小説家・井沢元彦は出雲大社に祭られた大国主がそっぽを向いて
いることに疑問を持った。
 大国主が出雲を代表する神であるにもかかわらず、南向きの祭殿の
中に西向きに祭られているのはなぜか。実は正面に祭られているのは
大和の神々・・・すなわち天照大神たちなのである。
 つまり、大国主は彼らの監視の下にいる、いわゆる戦争犯罪人として
この大社に祭られたのだと主張するのである。その証拠に平安時代の
俗謡に「雲太・和二・京三」というものがあると。
 つまり出雲大社が当時最も大きい建物であったということで、それは
東大寺大仏殿や御所の天皇の御殿よりも大きかったということである。
そんなおかしな事をする国は日本だけなのだ。
 これこそが怨霊信仰である。

 古代、人々はいかにして神を祭ったであろうか。
 巨石に神を見、巨木に霊を探し、山海に魂魄を鎮めた。 巫女に荒魂を鎮護させ、英雄のにぎ魂を祭った。
 だがそれだけであろうか。
 遙か彼方より寄り来て、またいずくともなく消えていった異形の人々はどこから来てどこへ去り、どこにまつられたのか。
 利用され簒奪され追いやられた彼らの幸魂、荒魂はいったい誰がどこに祭ったのであろうか。




 物部氏(Clan,Mononobe)が祭るニギハヤヒ命は三輪山に祭られた。しかし実際には出雲の大国主とは
彼のことではないか。大国主には物部に仕えた縄文人・ナガスネヒコの神霊が宿っている。
 そしてその神霊を監視せねばならないのは大和物部氏の祖神であるニギハヤヒの勤めである。
 従って大国主の神霊にはこの二人の性格が同時に存在することになる。
神の名は為政者によって変えられて行く運命にある。そして新しい為政者の神は古い元の神を監視する必要がある。反逆せぬように。
 それが「かむやらい(Kamuyarai)」である。




「神名の交換」と「神霊の監視」がセットになった代表が出雲大社である。だがすべての神社は実は皆そうされているのだ。
 持統天皇以後、神の実態はひとつにされた。つまり一神教として神道は統一されてしまったのだ。名前は違っていても神霊はひとつそれは天照大神なのである。これは藤原不比等の陰謀である。そしてその背後にいたのが渡来氏族秦氏。
  真実を知る秦氏は歴史の影に追いやられた。厩戸皇子の神霊とともに・・・平安京以後、彼らは表舞台から追いやられた。どこに?
 原始キリスト教の陰を残しながら彼らはどこへ消えたのか???
                       「
 出雲の大国主が侵略され追いやられた先住民であり、それゆえその
怨霊を畏れたため為政者は彼を神として巨大な社に祭ったとしたら、
出雲以外の国ではどうだろうか。
 大和の聖なる山・三輪山には大物主という正体不明の神が祭られて
いる。この神こそニギハヤヒだと私は言いたい。
 三輪山に造られた大神神社(おおみわじんじゃ)には祭殿がない。山
そのものがご神体なのである。
 これは社を造ってもらえなかったとも考えられる。物部氏の社と通説は
言う。しかし物部氏の祭る本来の神は実は石上神宮に祭られたイソノカ
ミであって大神神社は大三輪氏が祭っているのだ。
 大三輪氏が物部氏の出身だというのは嘘である。
 なぜなら、大三輪氏の祖・オオタタネコは出雲のオウの一族で秦氏の
人だからである。



 山口県・土井ヶ浜遺跡の渡来人のおびただしい遺体を見るまでもなく、
日本海側が古代、渡来・漂着の表玄関だったことは容易に気づくことである。
 風土記などにあるように、大国主は新羅の王子・アメノヒボコと何度も戦っ
ている。秦氏が出雲にいたとしてもナンの不思議もない。
 そして渡来人と先住民のナガスネヒコ一族が領地争いをしたことがあったの
かも知れない。このように先住民は北方系蝦夷、そしてその他に南方系海人
族がいたと思われる。彼等こそが太古から列島に拠点を置いていた倭人であ
り、また縄文人であった可能性がある。
 内陸へ逃げたナガスネ族は大和で再びニギハヤヒと争い服従した。ところが
そこへ出雲の秦氏がやってきた。
 ナガスネはニギハヤヒの神霊とともに出雲へ祭られたのだ。
 大国主のイメージのひとつとして・・・

 気比神宮。
 敦賀一の宮である。気比大神は本来新羅の王子・ツヌガアラシト
だといわれている。
 先に記しておいたアメノヒボコとこのツヌガアラシトはまったく同一
人物である。ところが私は同族であることはみとめても別人であ
るといいたい。
 気比神宮の神職を務めるのは敦賀氏で、彼らは波多氏の出身で
ある。波多氏と秦氏は同じ新羅系加耶国人であり、ともに九州北
部に渡来した。しかし波多氏はハダ氏、秦氏はハタ氏と、読みが
違う。 秦氏は京都の葛野・・・今の嵯峨野を本拠地とする大ゼネコン
グループを形成した技術集団であった。
 だが、その秦氏の中で三位以上の高位についた者はいない。
そして我々が普通知っている秦姓の歴史上の有名人といって
も聖徳太子の四天王の一人・秦川勝くらいのものであろう。
 川勝は桂川に堰きを築いたほどの水の達人である。今旅人が
京都へ行き京野菜を食べられるのも、彼等が荒野を開墾した
おかげであり、嵐山のあたりをそぞろ歩きできるのも葛野大堰
ができたからなのである。それまでの桂川は保津狭からの急
流で常に決壊する暴れ川だった。また鴨川でさえ今の場所に
流れを移動させたのも秦一族の手になったとさえ思われる。
 秦川勝はおそらく本名でなく、秦の川のスグリという尊称であろう。

 全国の神社総数10数万社のうち、秦氏の神を祭る神社は八幡
系四万社、稲荷系四万社、松尾、出石等その他ひっくるめて九
万社に上ると言われている。
 詰まるところ日本の神社信仰は秦氏が形作ったといっても過言
ではない。
 本拠地京都にある御所紫宸殿は川勝の居宅跡に桓武天皇が建
てたとさえ言われる。
 蚕の社の愛称で有名な木嶋坐天照御魂(このしまにいますあま
てるみたま)神社には奇天烈な鳥居が建っている。有名な三柱
鳥居である。これら秦氏の不可思議な風習についてキリスト教や
イスラム教、ユダヤ教、果ては拝火教や景教等と関連つけようと
する研究家もいる。
 少なくとも秦氏の祖・弓月の君が連れてきたという120部の人々
の中には半島に来ていた中近東の者たちがいたことは間違いな
い。長い歴史の中でやがて彼らが差別され簒奪され使い回され
たあげくに追いやられていったことも、今では否定できないこの
国の陰の歴史である。

 日本の古代史は、新羅系渡来人と百済系渡来人の
政権争いであったと言ってしまったら過言だろうか。
本家の韓国の中では未だに国内をまっぷたつにし
た二大政党の怨念的戦いがあるように見受けられ
る。何事も忘れやすい日本人もかつてはこうした政
権争いが天皇家の周辺で繰り広げられたのだろう。



 それは民びとには本来あずかり知らぬはなしであった。
 ところが実際はそうはいかない。何の罪なき民衆も特
定の権力と無縁でいることはできない。人はそうしてし
か裕福にはなれない者なのである。強い権力者が追い
やられ、また意趣を変えねばならなくなれば民衆もそれ
に従わざるを得ない。刃向かう者は殺戮、簒奪、追い立
ての憂き目にあう。その代表が異形の人々である。
 ナガスネヒコ、スサノウの命、クマソ、隼人、出雲族、葛
城族、鴨、海人族、サンカ、サエギそして秦一族の連
れてきた外国人・・・彼らの報われぬ漂白の魂は誰がど
こに慰霊してやったのだろう。
 ここで再びオオのタタネコが秦氏の人だったことを
思い出す。秦氏の信仰の大本はまず道教であろう
秦の始皇帝の血をひくと豪語する彼らは大陸の・・・
それも中国南部の生まれの混交宗教を信じていた。
 呪術、バラモン、ヒンズー、仏教、イスラム、ユダヤ・・
・ありとあらゆる宗教がない交ぜになったむしろ密教
に近い彼らの信仰の究極に位置するのが弥勒菩薩
である。

 救われぬ漂白の魂を56億7千万年のちに迎えにくる神・・・
それが弥勒である。その日まで彼らは流れ、追われ、争い
修行し、修生し修験しつづけねばならない。
 いや、これは何も彼らだけでなく行きとし生きる者すべてが
そうだろう。それを『業』・・・『原罪』という。弥勒菩薩だけが
人々の業が収まるのを待っている。それには56億年かかる
というのである。つまりは不可能であると言っているのだ。
 では彼らの魂を祭る神社はどこにあるだろう。
 それは必ずある。秦氏がやってきた道程のどこかに・・・
 秦氏が祭る神の国は随書倭国伝に秦王国と記された場所
にある!
 弥勒は秦氏にとってのアマテラスなのである!

秦氏が祭る神の国・その謎

プロローグ


      京都葛野から一気に豊前香春岳へ             そして、秦氏の祭る神の国へ・・・

いったいそこはどこにあるのか?
そこに祭られた比売神とはいったい何者なのか?

秦氏が祭る神の国・
              その謎



高額な古書購買にはご注意下さい。
著者は一切関わっておりません。
この著書はすでに完売しております。読まれるならば国会図書館などで
借りてお読み下さい。
著者も在庫は持ち合わせていません。


併収『柿本人麻呂外伝』

注・英訳にMr.と表される”氏=うじ”は西欧における”Clan”が正しい。

画像は広隆寺弥勒菩薩半跏思惟像

HP目次に戻る
http://www.oct-net.ne.jp/~hatahata/teabrake.html

ご注意!!この本は完売し、今後再発の予定はありません。
高額な古書が出ているようですが、それらの販売は
くれぐれも当方とは関係はありません。流通のマジックにご注意。
それほど価値ある本ではございません。