本文へスキップ

地震予知研究所は地震と噴火を予知するための観測と研究の専門機関です。

 現在、全国で約50局の協力で観測を行っています。
 最新情報は地震予報へ

  HAM&Professional Study Society(+50)

 ようこそ、地震や噴火から「命を守る」HPへ
JYAN研(地震予知安全ネット)は、大地震から命を守る事を目的に、現在、全国で50局の実験協力によって、3日(〜5日)前迄に地震予知情報を、役立てようと、実験的な観測情報を掲載しています。
(正確な予知情報を出す為には数千局が必要です。)
 当JYAN研の観測技術は、世界Topのレベルにあり、その一部は学会等でも発表しましたが、特に電磁気を観測する新しい3方式の開発によって、約1週間前には電磁的異常を、パーフェクトに観測し、高確率の予報を発信できるまでになりました。(現在は、観測エリア内限定です。)
 1995年から研究を始め、2009年からは観測網を全国に広げながら、実験や研究を重ね、地震や噴火、地割れ等が判る、唯一の観測技術を作りました。
 これまでに、淡路・長野・福島、そして熊本地震等多くの予知実績がありますが、十年に及ぶ観測網の経験則によって、地震予知の正確さが評価されています。
 現在は、電磁的な地震のメカニズムや観測理論まで解明でき、観測値から3原則を算出する方法まで判ったので、自動的に、レベルAAAでの地震予知情報を、確率85%以上で情報発信ができるのです。
 現在「検証」中ですが(世界が驚く技術ですよ)
 地震学会が地震予知は困難だという中、大変な技術を持っています。そこで、技術提供が可能ですので、全国に観測網(3方式)を敷設する資金(数億円)を出して戴ける方を探しています。全国に適正な電磁的観測網ができればトラフ地震や関東の直下型地震などが確実に予知でき、数十万人の命が助かるのです。

観測網への自主参加が可能です。
 現在、観測点の直下と周辺が良く判る新型観測装置を開発しています。10年間観測実験に使ったものをグレードアップし1週間から3日前には確実に、直下や付近の地震が感知でき危険を知らせてくれます。
 当JYAN研観測網は、ボランティアの活動団体なので装置(約10万円)は自己負担ですが、観測網に参加し自宅等に観測装置を置けば警報が危険が判り、観測ネットでの情報配信で二重の危険情報となり誰よりも安全に過ごすことができます。
(希望者は jyanken@oct-net.ne.jp メールで問い合わせ下さい。)
観測網の充実と情報の信頼性
 情報配信の希望者には、地震や噴火等の観測情報(3日前迄)を配信できます。ただし、現在は実験的な観測網であり、サービスエリアも十分ではありません。従って、当ホームページや配信情報をご覧下さい。なお、地割れや山崩れも、特別な技術を加えると当JYAN研は十分観測が可能です。正確な情報が必要な方には、観測装置の設置や、観測等の技術指導を行います。(希望者される方は当研のシステム担当にメールで問合せください。)
観測と技術情報
○2018/9 予測内容のレベルAAAとは?
まず最初に、現在の予知情報とは全く違う情報です。
 LevelAAAとは、地震予知の精度を表す造語で、
場所 Aは地方、AAは県単位、AAAは市町村単位
いつ Aは週単位、AAは日単位、AAAは時間単位
大きさ 震度でAは±1、AAは±0.5、AAAは±0.3で
それぞれLevelに応じた数週・数日・数時間前での発表であり、場所毎の震度予想を発表するのです。また、信頼度はLevelAAAで85%以上(AAで70%、Aで50%以上)の確率を原則としています。
 こんな理想のようなAAA情報には、現在の地震計クラス(3900箇所)の電磁観測施設があれば可能です。
Aで数千万、AAで数億、AAAで数十億円かかりますがK庁は地震予知をしない規則があるので、どなたか
WeatherNewsクラスの会社を作りませんか?
○2018/9北海道の地震は、道内に観測点が無く予知出来ませんでした。
◎2018/6大阪北部地震では、新しい異常形態が観測されましたが、経験則に無く、注意報しか出せていません。解析システムの更新を行いました。
大分・福島の地割れ、中津の山崩れ等観測可能
◎2017年=熊本地震で、前震や本震、連続地震などを完全に把握できました。これは世界初の快挙ですから、この模様はJYAN研の各HPに掲載しています。
◎2017年6/18日当研究会の観測と活動が「産経新聞」に掲載されました。
◎8/20日月間CQ誌9月号に当JYAN研が4Pに亘って 地震研究と電磁的観測等が掲載されました。
◎2016年12月 日本地震予知学会の会報に、当研究会(JYAN研)の活動が2Pに渡って紹介されました。