洗車だね!! 洗車を楽しく車を綺麗に!そんな洗車方法専門サイト

 洗車術!! 素人が、愛車を綺麗にする!

      そんな、こだわりのためだけの、洗車方法解説のホームページ

              COPYRIGHT©2006~ 洗車だね!!  All right reserved. 

 

洗車方法を1から説明 洗車だね!! トップページ←トップに戻る時はクリック

洗車の前の 下準備!

(1)車は熱いまま、洗車してはいけない!

    走行直後のボンネットや、日の光をたっぷり浴びて高温になった車の塗装表面の温度は、熱された鉄板です。

    当然、そこにシャンプーやクリーナーなどの液剤をかけてしまうと、すぐに水分が蒸発し、シミなどを作る原因になりかねません。

    車は、洗う前に水などをかけて冷やしたり、しばらく日陰で温度を下げてから洗車しましょう。

(2)できれば、日陰で洗車しましょう。

    上記(1)の理由と同じで、表面温度が熱くなる状況での洗車は×!

    それに、夏などは熱中症の危険性もあるから、やっぱり日陰で洗車 or 曇りの日に洗車 or 夕方洗車 がベターですね。

(3)道具は、しっかり準備しましょう。

    車を洗車する時に、基本的に必要なモノ(カーシャンプー、コーティング剤、シャンプー用スポンジ、拭き取り用のクロス、バケツなど)

     ・・・>洗車用品の詳しい解説はコチラ

    特に雑巾は使用しないでね。固くなった繊維、ループ上に編んである繊維のせいで、ゴミなどが雑巾内部に閉じ込められ、その

    固さで、洗車傷を量産する原因になることもあります。

    洗車には、専用の柔らかい直毛クロスを使いましょう。 ・・・>洗車用品の詳しい解説はコチラ

 

 ※ 前提条件として、このサイトではあまりワックス(WAX)を使用しません。

    それは、もちろん、ワックスの油分による、塗装面の酸化、腐食という部分もありますし、何より労力の割りに効果が期待できないから。

    ワックスした後、車はすぐに汚くなるし、

    「ワックスを塗って、乾いてから力を入れて拭き取る」という行動は、車の柔らかい塗装に対して、あまりお勧めできる方法ではないので

    あえて、個人的な主観からワックスは使用していません。

洗車開始!

 洗車方法を説明しまっす

 

  <シャンプー洗車編>

  <カーコーティング編(&洗車傷対策)>

  <鉄粉除去編>

  <水垢落し編>

  <ワックスかすを落とす細部仕上げ編>

  <アルミホィール編(動画解説もあります)>

  <内装編>

 

 

 

<シャンプー洗車編>

ホースのジェット水流などを使い、勢い良く車に水をかける
  「綺麗にしましょ〜」

1)まず、ホースのジェット水流などを使い、勢い良く車に水をかける。

  そうすることで、車全体についた、大きな埃や泥を流し落としちゃいます。

 ※これを怠ると、砂や固い埃の塊などで、洗車傷が車の塗装面に 無数につくことに

  なるので、必須です。

ちなみに裏テクで「バッケン」は、泡泡に泡立てたカーシャンプーを一度、全体にかけて、

その界面活性成分で、埃や泥を浮かせてからジェット水流で流します。

バケツにカーシャンプーを超泡立てて作ります

2)バケツにカーシャンプーを超泡立てて作ります。(特に泡立ちの良いモノがお勧め)

  写真のようにカーシャンプーをホースの拡散でやると、良い感じの泡泡ができます。

 ※泡と界面活性剤の成分のバランスが大事。今まで実験した

      中では、イオンシャンプーが最適でした。

 

 

泡を乗せて、スポンジを滑らすように洗いましょう
 「泡泡泡泡〜」

3)全体を洗うのだ!

  しかし、強く擦っちゃ駄目!泡を乗せて、スポンジを滑らすように洗いましょう。

  強くこすっちゃうと、それが原因で洗車傷とかついちゃうからご注意を。

 

カーシャンプーの泡を水で流し落とします
        「シャワーでできる虹がきれぃ〜」

4)間髪入れずに、カーシャンプーの泡を水で流し落とします。

  通常、カーシャンプーなどは、水で薄めているためにその洗浄成分が、塗装面に

    悪影響を及ぼすことはありませんが、乾いてくると水が蒸発して成分濃度が濃く

    なります。

  濃くなりすぎると、シミの原因になる場合も考えられますので、すばやくシャンプー

    を流しましょ(^○^)

クロスで拭き取り
 「綺麗に拭きましょ〜」

5)シャンプー洗車だけで終了の場合。

  このままクロスで拭き取り!

  (洗車で雑巾は使用不可!繊維をループ上に編んでいるため、洗車傷量産の

     危険性大)

 

 ・洗車後にコーティングをする場合は、<カーコーティング編>に進んでね(^○^)

 ・どうも塗装面にザラザラ感が・・・って人は、<鉄粉除去編>に進んでね(^○^)

 ・水垢が残ってて気になる人は、<水垢落し編>に進んでね(^○^)

  このページのトップに戻る


【 知らずに買うと損をする。中古車選び 裏の裏!】← あなたの知らない情報がこの中に(;^_^A

 

 

<カーコーティング編>

ここから、2種類のコーティング手順を紹介! 用途に合わせて選んでね

 

車にシャンプーをすすいだ後の水が残った状態で、次の作業に進みます
          「びしょ濡れ〜」

1)まず、<シャンプー洗車編>1)4)まで進んでね。

  そして、車にシャンプーをすすいだ後の水が残った状態で、次の作業に

  進みます(^-^)

 スピーディーにノーマルコーティング施工!を希望する場合は、4)に進んでね。

 より完璧に徹底コーティング施工!を希望する場合は、このまま2)に進んでね。

洗う幸せ
    洗う幸せでコーティング下地作り

2)車の表面の状態をカーコーティング剤がのりやすい状態にします。

  洗う幸せという液剤を、車の表面にふりかけ、クロスを使って伸ばしていきます。

  (使用量の目安は、ドア1枚に対して4〜6プッシュくらいですね(^-^))

  液剤が乾くといけないので、車を4〜5ぐらいに分けて作業し、そのつど水で流し

     ておくと良いですよ。

車全体に水をかけて濡らします
            「シャワー〜」

3)車全体に水をかけて濡らします。

コレが、ガラス繊維系カーコーティング剤のブリス(Bliss)「じゃ〜ん」
ブリスを塗ります。
        「塗り塗り〜」

4)ここから、コーティング作業!

  使うコーティング剤はブリス。

 

  施工は簡単。スポンジ使って、車にブリスを伸ばしていくだけ。

  使用量の目安は、ドア1枚に3プッシュくらいですね。

  ブリスは、何とも言えないキラキラの艶が良いですね〜

  (好みがあるので、コーティング剤はお好みでどうぞ)

  CG-1(クリスタルガードワン)とかアクアクリスタルとか、私もイロイロ試しました。

ブリス施工の特殊な裏技
↑ブリスが乾いて、白っぽくなっていますね(^-^)

5)ここからちょっとだけ、テクニック♪

  ブリスを全体に施工した後、10分〜30分ほど放置します!

  そうすると、なんだか液体が乾いて、ムラっぽい状況になりますが、

  気にしません(笑)

  放置後の状態は写真を見てみてくださいね。

  (この作業をすると、仕上がりが全然違うんですよ!びっくりしますよ)

 

これを1週間とか重ねて行うと洗車傷も目立ちにくくなるっす

ブリスの余剰成分はこうして落とします
ブリスの余剰成分を水とクロスで洗い流す

6)これから、ムラをとって、綺麗に仕上げるのですが、これも結構簡単です。

  水を車全体にかけます。

  そして、水をかけながら、極細繊維クロスで、軽〜く磨くような感じで全体を

  水洗いする感じでなでてあげます。

  (これで、乾燥時のムラが消えちゃいます)

極細繊維クロスでふきあげます
  「どんどん、輝く〜」

7)後は、水分を極細繊維クロスで拭き取っていきます。(超吸収タイプがお勧め)

  水分を拭き取る時は、シリコン製の水切りワイパーで大まかな水を払ってあげる

  と良いですよ。(シリコン製の物以外は×。なるべく車の塗装に力を加えたくない

  ので)

ドアの内側も綺麗に拭きましょう
↑ドアの内側には、水滴、汚れがたまりやすい

8)全体の拭き取り作業が終わったら、ドアの内側などの水分も拭き取って

  おきましょう。

  ついでに、車を前後に1mくらい動かしてブレーキ踏むと細かいところにたまってる

  水が垂れてきますので、何度か車を動かして、水気を完全に拭き取りましょう。

愛車がピッカピカになります。
 「あぁ〜、この瞬間が、たまらない(^○^)」

8)完成したら綺麗になった愛車を眺めて喜びましょう(^-^)

  この瞬間が、多分一番気分が良い(笑)

  あぁ、めちゃめちゃ自己満足(笑)

   このページのトップに戻る

【 知らずに買うと損をする。中古車選び 裏の裏!】← あなたの知らない情報がこの中に(;^_^A

 

 

 

<鉄粉除去編>

塗装面のザラザラ感を除去

鉄粉の除去に粘土を使う

1)車の表面には、鉄粉といってザラザラした砂の様なモノが付着することが

     あります。

  これは、鉄粉除去用のシャンプーやクリーナーもありますが、イマイチ効果が

  薄い気がしますので、完璧に落とせるトラップ粘土を使用した方法を説明します。
  鉄粉除去剤との併用は効果的♪

 

 ←写真が(使い込まれた)粘土です。もうそろそろ寿命です(笑)

トラップ粘土で鉄粉の除去方法

2)粘土は、微細ですが研磨作用もあるため、乾いた塗装面には禁物です。

  施工する部分を良く濡らし、粘土は水の上を滑らせる感覚でやってみて

  ください。

  カーシャンプーの泡をつけてやると失敗せずにうまくやれると

  思います。(写真参照)

  鉄粉の除去ができたかどうかの確認は、濡れた塗装面を手でなでると

  ザラザラ感が残っているかどうかで判断できます。

寒い冬は、粘土をお湯で柔らかくして使いましょう
 「冬はお湯を」

3)あせらず、根気良くやってくださいね。(パーツ毎に施工してください。)

  また、冬などはどうしても気温、塗装面の温度共に低くなるため、粘土もかなり

    固くなってしまいます。

  そんな場合は、バケツにお湯を入れておいて、粘土を暖めながら作業すると、

  粘土が固くならずに、作業しやすいですよ〜。

  これが、鉄粉除去用の粘土(←クリック)

  このページのトップに戻る

【 知らずに買うと損をする。中古車選び 裏の裏!】← あなたの知らない情報がこの中に(;^_^A

 

 

<水垢落し編>

車についた頑固な水垢を取りましょう
  「あぁ、水垢が目立っちゃう」

1)一口に水垢といっても、塗装面が健全で、頑固な水垢がついているだけの状態から

  塗装面がやれている状態まで様々。

  最悪の状態の場合は、研磨剤(コンパウンド)を使用して、塗装面を均一に削らなければ

  いけないのだけれども、それを素人に求めるのは酷ってもん!!

   だって、失敗したら大変じゃん!!

  だからこのコーナーでは、研磨剤(コンパウンド)を使用しない方法を先に説明して、

  それでも駄目な場合は、研磨剤(コンパウンド)を部分的に使用する方法を説明します。

洗う幸せを使って水垢を落とします
<洗う幸せをかける>  <10秒ほど置いて
               極細繊維クロスで
               拭き取る>

 

 (画像をクリックで拡大します)

2)研磨剤(コンパウンド)を使用しない方法。

  塗装面にしつこくついてしまっただけの水垢は、この方法で、殆んどとれちゃいました。

  やっぱ、研磨剤(コンパウンド)で削るのは、ちょっと危険だし、削らずに済むなら削らな

  い越したことはないですよね。

 

 方法は超簡単。

 用品コーナーでも説明している”洗う幸せ”というクリーナーを使用します。

  ・シャンプー洗車して、水気を拭き取ります。

  ・水垢に直接、洗う幸せをぶっ掛けます。

  ・極細繊維クロスで、洗う幸せを伸ばすように何度も磨きます。

  ・多分、これで殆んど取れる。

  ・水垢が取れたら、すぐに水ですすいでね♪

・・・・残ってしまうようなら↓の方法を!

水垢除去にコンパウンド
   「この作業は慎重に!」

3)研磨剤(コンパウンド)を部分的に使用する方法。

  塗装面がやれていたりすると、水垢だか染み付いた汚れなんだかわかんない場合、

  最終手段だ!研磨剤(コンパウンド)で削りましょう〜

 

  使うのは、なるべく番数の大きいのがいいかな。

  バッケンは、2000番とか3000番のコンパウンドを使います。

  そして、作業は、地道にすこしずつ。

   ・ちょっともったいないけど、極細繊維クロスにコンパウンドをつけ、

   ・水垢をちょっとずつ、削っていきます。

   ・そして、すぐにコンパウンドを他のクロスで拭き取ります。

   ・水垢が取れたら、速攻で洗う幸せをかけて、脱脂。

   ・でもって、 コーティングしちゃいます。

   このページのトップに戻る

【 知らずに買うと損をする。中古車選び 裏の裏!】← あなたの知らない情報がこの中に(;^_^A

 

 

 <ワックスかすを落とす細部仕上げ編>

ワックスのかす

 ↑テールレンズの品番のところに残る
ワックスのかす。

1)ワックスのかすは、細部に残って結構目障り!

  そこで、そのワックスのカスを取り除き、細かく綺麗にする方法を紹介!

 

 ← これがワックスのカス!エンブレムとか、ウォッシャーノズルとかに残っちゃう。

2)ワックスのカスは、場所によって落とし方がちょっと異なります。

  例えば、レンズなどの固い面についたものであれば、使い古しの歯ブラシに、

  カーシャンプーをつけてコシコシと磨けば取れます。

綿棒で細部を処理

3)ウォッシャーノズルやエンブレムなど塗装面と密接にかかわる部分は、歯ブラシって

  訳にはいかないので、洗う幸せという液剤をクロスの先につけて磨いたり、綿棒の先に

  つけて磨いたりして落とします。

  ※ 綿棒は固い部分が傷をつけない様に横を向けて使います。

 洗う幸せが、ワックス成分を溶かして(?)浮かせてくれるので結構簡単に綺麗になります。

   このページのトップに戻る

【 知らずに買うと損をする。中古車選び 裏の裏!】← あなたの知らない情報がこの中に(;^_^A

 

 

 ちなみに、管理人達が主に洗車知識や洗車用品を仕入れたりしているサイト(ここは、メールで質問にも答えてくれる(^^))

特にカーコーティングの裏技!は、お勧め↓ このページの情報も結構、取材協力させてもらってます。

  洗車、ブリス、コーティングの カーピカねっとのホームページ

 

   このページのトップに戻る

 

 

 

 

 <内装編>

 

 製作中(^△^;)

 

   このページのトップに戻る

洗車だね!! トップページ 洗車方法 洗車用品 洗車用語辞典

 

 

 

管理人達が主に洗車知識や洗車用品を仕入れたりしているサイト(メールで質問にも答えてくれる(^^))

特にカーコーティングの裏技!は、お勧め↓

  洗車、ブリス、コーティングの カーピカねっとのホームページ