本文へスキップ

JYAN研は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○会社です。

警報・注意報 地震・噴火観測の最新情報TOPICS

お知らせ(2019年8月簡素化分) ◎ お礼 ○ ハムフェアーで新説を発表します。!
◎今月8月31〜/9/1日東京晴海のビッグサイトの「ハムフェアー」で、当JYAN研が地震予知の研究や観測等の成果(地震予知の理論とメカニズム等の論説)ポスター等発表します。関東他メンバーの応援有り、来場をお待ちしています。
 最も困難と言われた「地震の予知理論とメカニズム」が解明できました。24年かかりましたが殆どの疑問に答えられます。それで、当技術が社会の皆さんに役立つよう鋭意努力を続けていますが、まずは、指導や協力を戴いた先輩諸氏と、快く協力下さった観測網(約50局)の皆様&当会員の皆さんに感謝を申し上げたいと思います。また、現在の実験的観測網は今後とも発展させ、災害予防に役立てたいと思います。また
当HPは、危険を感知した時のみ報知します。
〇7月中旬、地震は海外で多く、列島は下旬!
○7月に入りました。中下旬が要注意でしょう。
5月30日に予報した震度5〜6クラスの地震が6月17日と18日にありました。観測との因果関係を調べています。地震をご覧下さい。
 6/16、下記予想ですが6月5,6,8と3連続で、7日に延長後は6/11日に予測通り、連続3回の地震がありました。しかし、震度は5〜6では無く3前後の普通地震だったので結果は△です。
○6/7下記予想、5日程延長します。ご注意を
○6/1に震度4が千葉県北東部でありました。4日以降も要注意です。
○5月下旬から関東地方他に電波異常が出ています。(広域及び関東地方局で変化を観測中)
6月4日頃から7日頃に房総半島〜東京湾周辺震度5〜6クラスの地震を複数回の予想(5/30)
○関東は今後も注意を要す。5/25
関東の千葉で震度5弱、愛知は継続 
○5/21日関東、愛知、大分は1週間注警クラス
○5/15日下記地震は連続6回になりましたが、今しばらくは注意が必要です。
(5月10日早朝宮崎沖で震度5弱の地震がありました。
○5/1特に大きい異常はありません。関東茨城方面は要注意でしょう。
○4/1震度5以上の予想を掲載します。

電磁環境は  
注意〜警戒+Levelです。
(7月)電磁界とノイズ等の観測状況をお知らせしています。=注意レベル継続です。
○アース系も注意レベルです。
○電離層系は注意レベルです。
○地表電磁界とノイズは警戒レベルです。

 参考(大地震前には大きな異常があります。)
観測情報
 当地電磁観測網で異常を観測した場合は
警報
警戒(注意)等の警鐘を発表しています。通常は1週間前後に地震が起きています。

7/20日警報
警戒」は以下の通り
警報等
特に大きい地震兆候はありません。
警報クラスの観測局はありません。

警戒地域(震度5クラス〜)は
=特に異常な観測はありません。
関東(房総半島から東京湾周辺)5=6クラス○

観測情報
(数日〜1週間前後)震度4〜5の地震の可能性がある、電磁異常が観測されている観測局は次の通りです。
7/3日北海道東部沖注意
6/15下記注意を4日程継続します。○
6/2関東は継続、中部も注意です。
5/26関東は継続、中部も注意
5/21東北、関東、中部、大分地方
5/15関東・中部、南海5/10宮崎沖で地震
5/3関東、中部(名古屋)、紀南(徳島)

山崩れ現象
大分県中津市での山崩れは観測状況をどうぞ。
地割現象
竹田観測局、福島局の観測状況をどうぞ。
注意報詳細

5/1日 ホームページのリニューアル
JYAN研古来のホームページはこちらです。
JYAN研の新ホームページはこちらです。
安全特化のホームページはこちらです。
観測技術のホームページはこちらです。
(お知らせ2018-2-3)
JYAN研究会の地震観測網を整備する広報ページを掲載しました。(協力者募集)

(号外!お知らせ2019-5-20)
● 「電波観測で予知技術を有効活用!」
月刊誌CQ6月号に、当JYAN研の地震予知技術の有効活用
(想定外対策4Pで掲載)

● 「電磁波観測で地震予知を目指す!」
月刊誌CQに、当JYAN研の地震予知活動が4Pで掲載されました。完全な予知データをCQ9月号でご覧下さい。22年の成果です。

(お知らせ2017-6-18)
JYAN研究会の地震予知活動が産経新聞にカラー版で掲載されました。ご覧下さい。WS

  日本地震予知学会の会報にJYAN研究会がグループ  活動の第1号として掲載されましたのでご覧下さい。
2017年4月1日〜大きい地震の観測情報を掲載中です。データや情報の複製や拡散を禁止します。また、観測情報のご利用は、自己責任でお願いします。
2017年4月1日
JYAN研の「スマホ向けホームページ」を公開しました。但しサービスエリアの拡大に向け、観測希望者を募ります。
2016年12月31日
ツイッターで、永年「簡易情報版」の運用をしてきましたが当HPでどうぞ