東京国際ファーラム教室2018年後期

初心者大歓迎です。

場所 ◆東京国際ファーラム会議室
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
有楽町駅直結、地下1階よりエレベーターで会議室へお上がり下さい。
電光掲示板にその日の教室の部屋番号が、表示されています。
「テディベアと仲間達」をご覧になり、お部屋番号をご確認下さい。


日程と課題


日程 お教室番号 課題の内容 価格
7月15日(日) G506 ◆1月から3月につくったバックと同じ生地を使用したポーチとほぼ日手帳のカバーを作ります。
ほぼ日手帳のカバーは、文庫本サイズです。ほぼ日をお使いでない方もブールペンで手帳を閉じる作りなので、他のものを入れるケースとして使えます。プレゼントにしても良いですね。
パーチのサイズは、顔部分19x14センチで、本体を入れると19x22センチです。
画像にあるように、顔の上部がファスナーになっています。裏地、バイアステープ、人造オパールのネックレスキットなど、全てのものがキットに含まれます。この2つのキットは、これまでご継続いただいる方のみ、キット代金2200円となります。このキットからスタートの方は、4600円となります。バックキットからスタートの方は、ご希望をメール下さいませ。ポーチの続き

新規の方
 6月から8月4600円
 ご継続の方
 6月から8月
 2200円
8月19日(日) G506 ◆7月の続き。ほぼ日カバーの仕上げ。 無し
9月9日(日) G506
◆前期ぱんだベアのミニチュアで、座高は約6センチのミニチュアです。
目がヴィンテージになってしまったアンバーグラスアイです。
胴体の生地は、ご継続の方は残りの生地を使用しますので、キット代金が1000円となります。
新規の方は、モヘアも含んだキットとなりますので、キット代金が1300円となります。
ご継続の方
1000円
新規の方
1300円

10月14日(日) G506

◆コーヒースリープです。画像はセブンイレブンアイスコーヒーのレギュラーサイズに被せてあります。
お店によって違いますが、このサイズでタリーズのショートだと、顔王の中央位になります。
キットはこの画像の小と、少し大きいサイズと2個出来るキットです。
生地は、ドイツの最高級ウールです。目はヴィンテージのヘマタイト色のグラスで縫いつけようの貴重品です。この目は、元生徒さんからの頂き物です。やっといかせました♪
リボンレースはキットに含みませんので、ご自分で可愛いものをつけて下さいませ。
¥2000
11月11日(日) G506
◆干支ベア 来年の干支は猪です。猪のスーツを着たベアで身長は約15センチです。
生地の関係で、少し余りますので、1月はこのベアのミニチュアを作ろうと思います。
ただしスーツ無しです。9月の課題のミニチュアベアがとてもかわいく出来ました。
こちらのベアもかなりの完成度だと思います。手の平、足の裏は猪??風になっています。
キットの余分が数セットありますので、ご希望の方はお早めにご連絡下さい。
スーツの猪の柄はお好みで、コピックで描くか、全体を汚れた風にしていただくためにあえてこの色のミニチュアファーを使用しました。
¥4000
12月16日(日) G606
◆11月の続き 無し

東京教室は13時から15時です。12月が第3週目となっています。


連絡先は下記の通りです。お問い合わせ、受講のお申し込みは、小柳 英美までお願いします

■FAX番号  097-532-6230 
 ■電話番号   090-3603-6228
■住所  〒870-0033 大分県大分市千代町1-1-30 エイルマンション千代町1006号
■メールアドレス   ◆shop@needlemama.com


受講料と入会金などのお支払いについて

■入会金 入会金はありませんので、受講料金をお支払いの時点でご入会となります。
ご入会されましたら、Needle Mamaでのお買い物が送料無料となります。ビーズのネットショップは
対象となりません。
ただし、まれに送料が必要な場合もありますので、ご確認下さい。
■受講料 全期前納制で¥25000(税込み)になります。
お休みのときは、課題をお送りします。送料は無料です。
■途中入会の場合 今期の募集はありません。
■お支払方法 ■ 〒振替口座 01920-0-60056 Needle Mama 必ず電子送金でお願い致します。
■ 楽天銀行 リズム支店209 普通預金口座 2466135 コヤナギ ヒデミ
■ 新生銀行 本店400 普通預金口座 1005853 コヤナギ ヒデミ
■ みずほ銀行 大分支店685 普通預金口座 1731073 コヤナギ ヒデミ 
■ お振り込みが完了されましたら、必ずメールを御願い致します。


初回の持ち物

ハイテックボールペン、油性のサインペン、布切り挟み、紙切り挟み、透明ファイルなど。50センチ定規があれば最高ですが、30センチでも良いです。




































教室案内に戻る