本文へスキップ

大分市立明野北小学校

HEADLINE

小中連携 -Coordination-

  • 全体構想
    1.小中一貫教育の目的
     明野地区の小学校と中学校が連携し、小学校から中学校への接続がスムーズに行われるように、児童生徒の実態や指導のあり方等について、互いに理解を深めながら教育活動を展開することにより、学力向上と指導法の工夫改善を図る。
     また、系統的・組織的な教育活動の実践やきめ細かな情報交換を実施することで、より教育効果を高めるとともに、児童生徒の基本的生活習慣の確立や効果的な生徒指導を推進することで、9年間を見通した子どもの育成に努める。


    2.小中一貫教育の取組内容
     (1)出前授業や体験入学を通した小中学校間の授業交流
     (2)新旧担任の会や小中連絡会等を通した情報交換や生徒指導の工夫改善
     (3)教職員の授業見学等を通して指導力の向上
     (4)学校行事における児童生徒の交流
     (5)教職員による研修会


    3.小中一貫教育の推進の方法
     (1)年度当初、4校校長会にて、活動の確認及び承認を行う。
     (2)各校の意見をまとめながら、担当者会議において企画・立案・実践・反省を行う。
     (3)学習指導部・生徒指導部・事務局の役割分担を明確にしたうえで、互いに連携しながら活動する。
     (4)各校の独自性を尊重しながら活動を進める。


    4.組織


    5.確認事項
    ○児童生徒や各学校の状況に応じて活動を展開する。
    ○事務局を中学校におき、明野地区4校の校長会の指導や承認を受けながら活動する。
    ○活動は、単年度で活動の総括を行いながら次年度の活動を決定していく。


    6.活動の概要
    @新旧担任の会
    ・・・・・・中学1年生の担任と小学校6年生の時の担任との情報交換会
    A教育課程の交換
    ・・・・・・各学校の教育課程を交換し、互いの学習内容を確認する。
    B合同研修会
    ・・・・・・夏季休業中に4校合同の研修会を実施する。
    C行事見学・交流会
    ・・・・・・中学校の合唱コンクールや文化祭で見学や交流をする。
    D出前授業
    ・・・・・・中学校の教員が小学校に出向いて授業を行う。
    E入学説明会
    ・・・・・・小学校6年生のPTAの時に入学説明会を行う。
    F体験入学
    ・・・・・・小学校6年生が中学校で授業を体験する。
    G小中連絡会
    ・・・・・・小学校6年生の担任と中学校の代表が情報交換を行う。
    H授業見学
    ・・・・・・校種間交流を通して授業力を高める。
  • 年間活動計画
    小中一貫教育・年間活動計画 (PDF 116KB)
  • 生徒指導
    あいさつ そうじ 言葉づかい
    小1 ○元気にあいさつをしたりかえしたりできる ○時間いっぱいそうじをする
    ○「はい」「です」「ます」がきちんと言える
    ○優しい言葉遣いで友達と話す

    ○時と場に応じた言葉遣い

    (9年間を通し、発達段階に応じて)


    小2 ○元気よく自分からあいさつをする
    ○時間いっぱいすみずみまでそうじをする
    ○自分の分担を責任をもってする
    ○「はい」「です」「ます」がきちんと言える
    ○優しい言葉遣いで友達と話す
    小3 ○自分から進んで元気よくあいさつをする
    ○時間いっぱいすみずみまでそうじをする
    ○自分の分担を責任をもってする
    ○無言そうじ
    ○「はい」「です」「ます」がきちんと言える
    ○優しい言葉遣いで友達と話す
    小4 ○自分から進んで気持ちのよいあいさつをする
    ○時間いっぱいすみずみまでそうじをする
    ○自分の分担を責任をもってする
    ○無言そうじ
    ○「はい」「です」「ます」がきちんと言える
    ○相手の気持ちを考えた丁寧な言葉遣いをする
    ○目上の人に対する言葉遣い
    小5 ○自分から進んで気持ちのよいあいさつをする
    ○場に応じたあいさつができる
    ○時間いっぱいすみずみまでそうじをする
    ○自分の分担を責任をもってする
    ○無言そうじ
    ○「はい」「です」「ます」がきちんと言える
    ○相手の気持ちを考えた丁寧な言葉遣いをする
    ○目上の人に対する言葉遣い
    小6 ○自分から進んで気持ちのよいあいさつをする
    ○場に応じたあいさつができる
    ○時間いっぱいすみずみまでそうじをする
    ○自分の分担を責任をもってする
    ○無言そうじ
    ○「はい」「です」「ます」がきちんと言える
    ○相手の気持ちを考えた丁寧な言葉遣いをする
    ○目上の人に対する言葉遣い
    中1 ○自分から進んで気持ちのよいあいさつをする
    ○場に応じたあいさつができる
    ○会釈ができる
    ○時間いっぱいすみずみまでそうじをする
    ○自分の分担を責任をもってする
    ○無言そうじ
    ○自分から汚れている場所をみつけ主体的に取り組む
    ○「はい」「です」「ます」がきちんと言える
    ○相手の気持ちを考えた丁寧な言葉遣いをする
    ○敬語を使って会話ができる
    中2 ○自分から進んで気持ちのよいあいさつをする
    ○場に応じたあいさつができる
    ○会釈ができる
    ○時間いっぱいすみずみまでそうじをする
    ○自分の分担を責任をもってする
    ○無言そうじ
    ○自分から汚れている場所をみつけ主体的に取り組む
    ○「はい」「です」「ます」がきちんと言える
    ○相手の気持ちを考えた丁寧な言葉遣いをする
    ○敬語を使って会話ができる
    中3 ○自分から進んで気持ちのよいあいさつをする
    ○場に応じたあいさつができる
    ○会釈ができる
    ○時間いっぱいすみずみまでそうじをする
    ○自分の分担を責任をもってする
    ○無言そうじ
    ○自分から汚れている場所をみつけ主体的に取り組む
    ○「はい」「です」「ます」がきちんと言える
    ○相手の気持ちを考えた丁寧な言葉遣いをする
    ○敬語を使って会話ができる
  • 道徳教育
    1.各学校の道徳教育の目標
    明野西小 明野東小 明野北小

    (低学年)
    ○身の回りを整え、規則正しい生活をする。
    ○友だちと仲良くし、助け合う。
    ○生きることを喜び生命を大切にする心を持つ。
    ○約束や決まりを守り、みんなが使うものを大切にする。

    (中学年)
    ○過ちは素直に認め、正直に明るい心で元気よく生活する。
    ○友達と互いに理解し、信頼し、助け合う。
    ○生命の大切さを感じ取り、生命あるものを大切にする。
    ○約束や社会のきまりを守り公徳心をもつ。

    (高学年)
    ○自分の特徴を知って、悪いところを改め良いところを積極的に伸ばす。
    ○互いに信頼し、学びあって友情を深め男女仲良く助け合う。
    ○生命がかけがえのないものであることを知り、自他の生命を尊重する。
    ○誰に対しても差別することや偏見を持つことなく公正、公平にし、正義の実現に努める

    (低学年)
    ○あいさつ等の基本的な生活習慣を身につける。
    ○友だちと仲良くし、助け合う。生きることを喜び、生命を大切にする心を持つ。
    ○善悪を判断し社会生活上の約束やきまりを守る。

    (中学年)
    ○自分でやろうと決めたことは、ねばり強くやり遂げる。
    ○友だちと互いに理解し、信頼し、助け合う。

    ○生命の尊さを感じ取り生命あるものを大切にする。
    ○集団や社会の決まりを守り、身近な人々と協力し助け合う。

    (高学年)
    ○より高い目標をたて、希望と勇気をもってくじけないで努力する。
    ○誰に対しても思いやりの心を持ち、相手の立場に立って親切にする。
    ○生命がかけがえのないものであることを知り、自他の生命を尊重する。法やきまりの意義を理解し、集団における役割と責任を果たす。

    ○相手の立場を理解し、支え合う態度を身につける。

    (低学年)
    ○健康に留意し、わがままなことをしないで友だちと仲良くする。
    ○良いことと悪いことの判断をし、良いことを行うようにする。
    ○みんなが使うものを大切にし、約束を守る。

    (中学年)
    ○進んで自他の健康安全に気を付ける。
    ○友だちを信頼し、助け合い、仲良くする。
    ○ルールを守る。

    (高学年)
    ○自他の生命を尊重し、人を思いやり、自ら誠実に行動する。

    ○自己の生き方について考えを深める。
    ○集団への連帯感と責任感を持つ

    明野中

    (1年)思いやりの心を持ち、かけがえのない生命を尊重して、人間らしく生きていこうとする態度を養う。

    (2年)集団生活での役割を自覚し、差別と偏見のない社会を実現するため、正しい判断力を身につける。

    (3年)より高い目標を目指し、理想実現に向け努力し、実践しようとする態度を身につける。


    2.明野地区小中学校での重点目標
    ○自己の生き方について考えを深め、集団の中の一人として生きていこうとする態度を養う。
    ○思いやりの心を持ち、自他の生命を尊重する態度を養う。


    3.指導計画
    目指す児童・生徒像 指導の場
    中学3年 ○より高い目標を目指し、理想実現に向け努力し、実践しようとする態度を育てる。  各教科


    道徳


    特別活動


    総合的な学習の時間等
    中学2年 ○集団生活での役割を自覚し、差別と偏見のない社会を実現するため、正しい判断力を身につける。
    中学1年 ○思いやりの心を持ち、かけがえのない生命を尊重して、人間らしく生きていこうとする態度を養う。
    小学6年 ○自分の目標に向かって努力し、工夫して生活をよりよくする。
    ○互いに信頼し、広い心で自分と異なる意見や立場を大切にする。
    ○自分の役割を知り責任を果たすと共によりよい集団をつくる。
    ○感動する心を持つ。
    小学5年 ○自分の長所に気づき、伸ばそうと努めながら目標に向かって努力する。
    ○広い心で互いを認め協力し合う。
    ○生命の大切さを知り、自他の生命を尊重する。
    ○自分の役割を自覚し、責任を果たそうとする。
    小学4年 ○目標の実現に向けて粘り強くやりとげようとする気持ちを持つ。
    ○協力の意義を知り、自分たちの心の中に協力の心と力があることを実感する。
    ○友だち同士理解することの大切さを知り、互いに助け合っていこうとする。
    小学3年 ○よく考えて行動し、過ちは素直に認める。友だちと互いに理解し、信頼し、助け合いながら生活する。
    ○生命の尊さを感じ取り、生命あるものを大切にする。
    ○みんなで協力しあって楽しい学級をつくる。
    小学2年 ○自分で決めたことや良いと思うことを進んで行う。
    ○身近にいる人に温かい心で接し、友だちと助け合う。
    ○自然や動物たちに優しい心で接し、生命を大切にする。
    ○きまりを守り、お互いに気持ちよく生活しようとする。
    小学1年 ○自分たちがやらなければならない勉強や仕事はしっかり行う。
    ○友だちとなかよくし、助け合う。
    ○生きることを喜び、生命を大切にする。
    ○みんなが使うものを大切にし、約束やきまりを守る。
  • 人権・同和教育
    1.各学校の人権・同和教育の目標

    明野西小 明野東小 明野北小

    互いに認め合い、励まし合い、差別をなくそうとする実践力をもつ子どもの育成

    ・・・やさしさとぬくもりのある学級集団づくりをめざして・・・

    友だちの思いを共有し、認め合い、支え合い、差別を許さない仲間づくり・・・「教育的配慮を必要とする子(立場を持つ子)を学級経営の中心に据えて・・・

    差別を見抜き、差別をなくそうとする意欲と実践力のある子を育てる


    明野中

    人権に関するさまざまな問題について学習し、お互いの人権を認め合い、

    差別や偏見を解消する実践力をもつ生徒を育成する。


    2.明野地区小中学校での重点目標

    ○人権・同和問題に対する系統的学習を通して、人権意識を高める。

      ・人権に配慮した言葉遣い

      ・日常生活の中にある相手をきずつける言葉、差別につながる言葉の排除


    3.指導計画
    目指す児童・生徒像 指導の場
    中学3年 ともに考え、解決していこうとする生徒 各教科

    道徳

    特別活動

    総合的な学習の時間等
    中学2年 差別と闘った人々の生き方に共感する生徒
    中学1年 偏見や差別に気づく生徒
    小学6年 互いに認め合い、支え合う子
    小学5年 互いに認め合う子
    小学4年 友だちと協力し合う子
    小学3年 友だちと助け合う子
    小学2年 みんなと仲よくする子
    小学1年 友だちと仲よくする子

バナースペース

大分市立明野北小学校

〒870-0165
大分県大分市明野北4丁目10番1号

TEL 097-551-2930
FAX 097-551-5346

 リンク
 大分市立明野中学校
 大分市立明野東小学校
 大分市立明野西小学校
小中連携(関係事項)
 エデュ・サポート大分
 大分市防災メール登録のご案内