本文へスキップ

JYAN研は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

警報・注意報 地震・噴火観測の最新情報TOPICS

お知らせ(2018年4月)
観測情報(4月−24日)
4/11中津地滑り?について、当観測概要では再山崩れのトリガーとなる観測異常はありません。当研見解
4/5日新燃岳の噴火に続き、硫黄山の噴煙で、2ヶ月(2団)に渡った周辺電磁界の異常が減少方向です。3団めの可能性もありますが、全体的には沈静化の方向です。
電磁環境は  警戒++

(4月下旬)東海・東南海・南海トラフと全国的な電磁界とノイズ等の観測状況をお知らせしています。=警戒++です。
○アース系は〜警戒+クラス
○電離層系は〜警戒+++です。
○地表電磁界とノイズ観測は警戒++です。
 参考(大地震前には大異常があります。)
観測情報
 当地震電磁観測網で異常を観測した場合は警報警戒(注意)等の警鐘を発表しています。通常は1週間前後に地震が起きています。
4/24日警報
警戒」は以下の通り。

警報等
=震度7で警報クラスの観測局はありません。
(サービスエリア外は詳細把握が困難です。)


警戒地域は
=4/24 周防灘〜西瀬戸で異常レベルが高く、4/27日前後に警戒が必要です。

=4/10 5日の新燃岳噴火後、パルス系は活発でしたが、
4月8日に出していた要警戒予報から、1日遅れて島根地震が発生しました。地震と噴火の謎は、パルスの出方にあるようです。
=4/9に島根西部で震度5強の地震発生。当観測エリア外ですが、近隣局の観測状況です。
=4/5日の新燃岳噴火後電磁界が静かになりました。3月始めから4月初旬を注意とし、4月8日前後が要警戒と書きましたが、この電磁界観測による短期予報は新燃岳の噴火だったようです。再検証を進めています。また、観測点の増加が必要です。
=3/26鹿児島局等の異常が続いています。根が深いようですから、しばらくはご注意を。
3/16日から鹿児島局が特異な観測をしています。4/8頃の警戒が必要でしょう。
=3/7日17時鹿児島・宮崎・延岡・佐伯の異常観測は新燃岳噴火=地殻変動の可能性大です。この場合異常観測による地震は起こりません。
=3/6日14時佐伯・延岡の観測状況

○FM系ではウエーブ異常が続いています。
  3月〜4月が要注意となるでしょう。

警戒等(C=クラス)(震数○◎
○4/24西瀬戸から山口方面で地震異常を観測中です。4/27日前後が要注意です。山系等の急傾斜地は揺れによる注意が必要でしょう。
○4/18アース系の観測では地下の軋轢が活発ですが、中津山系の地表軋轢は減少傾向です。
○4/14愛知県西部地震は注意報通りでした。
○3/30茨城北震度4の観測状況です。
◎3/20 鹿児島地方が要警戒です。=新燃岳?
2/9宮城県石巻方面は警戒が必要でしたが
=12/16岩手県沖で予想通りの地震でした。
 震度5±1クラス≒震度4で3日遅れです。
○10月6日と7日に福島県沖で震度5弱の地震がありました。石巻局の観測状況です。
7/11鹿児島県鹿児島湾で震度5強の地震で注意報通り観測に異常がありました。
7/2熊本県産山村で震度5弱の地震がありました。注意報通り観測の異常状況です。
注意報
(数日〜1週間前後)=4月24日現在の参考です。全体的に注意レベルの観測局が増え、アース活動が活発になっています。
震度3±1〜の地震の可能性がある、電磁異常が観測されている観測局は次の通りです。
4月24日現在福島、郡山、鹿島、小平、富士宮、磐田、室戸、三原、国東、豊後高田、中津、竹田、佐伯、大分西・東、鹿児島 
4/18福島、郡山、鹿島、練馬、富士宮、高浜、室戸、国東、豊後高田、竹田、佐伯、大分東、唐津、延岡、鹿児島、沖縄
4/14福島、郡山、鹿島、印西、船橋、富士宮、磐田、高浜、室戸、新居浜、国東、豊後高田、日田、竹田、大分東・西、太宰府、唐津、長崎、佐伯、宮崎、鹿児島、沖縄。
4/10福島、郡山、鹿島、練馬、西多摩、富士宮、磐田、名古屋、高浜、川西、室戸、新居浜、三原、豊後高田、竹田、佐伯、大分東、延岡、太宰府、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄
4/6郡山、鹿島、西多摩、富士宮、名古屋、高浜、室戸、新居浜、国東、豊後高田、太宰府、竹田、佐伯、東大分、別府、長崎、鹿児島
4/1郡山、鹿島、西多摩、富士宮、岩田、室戸、新居浜、延岡、鹿児島
3/28郡山、鹿島、西多摩、富士宮、磐田、室戸、国東、佐伯、太宰府、鹿児島
山崩れ現象
大分県中津市での山崩れは観測状況をどうぞ。
地割現象
竹田観測局の近く)5/16日に発見、19日〜月末、6月9日・10日、に再発、16/19/23日に20dB前後で縮小傾向、その後は大きな異常は出ていません。
注意報詳細

○ / 日注意レベルの観測です。=無し
○4月から観測局単位で注意報等を発信しています。(長期変動や詳細は観測概要をどうぞ)
観測状況全般
○FMの地上波観測に異常が出ています。
(お知らせ2018-2-3)
JYAN研究会の地震観測網を整備する広報ページを掲載しました。(協力者募集)
(号外!お知らせ2017-8-20)

● 「電磁波観測で地震予知を目指す!」
月刊誌CQに、当JYAN研の地震予知活動が4Pで掲載されました。完全な予知データをCQ9月号でご覧下さい。22年の成果です。

(お知らせ2017-6-18)
JYAN研究会の地震予知活動が産経新聞にカラー版で掲載されました。ご覧下さい。WS

  日本地震予知学会の会報にJYAN研究会がグループ  活動の第1号として掲載されましたのでご覧下さい。
特記  研究の詳細は
http://jyan.biz/  http://pr.jyan.biz/ 等で、どうぞ。
2017年4月1日〜大きい地震の観測情報を掲載中です。データや情報の複製や拡散を禁止します。また、観測情報のご利用は、自己責任でお願いします。
2017年4月1日
JYAN研の「スマホ向けホームページ」を公開しました。但しサービスエリアの拡大に向け、観測希望者を募ります。
2016年12月31日
フェイスブックでJYAN研からの「お知らせ板」は、当HPをご覧下さい。
2016年12月31日
ツイッターで、永年「簡易情報版」の運用をしてきましたが当HPでどうぞ