山行記    黒岩山   H30.1.6(土)  晴

 
   ここは黒岩山の山頂・・
   私はここからの三俣と星生が大好きである・・
   どちらも堂々たる山容が素晴らしいからである・・
   以前から「構想10年シリーズ」として、ピンクのアーベントロートに逢いたいと思っているが
   なかなか難しい・・
   今日もやはり積雪が足りなく、鮮やかなピンクにはならなかった・・
   でも、今日は沈んで行く西空の太陽が薄雲に見え隠れしたためか、
   アーベントロートが、ゆらゆらと揺れて、その色の変化が素晴らしかった・・
   ここに来て、この様な美しい世界の中に居られる事に感謝の念が沸いてくる・・


 
   いつもは庄内町から男池を通り、やまなみHWに出るが、冬期は凍結があるので通らず、
   久住町の花公園前を三愛レストハウス経由で牧ノ戸に走る・・
   ここは花公園前の私の定点スポット・・
   山の積雪状態が大体分かる・・
   今日はほとんど積雪が感じられない・・
   手前は久住ワイナリーのブドウ畑・・毎年広がっている様だ・・
   
 
   やまなみHWはチェーン無しで来ることが出来た・・ラッキー・・
   牧ノ戸P周辺は10センチくらいの積雪・・
   今日は土曜日で冬休み最後の週末かな・・
   子供たちが大勢いて、ソリ遊びをしたり、雪だるまを作って遊んでいた・・
   山はしっかりとした霧氷林だ・・

 
   黒岩山は牧ノ戸コースの反対側・・
   大混雑の牧ノ戸コースに比べ、一人も歩いていない・・寂しいものだ・・(苦笑)
   坂の途中まで来ると、星生と扇ガ鼻の全容が見えてくる・・
   まずまずの白さが嬉しい・・
   左奥は天狗ガ城とその北側稜線かな・・
   素晴らしい景色だ・・

 
   ここは黒岩山山頂・・誰もいない・・
   霧氷林が何とか残っていてくれてサンキューです・・
   涌蓋山の積雪もイマイチの様だ・・

 

 
   三俣と星生のアーベントをアップでどうぞ・・
   積雪が足りずイマイチだが、わがままを言ってはいけない・・
   どちらも精一杯燃えているのだから・・
   冬山のアーベントロートは美しい・・
   寒さを忘れ、時間を忘れ、ただただボーッと見つめるばかりだ・・
   
   ここで、私のアーベントロートを綺麗に見るためのノウハウを紹介する・・
   天気です・・
   勿論、九重の天気が晴れている事が大事だが、もっと大事なのは太陽が沈む西空だ・・
   私は長崎、五島列島方面は勿論、済州島(韓国)、上海(中国)の天気予報も見ている・・
   九重がいくら晴れても、太陽が沈む遥か遠くの西空が晴れないとアーベントロートはダメなのです・・
   朝のモルゲンロートは反対の遥か東方面(四国、和歌山方面)の天気になる・・
   それでも、綺麗なスペクトル斜光線に会える確率はすごく低く、
   言ってしまえば、まぐれ当たりとしか言い様がないのです・・
   まぐれ当たりという事は、ほとんどが外れ・・という事です。
   その外れのお蔭で、私は少し成長したという事を知るのに10年かかりました・・(苦笑)
   普通の人からみれば馬鹿みたいな話ですみません・・

       ご訪問いただきありがとうございました・・