さんをはじめ、生徒会執行部の面々もよく頑張っていました。平成の時代最後の素晴らしい体育大会になりそうです。みなさん、期待してください。
☆4連休です。「連休中の学習・生活のきまり」を守り、安全安心で意義深いお休みとしてほしいと願っています。

2018年5月1日(火)
生徒大会@

 5月1日の5・6限は生徒大会でした。各学級で議案書をもとに話し合いを積んでいましたので、実り多くそしてスムーズに会議は進みました。生徒協議会と各専門委員会の活動目標を記します。
 生徒協議会・・・声×静×say(あいさつと合唱の活性化、無言清掃やノーチャイム、自ら進んで発言し実行する)
 学習委員会・・・自学自考(西中学習態度向上プロジェクト等)
 生活保体委員会・・・日進月歩(あいさつ、50通過day等)
 文化委員会・・・詩識革新(学級旗制作、校歌強化等)
 厚生委員会・・・Communication(全校給食当番、NOイエローカード)
 整美委員会・・・静→清→say(無言清掃、花の水やり等)
 素晴らしい学校にますますなります。

2018年5月1日(火)
生徒大会A

 修正議案について学級審議をしている様子です。
 右は、生徒大会が終了して、『講評』を行ってくれた生徒指導主事です。
 「声×静×sayの間の×が味噌だなあ、もし、ひとつでもゼロだったら、どうなる?そうだなぁひとつでも全く出来なかったらそれはゼロになってしまうんだ、すごいスローガンだなあ」の話は生徒の心にしっかりと届いていました。

2018年5月1日(火)
生徒大会B

 生徒協議会では、生徒会長と書記長からスローガンと活動内容の説明がありました。
 声×静×say 素晴らしい年間目標です。
 右の写真は会議を円滑に進めてくれた全校議長です。

2018年4月27日(金)
平和授業

 憲法では、次の3つの項目を基本原則として定めています。
 * 国民主権 ・・・ 主権とは国の意思を決定する権利のことです。
 * 基本的人権の尊重 ・・・ 基本的人権とは人が生まれながらにもっている権利です。
 * 平和主義
 本日の3時間目に各学年での「平和授業」が行われました。それぞれの学年に応じた資料を用いて、これからの成果を担う子どもたちは真剣な様子で先生や友だちの話を聴き、しっかりと考えていました。
 写真は2年生の平和学習の様子です。そして、2年生のブルー(学年カラー)インフィニティー(無限)のシンボル掲示は貼り場所が移動しました。

 午後からは、PTA総会、部活動PTAです。
 生徒のみなさん、保護者のみなさま、よい3連休をお過ごしください。 

2018年4月26日(木)
文化部

 本日はふたつの文化部を少しだけ訪れてみました。
 左の写真は美術部です。赤い体操服の1年生を囲んで、先輩たちが作業に取り組んでいました。校内のいろいろな場所に美術部の素晴らしい作品が展示されています。中でも、昨年度6月の市総体応援旗『はばたけ西中』の横断幕は、南側から高崎の坂を上がってくる際に、時計台ガラスを透かして見える本校のシンボル的絵画です。さらには体育大会のスローガン旗制作を行ってくれるなど、学校行事においてもたくさんの活躍をしています。個人としては高山辰雄賞をはじめ数々の入選を果たしています。
 右は、吹奏楽部です。パーカッションの練習をしている様子を撮りました。昨年度は地域の皆さまへの感謝の思いを込めて高崎夏祭りや八幡小で開催された西部地区安全安心集会などいろいろな場で演奏しました。今年度は7月の青葉台夏祭りの出演オファーをいただき計画しているところです。そして7月といえば、年間の最大目標である大分県吹奏楽コンクールです。昨年度は久しぶりの「金賞」を受賞することができました。入学式・卒業式などの式典行事、文化発表会などでも活躍してくれていますし、校区小学校児童たちの憧れの部であるという話も聞こえてきます。

2018年4月25日(水)
高崎山

 夕日をバックにして霞んで見える高崎山です。日が少しずつ暮れていく中で、サッカー部の生徒たちは片付けとグラウンド整備を行っていました。サッカー部顧問のふたりの先生方も生徒たちと一緒に活動しています。こういう様子にはなんとも言えない感動を覚えてしまう私です。
 明日もよい一日に! 

2018年4月24日(火)
学力定着状況調査

 2年生が「大分県学力定着状況調査」を受検しています。県内の中学校2年生と小学校5年生の全員が受けるものです。この調査は、子どもたちの学力や学習状況を把握分析し、個々の児童生徒の得手不得手な分野などを明らかにして、今後の学習に生かすことを目的としています。また、学校において生徒たちへの指導の充実や学習状況の改善に役立てるデータとしても活用します。さらには、大分県教委や市町村教委のこれまでの教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図るなど継続的な検証サイクルを確立するためのものでもあるのです。大分西中学校の2年生たち、鞄を丁寧に廊下へ並べて気持ちを引き締め、真剣な様子で調査に臨んでいました。国・社・数・理・英の5教科と家庭学習等の様子を把握する「質問紙調査」で取り組まれています。
 1年生の『3つの約束』、人格を形成していく上ではとても大切なことです。「時間を守る・先手あいさつ・人の話を聴く」

2018年4月23日(月)
生徒大会議案書審議

 本日の3・4時間目は、平成30年度生徒大会議案書審議が各学級で行われました。1年生は初めての取り組みですが、担任の先生方の「生徒会とは何か」の話や議案書に記されている組織図などでその意義・役割、活動をイメージして生徒協議会から各専門委員会の目標や活動内容などについて真剣に話し合っていました。
 NIEとはNewspaper in Education、学校の授業などで新聞を教材として活用することです。県内の小中学校、高等学校などで積極的に取り組まれています。生徒たちは世の中の疑問点を調べたり、文章にするために考えをまとめたり、表現方法を考えたりすることで生きる力を身につけていきます。

2018年4月20日(金)
授業で勝負

 1年生もやっと本格的に教科授業が始まりました。左の写真は社会科です。中学校ではご存知のように教科ごとに指導者がかわり、専門の先生が教えています。「授業で勝負」とは、生徒たちが学力をつける場はなんといっても授業であるということです。つまり、私たち教職員にとってもひとつの授業が勝負の場であり、大切であることは言うまでもありません。
 右の写真は、美術部が作成した「給食を残さず食べよう」の啓発ポスターです。野菜の栄養素について描かれたイラストです。ためになるし面白いし、上手に書かれた作品です。

2018年4月19日(木)
家庭訪問

 1年生、2年生は本日から5日間、家庭訪問です。よろしくお願いいたします。保護者の皆さまは子どもさんを育むことの喜びや願いとともに、子どもたちの日々の様子から、葛藤される場面もあることと思います。私たちも同じです。大切なのは、保護者と担任教員とが、「子どもにとって何がよいか話し合える」、「子どもにとってよいことを共にやっていく」、「子どもへの思いを伝え合い分かち合う」ことだと思うのです。
 写真は、2年生の掲示板に大きく掲げられたものと帰りの会の様子です。主体的に会を進めている様子からさすが2年生だと思いました。

2018年4月18日(水)
『学ぶ』

 北校舎西の階段に谷川俊太郎の『学ぶ』が掲示されています。この詩は、対句の9連構成で綴られ、「学びの根本とは何か」「人間は一生に渡ってこうして学ぶべきことがある」ということに気づかせてくれる素晴らしい作品です。
 写真には写っていませんが、4連には「わたしは学ぶ 手で学ぶ 石をつかみ 絹に触れ 水に浸し 火にかざし 愛する者の手を握りしめて」とあります。さらに6連に書かれているのは、「わたしは学ぶ あなたから学ぶ わたしとは違う 秘められた傷の痛み わたしと同じ ささやかな日々の楽しみ」です。7連では、「わたしたちは学ぶ 本からも学ぶ 言葉を超えようとする 言葉の力を」と複数対象で綴られています。4月の出発の時に、改めて考えさせられることがたくさん見つかる大切な詩なのです。
 右の写真は、1年生の靴箱です。各教科授業もいよいよ始まりました。

2018年4月17日(火)
全国学力・学習状況調査

 全国の小6児童、中3生徒が学力と学習状況の調査を受検しました。この目的は全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図ることや、学校における生徒への教育指導の充実や学習状況の改善などに役立てることにあります。
 今朝のスタート時にはOBS大分放送が取材に訪れ、西中生の真剣な様子を映して行かれました。
 右写真の3年学年掲示板に貼られた文字にも、中3生徒たちの気合いが感じられます。

2018年4月16日(月)
部活動

 土日は、どの部も大会や練習試合、練習と頑張っています。大分西中魂として、最後まで諦めずに必死に取り組む姿が感動的です。それに、どの試合においても凛とした気持ちのよいあいさつは西中の誇りです。6月の大分市中体連大会(県体予選)を目指し、チーム一丸となって頑張ります。

2018年4月13日(金)
親睦遠足

 好天に恵まれました。雲ひとつない青空のもと、まず西中グラウンドにて対面式が行われ、3年生・2年生による部活動紹介がありました。キレあじ鋭い楽しいダンスを披露する部活動もあり、瞬く間に時間が過ぎ去りました。その後に市営西部多目的グラウンドまで1年生徒を間に歩きました。生徒会企画による全校レクリエーション、学年レクが行われ、1年生はもちろんのこと全校生徒が楽しい時を過ごしました。とても良い雰囲気がただよっている大分西中学校の今です。

2018年4月13日(金)
部活動紹介1

 吹奏楽部と美術部です。

 今年度は女子部活動のパフォーマンスが目立ちましたが、男子部活動の言葉による凜とした紹介もよい雰囲気でした。

2018年4月13日(金)
部活動紹介2

 女子ソフトテニス部と女子バレーボール部です。

2018年4月13日(金)
部活動紹介3と対面式(高崎山をバックに)

女子バスケット部、顧問の先生も大活躍です。

2018年4月12日(木)
教科書などの配付

 1年生は校舎巡りや教科書等配付が行われていました。分厚くてたくさんの冊数の教科書に名前を書き込みながら、中学生になった実感をさらにかみしめているかのようです。

2018年4月12日(木)
春季休業明けテスト

 2年生・3年生は課題・実力テストでした。休業中の課題などを中心範囲にしての考査が行われました。どの生徒も真剣な様子で臨んでいました。今年度からテスト時は鞄等の荷物を整理して廊下に並べることを徹底しています。高校入試と同じ形式です。このことにより、気持ちも引き締まり休み時間の過ごし方も効率的になっています。

2018年4月12日(木)
校区小学校入学式

 大分西中校区の4つの小学校入学式に教頭先生らと分担をして出席してきました。私は西の台小学校に伺いましたが131人の可愛らしい1年生がまさにピカピカの姿で式に臨んでいました。在校生代表で迎える6学年児童の姿勢が素晴らしく、さすが最高学年の様子でした。児童会のリーダーたちが学校生活一日の流れを寸劇で伝えてくれました。

2018年4月11日(水)
アンリミテッド♪

 148人の1年生が入学しました。
 3年生徒会長からは歓迎の言葉として、「夢がきこえる学校を一緒に創りましょう」との言葉がけがありました。先輩としての自信と温かさに満ちた素晴らしいあいさつでした。
 在校生全員からは新入生を迎える歌としてアンリミテッドの合唱があり、美しいハーモニーが式場に響き渡りました。校歌斉唱も声高らかで、1年生を迎える思いにあふれていました。
 新入生代表の誓いの言葉では、「私たちは大分西中学校で学ぶ3年間に期待と夢を抱いています。」という力強い宣言がありました。
 全校生徒437人が揃いました。

2018年4月10日(火)
明日は入学式

 32年目を迎えた大分西中は、明日32回目の入学式を挙行し148人の新入生を迎えます。
 3年生、2年生は新1年生を迎える歌練習をしていました。伝統である美しく響き渡る合唱が明日はきっと1年生の心に感動を生むことでしょう。
 右は、生徒会ホワイトボードです。「先輩として、合唱だけでなく、姿勢や礼などの態度もしっかりして、新しい1年生を迎えましょう。」と書かれてありました。

2018年4月9日(月)
平成30年度1学期始業式

 今年度も「夢がきこえる大分西中」を学校スローガンとして生徒たち、保護者の皆様、教職員、地域の方々と一丸となって目指していきたいと思います。夢がきこえるとは、437人の生徒一人一人がその希望や期待、夢をそれぞれの胸に抱けるということです。式辞では、そのために共に努力していきたいことについて話しました。
 まずは、新しいメンバーで構成された学級・担任の先生との出会いを大事にしてほしいと願います。3時間目には各学級ごとにクラス写真を撮影しました。

2018年4月7日(土)
明後日いよいよスタート

 4月9日(月)始業式と11日(水)入学式に備えて、担当の先生たちは週休日を返上して「教科書・教材」の学級ごと人数分の仕分け作業を行っています。部活動に来ている生徒たちも何人か手伝ってくれていました。
 平成30年度の幕開けはいよいよ2日後です。「ふれあい広場」の花々も大分西中生の登校を心待ちしています。

2018年4月7日(土)
教科書など仕分け作業
 たくさんの教科書や地図帳なども生徒たちの手に渡るのを待っているかのように輝いていました。
2018年3月30日(金)
皆様、ありがとうございました。

 昨年よりも少し早く正門の桜が満開となりました。今日をもって私ども11名は大分西中を去ります。『夢がきこえる 大分西中学校』のスローガンの下、本校での教育活動に力を尽くしたつもりではございますが、保護者や地域の皆様のご期待に応えることができたでしょうか?新勤務地でも西中で学んだことを必ず生かしていきます。
 短い者で1年、長い者で6年間の勤務でした。大変お世話になりました。そしてありがとうございました。西中関係の皆様の今後のご発展、ご活躍をお祈りいたします。
(転・退任者代表 教頭 吉田)

2018年3月29日(木)
異動される先生方@

 平成29年度末の定期人事異動により、大分西中学校から11名の先生方が転出になられます。
 
 吉田教頭先生は大分市立明野東小学校へ校長先生として御異動になります。
 村田先生はご自身のご希望により、一旦ご退職になります。「青空を呼び込む力 土の春」感動的なお話でした。
 本日の離任式には参加いただけませんでしたが、本幡 景先生は杵築市立北杵築小学校へ御異動になります。
 『一期一会』、この出会いに感謝し先生方の今後のご多幸を、生徒たちとともにお祈りしております。
 保護者の皆様、地域の方々、本当にありがとうございました。
 

2018年3月29日(木)
異動される先生方A

 阿南 隆先生は大分市立竹中中学校へ教頭先生として御異動になります。
 安部正道先生は大分市立稙田東中学校へ御異動です。

2018年3月29日(木)
異動される先生方B

 片岡雅子先生は大分市立稙田東中学校へ御異動です。
 戸上 忠先生は大分市立稙田南中学校へ御異動です。

2018年3月29日(木)
異動される先生方C

 宮崎裕子先生は大分市立原川中学校へ御異動です。
 本田佳代先生は別府市立北部中学校へ御異動です。

2018年3月29日(木)
異動される先生方D

 後藤大介先生は大分市立賀来小中学校へご異動です。
 日隈康仁先生は日出町立日出中学校へご異動です。
 

2018年3月29日(木)
生徒代表お別れの言葉と花束贈呈

生徒代表は、2年生の中川さんです。
花束贈呈の生徒会執行部の生徒たち、涙が溢れています。

2018年3月29日(木)
離任式(学年ごとの場面)

*ご退場の様子と、卒業生(3年生)です。

2018年3月29日(木)
離任式(学年ごとの場面)

*2年生と1年生です。

2018年3月26日(月)
29年度修了証書授与式

 本日、平成29年度修了証書授与式を執り行い、校長が各学年代表生徒に修了証書を授与しました。
 校長式辞の中で、「私はこの1年間皆さんを見ていて、2年生はもちろん、1年生も集団として大きく成長したととらえています。みなさん一人一人が、それぞれの輝きを放っていることがその証です。」という言葉に、校長を見つめながら素直に嬉しそうにうなづく生徒の姿がありました。
 さあ、春休みです。進級に備え充実した日々をご家族とともに過ごし、明るく元気に過ごして下さい。(教頭)

2018年3月23日(金)
小学校卒業証書授与式

 本日は市内の小学校で卒業式が挙行されました。私は校区小学校のひとつである大分市立八幡小学校へ来賓として参列させていただきました。卒業テーマ『絆』を胸に、23人の児童たちの学び舎を巣立つさびしさや未来への期待、そして自分をはぐくんでくれた全ての方々への感謝の思いがほのぼのと伝わってくる素敵な卒業式でした。
 大分西中では学年末の大掃除を行いました。机と椅子を搬出し、教室内の床にはワックスを塗り込みました。いよいよ平成29年度は月曜日の修了式日を残すのみとなりました。

2018年3月22日(木)
翼よりも 光よりも 心は速いよ

 新生徒会役員の薬師寺さんと佐藤さんから、西中新入生へメッセージがあります。
 『入学式では私たち在校生がみなさん(新1年生)に向けて、全員合唱【 Un Limited 】を披露します。この合唱を聴いた新入生に「西中の合唱はすごいなぁ!」とか、「西中に来てよかったね!」などと思ってもらえるように、今クラスごとに毎日頑張って練習しています。期待していてくださいね。』
 ・・・・・歌詞は「心は光よりも速い」のだと切り出します。スケールの大きな音楽世界のもと、未来の扉の前に立つ誇らしさと、内省的な感情の二つを抱えて歩き出す若者の姿をしなやかに歌い上げます。中学1年用の音楽教科書にも掲載されており、歌手の稲垣潤一さんが歌うスペシャルCDも発売されているようです。(教頭)

2018年3月20日(火)
本物の伝説に

 「大分西中学校の本格的な『無言清掃』は、平成30年頃に始まった」と、未来に語られる素地ができつつあります。
 1年生も2年生も見事な掃除の様子です。そして、左の写真の一番右側に写っているのは率先垂範の姿の先生です。学校中の床はピカピカになっています。なにより嬉しいのは、清掃時間を生徒も先生も苦にしていない雰囲気が感じられることです。
*『本物』とは、見せかけではなく実質を備えていること。本格的であること
*『伝説』とは、事実として人々が言い伝えるお話

2018年3月19日(月)
最良の修了式の姿を目指して

 左の写真は2階の階段横に掲示している1年生の目標達成表です。各クラスが取り組む具体的な内容の到達目標にとどいた時に文字が色塗られていくのだと思われます。高いレベルを設定し、1年最終日(修了証書授与式)を目指して全員でがんばっています。
 右は、引き続き2年生の自画像です。すべての生徒の作品が生き生きとしています。

2018年3月16日(金)
西中新入生の皆さんへ

 春を捜しにカメラ片手に校舎を歩いていると、廊下の端におニューのサッカーボールとたくさんの教材を発見しました。西中に入学予定の6年生諸君。もうすぐ小学校卒業ですね。
 上級生はもちろん、校舎も、サッカーボールも、みんな皆さんの入学を楽しみに待っています。(教頭)

2018年3月14日(水)
桜ももうすぐ

 5時間目には、1・2年生合同で来月11日の平成30年度入学式で披露する「新入生を迎える歌」の練習を行っていました。2年生が、全体整列から音取りそして歌唱指導など主体的に取り組んでいます。
 右の絵は、シリーズ的に本HPにて紹介している2年生の美術科授業で創作した「自画像」です。

2018年3月13日(火)
バンダナ着用

 本日の給食準備、食器や食缶などを運んでいる様子です。大分市内全ての中学校が同じ取り組みですが、当番の生徒は全員がバンダナを着用しています。給食時間は準備と片付けを含めて30分間です。4時間目が終了すると当番は颯爽とバンダナを身につけ手洗いをすませて配膳室へ向かいます。準備時間は10分が目処です。食べる時間を少しでも長く確保するためには学級全員で協力しなければなりません。『食べることは生きること』、給食時間は様々なことが学べる時です。
 右の写真は正門横の生徒会ボードです。修了式までの登校日数を書いています。いよいよ学年の締めくくりを迎えます。

2018年3月12日(月)
学年末PTA(1年・2年)

 各学級懇談会において1年間を振り返り、子どもたちの成長を確認しました。PTA資料の学年主任あいさつ文には、「これからも1年生の明るさ素直さはそのままに、大分西中学校の中堅学年として新1年生の模範となり、新3年生をしっかりと支えて行動できる2年生へと導いていきたいと思います(1学年主任)」、「2年生の3学期は『3年生0学期』と呼ばれます。3年生に向けての基礎づくりの学期も残り2週間です。一人一人が大分西中学校の代表者としての自覚をもち成長を続けるように、保護者の方々とさらに連携を図っていきたいと考えています(2学年主任)」と綴られています。
 そして、右の人文字の写真は先月26日の建設現場見学会においてドローン撮影を行った2年生の様子です。生徒たちの講義を聞く姿や測量など実習に取り組む真摯さなどたくさんのお褒めの言葉をいただきました。

2018年3月9日(金)
県立高校入試発表

 合格をした諸君、おめでとうございます。自分ひとりで勝ち取った栄誉ではないことを自覚し、ご家族など周りへの感謝の思いを素直に表し、これからまた頑張っていきましょうね。
 さて、よい結果ではなかった諸君へ 地面の下には春に芽を吹くのに備えて寒さにじっと耐えている植物の根があります。思い通りにならない時期があった分だけ一気にその命を輝かせます。あなただけの美しい花を咲かせる時がいつか必ずやってきます。落ち込んでいる中で心を奮い立たせるのは大変だけれど、少しの時が経過したなら、また立ち上がって前を向き進みましょう。失敗とは転ぶことそのものではなく、そのまま起き上がらないでいることなのです。あなたの人生の時間は始まったばかり、まだまだたっぷりとあります。そう、だいじょうぶです。
 大分西中の校舎は31年間もこの地にあります。由布鶴見、高崎の峰々に向かい、これからもあなたの活躍と充実した楽しい日々を祈っています。

2018年3月8日(木)
空っぽの靴箱

 ひとつの学年がいないだけで校舎内の雰囲気は大きく変わるものです。特に、今日のように強い雨が降って気温も上がらない時は寂しささえ感じてしまいます。来月11日には150人ほどの1年生が入学してきて、また3つの学年揃って新しいスタートです。
 さあ、いよいよ明日の午前9時、大分県立高等学校第一次入学試験合格発表です。
 右の写真は昨日に引き続き2年生作の自画像です。今にも動き出しそうです。

2018年3月7日(水)
情報モラルを学ぶ

 午後から、情報モラル等についての講演会がありました。通信大手から講師の方がお見えになり、SNSやコミュニケーションツール等の便利さと怖ろしさについて話してくださいました。生徒たちに質問し答えさせながら講演が進んでいき、誰ひとり飽きることなく大切なことを学ぶ機会となりました。
 右の写真は2年生美術科授業で描いた「自画像」です。生徒たちの力作が教室前廊下に展示されています。すべてが素晴らしい作品です。

2018年3月6日(火)
高校一次入試と2年実力考査、そして無言清掃

 県立高等学校一次入学試験でした。9:30スタートの理科から最後の数学科まで5教科試験に臨みました。本校から受験した生徒たちの欠席・遅刻はなく、無事に終了することができました。合否発表は9日(金)です。全力を尽くしたのですから、天命を待つしかありませんね。
 そして、2年生は本日、60点×5教科=300点満点の実力考査でした。1年後を見通してこれから計画的にメキメキと実力をつけていってくれることでしょう。
 写真は今日の清掃時間の様子です。校長室・職員室前の廊下は2年生が取り組んでいます。心を磨き、きれいにする掃除、そのポイントは役割をはっきりとし集中して黙って行うことです。一日の終わりに、掃除に取り組みながら自分の心を見つめ直す時間とすることもできます。

2018年3月5日(月)
さあ前日です!

 県立高等学校入試を明日に控え、最終確認の集会が開かれました。先週の金曜日に感動の卒業式を終えた生徒たちには、ぜひ気を引き締めて本番に臨んで欲しいと願っています。そのことをふまえ、細かな留意事項を先生たちから説明しました。
 さて、本日は大雨後の高温で、校舎内の結露がすさまじい状態です。生徒たちが転ばないようにと注意喚起を何度も行っています。明日の天気予報は晴れ後くもり、受験に向かう卒業生たち全員が落ち着いて実力発揮できますようにと祈ります。

2018年3月2日(金)
在校生らに送られて

 在校生全員が見送る中、卒業生は保護者の皆さまと一緒に正門から出ていきました。素晴らしい門出です。
 ♪手と手をつなぎ その手をかざそう 人生という中の迷路の果てに 信じあえることの喜びと悲しみを知った分 優しくなれる ♪

2018年3月2日(金)
第31回卒業証書授与式

 31回生の厳粛清新且つ感謝の思いでいっぱいの卒業式でした。卒業生・在校生の式に臨む姿勢、送辞・答辞のことば、そして卒業生を送る歌、フィナーレは卒業の歌、すべてが感動でした。
 ほとんどの生徒たちが涙を流し、♪あなたへ〜旅立ちに寄せるメッセージ〜を歌っていました。

2018年3月1日(木)
明日は9:30

 平成29年度第31回卒業証書授与式は、明日3月2日(金)午前9時30分の卒業生入場から始まります。
 義務教育9年間を修了する卒業生にとって、さらに在校生にとっても厳粛・清新で感動的な式に必ずなります。
 続けて、前日準備や同窓会入会式の写真を載せています。ご覧ください。

2018年3月1日(木)
吹奏楽部

 大分西中が誇る「吹奏楽部」が明日に向けての練習をしていました。
 そして、体育館へ向かう廊下の窓枠には、写真の言葉が貼られています。

2018年3月1日(木)
卒業式前日準備(2年生の活躍)

 放課後、最終的にプラカード係りの仕事など丁寧に練習している様子です。
 右の女子生徒たちは、卒業生用のひとつひとつの椅子に実際に座ってみて、違和感のある椅子を交換する作業をしています。
 このような姿勢からも卒業生を送る思いと、これからは自分たちが学校のリーダーであるという自覚が感じられます。

2018年3月1日(木)
校歌伴奏と最後の給食

 式や全校朝会、学校行事等などずっと校歌の伴奏をしてくれていた3年生男子の勇姿です。
 そして、右は本日の給食です。「最後の給食」となる3年生徒も多くいるのだと思います。
 

2018年3月1日(木)
同窓会入会式

第31回生の大分西中学校同窓会入会式が行われました。お忙しい中、同窓会長が来校くださり、あたたかいお言葉かけをいただきました。

2018年2月28日(水)
卒業式総合練習

 本校では、3月2日(金)に第31回卒業証書授与式を挙行します。本日は全学年揃って総合練習を行いました。卒業生は「ハイッ」と大きな声を出し、ステージ上で一人ずつ卒業証書を受け取ります。
 3年生保護者の皆様、当日は成長したお子さんの姿をぜひご覧になってください。式は9時30分から約90分間の実施予定です。(教頭)

2018年2月27日(火)
3年生を送る会

 第31回卒業証書授与式に向けての準備が着々と続けられています。3月2日(金)を目指し、3年生はもちろんのこと、歴史と伝統を受け継いでいく在校生の気持ちも高まってきました。
 「3年生を送る会」が行われました。卒業生が1年生だった時からの様子をスライドで振り返ったり、手作りした記念品プレゼントの交換をしたりして、和やかな雰囲気に包まれました。

2018年2月26日(月)
建設業現場見学会(2年生)

 建設業は技能労働者の高齢化や若年入職者の減少という構造的な問題があり、建設工事の担い手不足が深刻な問題となっています。そのため、将来の建設業を担う子どもたちに ものづくり の魅力を伝え、関心を高めてもらえるように、県や市を挙げて周知・PR活動を行っています。さて、そのような背景の下、ポカポカ陽気の本日、本校2年生が標記の会に参加しました。
 体育館での座学と、駄原総合運動公園での実地見学、及び測量やドローン体験を組み込み、指導者等がなんと約60名に及ぶ大がかりな会でした。生徒たちには大変多くの学びかあったことでしょう。
 この活動の模様は【J:COMチャンネル大分】の、『地域情報満載 デイリーニュース』にて、下記の時間帯で放送予定です。
 初回放送 2月28日(水)17:30〜18:00
 再放送 同日 21:30〜22:00  翌日 10:00〜10:30 12:00〜12:30
 ※上記時間に見逃した方は、翌(金)〜(月)に放送予定の、『ニュース総集編』をご覧ください。(教頭)

2018年2月23日(金)
簡易給食

 校区の八幡小学校の「学力向上会議」に出席してきました。阿部校長先生を中心にして新大分スタンダード型の授業形態がとられて落ち着いた児童の様子がありました。2年生の音楽科の授業では手をたたいてリズムを刻み、全員が声高らかに歌っていました。5年生算数科授業では、丁寧に黒板に書かれた内容から誰もが分かる・できることを重視した学習過程が組まれていると感心しました。なにより明るく元気な子どもたちの様子が可愛らしかったです。
 さて、本日の給食は西部共同調理場の都合により急遽、簡易給食になりました。写真のような説明用ペーパーを作成し、生徒たちが戸惑わないように留意しました。そのことについて、「本日の給食の様子」としてOBSイブニングニュースの取材が入りました。本日夕刻6時15分から放映されるとのことです。

2018年2月23日(金)
八幡小学校2年生・5年生

八幡小学校の「学力向上会議」授業参観の様子です。

2018年2月22日(木)
感謝

 本日の午後、3年生が『愛校作業』を実施しました。3年間お世話になった校舎に感謝の気持を持って清掃作業を行いました。いつもきれいな校舎ですが、ますます磨きがかかり一層きれいになりました。3年生のみなさん、ありがとうございました。
 さて、右の写真は何だか分かりますか?体育館の切れた照明灯の取換作業です。専門業者の方が高所までやぐらを組み、一玉ずつ丁寧に取り換えました。おかげで明るい体育館になりました。
 みんなで整えた素晴らしい会場で、来週厳粛な卒業式が実施できます。これからも家族や地域を含め、自分に関わる多くのものや支えてくれる人々に感謝の気持ちを持ち、それを素直に伝えることができる西中生であってほしいです。(教頭)

2018年2月22日(木)
学年末考査

 1年生、2年生は本日と明日が学年末考査(今年度最後の定期試験)です。私が学生の頃、なかなか計画的に学習が進んでいかない時にはいわゆる『山を張る』ことがありました。「山」とは鉱山のことです。つまり、金や銀などの鉱脈がありそうな山を予想して採掘資金をつぎ込みます。そのようなあまり確実性のないことに懸けることを『山を張る』と言ったわけです。試験で言えば、出題される問題を予想しそこにだけ集中して一夜漬けするというやり方です。
 今朝、担任の先生たちに「生徒に伝えてほしい」と話したのは「試験準備が思うように進んでいない人は、ヤマをはるのではなくマトをしぼりなさい」ということです。授業に真剣に臨んできたのであれば全ての教科において「必ず出題される内容」は見えてくるはずです。それが的です。
 午後からは、3年生が愛校作業として学校内の美化活動を行ってくれます。その様子も本HPにてお知らせします。

2018年2月21日(水)
ラスト7食

卒業式まであと9日です。そして3年生の給食はあと7回となりました。中学を卒業すれば、もう給食を食べるチャンスがない人がほとんどではないでしょうか。そんなちょっと寂しい思いをしている生徒がいるかな?と思い、3年生の教室をちょっとのぞいてみました。
迎えてくれたのは、元気のよい食べっぷりの生徒と空の食缶でした。頼もしい3年生です。(教頭)



2018年2月20日(火)
学力向上会議

 校区の3小学校(西の台・八幡・神崎)の校長先生、本校の学校評議員さん、PTAの副会長さんたちをお迎えして年度末の学力向上会議を行いました。会議の前に授業参観を行なっていただきましたが、その感想としては「1年生も落ち着きがあり、すっかり中学生になっている。」「疑問や驚きから、なぜを考えさせる授業は効果的である。」「英語では会話も英語を使っていてよい。」等々のお褒めの言葉をいただきました。また、全般的な生徒の様子として、「学習規律が徹底している。」「身だしなみが整っており教室内の鞄などの整理整頓もよい。」「発言も活発な生徒が多い。」等々の感想を賜りました。「通学途中でのあいさつの声が小学校時代と比較すると小さくなっている。」などの課題もいただき、たいへん有意義な会となりました。
 廊下に置かれた花瓶の花やトイレのスリッパの整頓の様子までご指摘いただき、学校力がパワーアップしていると評価くださいました。

2018年2月19日(月)
平成29年度「大分市よい子の表彰」@

 大分西中学校3年生女子生徒2名です。
 2人で下校している途中、歩道上で雨に濡れてびちょびちょになっているカードケースを発見しました。持ち主が困っているのではないかと考えてカードに書かれてあった名前を手がかりに、雨の中、2人で協力して付近の家を探し回ったとのことです。やっと同じ名字の家を見つけ呼び鈴を押して、その家の方に尋ねたところ、落し物の持ち主に間違いないことが確認できたのでお渡しすることができました。
 自分たちの行為が、こうやって表彰されるとはもちろん考えているはずもなく、2人の素直で真っ直ぐな笑顔を見ていると、誰に対しても向けられる温かな心が感じられて感動してしまいます。

2018年2月19日(月)
平成29年度「大分市よい子の表彰」A

 大分西中学校1年生の男子生徒です。
 高崎のバス停付近でバスに乗り遅れて泣いている小学生に遭遇し、その子がとても不安そうだったので、「心配しなくていいよ」と優しく声を掛けて落ち着かせるとともに、異変に気付き駆けつけた近隣の住民に状況を説明し、児童の家族への連絡を依頼しました。その後、その子の家族の方が迎えにきたため無事に引き渡すことができたとのことです。
 そして、本日も同じく表彰を受けた「坂ノ市小学校」子ども会の幼い子たちのお世話をずっとしてくれていたとのこと、本当に優しさでいっぱいの心の持ち主です。

2018年2月16日(金)
脚下照顧

 5・6時間目に3年生が学年レクレーションとしてクラスマッチを行い、歓声に沸いていました。外でプレイをしていた男子も6限終わりには体育館に入り閉会式に臨みました。左の写真は体育館前に並べられた「運動靴」です。靴を揃えるという行為は脱いだ時にくるりと振り返り腰をかがめ、手を使って靴もまたくるりと回し揃えることです。同時に自分の心も整え、新しい気持ちになって別の空間に入ること、そういう意味を表すのが「脚下照顧」という言葉です。忙しい日々であるからこそ、ふと立ち止まって今の自分の姿を顧みることが大切なのだと思いますし、卒業を前にした3年生が当たり前にその姿を見せてくれることが本当に嬉しかったのです。
 右の写真は昨日の新役員選挙で当選した生徒たちです。「あいさつの声、活気あふれる大分西中を皆で創っていきたい」と新会長をはじめ各役員からの決意表明がありました。「まずは自分自身が朗らかで活気にあふれる人であること」という私の言葉に、「はい!」と8人全員が凛とした声で返してくれました。

2018年2月15日(木)
立会演説会

 本日、生徒会役員選挙立候補者による立会演説会が行われました。
 候補者と応援演説者はもちろんですが、公約を聴く学年生徒集団の『凜と』背筋が伸びた姿に、互いの真剣度が伝わりあう会となりました。
 寒い体育館でしたが、候補者が描く未来の西中への『多くの夢』がきこえてきました。(教頭)

2018年2月14日(水)
進路PTA(2年生)

 昨日は2年生の進路PTAを開催しました。生徒たち156人と保護者様が席を隣りにして、高等学校の教頭先生から各学校での学習や生活などのお話をいただいたり、本校担当者からこれからの学習の進め方について説明したりしました。1年後の今に向かって気持ちを引き締める良い時間になったと思っています。
 右の写真は、1年技術・家庭科(技術分野)の本日1時間目、互見(互いに教員が授業を見合う)授業時の様子です。全ての生徒が集中していました。中学校時代の学習の中心はやはり毎日の授業です。

2018年2月13日(火)
寒さに負けず!

 新しい週が始まりました。昨日12日の祝日振替日には第50回大分市中学校吹奏楽部定期演奏会がグランシアタを会場に行われました。この演奏会では市内の吹奏楽部生徒たちの交流や親睦を深めるためにペアを組み、合同で演奏を行っています。今年度、本校は稙田西中、稙田中との3校総勢78人の生徒たちが合同で、伸びやかで元気な演奏を披露し拍手喝さいを浴びていました。
 写真は、今朝の校門付近の様子です。左は毎朝7時30分程から必ずあいさつ坂に立ち、ニコニコと挨拶を続けてくれている3年生男子の面々です。右は、15日に行われる生徒会役員選挙立候補者たちが選挙活動をしている様子です。2年生を中心とした生徒会活動が活気に満ちてスタートしています。

2018年2月9日(金)
指導主事招聘 校内道徳授業研修

  本日、大分市教育委員会より衛藤指導主事をお招きし、3年生の研究授業をもとに、校内授業研究会を開きました。
  授業後、『生徒にとってわかりやすく学びやすい授業』『自分の考え方や感じ方を持ち、それを皆の前に示しお互いを受容していく授業』『多面的で多角的な志向を促す発問』等の視点で、全職員でグループ別協議を進めました。
  多くの意見が出て、実り多き研修となりました。(教頭)


2018年2月8日(木)
平成30年度入学説明会

 校区の4つの小学校、そして隣接校選択制等により入学制してくる合計150人ほどの児童と保護者の皆さまが西中を訪れてくれました。最初に校舎施設見学と授業参観の時間を設け、中学校での学習の様子を見てもらいました。元気いっぱいに英語の発音をする様子や真剣な眼差しで問題に取り組む姿から、学校生活の雰囲気を感じてもらいました。ちょうど3年生が卒業に向けての学年合唱の練習をしている時で女子生徒の澄んだ歌声が校舎中に響いていました。
 そして、体育館での「学校紹介」を行ってくれたのは1年生副会長です。言葉がはっきりとしており加えてロジカルな話し方でしたのでとても分かりやすく、最後には大きな拍手をいただきました。
 あと2ヶ月で中学生、「夢がきこえる大分西中」がみなさんを待っています。

2018年2月7日(水)
木工作品と卒業テスト

 多くの人は、中学校時代の技術科授業で木工作品を制作したことがあるのではないでしょうか。1年生は今、本箱を作っています。体操服に着替え、設計図に基づき細かい線を引き、丁寧な作業をしている様子が微笑ましいです。このような技能はまさしく生きる力です。
 3年生は、卒業テストという名の最後の定期テストです。廊下には整頓した鞄が並べられ、黒板には「入試本番だと思って取り組もう」と記されていました。卒業式まではすでに一ヶ月を切っています。

2018年2月6日(火)
通ってきたい学校

 大分西中学校の学校生活では、人権、仲間づくりを重視し、生徒たちが喜びをもって登校し明日への希望を抱いて帰っていける学校であることを目標として掲げています。生徒たちにとって「通ってきたい学校」であり続けること、それがなにより大切です。
 校門付近で「さようなら」の声を交わしながら彼らの無垢な姿を見守り、その意を強くしました。

2018年2月5日(月)
新しい週

 左の写真は、1年部の掲示板に貼ってありました。今年は「戌年」ですから、懸命のケンに「犬」を掛けたものです。なんだかやる気が湧いてきます。
 そもそも「一所懸命」とは「ひとつの場所でひたむきに働き、その場所を生活の頼みにすること。」から生まれた言葉です。これが転じ「命がけで物事をすること。また、その頑張る様子。」を意味する言葉となったわけです。さらには、言葉のもつ意味合いから「一生懸命」という言葉も使われるようになったと言われています。
 右の写真は、毎週月曜日に書き換えられている正門前の生徒会広報ボードです。これもまた意欲が湧き上がってきます。

2018年2月2日(金)
活発な活動がある授業

 私立高校一般入試が終了し、1,2年生含めて校内全体が一山超えた雰囲気が漂っています。3年生、そして保護者の皆さま、お疲れ様でした。でもまだ、次のスッテップが待ってます。息が抜けませんね。
 さて、1,2年生は、通常の授業の中で、力をしっかり蓄えているところです。級友とともに、自ら新たな発見を繰り返しつつ、楽しく取組みます。
 左は1年生理科の水圧実験 
 右は1年生社会の歴史カルタ   (教頭)

2018年2月1日(木)
1年後

 今朝は雪が心配されましたが登校時間には降り止み、西中への登校、そして私立高等学校入学試験も時間通りに行われ、受験を予定していた3年生は全員、遅刻もなく会場へ入ることができました。
 来週は、県立高等学校の推薦入試です。面接や小論文など試験内容ですが、必ず頑張ってくれることでしょう。
 さて、写真は本日6時間目の2年生の様子です。しっかりと授業を受ける様子がありました。それぞれの学級目標を目指して2月・3月もきっと生き生きと頑張ってくれるはず。1年後の今日は、必ずやってきます。

2018年1月31日(水)
明日は私立高入試

 1月が終わります。そして、明日は県内私立高等学校の入学試験です。左の写真は5時間目に前日確認をしている様子です。3年生には積み重ねてきた実力をしっかりと発揮して欲しいと願います。
 大分地方気象台発表の天気予報によると、午前中の降水率は80%でしかも雪になる可能性が強いとのことです。大分西中は高台に位置し、また、3年生は受験日であることから、明日の登下校などについての留意点を記し、保護者さま宛のお手紙として生徒に渡しています。ご確認ください。

2018年1月30日(火)
赤いジャージの3年生

 気温が上がらない日が続いていますが、本日の保健体育科授業でも先生たちの指導のもとで西中生は元気いっぱいに運動していました。
 子どもたちの体力向上は学校教育の大きな目標です。なぜなら、体力は人間の活動の源であり、健康の維持のほか意欲や気力といった精神面の充実にも大きくかかわっており、生きる力を支える重要な要素になるからです。
 生徒たちには授業で取り組む運動のもつ魅力や特性を満喫し、自らの生涯体育につなげてほしいと思っています。

2018年1月29日(月)
あいさつ

 あいさつの「挨」は押す、「拶」は迫るという意味で、「一挨一拶」(いちあいいっさつ)という禅語から生まれています。ひとつ押しひとつ迫る、つまり、心を開いて接するということです。社会においても重要な「挨拶」について、生徒たちは、家庭生活のみならず、登下校中や学校生活の中でも学んでいます。
 写真は、生徒昇降口に貼られた、過去に美術部が描いた「あいさつでおもいやりと感謝を」のパネルです。一方的な押し付けあいさつでは、心は伝わらないということも描かれています。

2018年1月26日(金)
職場体験H

 半分程の事業所しか回ることができませんでしたが、どの場所においても生徒たちは生き生きと目的をもって活動していました。職業観や勤労観を身につける上でも本当に価値のある時間となりました。
 お世話になった皆さま、心からありがとうございました。

2018年1月26日(金)
職場体験G

 園長先生が、昨日の帰りに生徒たちへ感想を聞くと、「とても子どもたちが可愛らしいです、とニコッと微笑んでくれました。」と言ってくださいました。

2018年1月26日(金)
職場体験F

 右側の写真は、南春日保育所さまです。幼児に囲まれて優しい笑顔で接していました。

2018年1月26日(金)
職場体験E

 ナフコ西大分店さまです。展示用の家具つくりを懸命に行っていました。

2018年1月25日(木)
職場体験D

 春日フードスタジアムさまです。商品の整理を丁寧に行っていました。指先の清潔にも気を配っています。

2018年1月25日(木)
職場体験C

 山渓 さまです。防寒服の整理などを行っていました。よい顔で働いています。

2018年1月25日(木)
職場体験B

 左は、フローリストうめづ さまです。お花に囲まれて生徒たちの顔が輝いています。
 右は、グリーンコープ さまです。期限の調査確認を担当しています。ひとつひとつを丁寧に点検していました。 

2018年1月25日(木)
職場体験A

 晴天になりました。しかし、気温は3℃から上がりません。そんな中ですが、28事業所の皆さまのあたたかいご指導の中、2年生はしっかりと職場体験に臨んでいます。
 左は、2月14日 さまです。
 右は、わたなべ動物病院 さまです。
 事業所の皆さまへのお礼を兼ねて私が訪れた時、生徒たちのあいさつの声がとても元気で大きく、嬉しい気持ちになりました。
 午後からも2、3の事業所を訪れてみます。

2018年1月25日(木)
職場体験@

左は、豊の国健康ランド さまでの活動です。
右は、西部公民館 さまで、館長さんから公民館の業務などについてお話をいただいています。

2018年1月24日(水)
高い志

 今朝の校舎風景です。右の写真は、正門横の掲示板に1年生徒会役員が丁寧に記した「今週のことば」です。
 生徒会活動が盛んな学校は、知・徳・体の3つがバランスよく伸びていきます。生徒たち自身が高い志を抱き、その達成を目指して仲間と心をつなげ互いに成長していける学校でありたいと考えています。
 さあ、明日から2年生は職場体験学習です。厳しい寒さが予報されていますが、「職業観」「勤労観」を体感する意義深い時にきっとなると思います。

2018年1月23日(火)
冬青空わが魂を吸ふごとし(相馬遷子)

 大分市一斉に1年生の学力調査が行われました。
 1校時に理科、2校時に国語、そして3英語、4社会、午後から5校時は数学です。(これは、大分県内の高等学校入試の科目順と同じです。)中1生は、小学校でも全国や大分県版などの対外的学力調査を受けていますが、中学校では初めての受験です。2学期までの授業内容を範囲として各教科の問題にそれぞれ45分間集中して取り組んでいました。インフルエンザで受験できなかった生徒が何人かいたことは残念なのですが、感染症として、たとえ熱が下がっていても出停期間が学校保健安全法施行規則によって定まっていることから致し方ありません。
 結果については、後日、考察や家庭学習の対策などが記された個人票が配布されますので、今後の取り組みに生かしていきましょう。
 昨日の雨が嘘のように青空が広がった1日でした。

2018年1月22日(月)
今週は

 1年生社会科の授業では「歴史かるた」に取り組んでいました。テレビのクイズ番組を時折みていますと、小・中学校や高等学校で学んだ歴史や地理、人物などの知識が案外と記憶に残っていて驚かされることがあります。
 歴史を学ぶことは今を知ることであり、世の中の制度や行いに過ちが見て取れればそれを正すなど、未来へとつながる基盤となると言われます。冷たい雨の降る日でしたが、生徒たちは元気に学んでいます。
 明日は全市一斉の1年生「大分市標準学力調査」、そして木曜日・金曜日は2年生の職場体験学習です。156人の生徒が28の事業所にお世話になり、貴重な体験をさせていただく予定です。

2018年1月19日(金)
薬物乱用防止教室

 本日は、講師に大分市保健所の保健師さんと断酒会会員の方をお招きして『薬物乱用教室』を開きました。集会のねらいは「未成年者の心身にアルコールやタバコ等がおよぼす影響を知ることです。
 保健師さんからは薬物が身体に及ぼす深刻な影響や、摂取の誘いを受けたときの断り方などについて教えていただき、それをロールプレイングの手法等によって生徒は身につけていきました。
 また、断酒会会員の方の話はご自身の実体験から、『辛いことがあってもアルコールに逃げない強い心を持ってください。アルコール依存症になって失うものは返ってきません。失うもの・・・それは、時間、友だち、お金、人格、信用、仕事、家庭、健康などです。私は、お酒を飲んでいた時代に迷惑をかけてきた人たちに今でも、そしてこれからも頭を上げることができないのです。』という話を聞かせていただきました。
 生徒の感想には、「タバコや飲酒の誘いがあっても断れる勇気を持っていたい」「薬物は自分だけでなく家族や他の人にも迷惑がかかるものだと分かりました」「アルコール依存症やタバコを吸う人と、そうでない人の肺、脳、肝臓のあまりの違いにびっくりしました。依存症にはなりたくありません」などがありました。(教頭)

2018年1月18日(木)
授業研究

 本日は、2年生社会科の提案授業を5時間目に行いました。写真は、放課後に実施した事後研究会の様子です。
 関東地方、特に東京と他の地域や外国との結びつきについて文化面や経済面、工業面と農業面など様々な観点から学んでいました。
 さて、授業研究は日本の学校では当たり前に行われていることですが、OECD報告書では、この授業研究について「この慣行が日本の学校での指導の質を向上させているのは疑いない」とされ、なんと世界授業研究学会では、「世界の研究者や教員から、『授業研究』の本場である日本に対して強い関心と敬意が払われている」とも賞賛されているとのことです。

2018年1月17日(水)
ちはやぶる

 千早ぶる 神代もきかず 竜田川 
 からくれなゐに 水くくるとは (在原業平)
 この歌はとても色彩感のあふれる歌で、百人一首の中でもおぼえていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。とても華麗です。
 西中1年生もとても大好きな一首です。
 上の句を読んだ瞬間に、バチ、バチと乾いた音と共に、あちこちで歓声が上がりました。
 今日の午後は、1年生の百人一首大会でした。(教頭)

2018年1月16日(火)
入試前日に

 明日は私立高等学校推薦入試・特別奨学生選抜試験です。大分西中学校からもたくさんの生徒が受験します。ついに本番を迎えました。
 3年学年主任からは、「みんな緊張していることでしょう。しかし、大丈夫。みなさんはこれまでしっかりと準備をしてきたのだから。」と励ましの言葉がありました。
 私からは、平常心を取り戻す際の魔法のツボ『合谷(ごうこく)』を伝授しました。
 中庭から見える空が真っ青です。この美しく澄み切った空のように、明日は生徒たちの心に雲ひとつなく、日頃の実力を発揮してほしいと願っています。

2018年1月15日(月)
3年生、ここが勝負どころ!

 写真は校舎正面大時計を背景に、新入生を迎える準備を始めた校門前の桜のつぼみです。
 少し前までは、その存在さえあまりわからないほどの小ささでしたが、あらためて今よく見ると、まだ堅いままですがしっかりしたつくりになってきました。
 寒い冬、努力を怠らず力を蓄えている西中生の姿と重なって見えます。
 さあ3年生。いよいよ今週から本格的に高校入試が始まります。みなさんには西中でしっかり蓄えた自分の力を最後の1秒まで全力で出し切ってくれることを期待します。
 春はもうそこまできています。高い志をもち、挑戦し続けてください。(教頭)

2018年1月12日(金)
避難訓練

 「昨年12月、別府湾海底地下の構造からみて、日本最大の『中央構造線断層帯』が大分市に及ぶ、と政府の地震調査委員会が評価しました。地震が大分市西部に住む私たちの命や生活に、今後大きな影響をおよぼす恐れは十分にあります。生徒のみなさん、あらゆる場面を想定し備えましょう。安全は全てに優先します。まず、自分の命は自分で守りましょう。同時に、自分の周りの人の命も尊く思って下さい。一緒に命を守りましょう。それは、自分と同じように周りの人も大切に思うということです。今日、非常時の避難行動パターンを訓練し自分の『体』にしみこませたのと同様に、自分の『心』に人を尊く思うということを染みわたらせてください。大分西中は、誇り高き「西中人権宣言」を伝統として受け継いでいます。先輩方が築き上げたその精神をみなさんの一人ひとりが理解し実践を重ねれば、家族や地域の方も含め、自然災害からも多くの命が守られていくことと思います。」という講評を私はしました。なお、教室から避難し、グランド集合点呼完了まで全学年とも3分弱でした。よくできました。(教頭)

2018年1月11日(木)
とってもいい話

 本日のお昼前、校区にお住まいの方からお電話をいただきました。
 『西中の生徒さんの行いにとても感激しましたのでお電話しています。実は、昨日の夕方、大分インター近くのモスバーガーやセブンイレブンのある付近での出来事です。一匹の子犬が道をユラリと渡っているのを見かねて、中3の女子生徒さんが走り寄り保護しようとしてくれました。犬は逃げましたが、それでも何かを感じたその生徒さんたちは、藪の中や草むらの中を1時間近く追って何とか保護してくれたのです。私もそれを見ていて心を動かされ、その場に参加したのですが、何とそれからまた1時間ほど、生徒さんたちはケージに入った犬を抱えて、飼い主探しにと近所を回ってくれました。残念ながら見つからずに、生徒さんと一緒に戻ってきた犬を私が引き受けたのですが、生徒さんたちはきっと後ろ髪を引かれる思いで帰路に着いたことと思います。それから私が警察に電話して対応の相談をしたところ、運よく、その犬の尋ね届が出されていました。その子犬は、なんと12月31日の大晦日の日、賀来地区の住まいからいなくなったとのことでした。賀来から山を上がってきたのでしょうね。そして、飼い主さんは福岡の方で、犬を連れて大分に来ていたということで、10日ほどが経過して見つかったことに本当に感激し、気持ちを動転されるほどにお喜びだったとのことでした。生徒さんたちは、飼い主に子犬がちゃんと戻ったことをまだ知らないと思います。是非、伝えてあげて下さい。私も本当に感動、感激しました。』 とのことでした。
 本日の昼休みに、該当の生徒を校長室へ呼び、電話を受けた教頭から話を伝えました。2人とも、とても嬉しそうな様子で、笑顔がいっぱいにはじけていました。

2018年1月10日(水)
テスト開始前の黙想

 実力考査(1年・2年は課題確認を中心に)が全学年で行なわれました。
 試験前はどの学年でも、テストプリントを配付し終え、「始めなさい」の声がかかるまで、黙想の時間が設定されています。
 黙想は剣道や柔道などの武道稽古の前後に行われることが多く、精神統一の手段やあるいは心を静める時間とするのが一般的です。テスト前に黙想を行う際には、記憶・理解したものの整理ができたり、心を落ち着けたりといった効果も望めます。生徒たち、とても良い姿勢です。

2018年1月9日(火)
3学期始業式

式辞より
 正門横の生徒会行事黒板に今朝、1年副会長が次のように丁寧な文字で記していました。
 「1,2学期までの反省を踏まえ、自分の短所は長所に、長所はさらに伸ばしていきましょう。そして先手挨拶や無言清掃などを心掛け、守伝創伝を全校で達成しましょう。」
 3学期西中に登校できる日は、3年生38日1,2年生53日です。よい締めくくりをしてください。
 ここを頑張るということを自分で決めて、こだわりを持って取り組んで下さい。一つのことに集中して努力すると、他のことにもよい影響が生まれます。一点突破・全面展開です。
 ・・・『大人とは何か』 の話から・・・
 思いやりの心を持ち、自分の周りの人を大事にしてください。その思いやりの気持ちは、必ず自分にも返ってきます。
思いやりの実践(行動に移す)をしていきましょう。それが大人への第一歩です。
 厳寒の体育館でしたが、多くの言葉が生徒の心に浸透していく様子を見ることができました。(教頭)
写真左:全校で校歌斉唱 右:始業式全体の様子
 

2018年1月5日(金)
3学期学級開き

 「努力の上に花が咲く」という言葉があります。私自身、自分の担任学級や担当部活動の生徒によく話した言葉です。夢や目標である「花」を咲かせようと必死に努力してもすぐに開花するとは限りません。ずっと後になって咲くかもしれませんし、違う種類の花が生まれるかもしれません。咲かせようと努力したこと、なによりもその事実が大切なのであり決して無駄ではないのだと思っています。失敗しても挫折をしても、努力し続けることで人はきっと成長できるはずです。
 各学級・各学年の先生たちが、3学期始業日を迎える準備で教室内の整理整頓や廊下の掲示物の貼り替作業を行なっていました。さあ、9日(火)からスタートです。

2018年1月5日(金)
2018年も羽ばたく

 2018年も、生徒たちは日々成長し未来に向かって羽ばたいてくれるはずです。

2018年1月4日(木)
仕事はじめ

 新年、明けましておめでとうございます。
 皆さまにおかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。また、旧年中は、大分西中学校の教育活動に多大なるご協力とご理解を賜り、ありがとうございました。
 本年も、「夢がきこえる大分西中学校」をスローガンに、教職員一丸となり生徒一人一人を大事に進んで参りたいと存します。
 皆さまのご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

2017年12月28日(木)
仕事納め

 日本の官公庁では行政機関の休日に関する法律によって、12月29日から1月3日までを休日として原則として執務を行なわないものとしており、それに伴い公立学校等も12月28日を御用納め(仕事納め)と言って、その年の最後の業務日としています。28日が週休日と重なる場合は、前に繰り上げられますが、今年は例年通りに本日がその日にあたります。
 一般企業でもこれに準じていることが多いようですが、年末が多忙な業種などではなかなかそうはいかず、29日を仕事納めとする企業もあります。また、銀行などの金融機関では30日まで窓口業務を行なう場合も多いようです。さらには年末年始もなく、業務が継続される業種もたくさんあります。
 さて、平成29年も残り3日となりました。保護者の皆さまや地域の方々のおかげで、大分西中学校の生徒たちはすくすくと成長できた1年だったと心から感謝申し上げます。
 2018年(戌年)も「夢がきこえる大分西中」をスローガンに、教職員一丸となって進んで参る所存です。たいへんお世話になり、ありがとうございました。どうか、よいお年をお迎えください。

 生徒・職員昇降口の花が綺麗です。そして、早朝より、卓球部や剣道部、野球部などの生徒たちが体力づくりを中心に頑張っています。

2017年12月22日(金)
2学期終業式

 本日、2学期終業式が行なわれました。
式辞の中で、校長より生徒一人ひとりに向けての温かいメッセージがありました。
なお、式辞はこの言葉で締めくくられました。
『みなさんがこれからも高い志を持ち、当たり前のことがきちんとできる人であってほしいと、先生たち全員で願っています。』
(教頭)
左:「2学期の反省と3学期に向けての決意」を表明する学年代表
右:「全国中学校バレーボール大会」出場生徒への激励

2017年12月21日(木)
県選抜チーム

 全国中学バレーボール大会が、25日〜28日に大阪で行なわれます。大分西中学校から3年生2名が大分県選抜チーム選手として出場します。さらに、長野先生も指導者として同行する予定です。
 明日の2学期終業式では2人を紹介し、みんなでエールを贈りたいと思います。後輩たちの良き目標になります。
 寒さ厳しい体育館では今夕も各部1、2年生の練習が続いています。写真は男子バスケットボール部の様子です。

2017年12月20日(水)
全校レク「逃歩中」

 5時間目、生徒会主催の全校レクレーションが行なわれました。種目は、バラエティ番組「逃走中」を模倣した「逃歩(とうほ)中」です。いわゆる鬼ごっこですが左の写真はルールを笑顔で説明する3年生書記長です。
 室内(校舎内)では決して走ったりスキップしたりしてはいけないというルールですので、「逃歩中」なのです。半数ほどは最初から靴を履き替えて外に出て、ハンター役の色ジャージ着用の執行部員の姿が見えると、力いっぱい走って逃げていました。途中には様々な指示が全校放送によって流されて先生たちも大活躍です。
 私は、「子どもたちが怪我をしないように」とそのことばかり心配になり、職員朝会でもお願いしましたが、先生たちが各ポジションに常時位置し安全を見守り、的確な指示をしてくれていました。
 400人を超える生徒たちが一斉に動き回り、ルールを誰もが守り、1年生から3年生まで一緒に笑顔で楽しむことができるのが本当に素晴らしいし、すごいと思うのです。但し、少人数ですが怪我をした生徒もいましたので、ご家庭への連絡をしたところです。(右は、追ってくるハンターから必死に逃走する女子生徒たちの様子です。)

2017年12月19日(火)
グローバルな視点で

 鶴見岳や高崎山から冷たい風が吹き下ろし、晴天ではあるけれど12月らしい寒い一日です。3年生徒たちは体育授業でサッカー競技に熱中しています。赤いジャージが右に左にと激しく動きまわる様子を参観しているだけでこちらまで元気になります。
 1年生教室廊下には英語での自己紹介壁新聞が掲示してありました。まもなく小学校において、外国語活動から代わって教科「英語」がスタートします。現代社会においては日常生活での衣食住をはじめエネルギーや原材料などのどれをとっても他の多くの国に依存していますし、逆に自動車やエレクトロニクス産業を中心に輸出や海外工場での生産がますます活発になっています。
 日本という国の中だけで、全ての物事を進めていくことはできなくなってきており、グローバルな視点が求められます。

2017年12月18日(月)
2学期最終週

 今朝も早い時間帯から「校門50分通過ウィーク」の掛け声が高崎団地に響き渡っていました。「あと、5分!」「3分だよぉ、いそげぇ!!」地域の皆さまには早朝より、本当にご迷惑をおかけしております。
 通常は、55分生徒昇降口通過、荷物をロッカー整理して教室着席8時が目処なのですが、生徒会保活委員会の「時間を意識して守る、50分通過全校全員達成」を目標に、2週目の活動が行なわれているのです。
 生徒たち皆が1年の有終の美を飾り、気持ちよく新しい年「戌年」を迎えてほしいと願います。
 さあ、気持ちを引き締めて、後4日間です。

2017年12月15日(金)
思春期講演会 期末PTA

 今日は、期末PTAを開きました。いよいよ2学期もあとわずかです。
 厳寒の中、お越しいただいた保護者の皆さま、本当にありがとうございました。(教頭)

2017年12月15日(金)
部活生とサザンカの花

 サザンカはツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹です。童謡『たきび』の歌詞に登場することでよく知られています。漢字表記の山茶花は中国語でツバキ類一般を示す山茶に由来し、サザンカの名は本来の読みである「サンサカ」がなまったものといわれているそうです。その「さんさか」が音位転換しサザンカの読みが定着したそうです。
 さて、そんな山茶花がきれいに咲きほこる西中の校舎まわりを、毎日野球部員たちがひたむきに走り、基礎体力をつけています。(教頭)

2017年12月14日(木)
百人一首とChristmasソング

 百人一首学習は、万葉集や古今和歌集の成り立ちやそれぞれの歌の意味、表現技法など、学ぶことはたくさんありますが、まずはやってみないことには始まらないということで、中1の国語科学習ですでに取り組まれています。今回は、競技用のルールではなくいわゆる「カルタ遊び」形式です。
 中学校に入って初めて百人一首にふれるという生徒もいましたが、中学校では毎年必ず最低でも一年に一度は出会うことになります。楽しみながら古典の響きや表現に触れ、古典を身近なものにしていってほしいと思っています。
 1年生の他クラスでは、英語学習の中でALT(外国語指導助手)と一緒にクリスマスソングを笑顔で歌っていました。
 We wish you a Merry Christmas,And a Happy New Year ♪

2017年12月13日(水)
Q−U検査個人票を渡しました!

 大分市内の小中学校では、すべての学校の児童・生徒に対してQ−U検査を実施しています。
 Q−Uとは、questionnaire−utilitiesの略称であり、子どもたちが楽しい学校生活を送るためのアンケート式検査です。アンケート結果から、生徒個々の学校生活への意欲や学級に対しての満足度、また日常の行動を振り返ったりします。もちろん万能なわけではありませんが、ひとつの客観的な結果として、子どもたちが自分自身の心理的状態を見直すための資料となることは間違いありません。友人関係、学習意欲、学級集団の中での意識、先生との関わり、進路意識等など、その結果に基づく個人に対しての「診断コメント」があります。本日、学級担任から生徒たち一人一人に結果を渡しています。「QUを先生からもらったでしょ?」と訊ねて一緒にご覧になり、是非子どもさんとお話しください。
 鉢植えのシクラメンがとても美しく咲いています。寒い日が続いています。

2017年12月12日(火)
調理実習

 2年生が家庭科授業で調理実習に取り組んでいます。メニューは「ハンバーグ」等々です。みんなで協力して工夫を凝らし、美味しそうな料理を完成させたようです。巨大ハンバーグの班もありました。
 目を真っ赤にして玉葱を刻む生徒たちの様子はとても可愛らしいのですが、涙を流さずにすむように調理できる技術を学ぶことも実習のねらいのひとつなのでしょう。

2017年12月12日(火)
壁新聞と行書

 東側2階の廊下に2年生すべての修学旅行班で作成した「修学旅行新聞」が掲示されています。
 壁新聞づくりからは、取材した内容を精選し記事に書くコツや、「見出し」「レイアウト」を工夫し読みやすい新聞を作る技能を学ぶことができます。

 右側の写真は1年生の教室黒板に残されていた「書写」行書の授業跡です。
 社会生活に必要な言語能力を育成する観点からも、日常生活において使用することが多い行書の能力を身につけることは重要なことです。中学校では、行書の基礎的な書き方の理解から発展し、読みやすく速く書くことができるようにすることも指導内容となっています。

2017年12月11日(月)
薔薇と時計

 左の写真は、校長室に飾られている「鉢植え」です。一輪の花が咲いています。4月の入学式を前にして吉田教頭先生が飾ってくれたものです。その時から春が行き、夏を越え、秋も終わりを迎え、ついに8ヶ月が経過しました。
 花は一輪・二輪を咲かせ、ただ存在しています。人のように何かに執着したり依存したりはせずに生きています。そして、いつかは枯れていきます。そこには欲は見られず、ただ咲きただ存在し、ただ枯れて命を全うします。何も求めず何も持たず、何も望まないがゆえに美しくそして自由です。
 人として生きるからには花のようには生きられないし生きる必要もないけれど、その生き方から学ぶものは案外多くあるようにも思うのです。
 右の写真は、美術部員が描いた生徒昇降口の遥か上部に設置された「大分西中シンボル時計」の絵です。
 2学期終業式まで2週間、生徒たちが健康と安全に気をつけながら、2017年有終の美を飾れるように私たちも努力していきます。

2017年12月8日(金)
人権週間の取り組みA
2017年12月8日(金)
人権週間の取り組み@

 12月4日〜10日は人権週間です。差別や偏見のない社会の実現をめざし、本校は人権・同和教育に積極的に取り組んでいます。今日行なった2年生の『結婚差別』についての授業(写真)では、生徒は友だちと意見交流する中で、「差別を許さない心」「人間の優しさや温かい心」「本気で差別と向き合うこと」等の大切さについて、自分の考えを深めていきました。(教頭)

2017年12月7日(木)
大分教育事務所学校訪問@

 大分教育事務所から、後藤榮一所長さんをはじめ5名の方の訪問があり、授業の様子や学校施設などを参観くださいました。
 事後協議の中では、4月から8ヶ月間の生徒たちの成長の様子を伝えました。「学習規律が身についていて落ち着いた状態で授業が行なわれている。」「学校研究の重点内容を全ての先生が意識して取り組んでいることが感じられる。」等々、たくさんのお褒めの言葉をいただきました。
*左は、寒風の中を長距離走に頑張る2年生女子の様子です。
*右は、社会科の授業にて先生の発問を受けて真剣に考える2年生の姿です。

2017年12月7日(木)
大分教育事務所学校訪問A

*左は、書写(行書)の授業です。とても落ち着いた雰囲気です。
*右は、理科室での実験です。蝋燭を使っています。
 道具を使った授業が丁寧にできるということは、安心して学習できる「学びの空間」が出来ているということです。

2017年12月7日(木)
大分教育事務所学校訪問B

*左は、家庭科の裁縫学習です。
*右は、国語科の漢文学習です。どちらの授業もユニバーサルデザインの観点が大切にされています。

2017年12月6日(水)
水墨画

 中国からもたらされた水墨文化は日本に溶け込み、日本文化の一つとして長い間たいせつに受け継がれています。
 写真は、本校3年生の作品です。美術科の授業で墨の濃淡を生かした技能とそれを生かせるテーマを見つけ出す術を学び、水墨ならではの見事な表現力です。
 南校舎2階から3階の踊り場に掲示されており、他にも素敵な作品がたくさんあります。中学生らしい感性を感じます。

2017年12月5日(火)
当たり前を磨く

 社会で活躍している人には多くの共通点があるように思いますが、その中のひとつが凡事徹底です。読んで字のごとく、平凡な事を徹底する、つまり、人として当たり前にするべきことを当たり前に行なうことです。
 私たち大人であっても、簡単なことで当然できて然るべきことであるにもかかわらず、意外とできていないことが多く見受けられます。例えば、あいさつをする、身の回りの整理整頓をする、掃除をする、時間を守る、場に応じた服装をする、感謝の気持ちをきちんと表す等々です。
 生徒たちには、あれもこれも完璧にやるのではなく、ひとつの当たり前でも長い期間ずっと続けていくことで、やがてそれは自信となり、他への言動にもつながっていくと伝えています。「一点突破、全面展開」です。
 今週は、日常生活向上のためのさまざまな生徒会活動が行われています。

2017年12月4日(月)
道具を大切にする

 大リーグで輝かしい実績を上げ続けているイチロー選手ですが、ある日、日本の小学生に野球を教えている時、ひとつの質問を受けました。「イチロー選手、どうやったら野球が上手になりますか?」
 イチロー選手は次のように答えました。「それはね、バットやグローブなどの道具を大切にすることだよ」と。そういえばファーボールで一塁へ向かう時、他の選手はバットを放り投げていきますが、イチロー選手だけは優しく置いてから走っていきます。バットやグローブをいつもきちんと使えるように準備しておくこと、そして、使えることに感謝すること、それこそ野球が上手くなるコツだといっているのです。
 写真は、本日の西中野球部練習スタート時の柔軟(ブラジル体操)です。そして、丁寧に置かれたスパイクの上に方向を同じく大事に重ねられたグローブです。すべての部員の道具がこのように並んでいます。
 大分西中の部活動では、このようなことも学んでいます。

2017年12月1日(金)
是非、明日テレビを観てください

 11月19日に西中で開かれた『人権講演会』の様子が、『大分市テレビ広報番組』のなかで、明日放送されます。
 放送される日時:12月2日(土) 16時10分より (TOS) 
左:大分市テレビ広報番組『いいやん!大分』HPより
右:全校生徒を代表して講演していただいた中倉さんに感謝の気持ちを伝えた生徒会役員(閉会セレモニーにて)(教頭)
 

2017年11月30日(木)
2学期末考査1日目

 期末考査・中間考査などの定期的なテストは何のためにあるのでしょうか。
 それは、日々学んでいる内容が理解できているかを確かめるということにあります。確かめた上で、現状をしっかりと把握(評価)し、できていないのであればできるように復習する必要がありますし、さらに私たち教職員の支援の方法や指導内容について振り返ることも大切になってきます。
 そして、これから学んでいく専門的な知識や技能等の基礎がしっかりと身についているのかどうか、習得状況の確認という意義もあります。将来への可能性を広げるために、基礎・基本となる義務教育段階の学びの内容は、やはりとても大事だからです。
 肌寒さを感じる日ですが、生徒たち誰もが真剣な様子で解答用紙に鉛筆を走らせています。

2017年11月29日(水)
頑張れ、西中生!

 明日から2学期期末テストが実施されます。
 昼休みに理科室では、友だちと真剣にテスト勉強に取り組む2年生の姿が見られました。
 おしゃべりしたり、ホッと息抜きしたいはずなのに。
 各教室も、学習する生徒でいっぱいです。
 いい結果が出ますように! 
 さあ、培った実力を発揮する時だ。
 頑張れ西中生!
(教頭) 

2017年11月28日(火)
全校朝会

今朝の全校朝会での校長の言葉【要約】
@自力登校をしましょう。
 けがや体調不良など特別の事情がある場合を除き、家族に車で送ってもらわず自力で登校しましょう。寒くなっても、それが西中のルールです。
A静粛区域を守る意識を高めましょう。
 友達同士で注意し合う声もよく聞こえますが、給食返却時などに順守意識が低下していませんか?みなさんが世の中に出たときに同様の場面・場所はたくさんあります。今、この決まりの意味を考え、自らの心を育てましょう。
B無言清掃を見直しましょう。
 大変よくできています。しかし、私はもっと高いレベルを望みます。現状ではまだ『伝説になった』とは言えません。心の中に「やらされている」という意識はありませんか?ほうきを持ったまま清掃時間が終わるのを待っていませんか?みなさんの学校です。それぞれのポジションで「自分で取り組みを考えた掃除」をして、みんなが更に気持ちよく過ごせるようにしましょう。
(教頭)

※写真は表彰の様子です。今回は約90人が表彰されました

2017年11月27日(月)
「風神雷神図屏風」

 学校研究の主題に基づいて本日3時間目に美術科の提案授業が行われました。
 原作とその模写作品とを見比べて、構図や色などの相違点から模写した作家はなぜそう描いたのか、その理由を考えさせる学習でした。作品には作者の人間性が表出するということで、そこに迫る高度な内容で興味深かったです。

2017年11月23日(木)
県PTA連合会指定研究発表会C
2017年11月23日(木)
県PTA連合会指定研究発表会B
2017年11月23日(木)
県PTA連合会指定研究発表会A
2017年11月23日(木)
県PTA連合会指定研究発表@

 本日、大分県PTA連合会指定研究発表会が、県内のPTA関係者や地域の皆さまの参加のもと大分西中で開催されました。
 開会セレモニーに引き続いて、公開活動「プレイバックシアター体験発表」が行われ、「進路・将来」をテーマに、生徒が自分の思いを素直に語り、演者が即興で演じることで生徒自身と先生・保護者の関係を見つめなおす機会になったことが発表されました。
 次はアトラクションとして、全校合唱「夜明け」が唱われましたが、全校生徒一丸となった迫力あるかつ美しい歌声と演奏は、来場された方々に大きな感動を呼び起こし、「これぞ西中」との思いを強くするものでした。
 午前中最後となった公開活動2「アイスブレイク」では各地域の出席者の方々が、地域ごとに分かれた生徒たちの教室に参加し、さまざまなゲームを一緒に行うことで互いの結びつきを作り出し、万が一の災害時においてもスムーズに助け合えるきっかけになったものと考えています。
 昼食を挟んでの午後の部は、これまでの各部会の活動報告、防災を念頭に置いた発表が行われ、西中の実情に即した現状の報告に熱心に聞き入る参加者が多かったのが印象的でした。
 その他、昨年行われた30キロメートルウォークの映像が開会前に流されたほか、廊下での写真展に足を止める人が多かったこと、途中退席する人が少なかったことなど、「西中らしさ」を県下にアピールする大きな機会になったと考えています。
(本校PTA会長 小山孝司) 

2017年11月22日(水)
心が響き合う環境づくりをめざして

 今年は(も)、全国各地で自然災害が頻発しました。生徒たち一人一人に、またそのご家庭にいつ災難が降りかかるかもしれないと考えた時、学校、家庭、地域の連携は極めて重要です。
 明日は、生徒たち、保護者の方々、地域の皆さまと、ぬくもりのある人間関係づくりの一端をお見せします。

2017年11月21日(火)
ぬくもりとつながりの中で

 明後日の勤労感謝の日に、県内各地から約300人もの参会者を大分西中にお迎えし、平成28・29年度大分県PTA連合会指定研究発表会が開催されます。
 公開活動としていつ勃発するか分からない災害に備え、もし本校に避難所が開設された時には地域の皆さまと助け合い、保護者・生徒が進んで避難所運営に協力できるその基盤づくりを発表します。まずは、地域の方々と顔見知りになりつながりをつくる中で、子どもたち、保護者、地域の方々にも安心感が生まれるような取り組みを予定しているところです。
 本校PTA役員の皆さんは、この2年間、明後日の発表を大きな目途として並々ならぬ努力を重ねてこられました。その奮励が報われるように私たち教職員も詰めを過たずに、参会者の皆さまをしっかりとお迎えしたいと思います。

2017年11月20日(月)
校内研究会提案授業その1

 大分市教育委員会から指導主事の先生を招聘して学校研究に係わる提案授業を行いました。
 今回は、1年生の技術・家庭科の授業です。全教職員で参観し、「生徒にとってわかりやすく、学びやすい授業」「自分の考えをもち、それをクラスの皆に伝え、互いに学び合っていける授業」の創造をめざし研究を深めました。
 学級の学びに向かう雰囲気が良く、先生と生徒との信頼関係がしっかりと結ばれていることがなにより素晴らしく、生徒個々の自己存在感を高めることのできる素敵な授業が展開されました。

2017年11月20日(月)
校内研究会提案授業その2

 東日本大震災や熊本地震のように、いつ勃発するかわからない自然災害に備えて、日頃から各家庭においてどのような対策をとる必要があるのかについて生徒たちは真剣に考え、話し合っていました。右のグラフにあるように、実際の災害発生時には「何もできない」場合が多いわけです。だからこそ、日頃から防災意識をしっかりともっておくことが大切なのだと、本日の授業を参観しながら感じたところです。

2017年11月20日(月)
授業研究会

 教育基本法の第9条には、「法律に定める学校の教員は、自己の崇高な使命を深く自覚し、絶えず研究と修養に励み、その職責の遂行に努めなければならない。」と記されています。
 大分西中学校の先生たちも学び続けています。

2017年11月17日(金)
ICT利活用授業実践

 生徒が普段目にすることの少ない介護現場の様子を動画で視聴することで内容理解の深化をねらい、今日の2年1組の英語はICT教育支援員さんに支援いただきICT利活用実践授業を行いました。
 生徒一人ひとりが「将来の夢について考え、職場体験先に自己紹介の英文手紙を書く」というめあての達成に一歩ずつ近づいていく授業でした。
 授業者より:教科書の教材についての動画を視聴できたことで内容理解が深められました。日本や世界でのセラピーロボットの様子について知ることで、より生徒の視野が広げられました。(教頭)

2017年11月16日(木)
爽やかな朝に

 昨日の『大分西中日記』に記しました「50分通過WEEK」と「空き缶回収」の生徒会活動が今朝も元気よく行われていました。
 左の写真は、保活(保体・生活)委員長が正門前であいさつを繰り返しながら皆を迎える様子です。「おはよう、はやいね!」「おはようございます、あれ?ネクタイは?」と、あいさつ+ワンがごく自然に行われています。女子の保活委員長もいつだって笑顔です。こんな素晴らしい3年生に迎えられて、後輩たちも同級生も爽やかな一日をスタートしています。
 右の写真は整美委員会の空き缶回収です。毎年、西中では生徒会活動の収益で車椅子を購入し、それを必要とする地域の施設に寄贈しています。生徒たちと協働する先生方の姿勢が、さらに子どもたちを育みます。

2017年11月15日(水)
生徒会日常活動

 今朝は、生徒会専門委員会の「50分通過WEEK」と「空き缶回収」の二つの取組みが7時30分から行われ、正門付近にはその掛け声と熱気があふれていました。
 中学校教育を不易の視点から見据えると、生徒主体の地道な日常活動には確かな価値があると確認できます。自らの生き方を実現するために基礎的・基本的な学力を身につけるとともに、学級・学年・生徒会・部活動などの取組みによって、人として大切な人権感覚や規範意識を高めるのです。
 右は美術室に展示されていた生徒作品、たくましいです。

2017年11月14日(火)
3年進路PTA

 午後から3年生145人と保護者を対象にした進路PTAを開催しました。
 平成30年度高校入学選抜試験実施要項等をもとにした事務的な手続きなどを具体的に説明しました。さらに、卒業までの学習の取り組み方や望ましい生活のありようなど、伝えたいことはたくさんあります。
 「不安な気持ちを払拭するためには、自分自身に自信がもてるような新たな取組を確実に実行することです。」と、学習担当の先生は話していました。
 私からは、会の始めのあいさつの中で「努力は報われると言うが、方法や内容を過たずに報われる努力をしていかねばなりません。」「継続は力なりと言われるが、続けることが出来なければ力にはならないということです。」と檄を飛ばしました。

2017年11月13日(月)
思春期の心

 中1国語科教材にヘルマン・ヘッセ著の「少年の日の思い出」があります。屈折した思いを抱く思春期の少年の心を、私も理解できます。「ぼく」の欲望、罪悪感、そして絶望と怒りとそのやるせなさを、私たちは誰もが経験してきたように思うのです。友人である「エーミール」は正義であり「ぼく」は悪、それはくつがえせない事実だけれど、何故だか分からない怒りにも似た感情を感じるのです。正しいこと間違っていることは分かっていても、その正義にさえ憤りを覚える、中学生の心にはそんな矛盾がひそんでいるようにも思います。
 昼休み後に校舎を巡ってみました。「机の曲がりは心の曲がり」、「スリッパ・雑巾掛けの乱れは心の乱れ」などと生徒たちには伝えてきましたが、ここまで整頓されていると恐れ入ってしまいます。

2017年11月11日(土)
グランドに活気

 修学旅行関係でなかなか活動ができなかった2年部活生が西中グランドに戻ってきました。今日は晴天で暖かく、やや強めの気持ちよい風が吹いています。
 野球部、サッカー部、陸上部、テニス部の生徒の元気な声が高崎山まで響いています。(教頭)

2017年11月11日(土)
第2回 中学校3年生学力診断テスト

 今日は「中3学力テスト」が行われました。
 いよいよ進路決定時期に入っていきます。
 テスト受験生徒の表情は、真剣そのもの。
 頑張れ、3年生。(教頭)

2017年11月10日(金)
修学旅行解団式 & 校内研究授業

左:本日2年生は修学旅行団の解団式を行いました。生徒実行委員長の中川さんは旅行の成果をこのようにまとめます。『行きの新幹線や自主研修ではテンションが上がってしまい失敗してしまう班がいくつかありましたが、最終日のUSJでは全ての班が決められた時間より前に、時間を守って集合できました。また健康管理もちゃんとできて、けが人や病人が出ることもなく無事に元気に帰ってくることができました。この3日間でみんなとても成長しました。」天気にも恵まれ、学年・クラスの仲間と共に想い出多き良い活動ができたようです。なお、期間中本HP(日記)への閲覧数が1200を超えたことをお知らせすると共に、アクセスいただいた皆様に感謝申し上げます。
右:本校では校内授業研究を計画的に行っています。今日は3年生の英語の公開授業がありました。日常的に小班による活動を取り入れ、工夫しながら主体的・対話的な授業実践がなされています。(教頭)

2017年11月9日(木)
県PTA研究大会に向けて

 11月23日に西中PTAは本校にて、県PTA研究大会の発表を行います。研究主題:『ぬくもりとつながりの中で生徒を育むPTA活動』 〜学校・地域・保護者,心が響き合う環境づくりをめざして〜 のもとに、学校・地域・家庭で人とのつながりを大切にした関係づくりを進めているところです。
 今日は1年生対象に防災に関する授業を行い、友だちや保護者との活発な意見交流の場となりました。(教頭)

2017年11月8日(水)
ステップアップ 3年生

 明日まで2年生は振替休です。全学年が揃わず学校が少し寂しいです。さて、3年生は5時間目に学年集会を開きました。文化発表会での成果を確認し、それを今後の学校生活等にしっかり生かしていくための意識付けができました。
 立派に責任を果たした3年生。文化発表会を通して確実にステップアップしました。(教頭)

2017年11月7日(火)
解散式

無事到着しました。生徒の皆さんお疲れ様でした。
たくさんのお土産話があるでしょうが、今日はゆっくり休んで下さい。
これで、29年度修学旅行紀行的HPを終了します。(教頭)

2017年11月7日(火)
小倉着

ここで在来線(日豊線)に乗り換えます。
我らの大分まであと一息です。

2017年11月7日(火)
もうすぐ帰りますよ
2017年11月7日(火)
新大阪駅

新幹線は停車時間が短いので気が抜けません。
ササっと乗り込みます。
自宅に帰るまでが修学旅行です。

2017年11月7日(火)
USJを後にして

全班、集合時間が守れました。すばらしい。
これより新幹線にて、帰路につきます。
新大阪駅に向かいます。

2017年11月7日(火)
USJ
2017年11月7日(火)
USJ
2017年11月7日(火)
USJ

整列後、写真撮影をして入場です。

2017年11月7日(火)
USJ到着
2017年11月7日(火)
最終日 出発前

出発前、旅館の女将さんに感謝の気持ちを伝えます。
さあ、大阪のUSJに向けてバス移動です。

2017年11月7日(火)
最終日 出発前

大きな荷物は宅配で自宅に送ります。
朝、旅館前でトラックに詰込みました。

2017年11月7日(火)
最終日 朝の知恩院

最終日を迎えました。生徒も職員も元気です。
知恩院は、17世紀に立てられた仏教寺院です。
旅館の目の前にあります。天気も良いようです。
今日は大阪。USJに行きます。

2017年11月6日(月)
全員帰着

全員帰着完了しました。

2017年11月6日(月)
続々帰着
2017年11月6日(月)
続々帰着

帰って来ました。
帰着報告を受けます。

2017年11月6日(月)
研修の行動は・・・

各班の行動がPC上で分かります。
旅館でしっかり確認しています。

2017年11月6日(月)
チェックポイント

鹿苑寺金閣 
旅館待機の生徒はいません。

2017年11月6日(月)
自主研修中

班員と力を合わせ、仲良く活動し、元気に旅館に帰ってきてください。

2017年11月6日(月)
研修出発
2017年11月6日(月)
研修出発
2017年11月6日(月)
研修出発
2017年11月6日(月)
研修出発
2017年11月6日(月)
研修出発
2017年11月6日(月)
研修出発
2017年11月6日(月)
研修出発
2017年11月6日(月)
研修出発
2017年11月6日(月)
研修出発
2017年11月6日(月)
研修出発
2017年11月6日(月)
研修出発

自主研修 全32班 元気に出発しました。
京都市は本日快晴です。

2017年11月5日(日)
修学旅行
2017年11月5日(日)
修学旅行

京都市の旅館に到着しました。知恩院の近くです。
ゆっくり休んで、明日の京都市内一日研修に備えましょう。

2017年11月5日(日)
修学旅行

東大寺南大門 金剛力士像です。
社会科の教科書や資料集に載ってますよね。

2017年11月5日(日)
修学旅行

大仏様の前で・・・。

2017年11月5日(日)
修学旅行

東大寺大仏殿です。
なんと大きな建物なんでしょう。
ビックリです。

2017年11月5日(日)
修学旅行

薬師寺です。

2017年11月5日(日)
修学旅行

次はバスに乗り込みます。
奈良までGO!

2017年11月5日(日)
修学旅行

新幹線で大阪へ・・。
あっという間に到着。

2017年11月5日(日)
修学旅行

無事、小倉に到着しました。
新幹線に乗り換えます。

2017年11月5日(日)
修学旅行
2017年11月5日(日)
修学旅行

西大分駅集合完了しました。

2017年11月5日(日)
修学旅行

今日から3日間、2年生は修学旅行に行ってきます。
現地での様子を、随時紹介していきます。
2年生の保護者の皆さま、お楽しみに。 (教頭)

2017年11月4日(土)
白井画伯

 本校美術科白井先生の作品です。

2017年11月4日(土)
秋風(夏草)や兵どもが夢の跡

3年1組・3年2組

2017年11月4日(土)
3年3組・3年4組
2017年11月3日(金)
文化発表会

 「人は、誰かが一生懸命に頑張っている姿を目にすると、感動して心の中に涙を流すものです。私も今日はたくさんの涙が流れてしまいました。」教頭先生は、全体講評の中でそう話しました。
 ただただ感動、それのみです。

 2年生は、明後日から修学旅行です。明日は前日確認のための午前中登校です。体調を整えてくださいね。

2017年11月2日(木)
学年合唱

 いよいよ明日は文化発表会です。生徒たちは本日、学年合唱など最後の練習をしています。100人を超える人数での合唱にはやはり迫力があります。
 2年生は修学旅行との並行準備で企画されていませんが、1年生と3年生の学年発表も感動的です。ご期待ください。
 私が記すのはおかしいことですが、この学校には感動があり、実直な力があります。大分西中生は素晴らしいです。
 保護者、地域の皆さまへの体育館(会場)ご案内は8時からです。よろしくお願いいたします。
【1年生134人】 左写真 学年合唱曲目 My own road 僕が創る明日
 自分の力で 拓く道だから 一歩ずつでも 進めばいいよね 誰かが背中を押してくれるのを 待ってるだけの昨日から 変わりたいんだ
【2年生156人】 中写真 学年合唱曲目 未来
 青空の 底には 無限の歴史が 昇華している 僕もまたそれに 加わろうと 青空の底には とこしえの勝利がある 僕もまたそれを 目指して
【3年生145人】 右写真 学年合唱曲目 Hallelujah ハレルヤ
 The Kingdom of this world become the Kingdom of our Lord and of His Christ,and He shall reign for ever and ever,Hallelujah!

2017年11月1日(水)
掲示物と授業黒板跡

 光る竹の中から発見された「かぐや姫」が主人公の『竹取物語』は、日本で最も古い物語で「物語の祖(おや)」と言われています。私たちが中学生の時もこの冒頭部分は国語科の課題として暗唱させられていたのではないでしょうか。
 竹取物語が書かれたのは平安時代初期、10世紀半ばとされています。今から1000年以上も前の作品ですが、現代でも十分、心情的にも深く感じることのできるものです。日本書紀や古事記は歴史的にはもっと古いわけですが、実はこの2冊は公的な歴史書であり、物語ではないのです。
 校内を巡りながら、授業黒板の跡や廊下・教室の掲示物を見ます。先生たちの工夫の中で、生徒たちがどのように学んでいるのかが分かります。

2017年11月1日(水)
あと2日

 左は、文化発表会パンフレットです。表紙絵は3年生の安部さんが描いてくれました。保護者の皆さまへもお届けします。右写真は、昨年度「30周年記念」30キロウォークの様子を撮影してくださったPTAの皆さまの写真展です。ありがとうございます。
 学習指導要領「学校行事」には、文化的行事の意義として「学校生活に秩序と変化を与え、集団への所属感を深め、学校生活の充実と発展に資する体験的な活動」と記されています。西中生にとってこの行事は、自分にチャレンジし自己の飛躍をかけて取り組む貴重な機会にもなっています。
 文化発表会の企画・準備・練習などの実践を通して、どれほど生徒たちが燃え、成長してきたかその姿を見ながら感じています。日頃の授業では得がたい感動・感激を味わってきた準備の期間、そして、明後日はいよいよその本番です。
 保護者の皆さま、地域の方々、是非、参観願います。

2017年10月31日(火)
修学旅行に向けて(2年生)

 文化発表会が終了した二日後、11月5日(日)に今年度の修学旅行は出発します。事前学習時間の上から、また体力的にもハードな日程です。5日は小倉駅から新幹線に乗り新大阪、そこからは貸切バスで奈良の薬師寺や東大寺大仏殿へ向かいます。6日(月)は、班ごとに計画を練りに練った京都市内自主研修です。そして、最終日はユニバーサルスタジオJAPANで楽しい時を過ごす予定です。写真は、新幹線の乗車練習と係り会議の様子です。公共の乗り物を集団で利用しますので、社会的な秩序や安全行動などを実践的に学びます。

2017年10月31日(火)
全校朝会

 朝会では、全校合唱「夜明け」の練習をしました。講評では、河野先生から「誰に向けて歌うのか?」というお話がありました。
 ♪ あなたに会えて自分が見えた いつもあなたが包んでくれた その大きな心で 前が見えなくなったとき あなたが希望をくれた ♪

2017年10月30日(月)
寒風に負けず

 左の写真は、「平成9年度学校要覧」表紙のイラストです。「萌(きざし)」の像が昭和63年に建立されてから10年が経過した頃に描かれたものです。それから、さらに20年が経過し今日も「萌の像」は中庭にあり、「誠実・自主・活力」の校訓を3方向に指し、未来に向けて大きく羽ばたく本校生徒の姿を象徴しています。
 右の写真は、本日2時間目の3年3組・4組の保健体育科授業の様子です。高崎山から吹き降ろしてくる寒風にもビクともせずに、大きな声を出して元気に体操していました。

2017年10月28日(土)
安全で住みよい街づくり推進【八幡・神崎大会】

 台風22号の影響で朝から雨が降り続きましたが、八幡小学校にて「安全で住みよい街づくり推進大会」が開催されました。
 西大分交番署長さんからは県内で起きている犯罪や交通事故の状況と防犯対策などの報告をいただき、その後には警察官の皆さんによる「逮捕術」の実演もありました。そして、八幡小PTA会長さんからは「マモメール」「キッズ携帯」等についてのアンケートからの考察を発表いただきました。さらには、長年、児童生徒の登下校時見守り活動や補導巡回をしてくださっている方から、防犯上、地域で留意する点などをお教えいただきました。
 
 最後のプログラムとして大分西中学校吹奏楽部2年生・1年生の30人が登場し、さわやかな挨拶と曲の紹介、そして見事な3曲を演奏し、満員だった会場は割れんばかりの拍手に包まれました。本大会のテーマソングである「安全賛歌」の伴奏を2年生が行い、1年生は歌詞を持ち会場の方々と大きな声で歌いました。
 「さすが大分西中ですね」「演奏している姿に気品があります」等々、地域の方々からたくさんのお褒めの言葉をいただきました。
 雨の中、早朝からご協力をくださいました保護者の皆さまにもお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

2017年10月27日(金)
吹奏楽部演奏(安全で住みよい街づくり推進大会)

 明日、八幡小学校体育館を会場に「第16回 安全で住みよい街づくり推進 八幡神崎大会」が開催されます。
 来賓として、広瀬知事さんや佐藤市長さんも来られる500人規模の大きな大会ということで、その中で大分西中学校吹奏楽部が演奏をさせていただきます。演奏開始時間は11時20分からの予定です。
 また、その前には西大分交番などの警察官の方々による逮捕実演やPTAの方々や交通指導員さんによる実践報告も行われます。
 大分西中学校の生徒たちの安全・安心は、地域の方々のご協力なくして成しえるものではありません。日頃から本当にありがとうございます。
 是非、来場くださり吹奏楽部の演奏もお聞きください。

2017年10月27日(金)
本日4時間目

 1年生は、それぞれが描いた文字画を文化発表会に向けて展示していました。美しい仕上がりです。
 3年生は、家庭科で型紙を切り、裁縫作業を行っています。誰もが真剣に取り組む様子が素晴らしいです。

2017年10月26日(木)
授業研究

 文化発表会前ですが、大分西中教職員で授業を互いに見合い、さらによりよりものにしていく取組みを継続して行っています。
 一日の学校生活において、中心となるものはもちろん学習指導、つまり毎回の授業です。生徒は1年間に1000単位時間ほどの授業を受けています。その授業を生徒にとって分かりやすいものにしていくことは、彼らの将来の自立と社会参加の基盤を養う上で大切であり、私たちの力量が問われるわけです。
 「学べば学ぶほど自分が知らなかったことに気づく、気づけば気づくほどまた学びたくなる。」とも言います。これは、生徒のみならず私たちも同じです。日々、研鑽を重ねています。

2017年10月25日(水)
全校合唱(大分西中の宝)

 合唱曲「夜明け」を11月3日(金)の文化発表会閉会行事前に全校で合唱します。
 本日5時間目にその練習が行われました。現在の出来具合については本HPではコメントしません。来校してくださる保護者、地域の方々には「本番、どうか楽しみにしてください。」とだけお伝えしておきます。
 ただし、素晴らしいと感じたのは、この50分間のすべてが生徒会執行部と指揮者による進行・指導・支援で行われ、吹奏楽部の伴奏の中、先生たちはひと言も発せずに見守ったことです。入場から退場まで時間通りに終了したことも見事でした。
 最後の講評では、「心の汗」を思わずホロっと見せた先生もいましたが、それも生徒たちの心にしっかりと落ちました。
 ♪ あなたがくれたこの翼 夜明けの光を浴びて 未来に向かって羽ばたくから これからもずっと 見守っていて 見守っていて ♪
 一人一人の生徒が、体育館中に響き渡る、自らが仲間と創り出すハーモニーに心を振るわせるそんな瞬間がきっとやってきます。

2017年10月24日(火)
全校朝会での校長のことば

 「今皆さんは文化発表会、特に合唱コンクールに向けて、各々が一生懸命に取り組んでいます。しかし、時にクラスがまとまらず、うまく歌えずにクラス内でもめ事などが起きることもあると思います。その時こそがチャンスであり、挑戦するべき時なのです。失敗の反対は『成功』であるとともに、そのための『挑戦』です。かの発明家エジソンもこんな言葉を残しています。『私は失敗したことはない。ただ、うまくいかない1万回の方法を見つけただけだ』と。うまくいかなかったことから学び、新たな方法を見つけて挑戦を続け、全員で心を一つにしてそのチャレンジを成し遂げ、壁を乗り越えられた時にこそ何か素晴らしいものを得ることができるのです。高い志を持ち、力いっぱいがんばっていきましょう。」 (教頭)
 左写真 生徒会執行部10月取組の振り返り
 右写真 部活動等で優れた成績を残した生徒の表彰

2017年10月23日(月)
台風21号、修学旅行スローガン

 学校沿革を見ると、武道場が新築されたのは平成9年です。ちょうど20年が経過しています。今回の台風の大雨で武道場のちょうど中央天井付近から雨漏りがしました。写真はその場所を指差している剣道部顧問の先生です。さらには、建築から31年が経過した北校舎(普通学級校舎)の3階でも雨漏りが見られバケツを置いている場所が一箇所があります。もちろん、直ちに大分市教育委員会施設担当課に連絡をして修理修繕の要請をしており、生徒の安全に係わることでもありますのですぐに見に来てくださって対応を検討してくれています。市内の小中学校には、建ってから50年近い校舎もたくさんありますし、風雨の被害がなかったか心配になるところです。ご家庭やご親戚など被害はありませんでしたか?心配です。
 さて、右の写真は11月5日から2泊3日で関西方面へ向かう2年生の修学旅行スローガンです。ご存知のように2年生の学年カラーは「緑色」です。その色と「協力」をかけ、そして集団として強く団結した力「強力」を繋げています。その準備は文化発表会に向けての取り組みと同時に進行していますので生徒たちたいへんですが、頑張っています。

2017年10月20日(金)
BLUE GIANT〜 光り輝く青い星〜

 BLUE GIANTとは、青い炎をまとった宇宙にある巨大な星です。今年度の大分西中学校文化発表会テーマ「宇宙ソラ物語」を受けて、1年生全員で星のように輝きたい。1年生の熱く燃える一生懸命な思いを伝えたい、という第1学年の学年企画テーマです。学年掲示板に貼られたそのテーマは機運を盛り上げています。
 右の写真は本日4時間目の美術の授業風景です。学級全員がこの姿勢で真剣に描いていました。音楽・美術・技術家庭・保健体育、この4教科に前向きな姿で取り組める集団は心が育っていると言われます。
 さあ、明日への生徒たちの夢がきこえてきます。
 台風21号の情報・進路に注意をお願いします。

2017年10月19日(木)
人権・同和教育講演会と西中人権宣言

 徳島県人権啓発青少年団体連絡協議会の中倉茂樹さんを講師にお迎えし、人権・同和教育講演会を開催しました。中倉さんご自身の小学校時代から中学校、高等学校、そして現在までの経験や学び、闘いを通して、人が幸せになるために真に大事なことはなんなのか、お話しくださいました。小学校時代に受けたいじめ、さらには中学生の時に仲のよかった同級生の父親の自殺、高校時代の人権集会での部落民宣言、本当の仲間たちのぬくもり等など、ユーモアを交えて熱く語る様子に全校生徒が聞き入りました。
 講演会の導入として、生徒会執行部から14年前(2003年12月)に作られた西中人権宣言が心を振るわせる詩の朗読とともに改めて宣言されました。感動と、また身の引き締まる思いがしました。
 なお、本日の人権宣言と講演会の模様は、大分市テレビ広報番組「いいやん!大分」(TOS)にて12月2日(土)16:00〜16:25放送の予定です。是非、ご覧になってください。

2017年10月18日(水)
2年中間発表会

 中間発表会のねらいは、他クラスの合唱から学び、自らの学級合唱を振り返り士気を高めることにあります。他クラスの歌声に衝撃を受け、「このままでは」と思えたのならばきっと「チャンス」へとつながるはずです。
 合唱コンクールは学校行事の中でも特に、個を大事にしながらも一体感のある学級集団を目指す大切な機会となります。
 2年生の合唱を校区3小学校(西の台小、八幡小、神崎小)の6年生が参観してくれました。その感想では、「学級が一体になっていてスゴイと思いました。」「小学校の卒業式で私たちも合唱をしますが、今日の中学生のように歌いたいと思います。」など、お褒めの言葉をたくさんいただきました。
 さて、当の西中生たち、そして先生たちも今日の出来ではもちろん満足できるものではありません。これから、11月3日の文化発表会本番に向けて、真剣勝負です。

2017年10月18日(水)
3年中間発表会

 合唱コンクールへの出演は、人生で最後になる人も多いのだと思います。3年生はさすがに響く男声、澄み切った女声、本番が楽しみです。
 「こんな3年生になりたい」「私たちも3年生になったらこの歌を歌いたい」後輩たちの憧れの姿をめざして!

2017年10月18日(水)
1年中間発表会

 中学校での初めての合唱コンクールに向けて、30人学級の少ない人数ですが、力の限り頑張っています。

2017年10月17日(火)
最も感動したシーン

 秋雨の中、第32回大分市中学校対抗女子駅伝競走大会と第53回男子の大会が行われました。
 入賞は出来ませんでしたが、女子5区間・男子6区間を見事に完走しました。大分スポーツ公園内道路を使って行われたこの大会では、毎年、素晴らしいドラマが生まれます。
 私が最も感動したのは上の写真の場面です。このシーンは、大分西中男子チームの第6区最終ランナーがゴールするのを選手全員で待っているシーンです。まだ、アンカーである3年生男子の姿は見えていないのに、「い○○○先輩ファイト!がんばれぇ!」の声が絶えずに続いていました。大分西中の素晴らしさはここにあると思ったのです。
 
 夢をめざして走り出す時 みんな寂しいマラソンランナー 声をからして貴方の背中に 僕は声援を送ります がんばれ がんばれ 頼む がんばれ がんばってくれ 海援隊の『声援』の歌詞を思い出しました。

2017年10月16日(月)
体調に気をつけて!

 暑いなあと思っていたら急に寒くなったり、夜は暖かく感じていても朝方は冷え込んだり、この気温変化では体調を崩してしまいます。
 暦の上では既に晩秋の候になっていますが、実質はまさに「気温の変化の激しい季節の変わり目」です。体調に気をつけてという言葉が盛んに使われるときでもありますが、実際にどうすればよいかというと、まず睡眠を十分にとることが大事なのかもしれません。そして、体を冷やさないようにすること。特に今日のような秋雨では、傘をさしていても濡れてしまうことがありますので要注意です。
 生徒たちは、技術家庭科(技術分野)の木工作品制作や社会科の討論など、意欲的に学んでいます。

2017年10月16日(月)
霧につつまれた高崎山
2017年10月13日(金)
市駅伝大会 試走しました

来週、17日は大分市中学校駅伝大会です。
今日は、男女合わせて17名で会場にて試走を行いました。
暑い夏場より本番に向けてじっくりつけた走力・持久力・気力をもとに一生懸命に走ります。
本校職員・生徒の応援の気持ちは一つにまとまっています。
週末はコンディションをしっかり整えて下さい。
選手の皆さんの健闘を祈ります。(教頭)

2017年10月12日(木)
合唱コンクールに向けて

 大分西中学校の合唱には「伝統と実績」があり、生徒たちはそのことを誇りにしています。
 写真は、昼休みに3階の踊り場で男子パートを練習している様子です。通学バスの関係で朝練習が組めない学校事情もあり、生徒たちは限られた時間を効率的に使って、まずは来週の中間発表会を目指しています。

2017年10月12日(木)
3年実力テストと1・2年生授業

 3年生は、ほぼ月に一度実施している「実力テスト」に臨んでいます。テストには、努力の目処となる役割と自らの課題と得意な単元を知る機会とする意義があります。大切なのは「その都度のテストをどう活用するか」であり、生徒たちに繰り返し伝えています。
 右の写真は、2年生の数学科授業の様子です。女子生徒が前に出て、みんなに対し問題の解き方について説明していました。

2017年10月11日(水)
卒業に向かって

 3年生理科の研究授業が行われました。教職員の授業力を高め、生徒たちが意欲的に学習に取り組めるようにと、子どもたちの勉強と同じく、我々も日々研鑽しています。
 単元は「化学変化とイオン」で、例えば「銅」と「マグネシウム」などの異なった金属と溶液によって電池ができる様を、生徒たちは実験により明らかにしていました。それぞれの班での実験・記録・考察など、価値ある課題を追求する1時間でした。
 右の写真は、卒業アルバム用に本日の昼休みに撮影した3年全員集合写真の試し撮りです。わたしも真ん中辺りに写っています。
 卒業まで5ヶ月をきりました。

2017年10月10日(火)
今、学ぶこと

 左の写真は、2年生の技術・家庭科(家庭分野)の「食生活と自立」の学習の様子です。本日は、碩田学園から栄養教諭の先生をお迎えし、生徒たちが自分の食生活に関心をもち、生活の中で食事が果たす役割を理解したり健康によい食習慣について考えたりすることをねらって学習が展開されました。
 この時期に栄養素の種類と働きを知り、栄養の特徴について考えることは、より多くのエネルギーを必要とし部活動や塾、習い事などで食事時間が不規則になることの多い中学生にとって大切なことです。
 右の写真は、3年生男子の保健体育科(保健分野)の授業です。必要なことを学び、しっかりとノート記録しながら考える姿が素晴らしいです。

2017年10月6日(金)
中体連新人戦3日目(言葉は言霊)

 大分西中学校を会場にしてバレーボール女子の準決勝、決勝が行われ、市内4校の選手たちが集まりました。
 部活動の試合会場には保護者会等が作製した横断幕が掲げられ生徒の士気を高めます。写真は本日、本校の体育館に飾られていたものです。
 『集中・融和・全力』の融和とは、「とけて交じり合うほどに仲のよいこと心が通じ合っているさま」。つまりチームワークです。
 『一球渾身』の渾身とは、「体全体(満身)に力を込める」という意味です。
 『One for All All for One』にはいろいろな意味解釈があるようですが、一般的には「ひとりはみんなのためにみんなはひとりのために」でしょうか。
 『粘れ!』粘るとは「あきらめずに根気よく続けること」ですね。
 『努力は裏切らない、自分を信じ仲間を信じろ』という言葉も心を前向きにしてくれます。
 言葉は言霊だと改めて思うのです。

2017年10月6日(金)
言葉は言霊
2017年10月5日(木)
中体連新人戦2日目

 昨日の大分西中学校日記でお伝えしたように、多くの部が予選を勝ち抜き、本日も戦っています。
 左の写真は、学校に残り自習に取り組む1年生の様子です。各教科の学習課題に向かい真剣に臨んでいました。自習とは、「直接の指導を受けずとも自ら学ぶこと」です。自学自習の姿勢を身につけることは、中学生の時期においてとても大切なことです。
 
 「大切なのは、負けるたびに教訓を得ること。人生におけるすべてのことは一つの学習過程なのだから、自分にとって何がベストなのかそこから学びとろうとする姿勢を保持すること。それが、きっとあなたの未来を楽しくしてくれるはず。」

2017年10月4日(水)
中体連新人戦1日目

 心配していた天気も秋晴れとなり、大分市中学校体育大会新人戦が各会場において開催されました。大分西中学校の生徒たちはどの競技においても全力を出し切り戦い、次につながっていく課題を見つけていました。
 写真は、西部運動公園グラウンドでのサッカー部の勇姿と大分西中が会場であった男子バレーボール部の活躍です。どちらの部も予選リーグを勝ち抜く素晴らしい成果をあげています。明日も楽しみです。
 惜しくも敗れたチームは、激励会で伝えたようにこれからの課題を見つめ、また明日から頑張ってくれるはずです。
男子バスケットボール、女子バスケットボール、男子バレーボール、女子バレーボール、サッカーは、予選リーグを勝ち抜き明日のトーナメントに進出しています。剣道、陸上、卓球、ソフトテニス、硬式テニス、体操、バトミントンは引き続き個人戦が行われます。 

2017年10月3日(火)
夢をかなえるための活動を積み重ねていきます

左:5時間目 2年生の教室
2年生は修学旅行の準備で大忙しです。
修学旅行の班別研修コース決めに「ああでもない、こうでもない」と楽しく会話が弾みます。
写真の班は、どうやら意見が一致したようですね。
メンバーの指差す京都での研修場所は・・・・・さて、どこでしょう?
右:5時間目 1年生の教室
本校では文化発表会で披露するステージ画を、全校生徒全員で手作りします。
今日は作制第一日目。一人ひとりがそれぞれの思いを込めて、1ピースずつ大事に貼り合せて行きます。
どちらも生徒の夢をかなえるための活動です。大事にしていきます。(教頭)

2017年10月2日(月)
学校代表駅伝部と激励エール

 明後日10月4日(水)から大分市中体連新人大会が行われます。各部キャプテンからの気持ちのこめられた見事な決意表明があり、剣道部主将と女子バレーボール部キャプテンによる素晴らしい選手宣誓が続きました。
 私からは、「新チームになって3ヶ月、各部ともに努力を重ねてきたことと思います。努力は報われるという言葉ありますが、実際には報われないこともあります。しかし、みなさんが必死に頑張ってきたその事実は揺らぐことはありません。その努力の過程にこそ大きな価値があるのです。負けて悔いなしという言葉もあります。それは全力で戦ったからこそ言えるものです。悔いはないくらいに力いっぱいに頑張った、だからこそ悔しくてたまらないはずです。つまり、負けて悔いなし、しかし悔しさはつのる、そんな大会にしてほしいのです。」と話しました。
 17日に行われる中学校対抗駅伝大会の選手たちの激励も行われました。3年生徒会執行部をリーダーに掛け声と太鼓の音が轟き、全校生徒による激励の声や拍手の音が体育館いっぱいに広がりました。

2017年10月2日(月)
硬式テニス部・バトミントン部・体操部(社会体育部)
2017年10月2日(月)
男子卓球部・女子ソフトテニス部
2017年10月2日(月)
女子バレーボール部・女子卓球部
2017年10月2日(月)
女子バスケットボール部・男子バレーボール部
2017年10月2日(月)
男子バスケット部・男子ソフトテニス部
2017年10月2日(月)
サッカー部・野球部
2017年10月2日(月)
剣道部・陸上部
2017年9月29日(金)
駐車場係り生徒と「青春俳句」(3年生)

 昨日は中教研で大分市内の中学校から250人ほどの先生方が大分西中学校へ来られ、7つの学級にて授業研究が行われました。参観してくださった先生方からは、すべての授業において「生徒たちが生き生きと学んでいる。」「自分の考えをしっかりと発言することができる。」「主体的に取り組もうとする意欲が見られる。」とのお褒めの言葉をいただきました。
 私が感心したのは、他校の先生方をお迎えするために活躍した係生徒の姿です。高崎の交差点に立ち、案内看板を掲げ、行き交う車にお辞儀をしながら大きな声で「こんにちは」と挨拶を続けた2年生男子、駐車場への案内看板を掲げ、とびっきりの笑顔で迎えた2年生女子生徒、そして、グラウンドを行ったり来たりしながら難しい駐車整理を続けてくれた2年生男子、他校の校長先生から「笑顔も挨拶の声もすばらしい!うちの学校も負けてはいられないなあ」と言われるほどの凜とした姿だった受付係りの3年生女子、彼らは「大分西中学校そのもの」です。
 本日で前期が終了します。5月に体育大会を最高の行事に導き、さらに日々の生活を充実させる活動を継続してきた前期生徒会役員の皆さん、お疲れさまでした。さあ、来週から後期がスタートします。
 「夢がきこえる大分西中学校」を全校生徒、全教職員で目指していきます。

2017年9月29日(金)
技術・家庭科と英語科
2017年9月29日(金)
1年生社会科
2017年9月28日(木)
中教研地区集会

本日は、本校で中教研地区集会が行われました。
とびっきりの笑顔と爽やかな挨拶、教師と生徒が共に授業に真剣に取組む姿を見ていただけたでしょうか?
さて、9月もあとわずか。10月からは、中体連新人大会、合唱コンクール、文化発表会、2年生の修学旅行と、大きな行事が目白押しです。
教師と生徒が一体となって、力を合わせながら一生懸命に取り組んでいきます。
保護者や地域の皆さまには、ご迷惑をおかけすることもあると思いますが、ご協力のほどどうぞよろしくお願いいたします。(教頭)

2017年9月27日(水)
中間考査

 本日は全学年ともに2学期中間考査に取り組んでいます。中学校の定期考査は、生徒の日頃の学習状況を評価する重要な機会です。基礎的・基本的知識を問う問題や思考力・表現力を問うものなど、授業で学習した内容について問題のパターンや難易度を変えて出題しています。
 生徒たちには、試験はその後が大切であることも伝えています。理解出来ていないところや覚えていないところ、考え方や取り組み方が分からない箇所などを明確にして、その課題を解決する場面です。さらに、我々教職員が授業内容やその指導方法を振り返る機会でもあります。結果をしっかりと分析し、今後の授業や個別の指導支援に役立てていきます。
 学期末や年度末の評定点については、考査による評価だけでなく、日常授業への「関心・意欲・態度」や家庭学習の取り組み、もちろん作品や実技等などたくさんの観点から決定します。
 朝から降り始めた雨音が聞こえてくる中、生徒たちは真剣な様子で取り組んでいました。

2017年9月26日(火)
修学旅行PTA

 2年の生徒と保護者の皆さまと共に修学旅行に向けたPTAを開催しました。
 今年度の本校の出発日は11月5日(日)と例年よりも早く、3日(金)文化の日には文化発表会を予定していることもあり、事前学習や準備もたいへんです。
 修学旅行の目的は、自然や歴史・文化、産業などに直接ふれて見聞を深めることや集団行動を通して社会や集団の規則や秩序を守って楽しく協力して行動する態度を育成することなどがあげられます。
 生徒たちが寝食を共にする中で互いの心を通わせてずっと忘れられない思い出をつくることも大事な目的でしょう。
 これからの1か月間、2年生は文化発表会と修学旅行の二つの大きな行事に向け並行して取り組んでいきます。忙しく頑張ることは、きっと充実感を膨らませてくれるはずです。私が修学旅行を通して生徒たちにつけてほしい力として話したのは、「状況をしっかりと見つめ、何をどのようにすべきかをよく考えた後に主体的に行動する力」と「思いやりの実践力」です。

2017年9月25日(月)
合唱コンクールに向けて

 学校の二大行事と言われるのが体育大会と文化発表会であり、このうち文化発表会の中心的な活動となるのが合唱コンクールです。取り組む曲が決定してから本番まである程度の時間があり、この期間の練習量、取り組み方で仕上がり具合が大きく変ってくるわけで、この合唱コンクールほどクラスの団結とリーダーの統率力、個人の意識が問われる行事はないとも言えます。
 この行事を通して多くの生徒が成就感や達成感を味わい、その後の学校生活に対する積極性や互いの絆の深まりに発展します。特に3年生にとっては、中学校生活最後の大きな学校行事を学級が気持ちをひとつにして取り組んで一人一人の心に残るものとし、卒業までの学校生活にさらにその後の生き方につなげてもらいたいと願います。

2017年9月22日(金)
校舎を磨く

 今年度4月から本格的に「無言清掃」に取り組んでいます。
 写真は、本日の3−2女子生徒と3−3男子生徒の床磨きの様子です。膝をついた姿勢、固く絞った雑巾で力強く拭いています。これは常日頃の状況です。6時間目終了と同時に鳴り始めるオルゴールを合図に、全校生徒が清掃区域に向かいます。実質は13分ほどの取り組みになりますが、生徒たちは受け持ち箇所の清掃を主体的に行います。もちろん、私たち教職員も生徒と共に真剣掃除を行っています。
 日に日に校舎内外は美しい輝きを増しています。生徒たちがそのことを実感し、母校である大分西中学校をさらに大事に、その誇りを高めてくれることがなにより嬉しいのです。

2017年9月21日(木)
◇お知らせ項目新設

 大分西中学校のHPには毎日およそ100来場がカウントされています。保護者の皆さまや生徒たち、地域の方々等など、これからもたくさんの皆さまにご覧いただけるように工夫しながら更新していきたいと考えています。
 さて、本日からトップページに『お知らせ』の項目を作りました。例えば、先週の台風など自然災害時や何かしら緊急に生徒・保護者の皆さまにお知らせと確認したい場合に、連絡網と併せてHPの「お知らせ」を活用したいと思います。この件については学校通信「西よりの風」においても広報させていただきます。
 右の写真は優勝旗立てと楯・トロフィーの陳列棚です。30年間の生徒たちの栄光が輝いています。(本校玄関奥)

2017年9月20日(水)
大分市中学校対抗駅伝競走大会に向けて

 朝霧にかすむ高崎山を背景に、今朝も駅伝チーム15人程が小雨の中を走っていました。
 顧問の先生方がストップウオッチを手に大きな声で伝え続けるタイムラップに合わせて、走りを速めたり声を掛け合ったり、毎日の努力が続けられているのです。
 一ヵ月後の10月17日(火)に大分銀行ドーム周辺コースにて大分市中学校駅伝競走大会は行われます。男女ともに30チームほどの参加で上位5チームが11月に行われる県大会に出場できます。大分西中チームにとっても一生の想い出となるような白熱した大会になりそうです。
 「本番の試合で辛くて挫けそうなときは思い出せ。西陵の朝陽を浴びながら、高崎山から吹きおりてくる風を感じながら、今までどれほどの距離を走ってきた?前を走るあいつの姿を思い出せ。さあ、ここからが正念場だ。」

2017年9月19日(火)
大分教育事務所訪問

 大分教育事務所から次長さんをはじめ指導主事の先生方が大分西中に来られました。すべての授業(教室や体育館)を参観くださり、生徒たちが学びに向かう姿勢に感心の言葉をくださいました。
 大分西中学校では、今年度、授業のユニバーサルデザイン化で1時間の流れに見通しを持たせ「めあて」や「課題」のある授業に取り組んでいます。さらに、共感的人間関係をはぐくみ生徒一人一人が自己存在感を味わえるようにグループ学習や実験などの体験も多く取り入れています。
 

2017年9月19日(火)
英語(1年)、技術(2年)
2017年9月19日(火)
社会(3年)、数学(3年)
2017年9月19日(火)
英語(2年)、保健体育(1年)
2017年9月18日(月)
校区小学校秋季大運動会 

 敬老の日の今日、昨日の台風が嘘のように晴れ渡った空の下、大分西中校区の神崎小学校では体育協会と合同での大運動会が開催されました。
 児童らと先生たち、そして地域の方々が一体となって真剣に楽しく、そして微笑ましい競技が繰り広げられていました。
 子どもたちは地域の宝であり、地域とともにある学校づくりがなされていることに感激しました。
 西中の生徒たちも地域チームの一員として大活躍していて楽しい時を過ごしていました。

2017年9月15日(金)
台風18号接近に伴う留意点

台風18号が接近中です。本日、以下の内容のプリントを生徒に配布しました。ご家庭で確認をお願い致します。
@17日の全部活動は中止。16日と18日については各部顧問が判断します。
A3連休の過ごし方はご家庭で十分ご留意下さい。状況によっては外出を控えさせて下さい。
B16日にいくつかの高校体験入学が予定されていますが、中止等連絡があれば直ちにお知らせします。連絡がつくようお願いします。
C19日の朝にも台風の影響が残る場合は、できるだけ18日の19時までに判断し連絡網でお伝えします。連絡がない場合は通常通りの登校で給食もあります。
D校区内には冠水する場所もあります。外出時には十分注意を払うように、ご家庭でも重ねて指導願います。(教頭)

2017年9月14日(木)
高校説明会

 3年生徒全員と、希望する保護者の方々を対象にして高校説明会が行われました。
 進路先を決めるにあたり大切な夏休みを乗り越えた3年生は、学習に取り組む姿勢が集団として成長したように感じています。
 雨の中、5校の高等学校から担当の先生がお見えになり、各校の特色を熱く語ってくださいました。

 さて、本日から校区にある八幡宮の仲秋祭です。生徒たちが神様のお荷物を担ぎ、地域の太鼓を敲きます。お天気が心配です。

2017年9月13日(水)
H29文化発表会テーマ

 「宇宙物語」と書いて、「そらものがたり」と読みます。
 後期文化委員長が中心となり全校生徒からテーマ募集を行ったところ、星や月などに関わるものが多かったとのことです。「全校のみんなが主役、ひとつひとつの眩い星のように輝きたい」という願いが込められています。
 11月3日の文化発表会当日を目指して、たくさんの努力や苦労、練習を重ねる中で各々が「物語」を編み、一人一人が星座のように光りを放つ、「宇宙」のような舞台を創造したいとテーマ設定の理由が記されていました。
 これからおおよそ一ヶ月半、どのような「宇宙物語」が生まれるのでしょうか。ご期待ください。

2017年9月12日(火)
教室の黒板は東西南北どの方角に?

今日の全校朝会での校長の話です。

生徒の皆さんの日常の生活には、生徒会の活動が深く関わっています。生徒会は全員の活動です。なかで無言清掃は見事です。伝説になるまであと一歩です。
さて、日本の学校の普通教室では、黒板をほとんど西向きに設置しています。なぜでしょう。
明治時代、教室・窓の向きが規則により、次のように決められていたのです。「教室は長方形で南側に窓を設ける。生徒の左側から光が入る配置になること」
さて、どうして左側から光が入るように配置するのでしょうか。それは右利きの人が、圧倒的に多いからです。左から光が差し込み、手元が明るいのです。実に論理的な考え方です。
しかし、皆さんに考えて欲しいのはここからです。「ちょっと待てよ、これでいいのかなあ」「左利きの人のことは考えてあげないのかなあ」と、とっさに思いませんでしたか。このことに気づくこと、考えてあげられる感性が大事なのです。
文化発表会、合唱コンクール等、これから続く取組の中で、クラスの仲間と話し合ったり、場合によっては対立したりすることもあるかもしれません。真剣に考えれば対立は必ず生まれるものです。その時、「あなたの考えはよくわかるよ。でもね」と言ってあげられるみんなであって欲しいと思います。何も言わないでいる人の思いを想像できる人、そんな人が素敵だなあと私は思います。
(教頭)

2017年9月11日(月)
後期生徒会「専門委員長」

 職員朝礼の前に、後期専門委員長の紹介がありました。
 5つの委員会、10人の委員長(男女)が端的に抱負を話してくれて教職員全員で激励の拍手をしました。
 3月に達成感が味わえるように、日々の活動を大切にして頑張っていきたいという思いが伝わってきました。私からは、「守伝創伝」の年間スローガンを意識し、生徒全員が主体的に活動していくことによって、一人一人の夢がきこえてくる中学校にしていきましょうと伝えました。

 右側は、本日4時間目の1年生美術科授業の様子です。生徒たちが真剣に取り組むそばを、爽やかな秋風が通り過ぎていきました。

2017年9月8日(金)
大分市英語弁論暗唱大会

 大分市教育センターを会場に英語弁論暗唱大会が開催されました。
 大分西中学校からは3名(3年生2人・2年生1人)が出場し、弁論の部・暗唱の部ともに3年生の二人が見事に入賞を果たしました。弁論の部の入賞者は、大分県英語弁論大会へ出場します。引率した本校の先生方からの聞いたところによると、2年生の暗唱も見事であり、来年度の本大会での活躍が大いに期待できる力量があるとのことです。3人ともに緊張する場面で練習してきたことをしっかりと発表することができ、素晴らしいと思います。

 右の写真は、今朝も「出会い坂」の草取りなど清掃活動を継続していた男子ソフトテニス部の様子です。新人戦ではこの取組を礎として必ずやよりよい結果を見せてくれることでしょう。

2017年9月7日(木)
「西中タイム」

 週の火曜日と木曜日の朝8時からの25分間は、「西中タイム」として授業時間としています。
 1年と2年の前期間は、主として読書タイム(国語科)や学級活動・学校行事準備(特別活動)等の時間に充てられます。さらに、「補充・発展学習」など教科授業を行っています。右の写真は今朝の2年生の様子です。

 さて、2年生の学年掲示板には2学期「挑戦」のスローガンが大きく貼られていました。3年生から受け継ぎながらいよいよ全校のリーダーとしての活躍が求められる2年生、生徒会や部活動新人戦、1年半後の入試に向けて、そして修学旅行や文化発表会等々、その全ては「挑戦し続けることによって生まれる失敗の繰り返しによってこそ成し遂げられる、チャレンジあるのみ」と記されています。

2017年9月6日(水)
「緑のカーテン」

 アサガオが可愛らしく咲いています。
 生徒たちの日々の清掃活動や教職員の学習環境整備の継続により、ずいぶんと校内が美しくなっています。
 学習環境の整った学校では、生徒も教職員もそして来校してくださる方々も気持ちよく過ごすことができます。学校生活の場所ですから、子どもの精神面だけでなく学習面にも、美しい環境は大きな影響を与えると考えています。
 右の写真は、正門前に設置された生徒会が管理する「行事黒板」です。2学期も第2週を送っていますが、生徒たちは落ちついた様子で日々過ごしています。

2017年9月5日(火)
救命救急法講習会

 9月9日は、きゅうきゅう(救急)の日です。
 本日の午後、1年生を対象にして「心肺蘇生」や「AED」を用いた講習会が行われました。アルメイダ病院の高倉先生やつざき循環器・麻酔科クリニックの津崎先生をはじめ、たくさん医師や看護師、そして大分市消防局の消防士の皆さま等など、総勢30人を超える専門家が講師として集結してくださいました。そして、胸部圧迫法など、生徒たちが体験から学べるように訓練用人形などを用いて丁寧に教えてくださいました。
 生徒たちは終始、真剣な顔で話を聞き、その大切さを体感しながら実習に臨んでいました。
 けが人や急病人が発生した場合、その場に居合わせた人が応急手当を速やかに行えば、救命効果の向上や治療の経過にもよい影響を与えることは医学的にも明らかです。
 貴重な学びの機会をいただき、本当にありがたいです。

2017年9月4日(月)
てんてつき

 3年生徒会学年目標は、「転轍機」と書いて「ポイント」と読ませるものです。
 転轍機とは、鉄道の分岐器のひとつであり、分岐線が分かれ始める所にある二本の短いレールの向きを変える装置です。
 義務教育終了に向かい、3年生全員でより良い方向へと切り替えていこうという意志なのでしょう。

 本日、3年生は第3回実力考査です。廊下に整然と並べられた鞄に品があります。

2017年9月1日(金)
シェイクアウト訓練
「シェイクアウト」とは、2008年にアメリカで始まった新しい形の地震防災訓練です。指定された日時に、地震から身を守る安全行動をその場で一斉に行います。
 本日は、大分市の一斉訓練日でした。すべての小中学校、幼稚園等でも実施されているはずです。
 大分西中学校は、学力診断テストと給食等の時間設定の関係があり、清掃の後に帰りの会が行われている時間で校内一斉放送にて予告無しで行いました。
 「訓練!くんれん! ただいま、大分県中部地方に強い地震が発生しました。すばやく机の下に・・・」。
 3年生ともなると身体が大きくて机の下いっぱいになってしまいますが、すばやく整然と行動できる生徒たちです。
 
 天災が起きた時に慌てることなく対処できるように、日頃の訓練はとても大事だと考えています。
2017年9月1日(金)
「あいさつ坂」と「出会い坂」

 大分西中学校では、毎月最初の日を「あいさつの日」と位置づけており、青少協や自治会の皆さまが毎朝の交通指導をしてくださっている場所や校門周辺に全教職員が立ち、生徒たちを迎えながら「あいさつ」を交わしています。
 左の写真は正門につながる「あいさつ坂」です。右のそれは南門への「出会い坂」です。
 ほとんどの生徒は徒歩通学であり、金谷迫など遠距離の者のみ許可を出して自転車で通って来ています。生徒たちの「おはようございます!」の大きな声が聞こえてくる時は、なにより嬉しい瞬間です。
 あいさつはしてもされても「気持ちがよい」ものです。そして、あいさつをする時、人は無意識にうちに笑顔になります。暗い顔であいさつをする人はあまりいません。あいさつをすると笑顔が増える、これも大きなメリットです。
 そして、あいさつのすごいところは効果が大きいわりに簡単に始めることができるところです。自分の心ひとつで「あいさつ名人」にだってなれるのです。
 
 大分西中生の笑顔あふれる日々が続いてくれることがなによりの願いです。
 毎朝見守ってくださる地域の皆さま、交通指導、あいさつの声かけ、本当にありがとうございます。

2017年8月31日(木)
職業しらべ

 1年生は、キャリア教育、進路指導の中で「職業しらべ」を行っています。左の写真は本日2時間目、発表会に向けてそのまとめ作業を行っているところです。
 「あなたはどんな仕事に興味がありますか?」といきなり聞かれて、職業名をはっきりと答えられる生徒は少ないのが実情でしょうか。だからこそ大事にしてほしいのは夢や希望です。「将来、こんなことがしたい、あんなことがしたい」という方向性が見えてくれば、具体的な職業を探す指針にもなります。
 
 生徒が、校長室へもインタビューに来ました。「どうしたら校長先生になれるのですか?」と問われましたので、「○○君は、校長先生になりたいのかな?」と聞き返してみました。「いえ、そういうわけではないですがちょっと興味があったものですから。」との立派な答えが返ってきました。
 私からは、「まず、大学で教職員になるための専門的な勉強をして教員免許を取得して、それから先生を採用するための試験に合格して、何十年か働いていく中で、校長先生だけではなくいろいろな道が拓けてくるからそれを選択したり、チャレンジしたりすることかな。」と答えました。そして、ひとつの職業でも決まりきった一本道が定められているわけではなく、途中で方向転換できる場合も多いともいうことも付け加えました。
 この職業しらべや2年生が予定している職場体験などを通して、生徒個々が自分自身の未来に出会うためのヒントを得てくれたら思っています。

 右の写真のように2年生は本日まで課題診断テスト、明日は1年生の番です。来週は3年生、みんなファイトです! 

2017年8月30日(水)
○○の秋

 長かった夏季休業時に各教科の先生から課せられた題(問題や取組)は、どれだけ生徒個々の実力になっているのか、やり直しが必要な部分はどこなのか等を明らかにするために、「課題診断テスト」が行われています。
 本日と明日は2年生の実施日です。8時20分にスタートしたテスト問題に向かい、鉛筆をもち真剣な姿で取り組んでいました。1年生は9月1日、3年生は来週月曜日9月4日に実力テストが予定されています。
 朝、生徒たちを迎えようと校門に立っていると朝陽が真正面から照りつけてきます。生徒たちはその中、流れ落ちる汗を拭いながら登校してきます。しかし、教室には北西からの風も入り幾分涼しくなり、秋が近づいてきたことも感じています。
 1年生の教室では心臓検診の準備として体操服姿で、楽しそうに授業を受ける生徒の様子がありました。
 
 さて、○○の秋と言って思いつくのは何でしょうか?食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋、それから「秋は眠たい」と睡眠の秋などという言葉も聞くことがあります。
 生徒たちが多くのことを体験しながら学び、充実した秋を送ってくれることがなによりの願いです。

2017年8月29日(火)
空き缶回収

 本日登校時、生徒は大きなビニール袋いっぱいのアルミ缶を、大粒の汗をかきながら一生懸命に学校に運び込みました。また、分別用のフレコンバッグに詰込む作業や片付け清掃等もクラス全員で協力して行いました。
 この活動は整美委員会を中心に、夏休み前より計画的になされたものです。
 回収にあたり保護者・地域の皆さまには、ご協力いただきありがとうございました。収益金は本校生徒会の運営に役立たせていただきます。 (教頭)


2017年8月28日(月)
駅伝早朝練習

 今年度の「大分市中学校対抗駅伝競走大会」は、10月17日(火)の開催が予定されています。
 この大会はその大会名のとおりに「学校対抗」であり、学年や部活動などの枠を超えて学校ごとに男女1チームずつが組織されて、大分銀行ドーム周辺コースにて行われるのです。
 大分市上位5位までのチームは、久住高原マラソンコースで開催される大分県大会に出場します。過去の大分西中学校駅伝チームは輝かしい結果を刻んできました。県大会を勝ち抜き、九州大会出場を果たした年もありました。
 
 早朝練習がすでに始まっています。1年生から3年生までの精鋭の選手たちは西中グラウンドの面積ギリギリに引かれた白線の外を15周から20周旋回しています。
 真っ直ぐな情熱と柔らかな笑顔を見せてくれるこの生徒たちにとって、忘れられない大会となるよう、しっかりと支援をしていきたいと思います。

2017年8月25日(金)
平成29年度2学期始業式

 わたしからは、2学期を迎えるにあたり次のようなことを伝えて式辞としました。
 「一つ目は、夏休み中にもいろいろな場面で大分西中生は活躍し、たくさんの方々からその頑張りについて賞賛されたということです。
  二つ目は、今日から始まる学期は1年でも最も長く充実できる時です。夏休み終了までの自分の姿に悔いが残る人がもしいるならば、その反省や失敗を糧として『心のリセット』を一度行い、未来を見つめ明るく前向きな気持ちでスタートしましょう。
 1年生は、自分なりの勉強、自分なりの学級や学年での貢献、なによりもクラスが一丸となるように友だちとの心をしっかりと繋げてください。
 2年生は、すでに部活動など全校リーダーとしての活動が始まっています。先輩から伝統を受け継ぎながら、全校を見通した立場での活躍を期待しています。修学旅行も目の前です。
 3年生は、これまで西中のリーダーとして申し分のない活躍をしてきました。生徒会日常活動などの質をさらに高め、もう一度全校をリードして学校全体を引き締めてください。文化発表会も「伝説」となる姿を見せてください。そして、受験は団体戦、繰り返しますが今日からが新しいスタートです。毎日を大切にして必ずや進路希望を達成しましょう。
 三つ目は、1学期終業式での話を思い返し、地域の方々へのあいさつ、そして『凡事徹底』、当たり前を磨き続けることに継続して努力していきましょう。その頑張りは必ずみなさんの人格を高めてくれるはずです。
 この2学期、みなさんが未来に向けて努力していくこと、この学校のことがさらに大好きになり、一人一人の『夢がきこえる大分西中』に近づいていくことを目指しながら2学期始業式の式辞とします。」

 学年代表の生徒たちは、夏休みに頑張ったことと2学期に向けての決意を堂々と表明してくれました。
 

2017年8月25日(金)
活躍の軌跡

 2学期始業式後に夏季休業期間中にいただいた優勝旗や賞状・メダル等の伝達表彰式を行いました。

2017年8月24日(木)
明日から2学期

 7月21日からスタートした夏季休業の35日間が終了します。
 生徒たちは、「それぞれの夏」をたくましく過ごし、さらに成長していることでしょう。
 小林一茶の俳句に、「涼風の曲がりくねって来たりけり」とあります。一茶の俳句にはユーモラスなものも多くあるのですが、意訳してみると、「奥のほうにある我が家へやっと辿り着く涼しい風は、途中、なんども曲がりくねってやってくるのだろうか」という意味だと考えます。涼しい風を顔や身体に受けたときに「ふっと」感じたことなのでしょうね。中庭を囲む西中校舎を仰ぎ見ながら、そんなことを思い出しました。
 明日も暑くなりそうですが、生徒たちの「我が学び舎♪」は、「朝日輝く西陵♪にそびえ立ち♪」、主役たちの登場を待っています。
 「31年間の伝統を守り、後世に語り継がれる伝説を創る」2017年生徒会スローガン、『守伝創伝』です。

2017年8月22日(火)
全中総合文化祭&2年学習相談日

 左の写真は、8月17日、18日と神奈川県で開催された「第17回全国中学校総合文化祭神奈川大会」に大分県代表として参加し、見事な演技によって表彰された本校の2年生です。大会の報告に来てくれました。

 そして、本日から2年生の学習相談が始まっています。たくさんの生徒が登校してきて、夏休み課題の仕上げや2学期スタートに向けて頑張っていました。
 いよいよ夏休みも本日を入れて残り3日間です。

2017年8月21日(月)
診断テスト様子1と3年生靴箱(19日)

 8月19日(土)には平成29年度中学校3年生学力診断テスト第一回目が行われました。
 この診断テストは、中学校長会、県教育委員会、県教育研究会教科部会等で構成される実行委員会の主催で実施されています。
 実施の趣旨は、進路選択に当たり高等学校等に進学を希望する生徒や保護者の皆さんに、進路選択の参考となる客観的な進路資料を提供することにあります。さらに、進路学習に対するデータなどの提供によって、義務教育最終学年としての学力の維持・向上を図ることを目途としています。
 年に2回の実施が計画されていて、第2回目は11月11日(土)の予定です。

 大分西中3年生は、来春の公立高等学校入試と同じ教科順番で理科からスタートした試験に、真剣な眼差しで取り組んでいました。
 久しぶりに揃っている靴箱を見ると、生徒たちの未来への夢がきこえてきそうです。

2017年8月21日(月)
診断テスト様子2と3年進路コーナー
2017年8月21日(月)
診断テスト様子3と美術作品ポスター
2017年8月17日(木)
All’s well that ends well

 1学期終業式の日にはこれから始まる夏季休業は長いと感じていましたが、それも終わりの時が近づいてきました。
 25日(金)には2学期のスタートを迎えます。
 「命に過ぎたる宝なし」と言われますが、まさにそのとおりであり、現在のところ大きな事故や事件なく生徒たちが元気に「ゆく夏」を過ごしてくれていることに感謝しています。
 明後日19日の中3学力診断テストをひとつの目処とし、そのラストスパートの本日の学習相談にはたくさんの3年生が登校してきました。
 
 そして、酷暑の体育館、グラウンド、練習の教室ではじっくりと取り組めるこの時を幸いとして、集中して部活動が行われています。生徒たちの健康安全を第一義として、顧問の先生が必ず付いて指導と見守りにあたっています。
 秋の新人戦や2学期の文化発表会等々、この成果はきっと発揮されることでしょう。

2017年8月17日(木)
吹奏楽部 & 野球部 & サッカー部
2017年8月17日(木)
ソフトテニス部 & 卓球部
2017年8月9日(水)
1年生登校

 朝、7時20分過ぎから続々と1年生が登校してきて、日焼けした顔で元気よく「おはようございます。」と挨拶をしてくれました。
 子どもたちと挨拶を交わしていると、不思議なことに私の心にエネルギーが蓄積されていきます。「元気をいただく」とはこのことなのだと実感しました。
 それぞれの教室では生徒たちの主体的な答え合せや先生たちによる課題点検などが行われていました。短い時間ではありましたが、中学校における初めての夏休みを過ごしている1年生にとっては有意義な機会になったことでしょう。
 2年生は、22日(火)から3日間予定されている学習相談日を活用できるよう、それまでに一応の課題終了を目指してほしいものです。中学校時代も折り返し地点を迎えます。何事にも積極的に取り組もうとする意欲を持続してほしいと願います。
 3年生は、いよいよ「中3学力診断テスト」第1回目が10日後に近づいています。この試験はその昔、「全県模試」と呼ばれていたものに重なります。学習相談日の生徒たちの真剣な様子を見ると、本格的にエンジンがかかってきたことを感じています。体調に気をつけながら、どうか受験の夏に打ち勝ってください。

2017年8月7日(月)
台風5号関連の連絡

 昨日6日は台風5号の影響を鑑み、大分西中校区小学校及び近隣の中学校との連絡を取り合い、平和集会等を予定していた登校日を取り止めました。
 今後、生徒個々・ご家庭での予定を考慮すると新たに全校登校日を設定するのは難しいと判断しています。
 しかしながら、1年生については中学校へ入学して初めての長期休業ということもあり、宿題提出や空き缶回収についての連絡など、短時間で一律に指導支援することが必要であると考えました。そこで、本日7日に学年ごとに次のように連絡を回しますのでご確認ください。
【1年生】
 8月9日(水)8:00に、『6日に持って来る予定だった全ての物』を持ち、全員登校してください。1時間程度9:00には終了の予定です。
【2年生】
 8月25日(金)始業式の日に全ての宿題等提出物の点検をします。併せて、学習相談日として設定している22日(火)〜24日(木)に登校可能な生徒は参加してください。
【3年生】
 8月19日(土)中3学力診断テストの際に、『6日に提出するはずだった全ての課題』を持ってきてください。

2017年8月7日(月)
広島被爆から72年

 広島は6日、被爆から72年の「原爆の日」を迎えました。爆心地に近い広島市中区の平和記念公園では午前8時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれ、約5万人が犠牲者の冥福を祈りました。広島市長は平和宣言で「核兵器のない世界」に向け決意を新たになさっていました。
 昨年、一昨年と私は前任校の修学旅行の引率で広島の平和記念公園を訪れ、原爆ドームや資料館などを見学しました。原爆ドームは訪れるたびに畏怖、悲しさ、苦しさ、決意、未来、希望等々いろんな感情が混ざったものを感じます。この場所を中心にして、一瞬にたくさんの方々が亡くなったとは考えられないくらいに、目の前の川の水のごとくにゆったりとした時間が流れていました。平和記念資料館では数々の遺品などを見ながら胸が張り裂けそうになりました。私たちはこの8月6日そして8月9日を忘れず、平和は何ものにもかえがたいものであることを心に刻んでいかねばなりません。

2017年8月4日(金)
大分西中校区小中合同夏季研修会

 標記の研修会が本校を会場として行われ、神崎小、八幡小、西の台小、大分西中4校70人ほどの先生方が集いました。
 小中連携(一貫)は大分市教育委員会の重点施策であり、児童生徒の学びや発達を見据えて小中が連携して取り組むべき教育内容や指導方法、今後の方向性などについて協議することにより子どもたちの健やかな成長を図るものです。
 本日の研修のはじめには大分市教育委員会人権・同和教育課の高橋指導主事から「部落差別解消推進法(平成28年12月告示・施行)」などについてのご講演をいただきました。現在もなお存在する部落差別を認識し、基本的人権の享有を保障する憲法の理念に則り、部落差別は決して許されないものであることを再認識したところです。高橋先生の心のこもった話をお聞きしながら、目の前の生徒たちに対し人権教育を継続して行っていく使命を強く感じました。
 その後には、「学習指導」「生活指導」「特別活動」「特別支援」の4つの部会に分かれ、各部会における指導支援の系統表を作成するなど、9年間を見通した教育について考える有意義な時間をもつことができました。

2017年8月4日(金)
4校先生方の熱心な協議
2017年8月3日(木)
新チーム始動と3年質問教室

 3年生の部活動が終了し、2年生・1年生での部活動が始動しています。
 チーム目標、個人目標を定めてまずは基本技術の習得などを目指しています。
 中学校における部活動については、教育課程外の活動であるものの、学校教育活動の一環として中学校教育においては大きな意義や役割を果たしています。生徒の自主的、自発的な参加により行われる部活動ですが、スポーツや芸術・文化などに親しませ、学習意欲の向上や責任感、連帯感の涵養などに資するものとなります。卒業生たちが想い出として語るのも、部活動での場面が多いのは言わずもがなでしょうか。
 
 3年生は質問教室での真剣学習に取り組んでいます。来春をめざし3年部の先生方とともにひたすらに頑張る様子は、この暑さをも感じさせないものです。

2017年8月3日(木)
ソフトテニス部
2017年8月1日(火)
九州大会へ

 本日の午後、ホルトホールにて「大分市中学校九州大会出場激励壮行会」が行われました。
 大分西中学校からは見事に県優勝を果たしたテニスチーム代表3名と顧問の先生が参加しました。
 本年度の硬式テニスの大会は福岡県を会場に、8月5日が団体戦、6日から個人戦の予定です。
 夢実現をめざし、溌剌と頑張ってくれることでしょう。

2017年7月31日(月)
「金賞」

 第54回大分県吹奏楽コンクール中学校の部において、本校吹奏楽部は見事に「金賞」を受賞しました。
 3年ぶりの快挙です。
 課題曲 マーチ・シャイニング・ロード
 自由曲 バレエ音楽「ドン・キホーテ」より

2017年7月28日(金)
「県体」最終日

 大分県総合体育大会最終日を迎え、満を持して男子バレーボール部が大分市優勝の誇りを胸に登場しました。このうだるような暑さの中、残念な結果となりましたが、彼らがいつの時でも笑顔を見せて声をかけミスをカバーし合う姿勢には、今日も感動の連続でした。
 素晴らしい伝統をまたひとつ重ねた3年生、顧問の先生、保護者会の皆さま、ほんとうにありがとうございました。必ずや2年生・1年生が多くのものを受け継いでいきます。
 体操では2年生女子生徒が段違い平行棒に素晴らしい演技を見せていました。さらに、剣道、バトミントンも汗をいっぱいかきながら、力いっぱいに戦っていました。
 「玉磨かざれば光なし」という言葉があります。素晴らしい才能は、切磋琢磨してこそ光を放つものなのかもしれません。
 昨日、県1位を決めた硬式テニスはダブルス個人戦で準優勝という快挙を成し遂げています。

 そして、下の写真は「大分県吹奏楽コンクール」の演奏直後の様子と記念パンフレットです。午前の部の最後を飾り、大分西中吹奏楽部の繊細で美しい音色がグランシアタいっぱいに響き渡りました。
 本校は他校と比較すると若干少ない人数なのですが、迫力も決して引けをとらず、細やかなその音は秀悦でした。審査結果は19時頃ということです。他校の素晴らしい演奏も聞かせてもらいながら、生徒たちは金・銀・銅という結果から得るものよりも、吹奏楽を通してもっと価値のある大切なことを学んでいるのだと確信しました。
 吹奏楽部員の生徒たち、保護者の皆さま、顧問の先生方、そして、休日も音を響かせ日頃からご迷惑をおかけしている地域の皆さま、ありがとうございました。

2017年7月28日(金)
第54回大分県吹奏楽コンクール
2017年7月27日(木)
男子テニス優勝

 団体チームで見事に県一位に輝いた硬式テニスチームの面々です。
 一回戦から決勝戦まですべてが3対2という接戦を勝ち抜きました。他校と比較して決して大柄ではなく、どちらかと言えば小さな生徒が多い中で、最後まで諦めずにボールを追い続けてこの栄冠を勝ち取りました。選手の皆さん、ご家族の皆さま、顧問の先生、おめでとうございます。
 九州大会は福岡県で開催される予定です。大分県の代表としてますます頑張ってくれることでしょう。

2017年7月27日(木)
開会式行進

 本日も熱戦が続いています。
 テニス男子団体が優勝し、九州大会出場を決めました。
 ソフトテニス男子団体も一回戦を突破しました。
 写真は、昨日の開会式入場行進です。他校HPから写真を拝借しています。黄色の団旗を持つのは本校生徒です。

2017年7月26日(水)
第55回大分県中学校総合体育大会

 騎手である本校男子バレーボール部主将を先頭に大分市チーム(男子バレーボール部員参加)が開会式で行進しました。
 本日から熱戦がスタートし、正午前には「だいぎんスタジアム」にて軟式野球1回戦が行われました。「惜敗」という言葉ありますが、文字のままの意味では僅差の負け、惜しまれる敗北ということになるのでしょう。確かに4対6という僅差でありましたが、私は惜しまれる敗北とは感じませんでした。なぜなら、主将を中心にそれこそ一丸となって練習を重ね戦ってきたチームワークを誇り、部活動を通して大きく成長した生徒たちを心から讃えたいと思えたからです。保護者の方々はもちろんのこと、学校評議員さんや地域の方々、前教頭先生(現校長先生)や西中野球部の顧問だった先生方、現3年の担任の先生方などたくさんの応援の方々も惜しみない拍手をおくっていました。保護者の皆さま、応援してくださった全ての方々、そして選手たち顧問の先生方に感謝します。
 
 さて、他種目の試合予定は、ソフトテニス男子個人戦が本日と明日午前中、そして明日27日午後からいよいよ団体戦で会場は「だいぎんコート」です。
 硬式テニスの団体戦は本日午後からで、明日・明後日と個人戦が駄原球技場で行われます。
 男子バレーボールは城東中学校を会場に28日9時が初戦です。
 剣道は個人戦28日午前中で会場は大洲総合体育館、陸上はだいぎんドームで明日27日共通女子砲丸投げが11:00、1年100Mが13:35です。体操は南大分体育館にて28日の13:40〜15:40の競技予定です。バトミントンは明日27日13時以降にコンパルホールでの試合予定です。
 
 そして、本日中庭でもパート練習を行いながら仕上げに取り組んでいる吹奏楽部は、いよいよ明後日28日グランシアタにて11:30演奏開始の大分県吹奏楽コンクールに臨みます。

2017年7月26日(水)
28日(金)大分県吹奏楽コンクール
2017年7月24日(月)
大分市選手団結団式

 7月26日(水)から開催される「第55回大分県中学校総合体育大会」に大分市代表として出場する各中学校の選手代表がコンパルホールに集まり、大分市選手団結団壮行式が行われました。
 27校の市立中学校と3校の私立中学校、国立大学法人附属中学校、県立中学校の計31校が参加し、来賓として三浦教育長をお迎えして厳粛で清新な式となりました。
 今年度の中学校県体には、大分市から男子選手1000人、女子選手755人の計1755人の出場ということです。
 そして、市営陸上競技場で行われる開会式で大分市選手団旗を持ち先頭を歩くのは、大分西中男子バレーボール部の加嶋主将です。本日の式の中で大分市中学校体育連盟の工藤稙田南中校長からその団旗が加嶋君へ授与されました。これは極めて名誉なことであり責任も重大です。副主将の八田君と顧問である長野先生もその勇姿を頼もしく誇らしげに見つめていました。
 さあ、大分西中(バレーボール部男子、ソフトテニス男子、軟式野球、テニス、剣道、体操、陸上、バトミントン)がんばろう!

2017年7月20日(木)
1学期終業式

始業式より3ヶ月と10日余りが過ぎました。体育大会、市総体など大きな行事が続きましたが、どれも感動を呼ぶもので、次につながる活動を作り上げることができました。日常生活においては、今年度の2つの生徒取組の、「ノーチャイム」「無言清掃」は、概ねよくできました。しかし、まだめざすべき『伝説の域』に達したとは思えません。大雨の日でも登下校時の交通指導等でお世話いただいている、地域の方々への挨拶や会釈も同様です。当たり前のことを当たり前に行う。心を込めて。それが人としての道であり、自分や集団を向上させることにもつながります。日常が高まれば全体の力も高まるのです。2学期の皆さんの取組を楽しみにしておきます。
さて、明日から夏休みです。事故ゼロ、事件ゼロ、非行ゼロで過ごして下さい。自分の命は自分で守る。自分の行動は自分で律する。8月25日にまた元気に全員で会いましょう。いい夏にして下さい。

2017年7月19日(水)
授業研究

 大分西中学校では先生方の授業力をさらに高め、生徒たちが学びに向かう意欲をもって臨め、誰もがより良くわかる授業を目指しており、その一環として互見授業を実践しています。これは、教科の垣根を越えてお互いの授業を参観し合い、良い点や効果的な学習活動などを交流し、各々の授業に取り入れて充実させていくという取り組みです。さらに、授業アドバイスをし合う学びの場という意義もあります。
 終業式前日の本日は、2年生の教室で英語科の授業が行われました。生徒たちは大きな声で発音しながら、重要単語である「must(〜しなければならない)」などについて、避難訓練場面の想定で学んでいました。
 互見授業ではそれぞれの教員が担当する教科の授業とはまた違った生徒の様子を見ることもでき、一人一人の生徒を理解することにも役立ちます。
 ALTのクリス先生は1学期末で異動になり、9月からは大分市内の別の中学校での勤務となります。
 大きな身体で優しく細やかな心をもった素晴らしい先生です。クリス先生、ありがとうございました。

2017年7月18日(火)
ビックスマイル

 技術の授業で生徒たちが育てた「ビックスマイル」と呼ばれる草丈の短いミニひまわりです。この花はポットやプランターでの栽培が可能で、草丈50cmくらいで日長の影響をあまり受けずに2ヶ月間前後で開花する早生品種です。1学期中に種まきから栽培までが可能で、学習の過程としては、作物がよく育つ環境を調べ、栽培に適した土つくりを行い、よい苗を育てて植え、定植したなら日々の手入れをしながら育ちの観察をするという流れでした。
 植物も動物も命を育てる学習はたいへん意義深いものです。生徒の中にはうまく育てることが出来ずに残念そうにしている者もいましたが、その経験はきっと今後に生かされていくはずです。
 15日の高崎夏祭りから、西中校区でのお祭りが行われています。次の土日も予定されていますが、昔も今も子どもたちにとっての地域のお祭りは心浮き立つものなのでしょう。各自治会をはじめ、ご準備なさる方々に感謝申し上げます。

2017年7月13日(木)
書写と水泳

 左の写真は本日の1年生書写授業の様子です。書写の授業時数は、1年生と2年生では年間20単位時間程度、第3学年は10単位時間程度です。国語科の学習領域である「話すこと・聞くこと」、「書くこと」、「読むこと」及び「伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項」の内容と関連させた計画になるように工夫をして実際に取り組む内容を定めます。そして、周りにある文字文化に親しませながら実際に社会生活や日々の学習活動に役立つような学びとなるように配慮しています。
 
 保健体育科の水泳授業はこの時期毎日行われています。小学校では段階的に低学年の「水慣れ遊び、浮く・もぐる遊び」から中学年の「浮く運動、泳ぐ運動」、高学年の「クロール、平泳ぎ」と幅広く水泳に関する動きの学習をしてきています。
 そして、中学校では小学校の学習を受けて泳法を身につけ効率的に泳ぐことができるようになることを目指すわけです。先生の指導のもとに生徒たちは様々な泳ぎ方に挑戦している様子があります。
 泳いでいる姿は、この暑さですからとにかく気持ちよさそうです。

2017年7月12日(水)
学校評議員会&学力向上会議

 平成29年度第1回の学校評議員会と学力向上会議を開催しました。
 5人の評議員さんと校区3小学校の校長先生方、そして本校PTAの会長さん副会長さんがご参会くださいました。
 学校経営方針を説明するとともに、すべての学級の授業を参観いただき、次のようなご感想をお話しくださいました。
*授業に向かう子どもたちの姿勢がどの学年も素晴らしい。*学校の中の清掃が行き届いていて校内が美しい。 *先生方の授業に工夫がある。 *先生たちが学校として同じ方針、同じ方向で生徒たちを教育していることが感じられた。 等々です。
 残すところ後1週間、「夢がきこえる大分西中」の1学期締め括りです。

2017年7月11日(火)
後期生徒会役員立会演説会

 早くも後期の生徒会役員選挙が行われました。日常活動の充実、文化発表会や修学旅行の成功を目指し、生徒たちが目的と見通しを持ちその達成に向けて主体的、計画的に取り組んでいけるように例年よりも早く設定しています。
 選挙活動は限られた日数でしたが、立候補者と応援者は、本日まで朝の選挙運動や昼の放送等で公約を伝えてきました。そして、本日の立会演説会ではどの立候補者も詳しく自分の考えを演説することができました。
 生徒会役員選挙の取り組みでは、生徒会活動に対する意識を高め、民主的な組織作りの方法を体験することも大きな目的のひとつです。暑さが増す体育館でしたが、ステージ上に立つ者は「当たり前のことが当たり前にできる西中の継続」「文化発表会の成功を目指して」とその具体的な活動内容を訴えていました。
 演説を聴き、投票する生徒たちの様子もしっかりしていました。選挙管理委員会のスムーズな進行のおかげです。

2017年7月10日(月)
自分自身にできること

 「防災講演会」が全校生徒と保護者を対象に行われました。
 講師は、本校の同窓生であり大分市保健所に勤務されている保健師さんです。東日本大震災や熊本地震の際にも各県要請に基づいて現地に赴き、避難所で生活される方々の支援にあたられたとのことです。暑い中での講演になりましたが、生徒たちに「災害に備えて自分自身にできること」として伝えてくださったのは次の3点でした。
1.日頃から、自分のことは自分でできるようにしておくこと。
2.指示待ちではなく、今、何をしなければならないかに気付く自分になること。
3.周りが見える人になり、困っている人に積極的に声かけできること。
 結局は、普段の生活で出来ていないことは、緊急時、簡単にできるものではないということなのです。地域においての中学生の役目も考える場面もあり、とても有意義な時間となりました。

 さて、先週7日(金)に地域の方から一本のお電話をいただきました。「大分西中の生徒さんが、私が落としたバスカードを拾い、わざわざ家まで届けてくれてとても助かりました。」という内容でした。親切心は、まさに災害時には必要なことかもしれません。それは世の中に少なからず影響を与えてくれるものです。
 七夕の日の素敵な出来事でした。

2017年7月7日(金)
基礎基本の徹底

 左の写真は2年生国語科授業の様子です。文法学習で「活用のある単語」動詞・形容詞・形容動詞の学習を行っていました。「動作を表す言葉で、語尾を伸ばしてみるとウ段になるのが動詞だよ。例えば『遊ぶ』という言葉はどうだろう?あそぶー(ウ)とウ段になり、動作を表すよね。こういう単語を動詞って言うんだ。」と分かりやすい説明がなされて、その後にいくつかの例題を出しながら基礎基本の習得が図られていました。中学校に入って一番最初に習う文法事項は「文節」と「単語」です。高校の古文で出てくる「品詞分解」と呼ばれる作業の最も基礎的な部分です。
 大分西中学校の先生たちは様々な手立てを用いて、生徒たちと共にその意欲を喚起させながら分かりやすい授業を創造しています。
 右は、1年英語科の授業黒板です。Friday July7th rainy 見やすく学びやすい板書です。
 教室や体育館で、生徒たちは今日も前向きに学習を積み重ねています。

2017年7月6日(木)
はばたけ西中

 写真は、大分西中学校のシンボルでもある正面時計です。「はばたけ西中」の横断幕がシースルーしています。それにしても生徒たちのいない学校は寂しいかぎりです。

 さて、昨夜から繰り返されていた「特別警報」とは、最大級の警戒が必要な状況です。その特別警報は、14時10分に「大雨警報」にやっと切り替えられました。
 大分西学校は高台にあり、土砂崩れや鉄砲水、突風などが心配されます。校区3小学校および隣接の王子中学校と協議して本日は臨時休業としました。現在のところは大きな事故などの報告はなく、どうかこのまま過ぎてほしいと願ってやみません。
 
 気象庁は、「特別警報」について次のように記しています。
 『大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけます。これに加え、警報の発表基準をはるかに超える大雨や大津波などが予想され、重大な災害の起こるおそれが著しく高まっている場合、「特別警報」を発表し最大級の警戒を呼びかけます。特別警報が対象とする現象は、18000人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災における大津波や、我が国の観測史上最高の潮位を記録し、5000人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらし、100人近い死者・行方不明者を出した「平成23年台風第12号」の大雨等が該当します。・・・特別警報が発表された場合、お住まいの地域は数十年に一度の、これまでに経験したことのないような、重大な危険が差し迫った異常な状況にあります。ただちに地元市町村の避難情報に従うなど、適切な行動をとってください。・・・』と。日田市や朝倉市などの被災に心痛み、お見舞いを申し上げます。明日は大分西中生434人が元気に登校できますように。

2017年7月5日(水)
授業始めと終わりのあいさつを爽やかに

 多くの中学校で行っているように大分西中学校においても授業の始まりと終わりに、生徒たちと先生とで挨拶を交わしています。
 「起立」の号令で立ち、「礼」でおじぎをし体を起こし「お願いします。(ありがとうございました。)」「着席」の号令という流れです。
 このようなことも一つひとつの動作をはっきりとメリハリをつけることで、学びの時間に入るケジメとなります。さらにこの暑さ、50分の授業は生徒たちにとって大変な時もありますが、「己に克つ」、暑さに負けずに頑張るという自分への気合い入れでもあります。
 「元気」+「礼儀正しい」+「きびきびとメリハリ」=『爽やか』な姿なのです。

 右の写真は、3年生理科の「顕微鏡観察」です。真剣に覗き込み、班で確認しながら記録していく様子が微笑ましかったです。

2017年7月4日(火)
篆刻(3年美術科)

暑さの増していく午後からの授業でしたが、生徒たちは一生懸命に石を削っていました。
天然の高麗石を使用し、自分自身の印章をつくる学習活動です。天然の石ならではの世に二つとない模様と、自分がデザインしたオリジナルの立体が融合し、文字通り世界に一つだけの作品となります。
人は本能的に美しいものを手元に置きたい、美しい環境に身を置きたいという気持ちをもっています。美術の授業では、その美しいものを生み出す方法を学び、美しいものを美しいと感じる心を育てています。その創造活動によって育まれる豊かな情操は道徳性の基盤を養うものであり、豊かな情操を育てることは美術そのものです。

台風3号が通過しました。現在のところ、何事もない様子です。但し、生徒たちには帰り着くまで気を抜かずにいてほしいし、私たちもこの後、生徒指導部を中心に通学路の見回りを行います。
右の写真は、台風通過あとに3階東側から撮影した市内の風景です。台風一過という感じではありませんね。

2017年7月3日(月)
大分市平和都市宣言

 大分市では、昭和59年12月24日に「核兵器の廃絶と世界の恒久平和」を希求し、平和都市宣言を行いました。大分西中学校が開校する3年前のことです。
 私たちは若さあふれる生徒たちとともに、平和へのバトンを世界中の人々の未来へつないでいく努力を継続することが大切です。

 明日の台風3号、大きな影響がないとよいです。
 生徒たちには、「台風3号接近に伴う対応について」のお便りを渡していますのでご確認ください。

2017年6月30日(金)
避難訓練

避難訓練での教頭の話です。
大分県中部で地震が起きたとの想定で、避難訓練を行いました。避難開始から4分前後で人員確認まで終了する、すばやい行動が今回もできました。しかし今日は、あくまでも前もって知らされていた訓練です。本当の大災害がいつ起こるかはわかりません。普段の授業中だけでなく、登下校中や部活動中、または修学旅行中に大地震が来るかもしれません。災害の災の字は、火によって道が塞がれ動きが取れない様子を表しているといいます。想像してみて下さい。実に恐ろしい場面です。どのような状況であっても、慌てずに自分や周りの命を守っていくことがなにより大切です。今日は、そんな心構えで避難訓練に臨みましたか?

2017年6月29日(木)
期末考査1日目

 廊下にズラッと、そして丁寧に並べられた鞄。この光景は、半年後には高校入試を迎える3年生の教室前です。定期テスト、実力テストともに定められたモノ以外持ち込み禁止の状況での真剣勝負です。
 右の写真は初めての期末テストに緊張しながら、首をひねりつつ鉛筆を走らせる1年生です。
 今日から1学期末考査が始まりました。明日までの2日間、日頃の学習の成果が存分に出せるよう、ご家庭でも協力をお願いします。
 「ノーチャイム」を継続している西中に、テスト開始と終わりを告げるチャイムが久しぶりに鳴り響いています。

2017年6月28日(水)
定期考査前日

 今週は定期テスト前で部活動もお休みとなり、生徒たちは日々、計画的な家庭学習を積み重ねていることと思います。
 左の写真は2年生の生徒会掲示板です。各教科の先生方に「テストに向けてのアドバイス」をインタビューし、模造紙にまとめていました。
 例えば、理科では「黒板に黄色で書いた用語は正確に書けるように」、社会は、「歴史人物をピックアップし、いつどこで何をした人物かをまとめる」、家庭科では、「食事の役割、五大栄養素、六つの基礎食品群など」が載せられていました。
 
 中学校における中間テストや期末テストなどのいわゆる定期考査は、最低限の基礎・基本が身についているかどうかだけではなく、その基本を応用問題で使いこなせる思考力があるか、記述式の問題で文章として書ける表現力はどうかなど、それぞれの細かな項目についての発展的な内容まで出題されます。もちろん、日頃の授業を大事にして、家庭学習では内容を整理しながら知識として暗記するとともに、応用的な問いに対しての疑問点を積極的に質問するなどの取り組みが大切です。

 右の写真は、普段は練習開始時間などが記される「部活動連絡黒板」です。「テストにがんばれ!」との励ましの言葉であふれていました。

2017年6月27日(火)
時を守り、場を整え、礼を正す

集団で共に生活する場をよりよくしようと思えば、まずこの3つから始めるとよいということは、よく言われます。
時を守りとは、当然ながら時間を守ることです。本校生徒会は、先週5日間を7時50分生徒昇降口通過強化Weekと銘打ち、各クラスの専門委員全員が校門や昇降口に立ちました。日常では8:00の活動開始時に自席についていることが約束であり、そのために7時55分昇降口通過を目途としています。先週はさらにそこから5分前倒しして、時間を守る取り組みを推進したのです。
高台にある西中には八幡や春日、生石など、長くて急な坂を上ってくる生徒が多くいます。それでも、生徒たちの自主的活動として率先して取り組むことに意義があり、雨降りでもカンカン照りでも、生徒総会で自分たちで決めた活動内容を実践しようと努力することが素晴らしいのだと思っています。
写真はある学年の結果ですが、日が進むにつれて生徒たちの頑張りが増していることが感じられます。
場を整えとは、掃除をすること、学習環境を整理することです。足元、目の前のゴミを拾うことも場を整えることです。
礼を正すとは、あいさつをすること、返事をすることです。挨拶の意味は心を開いて相手に迫るということ、挨拶をすれば人間関係は必ずよくなるはずです。
生徒たちが学校において、社会生活にも通じていく大切なことを学んでくれたらとても嬉しいです。

梅雨空の下、水泳の授業が継続されています。プールサイドで準備体操を真剣に行う生徒たちです。

2017年6月23日(金)
昨日の全校朝会での校長の話

三千匹のアリの群れが餌を求めて、川の幅が数十キロのナイル川対岸へ渡ることになりました。泳げないアリたちは、どうやって川を渡ったのでしょうか?三千匹の仲間と絡み合い、大きな丸いボール●状で川面を漂いながら渡ったのです。当然水面下では息ができません。だから上と下のアリが常時入れ替わっていくのです。もし、「ぼくは苦しいから下へは行かない」「私も・・・」とわがままなアリが出現してしまったたらどうなるでしょうか?水面下のアリたちは苦しみ死んでしまい、ボールは崩壊してしまいます。つまり、上にいるアリたちも生きていられないのです。全滅です・・・・・。生徒も職員も自分を1匹のアリに置き換え、集団や組織のあり方について深く考えました。早朝からとても心に響く話でした。(教頭)

2017年6月22日(木)
誇りと自信

大分西中には、市総体や弁論大会など多方面で優れた成績を残した生徒がたくさんいます。
今日の全校朝会は、その表彰をメインに行いました。みんな、誇りと自信に満ち溢れたいい表情でした。

2017年6月21日(水)
校内展示の素晴らしい絵画

大分西中学校には、たいへん素晴らしい絵画が展示されています。その製作者の中には、本校で教鞭をとられた先生方もいらっしゃいます。
左側『想』の作者、岡崎健治先生は、大分西中開校時に私も一緒に勤務させていただきました。中庭のシンボル『萌』の塔の製作者でもいらっしゃいます。
右側『エクスデーNO1』の製作者の甲原 安先生は、美術協会の会員として数多くの素敵な作品を創作なさった方です。思わず引き込まれてしまう不思議な画風です。
両作品ともに生徒昇降口らせん階段のある壁面に設置されています。
生徒たちには、こういった絵画や写真をしなやかな心をもち、進んで鑑賞しようとする感性とゆとりをもたせたいものです。

2017年6月21日(水)
「西中ミニ展覧会」

2階美術教室前には、生徒が美術科授業で製作した作品を「西中ミニ展覧会」として展示しています。
来校時には、是非ご覧ください。

2017年6月20日(火)
3年実力テスト

本日は、3年生の実力考査です。
国語・社会・数学・理科・英語の各教科60点、計300点満点で行っています。これは、来春の高等学校入試と同じです。
先週木曜日(15日)に第1回進路PTAを行い、これからの学習や生活、具体的な進路選択に関わる日程や内容について生徒たちと保護者の皆さまに伝えました。
生活面では、「進路実現の土台となるのは、基本的生活習慣の確立である」こと、「目標をもち、当たり前のことができる生活を送ることが大切である」ことなど、日頃から私たちが何度も話していることを再確認しています。さらに、直面する現実の厳しさに立ち向かうためには、先生や友だち、なによりも家族の力を借りながら、自分自身の内面にしっかりと目を向けることの重要さも伝えています。
『受験は団体戦』どこの学校でも言われる言葉です。集団の力を高めることは、結局は個人の力を向上させることにつながるからです。
右側の写真は、2年生、3年生が技術科の授業で栽培している「ミニひまわり」の鉢植えです。だんだんと大きく育ってきました。ひまわりの育ちとともに、434人の西中生、それぞれの個性開花がとても楽しみです。

2017年6月19日(月)
大分県バレーボール選手権

男子バレーボール部、見事に県準優勝に輝きました。大分西中学校の選手たちの中には決してスーパーアタッカーがいるわけではありません。背も総じて高くはありません。それでも、心をひとつに必死にボールを追い戦い続け、監督やキャプテンを中心に決して明るさを失わない姿勢が応援している全ての人たちの心をとらえる素敵なチームです。昨日も感動しました。7月末からの県体では、優勝と九州大会出場を目指してますます一丸となってくれることでしょう。
6月17日には、大分県吹奏楽フェスティバルがグランシアタで開催されました。本校の吹奏楽部は素晴らしい演奏と創作のダンスなどを披露し、観客を魅了しました。特に、「ドン・キホーテ」の楽曲は重厚で荘厳な雰囲気を会場全体に響かせました。【最響】をテーマにしている今年度の西中吹奏楽部、7月28日の県吹奏楽コンクールが本当に楽しみです。

2017年6月16日(金)
無事帰着

予定通り、無事帰着しました。
保護者の皆さん、今日はお子さんのみやげ話をたくさん聞いてあげてください。
生徒の皆さん、お疲れ様でした。自宅でゆっくりして下さい。

2017年6月16日(金)
さあ、帰ります


昼食を食べた後、退所式を行い、バスで帰途につきます。

14時20分頃学校に到着し、解散式を行う予定です。

2017年6月16日(金)
2枚のクラス写真です

何組かわかりますか?

2017年6月16日(金)
アスレチック
2017年6月16日(金)
大分市弁論大会 優秀賞

昨日、滝尾中学校を会場にして、市内中学生弁論大会が開催されました。
大分西中からは、2年生の松田さんが学校代表として参加し、見事に第1位の優秀賞を受賞しました。
松田さんの弁論は、世界中で頻発するテロの悲惨さや、マララ・ユフスガイさんが伝えてくれる平和への願いなどを、これからの自らの誓いに重ねて伝えたものです。
素晴らしい態度で聴いてくれた滝尾中学校のたくさんの生徒さんにも、きっと共感を得たのではないでしょうか。

2017年6月16日(金)
最終日
2017年6月15日(木)
絆の会
2017年6月16日(金)
西中一年絆の会
2017年6月15日(木)
クラスマッチ
2017年6月15日(木)
クラスマッチ
2017年6月15日(木)
ウォークラリー

優勝は、1年3組でした。

2017年6月15日(木)
ウォークラリー

高橋先生の俳句を紹介します。

夏山を 跳ねるバッタと 十三歳
君の名を 呼んで刻んだ Blueの絆

2017年6月15日(木)
ウォークラリー
2017年6月15日(木)
ウォークラリー
2017年6月15日(木)
ウォークラリー
2017年6月15日(木)
ウォークラリー
2017年6月15日(木)
2017年6月15日(木)
ウォークラリー
2017年6月15日(木)
ウォークラリー
2017年6月15日(木)
朝食
2017年6月15日(木)
朝の会

今日もいい天気です。
いい活動ができそうです。

2017年6月15日(木)
2日目に入りました

朝の会で入念に今日の打ち合わせをします。
体操して体と心を整えます。

2017年6月14日(水)
九重青少年の家I

夕食のカレーです。

2017年6月14日(水)
九重青少年の家H

炊飯です。

2017年6月14日(水)
九重青少年の家G

炊飯です。

2017年6月14日(水)
九重青少年の家F

炊飯です。

2017年6月14日(水)
九重青少年の家E

活動中です。

2017年6月14日(水)
九重青少年の家D

活動中です。

2017年6月14日(水)
九重青少年の家C

到着しました。
お弁当を食べます。
好天で気持ちがいいです。

2017年6月14日(水)
ヒューレ大分

九重での活動に先立ち、まず、ヒューレ大分で人権学習を行いました。
ここでもしっかり学び、、これからの学校、家庭、地域での生活に生かして欲しいと思います。
頑張れ、西中1年生。

2017年6月14日(水)
九重青少年の家B

運転手さんにきちんとあいさつをして乗り込みます。
1号車、江藤先生が指示を出しています。
さあ、行って来ます。

2017年6月14日(水)
九重青少年の家A

大きな荷物を持ち、期待感いっぱいでバスへと向かいます。
今日は、本当にいい天気です。

2017年6月14日(水)
九重青少年の家@

今日から1年生は、2泊3日の予定で九重青少年の家宿泊体験学習を行います。
全体集合の生徒の態度は素晴らしく、張り詰めた緊張感が伺えます。
想い出いっぱいの有意義な3日間を過ごさせたいと思います。
2日間、ご家庭ではさぞさびしいことと存じますが、2日後に九重で成長したお子さんに会えることを楽しみにしておいてください。
なお、今日より2日間、HPは教頭が担当します。

2017年6月13日(火)
1年生明日出発「九重青少年の家」宿泊体験学習

明日6月14日(水)から16日(金)まで、1年生135人は大分県立社会教育総合センター九重青少年の家での宿泊体験学習へ出かけます。この取り組みの目的は、@集団生活のルールとマナーを身につけ、集団行動の向上を目指すこと。A誰とでも付き合える人間関係のあり方や学年・クラスでの協力の仕方を学ぶこと。B九重の自然にふれ、自然の美しさや生命の大切さを感じること。C自然の中での生活体験を通して、環境保護への関心をもつこと等です。
生徒の多くは、小学校5年生の時に「のつはる少年自然の家」での学習を体験しています。中学校に入学して2ヶ月が経過し、日常生活や体育大会などの学校行事をへてクラスメートと心を通わす状態ができた今こそ、生徒たちにとってはこの上なく楽しみな行事だと言えます。野外炊飯やウォークラリーなどの自然とのふれあいに学びながら、目的の達成に向けて想い出多い時を過ごしてほしいと思います。

小学校の学習指導要領(生活科)において、「動物を飼ったり植物を育てたりして、それらの育つ場所、変化や成長の様子に興味をもち、また、それらは生命をもっていることや成長していることに気付き、生き物への親しみをもち、大切にすることができるようにする。」と示されています。
校長室掃除を担当してくれている3年男子生徒たちは、校長室のメダカが卵を産み、孵化して赤ちゃん(針ボー)となってチョロチョロと泳いでいる様子を興味深く見つめ喜んでくれています。

2017年6月12日(月)
市総合体育大会終了、そして教育相談週間スタート

雨天により延期になった市総体準決勝、決勝が行われました。
ソフトテニス部男子は本日も朝6時30分には登校しており、西中のコートで打ち合っていました。団体大分市3位という結果は素晴らしいものなのですが、生徒たちはまだまだやれたはずという思いを語ってくれました。県体が楽しみです。
軟式野球部は、最終回まで0対0という接戦を繰り広げました。エラーなくバッテリーを中心に本当によく守ります。チームワークが素晴らしいのです。野球部も市3位という結果でしたが、県体までまだ一ヶ月以上あります。ますます強くなり、心一つに決戦の日を迎えることでしょう。
硬式テニス部は団体準優勝でした。それぞれの役割をしっかりと果たし、全力で戦いました。個人ダブルスは優勝していますし、これからの一ヶ月間でさらにたくましくなり、県体では優勝をねらえると思っています。

さて、生徒の健康、得手不得手、性格、社会性(友人関係)、情緒、学業、進路、職業選択等々、さまざまな側面について生徒の話を傾聴しながら助言を与えたり支援したりすることを主たる目的として、学級担任による教育相談を特設して行っています。もちろん、西中では日頃から教職員と生徒とのコミュニケーションを大切にしていますし、さらには専門的なカウンセリングとして、スクールカウンセラーによる教育相談やエデュサポおおいた、児童相談所、子ども家庭支援センターなどでも教育相談は実施することができます。今回の教育相談においては、一人一人が夢を抱き、毎日を伸び伸びと生活していけるように、各々の希望や悩み等を的確に把握することを目途として指導・支援に生かしていきたいと考えています。

今回の中体連期間、すべての部活動の選手たちは、その結果・姿勢態度・チームワークにより、『西中旋風』を吹かせてくれました。
そして、もう一つとても嬉しいことがありました。それは、学校に残った生徒たちの『自習時の姿』です。「自習がきちんとできる学校・学年・学級は、それだけで高く評価できる」と、私は思っています。このことについては、また後日の日記に綴ります。

2017年6月12日(月)
ソフトテニス男子・軟式野球の準決勝戦
2017年6月9日(金)
軟式野球部県体出場決定・硬式テニス男子ダブルス優勝・男子ソフトテニス部団体県体出場決定

サッカー部は、県体出場をかけて本日戦いました。体格の大きな選手の多い対戦相手チームでしたが、怯むことなく最後まであきらめず必死にボールを追いました。「戦う姿勢をもて」と監督が何度も何度も伝えていましたが、その声に十分に応えていました。サイドラインに並んだ下級生たちは、「にしちゅう、にしちゅう」と歌い続けました。さらに、試合に出なかった3年生の控えぐみは最後まで、「1点取れるぞぉ、がんばれぇ、負けるなあ」と声を出し続けたのです。チームが一丸になっていました。彼らは、中学校部活で得るものを確かに手にしていました。
軟式野球部は、本日2連勝してついに県体出場権利を取りました。ピッチャーで4番を打つキャプテンは、昨日の延長戦12回(140球)に続き、今日も2試合計14回を投げ抜きました。ここだという時に、3番バッターのランニングホームランが飛び出すなど、効果的なタイムリーが続きました。なによりも堅い守備が光り、全員で守った戦いでした。ダックアウト上に陣取った1年生の応援歌は、暑さに負けることなく続きました。全員でつかんだ見事な勝利でした。あと2勝で大分市軟式野球チーム26校の頂点に立ちます。西中選手たちの夢がまだまだきこえてきます。
『西中旋風』は吹き続けています。
テニス部男子は、ダブルスで3組が県体出場を果たしました。そのうち1組は、なんと男子ダブルス優勝を成し遂げました。すごいことです。そして、体操に出場した女子も見事に県体出場を決めています。
まだ、決勝トーナメントに出場を決めた男子・女子のソフトテニス部からのその後の結果が入ってきていませんが、この暑さの中で生徒たちは本当に頑張りました。
指導・引率してくださった先生方、外部コーチの方々もお疲れさまでした。保護者の皆さまも本当にありがとうございました。
今、連絡が入りました。男子ソフトテニス部団体も見事に県体出場を決めました。おめでとう。

2017年6月9日(金)
サッカー部の勇姿
2017年6月8日(木)
全市優勝≪男子バレーボール競技≫

市総体の二日目、晴天に恵まれて予定通りに開催できました。
『西中旋風』が吹いています。
男子バレーボール部は、本日も2連勝して念願の全市優勝を果たしました。どんなに劣勢になっても声を掛け合い励ましあい、チーム全員で戦う姿がありました。閉会式では会場校長の自分から優勝旗をキャプテン・副キャプテンに渡しました。参加した4校は、大分市代表として7月末の県体へ出場します。閉会式あいさつでは、「素晴らしい試合に向かう姿勢と、あきらめない心をここにいる選手全員から見せてもらい、感動しました。これから一ヶ月先の県総合体育大会に向けて、4校のチームはさらに力をつけてほしいと思います。銅メダルの「銅」は金と同じと書くように、負けたからこそ学べたことがきっとあります。次のチャレンジに向けてチーム皆でさらに一丸となってください。」
そして、サッカー部も二日目を勝ち抜いています。明日、勝利すれば県体出場が決まります。
さらに、野球部は9回まで2対2の同点、10回から12回までの判定戦(ノーアウト満塁)により、見事に大差で勝利しました。県体出場が期待できます。
女子バスケットボール部は、僅差で敗れはしましたが、明日、県体出場をかけた試合での再選が待っています。
部活動の試合には負けがついてまわります。中体連でも全国大会優勝チーム以外は必ずいつかは敗れてしまいます。
要は「どんな負け方」をするのか、負けから何を学ぶのかということなのでしょう。
大分西中の生徒たち、今日もきらきらと輝き、それぞれの夢がきこえていました。

2017年6月8日(木)
軟式野球 感動の勝利
2017年6月7日(水)
市総体1日目『西中旋風』

雨天のため、軟式野球・ソフトテニス・硬式テニスが延期になりました。その他の競技において、大分西中学校の生徒たち、躍動しています。
バレーボール部女子は見事に1回戦の勝利!
そして、男子バレーボール部は2勝して県体出場を決めました。さらに明日は、大分市優勝を目指して戦います。旗取りです。
バスケットボール部男子は、なんとワンゴール差の接戦を制しての勝利。
女子バスケットボール部は、延長戦を見事に制し、2回戦も僅差の戦いに勝利です。
さらに、サッカー部は豪雨の中で泥だらけになりながら2点差で勝ちました。
剣道団体種目は男子チームが2勝、女子チームは1勝と素晴らしい結果です。
卓球男子団体は予選リーグを勝ち抜き、決勝トーナメントに進みました。女子卓球団体も2試合ともに善戦でした。
冷たい雨の降り続いた市営競技場では、陸上部の生徒たちがエントリーしたそれぞれの種目に精一杯の力を発揮しました。
剣道部も卓球部も明日は個人戦に臨みます。
『西中旋風』が吹いています。
延期になった種目をふくめて、また、明日の夢がきこえてきます。

2017年6月6日(火)
市総体に夢を抱いて

第55回大分市中学校総合体育大会がいよいよ明日となりました。
この大会は、大分県中学校総合体育大会(県体)の大分市予選を兼ねています。
本校からは、16部、286人の選手が出場します。お天気が少し気になるところですが、必ずや西中生は溌剌としたプレーで活躍してくれることでしょう。
写真は、昨日の選手激励会の様子です。生徒会執行部のエールに合わせて応援生徒の声が体育館に響きました。
続いて、各部の決意表明の様子です。

2017年6月6日(火)
剣道・軟式野球
2017年6月6日(火)
サッカー・陸上
2017年6月6日(火)
卓球女子・卓球男子
2017年6月6日(火)
バレーボール男子・バレーボール女子
2017年6月6日(火)
バスケットボール女子・バスケットボール男子
2017年6月6日(火)
ソフトテニス男子・ソフトテニス女子
2017年6月6日(火)
テニス・バトミントン・体操
2017年6月5日(月)
市総体激励会

2日後に迫った市総体を前に、生徒会主催で選手激励会が行われました。
選手宣誓は、剣道部男子と女子バスケットボール部主将、すべての運動部活動の決意表明が続きました。
彼らの背景には、本校美術部が描いた「はばたけ西中」の横断幕が、全校生徒の思いをのせて張られていました。
私は、選手たちに「どうか西中旋風を巻き起こしてほしい」と話しました。一つ目、全力を尽くした結果によって新しい西中の風を吹かせ、最後まであきらめず、冷静な頭脳をもって勝利してほしいということです。二つ目は、全力を尽くす姿によって新しい風を吹かせてほしい、つまり、体育大会で見せたような全員が全力で立ち向かうその姿をもって観客の心を打ってほしいということです。三つ目は、全力が出せるチームのムード、雰囲気によって新しい風を吹かせてほしいということです。チームが一丸となって臨むということです。真にひとつになっているチームはわかります。それは試合に出ない部員にかかるところが大きいのです。試合に出る仲間、応援する仲間、サポートする仲間、気持ちをつなぎそのムードで「大分西中ここにあり」というチーム力を見せましょう。
きっと大分西中生はやってくれます。明後日からが楽しみです。

2017年6月5日(月)
大分市教育委員会からの訪問

市教委から5人の先生方が、授業の様子を参観したり学校説明を聞いたりしてくださるために、本日1時間目からお昼前まで滞在してくださいました。
授業参観の感想として、「生徒たちが笑顔で楽しそうに授業を受けていますね。先生方もやりがいをもって進めていらっしゃる感じがよいです。」「それぞれの先生方に工夫があり、ユニバーサルデザインの視点が取り入れられています。」「1年生から3年生まで、全ての生徒の姿勢が背筋が伸びていて素晴らしいです!これは、大分市1番ではないでしょうか。」等など、たくさんのお褒めの言葉をいただきました。
もちろん、いくつかの重要な課題もご示唆くださり、たいへん有意義な時となりました。生徒たち一人一人の「夢がきこえる大分西中学校」を同僚職員、保護者、地域の方々とともに、さらに追求していく決意です。

2017年6月2日(金)
バンダナ着用

大分市内の中学校では、髪の毛の混入がないように給食当番生徒・先生はみんな、バンダナを身につけて運搬や配膳を行っており、大分西中学校でも実践しています。
毎日、10分間準備、15分間食事、5分間片付けに取り組んでいるところです。女子も男子もバンダナ姿には可愛らしさがあり、よく似合います。
学校給食は、成長期にある生徒の心身の健全な発達のため、栄養バランスのとれた食事を提供することにより、健康の増進、体力の向上を図ることはもちろんのこと、食に関する指導を効果的に進めるための重要な教材として活用することもできます。
また、学校給食に地場産物を活用したり、地域の郷土食を提供したりすることを通じ、地域の文化や伝統に対する理解と関心を深めることもできるなどの教育効果が期待できます。

2017年6月1日(木)
部活動で学ぶこと

中学校の部活動をとおして学び、将来に生きるのはどのようなことでしょうか?
団結力・基本の大切さ・協調性・あきらめない気持ち・礼儀(上下関係)・敬語の使い方・ライバル心・根性・辛さを乗り越える喜び・あいさつの重要性・仲間の大切さ・責任感等々、たくさんのことが浮かんできます。
高崎山を望む本校グラウンドに立つと、30年前の野球部顧問としてノ、ックバットを持ち子どもたちと向き合った日々が蘇ってきます。今、振り返れば、私のほうこそ生徒たちに鍛えられ成長させてもらえた時だったように思い出します。

2017年5月31日(水)
『小中一貫教育』 第1回小中連絡会

大分西中学校区の小中一貫教育(西の台小・八幡小・神崎小・大分西中)は、小中9年間を見通した上で、児童生徒の発達段階に応じた系統的な教育活動を展開することを目標に行っています。
さらに、不登校傾向にある子どもたちや学習支援の必要な児童生徒への対応などについて、小中学校で課題を共通理解し、一貫性のある指導を検討・実践しているのです。
昨日5月30日(火)、本校において小中連絡会が行われました。昨年度6年生担当だった先生方が中学校の授業を参観し、子どもたちの成長を把握するともに、現時点での課題や展望について小中担当者で協議する意義深い機会です。
3小学校の先生方からは、入学して約2ヶ月の1年生たちが生き生きと学習する姿を見てくださり、「子どもたちが楽しそうで安心しました」と、皆さんおっしゃってくださいました。

2017年5月30日(火)
克己心

大分市中学校総合体育大会(中体連)を1週間後にひかえた今朝、生徒昇降口傍の螺旋階段右に横断幕を掲げました。
克己(こっき)とは、自分に打ち勝つこと。心の中に起こる衝動・欲望を意志の力によって抑え付けることです。
生徒たちは中学校への入学以来、直射日光照りつける暑い日も、体育館や武道場の床も凍りつくかのように寒い日も、己に打ち勝ち努力してきました。
勝敗ももちろん大事ですが、もっと大切なものを毎日の積み重ねの中で必ず手にしてきたはずです。
大きな節目の日が近づいています。
生徒会が誇る『大分西中人権宣言』とともに、本日も快晴の中、生徒たちを迎えます。

2017年5月29日(月)
清掃の取組み

大分西中学校では、主体的に15分間の掃除を行う取組みを進めています。
6時間目終了と同時にジブリ曲のオルゴールが鳴り、それを合図に掃除時間のスタートです。担当する場所への移動や道具の準備など、実質の作業時間は13分ほどですが、生徒全員は班ごとの持ち場で膝をつき黙々と掃除を行うわけです。終わりのオルゴール合図で、班ごとに集まりその日の反省を行います。
無言清掃の効果としては気持ちが落ち着いたり、人の話を素直に聞ける姿勢や態度につながったりもします。つまり、掃除は自分の心もまた美しくしてくれるものなのです。また、取り組んだことの成果が生徒自身にもすぐに見えるという利点もあります。
なにより、汚れなくきちんと整理された学校で学習できるのは気持ちのよいことです。
写真左は、1年生の学年カラー青(BLUE)の掃除時の合言葉「3M」、右は、2年生の学年スローガン「一心協力」です。
生徒たちは、今日も笑顔で過ごしています。

2017年5月26日(金)
音・美・保体・技家 教科の重要性

学校教育法の第二章 義務教育 第二十一条には、教育基本法に規定する目的を実現するため、技術家庭科・保健体育科・音楽科・美術科については次のような目標を達成するために行うと、各項に記されています。
四 家族と家庭の役割、生活に必要な衣、食、住、情報、産業その他の事項について基本的な理解と技能を養うこと。
八 健康安全で幸福な生活のために必要な習慣を養うとともに運動を通じ体力を養い心身の調和的発達を図ること。
九 生活を明るく豊かにする音楽、美術、文芸その他の芸術について基礎的な理解と技能を養うこと。
写真右は、リコーダーについて学ぶ、本日の1年生音楽科授業の様子です。
今週は衣替え期間であり、冬服、合服、夏服が混在している時期でした。いよいよ本格的な夏がやってきます。

2017年5月25日(木)
見通しのある授業

大分西中学校は、「生徒が主体的・対話的に学ぶ授業」に取り組んでいます。
学習に向かう姿勢(学びに向かう力)と思考力・判断力・表現力を子どもたちに培うために、すべての先生が学習の見通しをもたせる「めあて(目標)」の提示にこだわりをもっているのです。
目の前の生徒たちの学習意欲を引き出し、日々、わかる・できる授業を実践するために研鑽を重ねることも、私たちの使命につながっています。
※『食欲がないのに食べても健康に良くないように、やる気がないのに勉強しても記憶力は損なわれ、記憶したことは保存されない。(レオナルド・ダ・ヴィンチ)』

2017年5月24日(水)
体育大会閉幕集会(3年)

実行委員会のふたりは、「リーダーが発する言葉にいつでも3年生のみんなが前向きに反応し、率先して取り組んでくれたことが本当に嬉しかったです。」と話しました。
生徒たちは、気持ちの切り替えをはかって日常の授業に取り組む真剣な姿があります。
7時55分には昇降口通過、8時00分、朝の活動スタートもほぼ全員が守れています。
「夢を抱きながら登校し、明日への希望を夢見ながら帰っていく」そんな中学校を全員で目指していきます。

2017年5月23日(火)
美しい場所には美しい心がある

 体育大会反省会の折りに、ある先生が、「学校の中がとてもきれいになりましたよね。」と言ってくれました。
 4月から、ノーチャイム制とともに、清掃の充実に取り組んでいます。清掃活動には、「身の回りの環境整理についていつも清潔な状態を保とうとする態度を育成する。」等の意義があります。「やらされる掃除」から「する掃除」へと生徒の意識を変えるためには、まず、率先垂範の姿勢で私たち教職員が背中で示すことが重要です。生徒たちには、役割分担なども十分に考えさせ、「自覚と責任」、「母校への誇り」を刺激し続け、学校が美しくなっていく喜びを実感できる状況まで高めたいと考えています。
 花壇に植えられた花々は、朝夕の先生方や生徒たちによる水遣りにより、美しく咲き続けています。

2017年5月20日(土)
H29体育大会閉会

たくさんの感動のドラマが生まれた素晴らしい体育大会、赤団の僅差勝利で先ほど終了しました。閉会式でわたしが伝えた言葉の一部をここに紹介します。
「3年生のみなさん、みなさんのおかげで全校生徒の記憶に残り、そして歴史に刻まれる体育大会となりました。みなさんは心優しく、そして燃える心をもっています。実行委員会を中心に3年生全員で導いたこの体育大会は、新しい歴史として確かに刻まれました。」
「係活動が見事でした。自分の役割を立派に果たしてくれました。そしてその動きが目立つことなくスムーズな連携が続くことに感動を覚えました。」
「全体として100点満点の体育大会だと言いたいところですが、グッと我慢して99点とします。2017年度大分西中学校はあと10ヶ月間続きます。日常の生徒会活動やこれからの学校行事などを通し、みなさん一人一人の夢がきこえる学校をつくっていきましょう。」
閉会式や解団式の中では、たくさんの生徒が涙ぐんでいました。子どもたち自身が感動を生み、それぞれの心に轟かせた体育大会でした。
私たち教職員はチーム黒子として、お揃いのポロシャツを身につけて生徒と協働し、感動を味わわせてもらいました。

2017年5月20日(土)
朱雀と白虎

「赤団」のシンボル画は、朱雀(すざく・すじゃく)。 
中国の伝説上の神鳥で、四神のひとつ。翼を広げた鳳凰と同じ鳥形で表されます。朱は赤であり、不死鳥やフェニックスらと同一視されることもあります。
「白団」のシンボルは、白虎(びゃっこ)です。
同じく中国の伝説の神獣である四神のひとつで、西方を守護すると言われています。細長く巨大な身体をした白い虎の形をしています。
朱雀と白虎、それぞれの団の象徴がバックネットに掲げられ、生徒たちの登場を迎えます。
高崎山をバックにして大分西中テントが、輝く朝日に照らされています。
暑く、熱い日になりそうです。

2017年5月19日(金)
係り生徒による会場設営

炎天下、精鋭生徒による細かな作業が継続されています。
水分補給をおこたらないように注意です。
15時現在、本日の分はまもなく終了の予定です。

2017年5月19日(金)
明日は晴天なり

校長室に置いた水槽には、5匹の金魚が、エアーポンプから排出されるプクプクに揺れながら、元気よく泳いでいます。金魚は文字通り、金の字が入っている魚ということで縁起が良いとされています。
いよいよ明日は第31回体育大会です。1年生5クラス、2年生・3年生は各4クラスの生徒たち、それぞれが練習で学んできたことを活かし、自らが校庭の中で生き生きと動き(泳ぎ)まわり、434人ひとりひとりの胸に、かけがえのない想い出を刻んでほしいと願います。
3年生を中心に会場設営が行われました。整理され並んだテントや美しく引かれた白線、係り席・来賓席等の表示、入場門に退場門、得点版、室外用スピーカー等々、高崎山を背景に得もいわれぬ造形美を見せてくれています。
生徒のみなさん、明日は各々の志を轟かせましょう。ご来賓の方々、保護者の皆さま、地域の皆さま、来校を心よりお待ちしています。

2017年5月18日(木)
出会いは奇跡

スローガンとは、取り組みにおいての目指すものや主義・主張を短い文句で表したものです。
2日後にせまった2017年度度体育大会スローガンは、「轟け 〜校庭に、歴史に、心に〜」です。
生徒昇降口と3階掲示板に貼られたこのスローガンは、美術部3年生の有志が描いてくれたもので、全校生徒の士気を高めています。
昨日の総合練習をうけての本日の学年練習は1時間、全校練習も1時間と限られた折りの中、生徒たちと先生方が共汗しながら、共に感動する共感の時を目指し進んでいます。
生徒同士、そして私たち教職員と生徒とも、その「出会いは奇跡」なのだから。

2017年5月17日(水)
体育大会リハーサル

今週土曜日に開催される体育大会の予行練習を行いました。中学校の体育大会は生徒たちが率先して動き、協力し合ってつくり上げます。当日の動きを一生懸命確認しながら、係の仕事や競技進行、応援など実際に行いながら、残り3日間の課題を明らかにしました。
リハーサル閉会式の中で生徒実行委員長から、「私が今日、一番よかったと思うのはみんなが笑顔で楽しそうだったということです。」との言葉がありました。そう、西中生徒の素晴らしさは笑顔なのです。フォークダンスの時のその様子はもちろんですが、騎馬戦や棒引き、クラス対抗リレーや学年団体競技、紅白リレーなどへの応援の時もあふれる笑顔なのです。
土曜日は、さらに熱く感動的な姿が期待できそうです。

2017年5月16日(火)
「夢挑戦」著書とDVD

4月20日に行われました「夢挑戦!講演会」の講師、ミキハウス部長の坂本 達さまから、自転車世界一周の体験談『やった。』と、アフリカ・ギニア共和国の村民と協力し、井戸を作り上げた様子を記録した『ほった。』の2冊・そのDVD『夢 その先に見えるもの』をご寄贈いただきました。
さっそく本校図書館に配架し、生徒たちに読んでもらえるようにしたいと考えています。
坂本さまは部長職としてお忙しい中、夢を追い続け、半月後の6月5日(月)には再びご家族とともに、それぞれの愛車(自転車)を持ち、北米へと旅立ちます。
講演時の生徒たちの聴く姿勢や、質問をする颯爽とした様子に好感をもってくださったことが、いただいたお葉書やメール文から窺い知れ、大変ありがたく思っています。
坂本さまご家族の今回の挑戦が、安全で実り多いものとなりますように大分西中学校一同、心から祈っています。
さあ、明日17日(水)は、体育大会総合練習(リハーサル)です。

2017年5月15日(月)
なんのために勉強するの?

教育基本法第一条のは次のように書かれています。
第一条(教育の目的)教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたっとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。
もちろん、上記の内容は一言、一フレーズがとても大切です。しかし、私は幼い子向けのようですが、「夢を叶えるためには勉強することが大切なんだよ」、「わかるって、すごく楽しいでしょ!」と伝えることも大事なように思います。「夜はなぜ暗いのか、空や海はなぜ青いのか、夕日はなぜ美しいのか、その理由だって勉強すればわかるようになる。」
そして、「勉強して自分の得意なことをもてれば、自分以外のたくさんの人の役に立つことができるようになるはずだよ。」と言ってあげたいのです。

2017年5月13日(土)
一球入魂、一音入魂、一剣入魂

週休日である本日も大分西中の部活動は躍動しています。バスケットボール部女子は、県春季大会ベスト8をかけて、中津中学校と戦っています。剣道部や野球部、ソフトテニス部は西中にて練習や試合を行っています。他すべての部が活動に励んでいます。
6月7日から3日間、市中学校総合体育大会が開催されます。生徒、顧問の先生、そして応援してくださる保護者の方々も一緒になって、その県体予選を近未来の標として、日々、心と技とチーム力を鍛えています。
さらに、吹奏楽部は7月末の県吹奏楽コンクール(九州大会予選)を目途に、GWは2日間しか休まずに、また本日も「一音入魂」の精神で頑張り続けています。地域の皆さまも日頃からの応援、ありがとうございます。

2017年5月12日(金)
先生たちも本気!

朝練習、早い生徒は7:20前にはグランドに出て準備を始めています。しかし、僅かな人数ですが遅れる者もいます。気持ちが昂ぶるのか、限られた時間なのになかなか練習が始まらない学級もあります。
主体性・自主性を育む場であるからこそ、『ここだぁ!』という時には、我々教職員の出番があります。「なんのために、朝早くから出てきてるんだぁ!」と伝える場面です。その時に、「先生たちも、本気で取り組んでくれているんだ」と、子どもたちは実感し、言葉が心におちていきます。集団として、個人として大きな成長を遂げる瞬間です。
1年生トイレ前の手洗い場に置かれた美しい花々が、生徒たちの心を癒してくれています。

2017年5月11日(木)
朝練習スタート!

「体育大会」と「運動会」との違いとして、生徒自らが主体となって運営を任され、その取組みの中で、安全な行動や規律ある集団行動、運動に親しむ態度、責任感や連帯感などを修得していくということがあります。
しかし、生徒主体であるからこそ、今朝から始まった「朝練習」などの活動の場には、学級担任をはじめ全ての西中職員が共にいます。共に動き、共に考え、温かい眼差しで見守りながら共に進んでいます。

2017年5月10日(水)
新進常昇

1学年のスローガンは、「新進常昇」です。135人が一丸となって新しい中学校生活を進み、その勢いを失うことなく、当たり前を大切にしながら、さらなる高みを目指すという思いが込められているのでしょう。
雨雲を吹き飛ばすかのように、体育大会学年練習が続いています。3年生144人の声が、校庭に「轟き」ました。

2017年5月9日(火)
全校練習(体育館にて)

狭い場所ではどのように進めれば効果的であるのか、生徒実行委員たちの意思で決断し、行動の指示を次々に出しています。先生たちの声はひと言も聞こえてきません。
これこそ「主体性」です。そしてまた、全校生徒は、「ハイ!よろこんで!」と、笑顔で一生懸命に取り組んでいます。物事に対して率先して行動する「自主性」に溢れた姿です。
「はい!」の声が、いつもにも増して響き渡っています。

2017年5月8日(月)
学年練習

体育大会の練習がスタートしました。
三つの学年ともに、生徒実行委員会が企画・実践をしています。
背景である高崎山の新緑が、まぶしく輝いています。

2017年5月2日(火)
「H29体育大会」結団式

5月20日(土)に予定されている大分西中体育大会のスローガンは、
『轟け〜校庭に、歴史に、心に〜』 です。校庭全体に響くほどの活気、西中31年目の歴史に名を刻む全校生徒が一致団結した体育大会!
右の写真は、勇壮たる姿の応援団長のふたりです。

2017年5月2日(火)
教科指導マイスター派遣事業

今年度も継続されている大分市教育委員会の施策として、数学・理科・英語の「授業の名人(マイスター)」の先生方が本校にも来てくださっています。
マイスターの先生方に指導をいただきながら、大分西中の先生方の授業力はますます上がっています。

2017年5月1日(月)
生徒総会

平成29年度生徒会スローガン『守伝創伝』\\\伝統を守り、新しい伝統の創造を始める生徒たち!その取り組みは価値を高め、伝統として根付く。
その時こそ、2017年度31回生〜33回生の行いは『伝説』となるという意味です。素晴らしい!

2017年4月28日(金)
『 校訓 』

* 誠実 … 真心をもって人や物事に対すること
* 自主 … 自分の判断で行動すること
* 活力 … 元気よく動き働くための生命力 
 ロの字型の校舎が囲む、中庭のマーガレットが可憐に咲いています。

2017年4月27日(木)
西中タイム

毎週、火曜日と木曜日の朝は、「西中タイム」として25分間の学習時間をもっています。写真は、現在のところ読書に親しむ大切な時を過ごしている2年生です。
右の写真は、2年生が1年生の時、美術科で作成したポスターです。全員の作品が展示されていて壮観です。

2017年4月26日(水)
幽寂閑雅

「ゆうじゃくかんが」とは、もの静かでいてどこか趣があることを言います。本日、大分県学力状況調査に臨んでいる2年生の様子はまさにそうです。何事であっても真剣に取り組む姿は美しいものです。
特別日課により、時間を告げるチャイムが久しぶりに響き渡りました。

2017年4月26日(水)
幽寂閑雅

「ゆうじゃくかんが」とは、もの静かでいてどこか趣のあることを言います。本日、大分県学力状況調査に臨んでいる2年生の様子はまさにそうでした。何事であっても真剣に取り組む姿は美しいものです。
特別日課により、時間を知らせるA¬2Nが久しぶりに鳴り響きました。

2017年4月25日(火)
実践躬行

「じっせんきゅうこう」とは、実際に行動するという意味です。
今朝、昇降口を掃いていたら、「校長先生、代わります」と、爽やかに動いてくれた3年生男子!
毎朝、継続される「あいさつ運動」もその姿です。

2017年4月24日(月)
優しい大分西中生

今朝、心温まるお話を聞きました。
バスが行ってしまった停留所で、涙ぐんでいた附小の低学年児童に「どうしたの?」と声をかけ、お家の人との連絡が取れるまで一緒にいてあげた西中生徒。
思いやりの実践です。
教頭先生が、「夢がきこえる大分西中」ポスターを生徒昇降口に貼ってくれました。
みなさんは、今日、何人の人にあいさつをしましたでしょうか?

2017年4月21日(金)
西よりのやさしい風を

開校記念事業の際に、岡崎健治先生らにより建立された「萌(きざし)」の像です。
中庭に在り、30年もの長きに渡り大分西中生を見守り続けています。
「西よりのやさしい風」がたくさん吹いた一週間でした。

2017年4月20日(木)
夢挑戦!講演会

自転車での世界一周を達成し、そのかけがえのない体験にもとづいた著作、講演活動を続けていらっしゃる「坂本 達さま」の素晴らしいお話を、全校生徒とともに拝聴しました。
坂本さんが大切にしている3つのこと
@ 自分からあいさつ
A 「ありがとう」を伝える
B 自分の持ち味を活かす
他にも宝玉の言葉をたくさんいただきました。
生徒たちからもたくさんの質問が出されるなど、たいへん有意義な時間でした。

2017年4月19日(水)
朝日輝く西陵に♪、我が学び舎はそびえ立ち

良いお天気です。
大分西中学校は、災害時津波避難ビルに指定されています。
下の写真は、本校の生徒会が誇る「大分西中人権宣言」です。

2017年4月18日(火)
市総合体育大会に向けて

『一生百錬』、何度も繰り返して自分(たち)を鍛え、強くなっています。
大分西中生徒たちの夢がきこえてきます。

2017年4月18日(火)
全国学力・学習状況調査

本日、3年生144人は全国の学力調査を受験しました。NHK大分の皆様が取材に来られましたので、お昼と夕方のニュースで放映されるかもしれません。お楽しみに!
そして、写真の3人は入学したばかりの1年生の生徒会役員です。先輩たちに学びながら頑張ってくれることでしょう。

2017年4月18日(火)
校長日記スタート

4月1日に着任しました佐藤雅彦です。
生徒たち一人一人の夢がきこえてくる学校を目指し、生徒たちの輝きと先生方の活躍を載せていきます。よろしくお願いします。