本文へスキップ

地震予知研究所は地震と噴火を予知するための観測と研究の専門機関です。

 
 最新情報は地震予報へ

  HAM&Professional Study Society(+50)

 ようこそ、地震や噴火から「命を守る」為のHPへ
JYAN研(地震予知安全ネット)は、大地震から命を守るため、3日(〜5日)前迄に地震予知情報を、お知らせする、観測情報を掲載しています。
観測は、地震計では無く、電磁気を観測する新3方式を開発し、1週間前には電磁的異常が感知できます。
2009年から観測網の構築を始め、実験や研究を重ねながら、地震や噴火、地割れ等が観測できる画期的な観測方式として次第(全国的)に広がってきました。
 これまでに、淡路・長野・福島、そして熊本地震等多くの予知実績がありますが、十年に及ぶ経験則が、地震予知情報の信頼度を向上させ、命に危険な震度6以上では確率が90%++〜100%(エリア内)になっています。
観測網への自主参加ができます。
 当観測網に参加(自宅に観測装置を置く)すれば、観測装置の警報とネット配信による二重情報で安全に過ごすことができます。(希望者は問合せください)
観測網の充実と情報の信頼性
 情報配信の希望者には、地震や噴火等の観測情報(3日前迄)を配信しています。ただし、現在は実験的な観測網であり、サービスエリアも十分ではありません。観測網が充実するまでは、このホームページをご覧下さい。なお、地割れや山崩れも、当JYAN研のみが観測可能です。正確な情報が必要な方は、観測装置の設置や、観測等の技術指導を行います。(希望者される方はシステム担当に問合せください。)
◎2018/6大阪北部地震では、観測態勢が整わず把握不十分でした。システム等を更新して対応します。
◎大分・福島の地割れ、中津の山崩れ等観測可能!
◎2017年=熊本地震で、前震や本震、連続地震などを完全に把握しました。これは世界初の快挙でしが、この模様をJYAN研HP等に掲載しています。
◎6/18日当研究会の観測と活動が「産経新聞」に掲載されました。
◎8/20日月間CQ誌9月号に当JYAN研が4Pに亘って 地震研究と電磁的観測等が掲載されました。
◎2016年12月 日本地震予知学会の会報に、当研究会(JYAN研)の活動が2Pに渡って紹介されました。