(財)日本美術刀剣保存協会 大分支部

大友宗麟公像 ootomosourinn kou douzou  kattyu 
(公財)日本美術刀剣保存協会 大分支部
トップページ支部長挨拶 活動紹介 入会案内 リンク


大分支部

 当支部は九州の西部に位置するとても温暖な地域です。古くから豊富な温泉源に恵まれ栄えた別府温泉を始め、県内には多くの温泉地が存在します。時代はさかのぼり、鎌倉時代から戦国時代にかけて九州の豊後(大分県)を統治したのが武家の大友氏。なかでも第二十一代大友宗麟(義鎮)は豊後府内を拠点に北部九州6カ国を支配しています。また、いち早く西洋文化を取り入れて戦国のキリシタン大名として名高く、その名は西洋にも知られていました。この時代から刀剣の一大産地として、豊後高田庄を拠点に刀剣生産のピークを迎えます。大友氏滅亡後、大藩肥後細川公の被護のもと高田鍛冶は栄えました。戦国時代~幕末まで全体を通じて400人以上の刀鍛冶によって豊後刀を世に広めています。

copyright©2016 ooitasibu all Rights Reserved.