校長室から
   

「笑顔とあいさつ」

校長 山﨑 敦夫

 明治北小学校の保護者の皆様、地域の方々、こんにちは。大分市立横瀬小学校から転任してきました山﨑敦夫と申します。

 始業式で子どもたちには、「笑顔とあいさつを大切にして、全員が幸せになる学校を一緒につくっていきましょう」という話をしました。笑顔もあいさつも人と人とを結ぶとても大切なコミュニケーション手段です。最近のどこかギスギスした世の中の風潮は、子どもを伸び伸びと育てていくには、とても厳しいものではないかと思っています。せめて子どもたちが一日の大半を過ごす学校では、安心して過ごせる環境にしていきたい。その手段として、笑顔とあいさつを今年度は子どもたちと一緒に頑張りたいと思います。

子どもたちが安心して過ごせる環境を保護者の皆様、地域の方々と力を合わせながらつくっていけたらと考えています。どうぞ、この一年間よろしくお願いいたします。

 

 
   学校通信  明治北小学校は、昭和58年(1983年)4月に隣の明治小学校と桃園小学校から分かれてできた小学校です。
 
 「夢に向かって、学び合い、認め合い、きたえ合い、たくましく生きる子どもの育成」

 を学校教育目標に掲げ
  
 明治北小学校
 いじめ防止基本方針.pdf 
 
学校経営方針.pdf  の育成に取り組んでいます。
  具体的な目標 
          
    すすんで学習する子」(ぐんぐんハート)
「なかよくする子」(あったかハート)
「心と体をきたえる子」(もりもりハート)
3つのハートとし、子どもたちがいつも意識できるようにしています。 
    校舎の4階の窓から別府湾や大銀ドームが一望できる「おさきが丘」にあり、
周りは八坂の森と田んぼに囲まれています。元気な子が多く、社会体育でのスポーツ活動が盛んです。
 また、音楽集会やリレー大会には、多くの保護者が見に来ています。
学校行事には地域の方々も積極的に参加・協力していただき、教育熱心な地域です。