本文へスキップ

学校概要

大分市立大東中学校

校長 板井 一哲

地域の特色地域の特色

校区は、豊後太郎大野川と乙津川に沿った南北8kmに及ぶ帯状の田園・丘陵地帯の南斜面に位置し、久保山・二目川団地などが大分市のベッドタウンとして早くから脚光を浴びていた。また近年、九石ドームや新興のショッピングセンター・住宅団地も建設され、交通網の整備がなされ、地域の環境は大きく変わりつつある。
 大分県有数のマンモス校であり、1988年(昭和63年)4月の学校分離は、ドーナツ化現象に伴う人口急増の一端を示している。
 明治・明治北・松岡の3小学校よりなる本校の保護者は、昔から教育に関する関心が極めて高く、子どもたちは小鳥のさえずる緑の残る豊かな自然と暖かい家庭の雰囲気に囲まれて、純朴で明るく、スポーツに親しみつつ、未来に目を向けて、伸びやかに育っている。


学校の沿革学校の沿革

1950年(昭和25年):明治・高田・松岡の3村統合により、大分郡東部組合立大東中学校開校
1954年(昭和29年):鶴崎市立大東中学校と改称
1958年(昭和33年):川添中学校を吸収統合
1981年(昭和56年):新校舎竣工移転
1988年(昭和63年):大分市立東陽中学校分離独立


校地校地

校舎 6,282㎡
体育館 980㎡
運動場 11,944㎡
武道場 371㎡
校地面積 25,818㎡

生徒数生徒数

学年 生徒数( 2016.4.1 現在 )
1年 385
2年 297
3年 339
1021


学級数学級数

学年 学級数( 2016.4.1 現在 )
1年 13
2年 8
3年 9
合計 30


部活動部活動

運動部

野球 ( 男 )
陸上競技( 男 女 )
ハンドボール( 男 女 )
サッカー( 男 )
ソフトテニス ( 男 女 )
柔 道( 男 女 )
剣 道( 男 女 )
ソフトボール( 女 )
卓 球( 男 女 )
バレーボール( 男 女 )
バスケットボール ( 男 女 )

社会体育
(クラブへの所属が必要です )
バドミントン( 男 女 )
水 泳( 男 女 )
空手道( 男 女 )
体操・新体操( 男 女 )
硬式テニス( 男 女 )
文化部 吹奏楽
美 術
部活動の詳細については、こちらをごらんください。