本文へスキップ

賀来小中学校は、大分市初の併設型小中一貫教育校です。

電話でのお問い合わせは097-549-2743・2560

学習の様子

自然観察教室(3年)

 平成29年11月13日、3年生は「森の先生」(自然観察指導員)のご指導の下、第2回自然観察教室を行いました。今回河川敷は護岸工事だったため、賀来神社や校内での観察を行い、5月の時とは異なる自然の様子をしっかり観察することができました。

社会科見学学習(3年)

 平成29年11月10日、社会科学習の一環として、3年生が校区内のお店見学を行いました。スーパーマーケットの店内や倉庫を見学したり、店長さんのお話を聞いたりすることを通して、買い物しやすい工夫や、来客者の願いに応える工夫を考えることができました。

伝統芸能ふれあい教室(5年生)

 平成29年11月7日(火)、大分県日本舞踊連盟の先生方をお迎えして、5年生が日本の伝統芸能体験をしました。 初めに日本舞踊の鑑賞をした後、舞踊小道具(振り鼓、傘、四つ竹、綾竹、さらし、扇)ごとの6班に分かれて、先生から直接指導を受けました。最後に各班ごとステージで練習の成果を発表しました。短い練習時間でしたが、各班とも立派に初歩の舞踊を披露することができました。

稲刈り体験(5年)

 平成29年10月31日、4か月前に植えた稲の刈取りを5年生が行いました。学校運営協議会委員の多嶋田さんや秦さん、地域の方々のご協力の下、無事作業を終えることができました。収穫したもち米を使って1月には餅つきを行う予定です。

見学遠足(5年生)

 平成29年10月30日、5年生は「新日鐵大分製鉄所」と「太陽の家」を訪れ、大規模工場の特徴や工夫に気付くとともに仕事をしている人の様子を知ったり、障がいを持つ人の社会参加のために努力していることを知るとともに障がい者福祉について理解することを目的に、見学遠足を行いました。

見学遠足(2年生)

 平成29年9月26日、2年生は生活科学習の一環として、「うみたまご」を訪れました。動物たちの観察・触れ合いなどの体験活動を通して、動物愛護の心を養い小さな生命への愛おしさを感じるとともに、体験地や車内における集団行動のあり方も身につけることができたようです。

見学遠足(1年生)

 平成29年9月22日、生憎の雨模様でしたが、1年生は生活科学習の一環として、アフリカンサファリを訪れ、動物たちの観察・世話・触れ合いなどの体験活動を行いました。この学習を通して、動物愛護の心を養い、小さな生命への愛おしさを感じることができたようです。
 また、見学地やバス内での注意点も学びました。

見学遠足(3年)

 平成29年9月15日、3年生は社会科学習および人権学習の一環として、みつば栽培農家、大分市民図書館、ヒューレおおいたの3つの施設を見学し、そこで働く方々の努力や工夫を学ぼうと、見学遠足を行いました。実際の施設を見学し、職員の方のお話を聞いたりする中で、日ごろの学習の理解を深めていました。

福祉体験学習(4年生)

 平成29年9月12日、4年生は、講師の方をお招きして、「『視覚障がい』を知ろう」・「『聴覚障がい』を理解しよう」というテーマで福祉体験学習を行いました。講師の方のお話や盲導犬のこと、アイマスク体験、手話体験などを通して、『障がい』に対する理解を深めました。

避難訓練(地震及び火災)

 「大分地方に強い地震が発生し、その後校内に火災が発生した」との想定で、平成29年9月8日、東、西校舎それぞれに避難訓練を実施しました。緊急放送後運動場に避難。集合・整列・点呼完了までどちらも4分弱。大分南警察署の方から、地震があった場合の対応の仕方についてお話をいただきました。その後、「弾道ミサイル」落下時の行動についても指導があり、児童生徒は、みな真剣に聞いていました。

学級活動(5年1組研究授業)

 平成29年7月12日、5年1組(古賀雅史教諭)で、「のつはる少年自然の家のバスレクを決めよう」という議題で、クラス目標をカギとしてみんなが納得できるレクを決めるための学級活動がありました。授業では話し合い活動がしっかりとなされて、最後には振り返りの活動までしっかり行っていました。
 その後、この授業の良かった点・改善点などについて、教職員で協議を行いました。

田植え体験(5年)

 平成29年6月30日、梅雨空の下、5年生が社会科学習の一環として、田植えを通して農業、食についての理解を深めることを目的に、田植え体験を行いました。学校運営協議会委員の多嶋田さんや農協職員の方、保護者の方々のご協力の下、もち米の苗を5年全員で植えることができました。秋には収穫、そして餅つきと続いていきます。今年の出来栄えが楽しみです。

見学遠足(4年生)

 福宗清掃工場を見学し、自分たちの生活で出るごみの処理の仕組みを知ったり、大分南消防署を見学し話を聞くことで、消防設備や職員の方の努力や苦労・工夫を知ったりすることを目的に、平成29年6月23日、4年生が社会見学を実施しました。

避難訓練(不審者対応)

 平成29年6月16日、本校に不審者が侵入した場合を想定して、東、西校舎それぞれに避難訓練を実施しました。緊急放送後体育館に避難。その後大分南警察署の方から、不審者に遭遇したときの身の処し方や「刺股(さすまた)」を使った対応の紹介がありました。児童生徒は、みな真剣に参加することができました。

写真教室(5年生)

平成29年6月12日、5年生が(株)大分キャノンの職員の方を迎えて、写真教室を開催しました。カメラの基本的な扱い方や写真撮影のポイントなどのレクチャーを受けた後、早速一人1台のデジタルカメラを手に、グラウンドで気に入った風景を撮影。お気に入りの1枚を印刷しフォトフレームに収めました。短時間の活動でしたが、とても素敵な写真を残すことができました。

歯の保健指導(1年生)

平成29年6月5日、1年生が、大分歯科専門学校の学生さんから、歯みがきの大切さや正しい歯みがきの仕方を教えていただきました。1年生は永久歯が生え始める時期ですが、特に「6歳臼歯」が磨きにくいとのことで、歯ブラシをつかった正しい歯みがきをしっかり学習しました。

自然観察教室(3年)

 平成29年5月31日、森の先生(自然観察指導員)のご指導の下、3年生が第1回自然観察教室を行いました。隣の賀来神社や大分川河川敷など、日頃何気なく通っている身近な場所で観察を行い、新たな気付きや発見をすることができました。

薬物乱用防止教室(5/6年生)

 平成29年2月17日、学校薬剤師の山恵美先生を講師にお招きして、5年生と6年生に薬物乱用防止教室を実施しました。5年生はクラスごとに「タバコのリスク」について、6年生は3クラス合同で「シンナーについて」をテーマに、タバコやシンナーが身体に有害であることを実験や映像を見ながら学習しました。

OBSラジオ番組取材(2年)

平成29年2月10日、2年2組の教室で、OBSラジオ番組「あなたの母校におじゃましま〜す!」の取材が行われました。校歌の録音の後、今がんばっていることや目標にしていることなどのインタビューを受け、それぞれ自分の考えや思いを答えていました。
 なお、この日の様子は、2月24日(金)の朝9:30〜9:40、OBSラジオで放送される予定です。 

七輪体験(3年)

平成29年2月8日、3年生は社会科での昔の道具に関する学習の一環として、実際に七輪を使った体験を行いました。あまり(?)使ったことがない七輪に悪戦苦闘でしたが、最後は炭火でじっくりとお餅を焼いておいしくいただくことができました。 

なわとび大会(1年〜6年)

 1年〜6年は、体の動かし方やリズム感を養ったり、目標に向かって努力する態度を育てたりするために、「なわとび」に取り組んでいます。1月〜2月上旬にかけて、各学年ごとの持久跳び・長縄跳びなどの目標時間や回数を設定した「なわとび記録会(なわとび大会)」も行っています。(写真は1年生)
 

餅つき体験活動(5年)

5年生は、平成29年1月31日、自分たちが植え稲刈りもした餅米を使った餅つき体験活動を行いました。伝統的食文化である餅つきを体験することにより収穫の喜びを味わうとともに、これまで指導してくださった多嶋田さんやJAの方、若鮎の会の方々、さらにはお手伝をしていただいた保護者の方などに感謝の気持ちを伝える活動です。天候にも恵まれ、つきたての餅が次々と出来上がり、最後は全員でおいしくいただくことができました。
 終わりの会では、田植えから刈り取り、そして今日の餅つきまでの一連の活動から学んだことや、地域の方・保護者への感謝の言葉が述べられ、お礼の意味を込めて5年全員で合唱を披露し、この活動を締めくくりました。
 

昔の遊び体験(1年)

 平成29年1月20日、1年生は地域の名人の方から昔の遊びを教えてもらうことを通して、伝統的な遊びに対する関心を深めようと、昔の遊び体験を行いました。「竹とんぼ・めんこ」「はねつき」「こままわし」「竹馬」「お手玉・おはじき」「けん玉・あやとり」の各グループに分かれて、地域の名人の方からルールやコツを教えていただき、保護者の方の協力のもと、昔の遊びを楽しく体験することができました。

紙飛行機教室(2年)

 平成29年1月17日、2年生は町田憲治郎先生(大分紙飛行機友の会)をお招きして、ゴムを使ってとばす紙飛行機の作り方や飛ばし方を学ぶ、紙飛行機教室を行いました。体育館で製作した後、運動場でうまく飛ばすコツを教えてもらいながら、全員で楽しむことができました。

避難訓練(地震及び火災)

 平成29年1月12日、地震とそれに伴って発生した校内火災を想定して、西校舎で避難訓練を実施しました(東校舎は11日に実施)。緊急放送の後、体育館に避難。その後、地震と津波に関する映像資料を用いて、東日本大震災における避難の仕方の検証等について学習しました。児童生徒は大変真剣な面持ちで訓練や学習に臨んでいました。

情報モラル講座(5〜9年生)

 平成28年12月15日、5年〜9年生が参加して情報モラル講座が開かれました。講師に福岡市よりNTTドコモ九州支社 スマホ・ケータイ安全教室インストラクターの川橋香織さんをお招き、インターネットを使う上で気をつけることを身近なトラブル事例をあげながら説明していただきました。終わりに生徒会長が「学年が上がるにつれ、ネットを使う機会が増えていく。良い点と悪い点をしっかり理解し、安全に使っていきたい」と感想を述べました。

福祉体験活動(7年生)

 福祉体験活動を通して福祉に対する理解と関心を高め、様々な人と共に生きるために必要なことを学ぶとともに、自分にできることは何かを考え主体的に活動する態度を養おうと、7年生が福祉体験活動を行いました。

1 日時:平成28年11月4日(金)
2 場所:ホルトホール内人権啓発センター(ヒューレおおいた)
3 内容
 (1) 講話
 (2) ユニバーサルデザイン学習と車いす体験
 (3) 高齢者疑似体験と妊婦疑似体験

伝統芸能ふれあい教室(5年生)

1 日時 平成28年11月1日(火)、9:30〜11:00
 2 実施団体 大分県日本舞踊連盟
 3 使用する舞踊小道具(振鼓、傘、四つ竹、振出し笠、綾竹、さらし、扇)
 4 内容
 @ 日本舞踊の鑑賞と、演目・小道具の説明
  ・道成寺(振鼓) ・絵日傘(傘) ・恋するフォーチュンクッキー(四つ竹) ・道成寺(振出し笠)
  ・越後獅子(さらし) ・荒城の月(扇)
 A ワークショップ
  ・小道具を中心とした直接指導
  ・舞台で成果の披露 

稲刈り(5年生)

10月25日、5年生は稲の収穫作業を行いました。6月に田植えをしてから大きく成長した稲を全員で刈り取り、その後の作業まで行うことにより、大変さや収穫の喜びを実感できたようです。

見学遠足(5年生)

 10月4日、5年生は「新日鐵大分製鉄所」と「太陽の家」を訪れ、仕事をしている人の様子を知ったり、障がいを持つ人の社会との関わりに気づいたりすることを目的に、見学遠足を行いました。

見学遠足(2年生)

 9月27日、2年生は生活科学習の一環として、「うみたまご」を訪れました。動物たちの観察・触れ合いなどの体験活動を通して、動物愛護の心を養い小さな生命への愛おしさを感じるとともに、体験地や車内における集団行動のあり方も身につけることができたようです。

薬物乱用防止教室(3/4/7/8/9年生)

 9月23日、3・4・7・8・9年の各学年で、講師の山恵美先生(本校学校薬剤師)をお招きして、薬物乱用防止に向けた教室を開催しました。各学年1時間ずつの学習で、テーマは、
3年・4年「薬の意味や正しい使い方
7年「薬の正しい使い方」
8年「たばこの害」
9年「薬物の体に与える影響について」です。
身近な存在の薬を正しく服用することの大切さや、薬物の恐ろしさ・危険性などについてしっかりと学びました。

福祉学習講座(4年生)

 9月13日、4年生は、講師の方をお招きして、「『視覚障がい』を知ろう」・「『聴覚障がい』を理解しよう」というテーマで福祉学習講座を行いました。講師の方のお話や盲導犬とのふれあい、手話体験などを通して、障がいに対する理解を深めました。

見学遠足(1年生)

 9月8日、1年生は生活科学習の一環として、アフリカンサファリを訪れ、動物たちの観察・世話・触れ合うなどの体験活動を行いました。この学習を通して、動物愛護の心を養い、小さな生命への愛おしさを感じることができたようです。

避難訓練(火災)

 平成28年9月9日、校内での火災発生を想定して、東、西校舎それぞれに避難訓練を実施しました。緊急放送の後グランドに避難。その後、大分南消防署の職員の方から、避難する際の注意点や火災発生時の行動、初期消火の方法などの指導をしていただきました。なお西校舎の放送器具に不具合があることも分かりました。

全国中学校総合文化祭

 大分県では初開催となる第16回全国中学校総合文化祭(平成28年8月18日〜19日、於:iichikoグランシアタ・音の泉ホール、大分県立美術館等。展示発表は美術作品・書道、各教科のレポートや作品等、発表部門は、吹奏楽、マーチング、演劇、郷土芸能等)に、8年生が参加してきました。全国レベルのすばらしい作品や演劇(帰りのJRの時間の関係で、途中までの鑑賞)に触れることができ、今後の文化活動に大変参考になったことと思います。

星空観察会

 平成28年8月8日、4年生が星空観察会を行いました。東校舎の屋上で、星座早見盤の学習をした後に天体望遠鏡3台を用いて、月や惑星(木星や土星)などを観察しました。初めはやや雲がかかっていましたが、暗くなるにつれ晴れてよく見えるようになり、望遠用を覗いた子どもたちからは歓声があがっていました。

サマースタディ(サマスタ)

 1学期が終了し夏休みに入ったばかりですが、基礎学力の定着や自主学習の場の提供をねらいとして、今年も「サマスタ」が始まりました。実施学年は4年〜9年で基本的に5日間、小学部の1〜3年の先生たちも応援に入る中、それぞれの学年でプリント、問題集、テキストなどに取り組んでいます。

クラブ活動(4年〜6年)

 平成28年度のクラブ活動は、ライトベースボール、ドッジボール、バドミントン、卓球、室内ゲーム、手芸、パソコン、昔の遊び、まんが・イラスト、フットサル、科学、工作の12クラブにおいて、共通の興味・関心を持った4年〜6年で実施されています。

自然観察教室(3年)

 平成28年7月1日、自然観察指導員のご指導の下、3年生が第1回自然観察教室を行いました。隣の賀来神社や大分川河川敷など、日頃何気なく通っている身近な場所で観察を行い、新たな気付きや発見をすることができました。

田植え体験(5年)

 平成28年6月29日、5年生が社会科学習の一環として、田植えを通して農業、食についての理解を深めることを目的に、田植え体験を行いました。学校運営協議会委員の多嶋田さんや農協職員の方、保護者の方々のご協力の下、もち米の苗を5年全員で植えることができました。秋には収穫、そして餅つきと続いていきます。
6月30日
7月5日
7月12日
7月19日
7月28日
8月2日
8月10日
8月15日
8月21日
8月29日
9月2日
9月7日
9月17日
10月4日
10月14日
10月25日

避難訓練(不審者対応)

 平成28年6月17日、本校に不審者が侵入した場合を想定して、東、西校舎それぞれに避難訓練を実施しました。緊急放送後体育館に避難、その後、大分南警察署稙田交番所長から、不審者への対応はもとより、自転車の施錠や携帯端末でのセキュリティの重要性まで、お話をいただきました。

見学遠足(4年生)

 福宗清掃工場でごみ処理の仕組みを知ったり、古国府浄水場で浄水の知識を身につけ、節水と環境保全への関心意欲を高めたりすることを目的に、平成28年6月14日、4年生が社会見学を実施しました。

大分市立賀来小中学校


西校舎(5年〜9年)

〒870−0877
住所:大分市賀来101番地の4
TEL:097-549-2560・2590
FAX:097-549-2125


東校舎(1年〜4年)

〒870−0877
住所:大分市賀来68番地の2
TEL:097-549-2743・3379
FAX:097-549-2045