リストへ戻る


NEXT

阿蘇氏と安曇野と安曇氏

長野県安曇野は千曲川によって日本海側から安曇氏が入った。
千曲川は越の国・信濃川からここにつながっている。
安曇は壱岐、対馬、九州宗像方面から、出雲に入り、信濃川から穂高へ入ったと思える。

同じように後の時代(古墳時代前後)熊本から阿蘇氏も入っている。
科野国造家は建五百龍命を祖とし、そのい出自は熊本の阿蘇の君、阿蘇氏・・・ようするに鉱物採集民多氏であるといわれている。

おそらく阿蘇氏は八代周辺の肥君とともにここへ入っている。
それは持統天皇の時代に朝廷から諏訪に入った大祝阿蘇氏よりも早かったと思う。

中央構造線を遡り、天竜川をフォッサマグナ沿いに遡れば諏訪に行き着く。

ところが千曲市には巨大な前方後円墳があり、その埋蔵品の中に「あとから」あらためてわざわざ埋蔵された河内堺の須恵器大瓶が出ている。この黒い瓶は全国の大古墳から同様に出てくるもので、おそらく知事クラスのブランド品なのであろう。

この大古墳は森将軍塚古墳という。





長野市の大室古墳群は非常に長いスパンでここに黄銅鉱を取りに来たさまざまな氏族が入っており、古墳形式の展覧会場的様相を示している。
まず一番早いのが高句麗と同じ形式を持つ積石塚古墳群の被葬者である。
半島からの潮流を読み違えると日本海を東に流されるから、これは安曇氏ではあるまい。

次にいろいろな形式の古墳が現れる。屋根型の合掌式古墳は間歩穴の三角式シンバリに非常によく似た石組みを石室とし、屋根型石棺のルーツかとも見える。他にはない形式である。




穂高神社の祭神は真ん中の中殿が穂高見神、左殿が綿津見神、右殿がニニギである。
また分け宮として天照大神、若宮として安曇連比羅夫が祭られる。

比羅夫は白村江の戦いにおける敗軍の将であるが、同時に歴戦の英雄でもあり、安曇族中興の祖と言える。比羅夫の名前が阿倍比羅夫と紛らわしいが、紛らわしいなりに阿部氏と安曇にはある種の関係があったかと思う。

境内に竜の子太郎、ものぐさ太郎などの昔話の主人公の像もある。これは阿蘇から伝わるものであると考える。
龍の小太郎は伝説の人物である泉小太郎から作られている。この人物と諏訪大明神・甲賀三郎訪方の二人は阿蘇氏や大三輪氏が蛇を神体とした蛇トーテム氏族であることと関連する。
またそれは大和大物主や建御名方などの記紀に現れる神と似ている。いずれも記紀作者が阿蘇、諏訪の伝承から作り上げたイメージで、要するに滅ぼされた出雲を表す。
出雲でそれが起きたわけではなく、もともとは九州における物部氏と多氏、秦氏、藤原氏、大伴氏などの勢力争いを写したに過ぎない。

記紀神話のすべては九州におけるプレ王朝成立までのエピソードから創作されている。
つまり各氏族競って大和への東征を行ったのであり、神武は一人ではない。七〜八人の神武がいた。

有明山は阿蘇のある熊本有明から氏族が来ていたことを証明する有明山神社がある。
祭神のすべては宮崎県の高千穂に祭られた天孫降臨説話の神である。手力男、おもいかねなど。
山門を有する神社形式はもともと九州に多く、主に平安・中世の仏教の影響が大きい。
仁王が手作りの素朴なもので、おそらく木地師、匠のついでの仕事だろう。





大王農園に残された八面大王は、岡山吉備の温羅伝説や壱岐、九州、山形などの百合若大臣の伝承と同じ「鬼退治」の類型で、となりの岐阜県の両面宿儺とも共通する、鉱物簒奪物語である。四道将軍・吉備津彦や大彦は同じように各地を簒奪し、統一し、倭王の意に染まぬ者は殺し、帰順者は受け入れたと思われる。ゆえに八面大王は日本海からたどりついた大陸・半島系の外国人で、奈良や阿蘇氏より先にここに入っていたと思われる。

それが鉱物を採集するために山にいたところを「鬼にされた」話。
これは但馬や播磨における大国主とアメノヒボコの相克と同種の史実gあっったことが反映されたと考えられる。アメノヒボコも吉備の温羅も新羅の王子。また気比のツヌガアラシトも同じく新羅王子であるから、白村江以降に消滅した百済への哀惜が新羅を鬼としたことから生まれた寓話だろう。

新羅系となると三宅吉志か秦氏しか考えられない。ゆえにアメノヒボコや八面大王はやられた新羅系渡来人を指す。

安曇族は熊襲、隼人、宗像、出雲、阿蘇多氏と血縁であろう。さらに秦氏、尾張氏、多氏、中臣氏、物部氏とも海運業の上で提携していたであろう。
天武朝の役人ともなった。阿曇連が記録に見える。右京神別。宿禰。
また同じ宿禰に海犬養連(あまいぬかいむらじ)、凡海(おほしあま)連がいる。
海犬養連はおそらく隼人である。隼人は出自として証せないので安曇氏を名乗った。彼は乙巳の変の指令者である。彼の指示で大三輪出自佐伯氏の佐伯連子麻呂と稚犬養連網田の二人に入鹿誅殺を指示している。

乙巳の変の前に、蘇我氏の山背皇子殺害の理由ついて日本書紀は、坂合部臣摩理勢が山背に殺されたからだとしている。摩理勢は多氏出身である。これがのちに入鹿が多氏関係者にやられる前触れとなっていると思われる。要するに大儀を創作していることになる。

安曇族は壱岐対馬から宗像に入った。
入れ墨をし、綿津見を祭り、船を手繰るが、同時に始祖・安曇磯良はつねに海中に住み、それはカッパのイメージとなっている。すなわち安曇は海人・あまであるから、その出自はおそらく中国海南島以北、黄河以南の白水朗である。小さく、鉱物もとるので少名彦名とも言える。
大隅隼人の犬遠吠え、呉太伯始祖伝承と大山祇信仰は主に安曇の信仰を模したものだろう。

すれらはやがて久米となる。
久米部は蝦夷を討伐。それはかつての蛮人扱いされた者が新しい蛮人をやっつけるという極めて「毒を以て毒を制す」的非情な為政者のたくらみがあることを表すだろう。

以上、2006年11月26日 かわ