2017年11月17日(金)
野球の神様

●明日開催される明野地区「家庭の日」推進大会に向けて、九州大会を翌日に控えた野球部が会場を設営しました。●短い練習のあと、全員がきびきびと動き、短時間で行うことができました。こんなところにも県大会を勝ち抜いた成果が感じられます。●自分のことだけではなく、地域のため、学校のため、みんなのために尽くすことができるチームのことをきっと見ていてくれる人がいるはずです。●勝負の一戦は午前10時プレイボールです。

2017年11月16日(木)
JAZZ

●世界的なミュージシャンがやってきました。「エリック・ミヤシロとスーパーセレクテット特別講演会」でジャズの演奏に魅了されました。●1910年代にニューオリンズで始まったというジャズの歴史を「きらきら星」でたどるユニークなコーナーや誰でも知っている曲で楽しませていただきました。●放課後は吹奏楽部がみっちりとレッスンを受けられるという幸せな時間を過ごしました。●一流の人たちはみんなを引きつける力をもっています。

2017年11月15日(水)
PとT

●昨夜はPT懇親球技大会が行われました。今年はミニバレーボール大会に約60名が参加しました。●子どもの健全な育成のために家庭と学校が理解を深め協力することが大切なのは言うまでもありません。●学校の敷居が高く感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、ともに汗を流すことで打ち解けることもあります。●大会は各学年保護者と教員の4チーム総当りで行いました。教員チームは4位と大善戦でした。

2017年11月14日(火)
TPO

●今週から防寒着の使用を許可しています。最近はコートの着用は少なく、マフラー、ネックウォーマー、手袋などが多いようです。●防寒着は色や形などの指定は全くなく、リュックや筆箱などもありません。時々あまりにも奇抜なデザインや形のものを見かけてさすがに注意することがあります。●指定がないときに何を選ぶか、これは意外と難しいものです。●学校で使うものだということをよく考えて選べる人は、節度をもって行動できる人です。

2017年11月13日(月)
自主性

●紅葉はきれいですが落葉します。落ち葉が敷きつめられた地面も風情がありますが、いつまでもそのままというわけにはいきません。●掃除当番がいない中庭は気がついた先生が掃いて集めます。今日は土日にたまった落ち葉を朝から甲斐先生が掃いてくれました。●この落ち葉の山が放課後なくなります。袋に入れて回収するのは吹奏楽部員です。●紅葉の美しい数週間、毎日続きます。

2017年11月10日(金)
環境整備進行中

●今日は業者さんにご協力いただいて5本の木の剪定、伐採をしました。●古くなった木は中が空洞化していて危険です。伸びきった枝は電線に覆いかぶさり見た目もよくありません。●伐ったほうがいいと思っていても時間や予算などを考えるとなかなか手がつけられなかったのが、今一気に進んでいます。●やったほうがいいのなら持てるものをフル活用してやる。必要なのは決断力と行動力。勉強になります。

2017年11月9日(木)
スーパーブルーへの道

●2年生が無事に帰ってきました。●東大寺中門での合唱、自主研修中のバスでの行動、小倉駅コンコースでの態度など成長を感じられる話をたくさん聞くことができました。●解団式ではあの厳しい学年主任の甲斐先生が「説教できなくて残念だ」という最大級の褒め言葉を伝えていました。●最後に担当の小原先生は言いました。「この修学旅行が本当に評価されるのはこれからです。」1年後、いい修学旅行だった振り返られるといいですね。

2017年11月8日(水)
プロの仕事
●2年生の昇降口前は雨が降ると大きな水たまりができていました。環境整備で素人の手に負えないところは当然プロにお願いします。●修学旅行中に重機を入れて工事をしています。ただ埋めたり固めたりするだけではなく、うまく排水させることは結構難しいそうです。●しかしそこはプロの仕事。手際よくていねいに工事が進められていました。●肌寒い雨の中でも黙々と仕事をする姿に生徒たちが何かを感じてくれれば、工事の効果も予定以上です。
2017年11月7日(火)
立冬

●修学旅行は順調に進んでいるようです。今日は1年生が校外学習、3年生が実力テストでいつになく静かな学校です。●暦の上では冬となり、日暮れもすっかり早くなりました。●下校が早まり、家で過ごす時間が長くなるこれからの時期は、学生時代は少しだけゆっくりできる季節でした。●でも今考えるととても大切な季節です。一人一人がその時間をどう使うのか。春を迎える頃、その違いが現れるかもしれません。

2017年11月6日(月)
出発

●気持ちのよい秋晴れの中、2年生が修学旅行に出発しました。この1ヶ月で3度目のゴリンにした少年たちも笑顔でバスに乗車しました。●昨日、おそらく明野中野球部史上で初めて県大会で優勝しました。●決して褒められる試合内容ではなかったのですが、最後まであきらめずにみんなで声を出し続けるいいチームになりました。●今日からはまず一生思い出に残る有意義な3日間を過ごしましょう。そして帰ったら九州の舞台が待っています。

2017年11月2日(木)
進路V

●3年部は公立私立16高校から先生をお招きして第3回進路PTAを開催しました。いよいよ志望校を決定する時期です。●入試は第三者からの評価の最たるものです。行きたい高校から選び抜かれる実力をつけなければなりません。●早い人で約2ヶ月後、自分自身の力で進路を切り拓いてほしいものです。●そのためには「必ずこの高校に行くんだ」という強い意志が必要です。ご家庭でも十分に話し合ってほしいと思います。

2017年11月1日(水)
霜月

●今年も残すところあと2ヶ月、校庭の木々もきれいに色づき始めました。●文化祭や新人大会を終え、様々な活動を通して身につけた力が生活や行動にどうつながっているのかを確認するのによい時期となりました。●評価するのは第三者の目です。まずは2年生が全国各地の修学旅行生を見続けてきた関西の方々の目にどう映るのか、土産話を楽しみにしています。●11月は「学校生活の見直し月間」です。

2017年10月31日(火)
担任の願い

●5限は道徳の全体研修、授業者は3年部のエース渡辺先生です。●公徳心をテーマとした教材に温かみのある語り口と教具の工夫などで生徒たちを引きつけていきました。●自己中心的な行動がしばしば問題を引き起こす現代社会において公徳心を養うことは重要な課題です。●卒業を4ヵ月後に控えた生徒たちがどんな人に成長してほしいのか、担任の願いを感じる授業でした。

2017年10月30日(月)
惜敗!? それとも…

●土日のたびに降った雨のため、今日は平日ですが県中体連のソフトテニスと軟式野球の大会が行われました。●野球部は7回2死まで勝っていた試合を落としました。アウトをあと一つとれれば自分たちが出場していた試合を見ながら選手たちは何を思っているのでしょうか?●なぜ負けたのか、その答えは昨日の練習にありました。選手たちはすでに気づいています。●まだ「新人」大会です。この悔しい負けを無駄にする手はありません。

2017年10月27日(金)
最上級生の責任
●今年のビックアートです。全校生徒から募ったイメージを一つにして、一人1枚ずつ描いて美術部が仕上げました。●一人一人の小さな積み重ねを大切にしてより良い明中をつくろうとする象徴です。●文化祭は大成功に終わりました。校長から「文化祭への姿勢・取組・結果の全てが素晴らしかった。表現力が高い。」との講評がありました。●3年生は先輩から引き継いだ文化祭を「ウルトラソウル」とともに見事につなぐことができました。
2017年10月26日(木)
総仕上げ

●最後の全校合唱練習は指揮者でもある左藤文化祭実行委員長の指導で行われました。●歌詞や曲の背景にあるたくさんの思いがにじみ出るような合唱を目指します。●引き続き行われた3年生発表の通し稽古では「全員がベストを尽くせ!」という教師の熱い言葉に応えるようにそれぞれの役割を果たそうとする姿が見られました。●いろんなピースが一つとなる明中文化祭「共鳴〜明野を彩る無比の歌声〜」は明日開演です。

2017年10月25日(水)
練習の目的
●修学旅行出発まで10日余り、2年部はその準備でも大忙しです。今日は乗り物に乗車するときの隊形練習です。●そんな練習をわざわざするのかと思う方もいらっしゃるでしょうが、約240名が短時間で動くには必要です。特に新幹線は停車時間が約1分。●昨年は架線火災で予定の便に乗れませんでしたが、全員落ち着いて無事乗車することができました。●大切なのはただ並び方を覚えてついていくことではなく主体的に考えて行動することです。
2017年10月24日(火)
継承

明野中校区では小中一貫教育の取組の一つとして3小学校の6年生が中3の学年合唱の見学に来ます。●中1ではなく中3を見ることがポイントです。来年ではなく3年後の姿に何を感じてくれたでしょうか?●それにしても3年生の合唱はよかったです。歌声、態度とも小学生に見せるにふさわしいものでした。●中学校生活を共にすることはない学年同士ですが、こうして明中の伝統は引き継がれていきます。

2017年10月23日(月)
一体感
●本当に久しぶりに気持ちのいい青空が広がりました。各教室からも気持ちのいい歌声が聞こえてきます。●いよいよ文化祭の週に突入です。様々な取り組みを通して各クラス・学年ともまとまりが出てきたようです。●文化祭の華である合唱の醍醐味は何と言っても美しいハーモニーをつくり出す一体感です。●明日は学年合唱コンクール。専門的なことはわかりませんが、雰囲気のいいクラスはよくわかります。
2017年10月20日(金)
Making of 文化祭

●学級合唱の練習が盛り上がってきました。今日は学年弁論大会です。文化祭まであと1週間、準備もいよいよ佳境を迎えています。●合唱や学年・個人発表の練習、大道具・小道具作り等で学校は1年で最も賑やかな時期です。●文化祭本番は確かに見応えはありますが、それまでの過程もまた楽しいものです。●来週はオープンスクールウィークです。授業はもちろん、昼休みや放課後の生徒たちの活動の姿もご覧いただきたいと思います。

2017年10月19日(木)
安心・安全

●朝7時24分、冷たい雨の中、正門前で登校指導をする主幹教諭の三浦先生です。●明野中に着任以来2年半、真夏の朝も氷点下の朝も、そして大雨の朝でも毎日登校を見守っています。●毎日なので生徒の様子の変化にもすぐに気がつきます。小学生も高校生もすっかり顔なじみです。●三浦先生のモチベーションはもちろん安全に通学することと「清々しい」あいさつをしてくれることです。

2017年10月18日(水)
会心の笑み

●10月中旬まで部活動を続けてコンテストに出場した3年生5名の笑顔です。様々なことを乗り越えてのこの表情です。●報告が遅くなりましたが、我が吹奏楽部は初出場の九州の舞台で見事に金賞を獲得しました。●入賞や勝利などの目に見える結果はとてもうれしいものですが、私たち教師が本当に見たいのは生徒たちのこんな笑顔です。●達成感、充足感・・・、いろんな思いのあふれる笑顔は後輩たちの道しるべとなります。

2017年10月17日(火)
つなぐということ

●駅伝競走大会は雨中でのレースとなりました。●明中は女子11位、男子13位で残念ながらともに昨年より順位・タイムを落としてしまいました。●ただ今年は故障等で脱落する選手が一人も出ず、練習から本番までチームとして全力を出し切ることができました。駅伝で学んだことを各部に戻って還元してくれることを期待しています。●最後に明野中駅伝部の伝統というタスキをつないでくれた3年男子の2名に心から感謝します。

2017年10月16日(月)
友と共に

●徳島県から講師を招いて人権問題講演会を行いました。●このような講演会をもう2000回は行っているという若い講師は難しい内容をやさしく、つらい体験を明るく生徒たちに語りかけてくれました。●ともすれば重く暗くなりがちな問題ですが、まずは私たち教師がしっかりと学び、生徒たちと共に学び続けていきたいと思います。●最後に講師が2回繰り返した言葉を忘れないようにします。「人権学習は幸せになるための勉強です。」

2017年10月13日(金)
続・初陣

●吹奏楽部が出発しました。部長と顧問が職員朝会で決意表明し、盛大な拍手で送られました。●吹奏楽部がみんなから応援されるには理由があります。部活動だけにがんばってもいい結果は得られない、という顧問の教えのもと「凡事徹底レベルアップ」を全部員で実行する姿を見てきたからです。●部活動の前に明中生としてやるべきことをしっかりする。当たり前を積み重ねて勝ち取った九州です。●明日の健闘を心からお祈りします。

2017年10月12日(木)
初陣

●明中の誇る吹奏楽部が挑戦3年目にして悲願の九州マーチングコンテストに初出場します。●動きながら楽器を演奏することは想像よりはるかに難しそうです。そのため運動部顔負けの体力づくりにも取り組んできました。●昨日は本番用のコスチュームに初めて身を包んで調整しました。一体感のある演奏演技に万全の準備をしてきた自信がみなぎっています。●全国切符をかけた夢舞台の鹿児島アリーナへ明日出発します。

2017年10月11日(水)
○○も積もれば・・・

●美化委員会の活動で空き缶回収をしています。毎週水曜日に実施し、中間テスト当日の今朝も早くから美化委員長が回収していました。●直近の集計では本校が大分市で一番多くの空き缶を集めたそうです。●ペットボトルキャップ回収などとともに先輩からしっかりと引き継がれています。●文化祭のような大きな行事に一丸となって取り組めるのも全校生徒が日常の活動を大切にしているからだと思います。

2017年10月10日(火)
準備

●全校集会で全校合唱の隊形づくりをしました。●本校では全校生徒を動かすときに教師が直接指導することはほとんどありません。この日も生徒会執行部の指示で約700人が短時間で移動することができました。このために執行部は周到な準備をしてきたに違いありません。●文化祭も修学旅行もどれだけの準備をしたのかが成功のカギになります。県大会に挑む部活動も同じです。●もちろん明日の中間テストの準備も完ぺきですよね。

2017年10月6日(金)
スローガン

市新人大会3日目は雨となり、中止・打ち切りになった競技もありました。●明中は各部とも大健闘で大会結果の報告に職員室は盛り上がっています。●生徒たちはどんな思いで部活動に臨んでいるのか。今全22部の主将・部長がスローガンを貼り出しています。具体的な目標や取り組む姿勢などなかなか興味深いものです。●オープンスクールなどの際にぜひご覧ください。掲示場所は中校舎1階のコンピュータ室前です。

2017年10月5日(木)
ネクストステージへ

市新人大会は2日目も順調に終了しました。ゴリン組は県大会出場を決めました。●中学校の部活動は主力になってたった1年しかありません。よく「負けから学ぶことは多い」と言われますが、緊張感のある苦しいトーナメントを勝ち上がったからこそ見えてくる世界があります。●勝ちながらも監督からダメ出しされ続けることを前向きにとらえましょう。●自分たちで決めた目標はまだまだ先にあるはずです。

2017年10月4日(水)
スミ1

●市新人大会1日目です。好天に恵まれどの会場も順調に試合が進められたようです。●明中生も各競技でがんばり、大逆転で勝ったチームもあったそうです。●ゴリンの少年たちは隅1の辛勝でした。やはり気合だけではうまくいきません。●それでも昨年は隅1での1回戦負けで、相手が全国大会までいったので勝ちきれたことを良しとします。

2017年10月3日(火)
研究授業

●2学期は研究授業の季節でもあります。今日は2年部のホープ木戸先生が道徳の授業を行いました。●テーマは友情です。生徒は「僕」の気持ちの変化を自分のことのように一生懸命に考えました。●中学校では2019年度から教科化される道徳は教師の力量が試されます。●昨年までは毎週頭を悩ませていた時間ですが、担任を外れるとホッとするやら、少しさみしいやら・・・。

2017年10月2日(月)
ゴリン
●オリンピックではありません。新チーム結成から最初の目標としてきた市新人大会が4日から始まります。●その壮行式に全部員が「五厘刈り」にしてきた部がありました。●監督は「頭を刈ったくらいで勝てるなら苦労はしない」とうそぶいていますが、自主的に刈り上げた頭が並んでいる様子を見てまんざらでもないようです。●口うるさい監督に対して全選手で意気込みを見せたこのチームの活躍やいかに!?
2017年9月29日(金)
あいさつ運動

清々しいあいさつすることを大きな目標に掲げている本校では生徒会が毎朝あいさつ運動を実施しています。金曜日は学級委員の日です。●昇降口前に立っているとあいさつの仕方も人それぞれです。思春期の中学生はいろいろなものを抱えて学校に来ているようです。●それでも朝の元気なあいさつは人を前向きにしてくれます。●目標はあいさつをすることではなく、「清々しい」あいさつをすること。

2017年9月28日(木)
あすという日が

●入学して間もなく半年が過ぎようとしている1年生に副学年主任の齋藤先生が学年道徳の授業をしました。題材は東日本大震災後のある中学校合唱部を中心とした実話です。●東北から全国に感動と勇気を広げた合唱曲を明野中でも文化祭全校合唱として3年間歌い継いでいます。●毎年高い評価をいただいている明中の合唱ですが、今年の生徒たちはどんな思いで、どんな表情で歌うのか。●この歌は自分に向けてのエールです。

2017年9月27日(水)
試走

あいにくの天気でしたが、駅伝大会に向けての試走を行いました。●駅伝はちょっと他にはない特別な競技だと思います。第1走者以外はどんな状況で走り始めるのかタスキを受けるまで分かりません。●どれくらいの距離を追うのか、追われるのか。その選手は自分の力と比べてどうなのか。あるいは完全な一人旅か。●自分のベストを出し尽くしてタスキをつなぐためにはどうすればいいのか。選手を大きく成長させてくれる競技です。

2017年9月26日(火)
共鳴

第1回文化祭実行委員会がありました。テーマは「共鳴〜明野を彩る無比の歌声〜」です。●このテーマには生徒会執行部の文化祭にかける思いが込められています。まずは全校生徒がその思いに「共鳴」しましょう。そして一つ一つの取り組みをしっかりとやっていきましょう。●各クラスの歌声が「共鳴」し始めるのは10月10日から。朝、昼休み、放課後と明野中から美しいハーモニーが響きわたります。

2017年9月25日(月)
暑さ寒さも・・・

明日で秋の彼岸が明けます。●本校では今日から冬服への移行期間に入りました。それに合わせるかのように少し肌寒い朝となりました。●そうは言っても日中はまだまだ強い日差しに暑さを感じます。体調管理に十分な注意が必要な季節です。●新人大会まであと1週間、文化祭まで1ヶ月。全校生徒によるビッグアートの製作も始まり、明野中はこれから実りの秋を迎えようとしています。

2017年9月22日(金)
結 −ゆい−

●鹿児島大学から日吉先生をお招きして学年合唱のご指導を受けました。●1年ぶりに3年生の合唱を聴いた先生の第一声は「うまいけどつまらない」でした。続いて「ワクワクしようと思って歌ってる?」●2時間後、歌っている生徒たちはもちろん、聴いているこちらまで幸せな気持ちになれる合唱へと変わっていました。●豊かな専門性と分かりやすさ、指導の技術はさすがだと思いましたが、それ以上に学ぶことの原点みたいなものに気づかされました。

2017年9月21日(木)
発見

●駅伝の練習が続いています。今のところ故障者もなく順調です。●中学生と接していると、時に本人も気づいていない思わぬ才能に出会うことがあります。●今朝もいました。長い距離を走れば走るほどペースが上がっていく選手が。選考会では9番目のタイムだったのが今日はダントツのトップです。●団体競技で主将を務めるこの選手。この才能をどう磨いていくのか、悩ましいところです。

2017年9月20日(水)
トリニータ丼

●2年生の給食準備の様子です。●中2の2学期といえば修学旅行。すでに班や係も決まり、いよいよ自主研修の話し合いが始まります。●修学旅行を成功させるためには何よりも集団としてまとまりのある行動をすることと、自分の役割を責任をもって果たすことが大切です。学校生活の全てが修学旅行の成功につながっています。●今日は丼物と汁物だったので全クラスとも配膳完了までに約12分。もう一息です。

2017年9月19日(火)
チーズバーガー

●4時間目終了のチャイムから7分後、元気な「いただきます」が響きました。本校では10分で配膳完了、食事開始を目指しています。●写真は1年生のあるクラスですが、4時間目は移動教室だったにもかかわらずこの早さです。給食当番が準備しやすいような協力体制が整っています。●給食の準備・片づけがスムーズにいくクラスはまとまりがあります。食事中もとても和やかな雰囲気でした。●少し担任の先生がうらやましくなりました。

2017年9月15日(金)
台風シーズン

●3連休に台風18号がやってきます。雨が降る前にあわててテントを撤去しました。●市新人大会のシミュレーションとして3日間で6試合を予定していたある部活動は4試合が中止になりそうで監督が頭を抱えています。●今日は市新人大会の抽選日。その部の競技だけは県新人大会の予選となるので、監督は抽選結果を気にしています。●先のことを考えず一戦必勝でいきなさいという神様の思し召しなのでしょう。監督によく言い聞かせておきます。

2017年9月14日(木)
ガチダンス

●文化祭に向けて3年生は某スポーツ飲料CMのダンスを練習しています。規則性がなく繰り返しもないのでとても難しいのですが、生徒たちは楽しそうです。●新体操部やダンス経験者はさすがに覚えが早く、動きにもキレがあります。●男女合同でグループ練習をしていますが、うまい女子がリーダーとなって男子が必死についていく様子は見ていて微笑ましいです。●中には見る見る上達するグループもあり、その指導力には体育教師も脱帽です。

2017年9月13日(水)
卒業写真

●3年生が卒業アルバム用のクラス写真を撮影しました。みんないい笑顔です。●今の生徒はデジタル世代で生まれた時からの写真や動画がたくさんデータとして残っているでしょうが、この写真は特別なものとなるはずです。●卒業後は悲しいことがあったときだけではなく、折りにふれアルバムを開くことがあると思います。●その時に中学時代を思い出して励みになるような友だちが一人でもいると幸せですね。

2017年9月12日(火)
朝練

●駅伝練習は雨のため3年連続体育館スタートになりました。今年は男女合わせて23名の精鋭です。●選手候補は陸上長距離の専門だけでなく野球部やハンドボール部など専門外もたくさんいます。普段とは違う競技の練習をし、大会に出場することはいろんな勉強になると思います。●自主参加の3年生2名ももちろんメンバー入りです。それぞれが目標をもってがんばってほしいと思います。

2017年9月9日(土)
ファミリーPTA

●今日は年に1度のファミリーPTAです。お母さんたちだけでなく、お父さんや弟妹、おじいさんやおばあさんたちの姿も見られ、たくさんの方に学校に来ていただきました。●3年生は最後の親子ふれあい行事でクラスごとに仲良く手をつないでフラフープくぐりを楽しみました。また、最後はPTA役員さんと先生方がサプライズでフォークダンスを企画し、校長先生も参加して踊りました。●親子で手をつなぐことなどめったにないことだと思います。今日しっかりつないだ人はきっといい思い出になるでしょう。つなぎたいけどつなげなかった人も思春期の1ページとして記憶に残ることでしょう。●それにしても、進行するお母さんや先生に協力してもっと素早く行動してほしいと期待することは、今年の3年生には高望みでしょうか?文化祭が少し心配です。

2017年9月8日(金)
教育相談

●9月5日から15日にかけて教育相談を実施しています。学級担任は日頃から生徒の様子を見ながら声をかけ、必要があれば二者面談をしていますが、この期間は計画的に全生徒と面談します。●このようなきっかけがないとなかなか個人的な話をできない生徒も多いようで、思いがけない悩みを聞けたり、気まずくなった友人関係の修復につながったりするなどとても貴重な機会となっています。●3年生の一番の話題はやはり進路についてです。どんな小さなことでも遠慮せず担任に話してみましょう。

2017年9月7日(木)
朝の時間

●本校では毎日朝自習の時間をとっています。本当は8時からですが、今では全クラス7時54分に着席を完了し55分に開始しています。●朝の時間はゴールデンタイムとも言われ体や脳がすっきりと整えられ何をするにも効率よくできるそうです。最近では「朝活」という言葉もよく聞かれるようになりました。●1、2年生はこれまで読書に当てていたこの時間を、2学期からは週2回「脳トレ」として国・数・英の3教科の学習をすることにしました。今日はその初日です。●読書にしても脳トレにしてもよい効果が出るかどうかは結局は一人一人の取り組み方にかかっています。毎日の貴重な時間を有意義に使ってほしいものです。

2017年9月6日(水)
明野中のプール

●午前6時50分の水温は24℃。8月30日までは早朝から30℃を超えていた水温がついに25℃を下回りました。体育主任の小名川先生の適切な管理で2学期もきれいな水質を保っていますが、3年男子の水泳は今週で終わります。●生徒たちは普通に残念がっていますが、昨年とは違うことがあります。ほぼ全ての3年生はもう2度とこのプールに入って泳ぐことはないでしょう。明野中の夏服を着られるのもあとわずかです。●そんなことをちょっと考えるだけで1日1日をもっと充実させることができると思います。

2017年9月5日(火)
「これくらいは・・・」を許さない

●いつものことですが、集会時の入退場や話を聴く姿勢はとてもいいです。地域の方々からは「明野中は落ち着いていますね。」とか「生徒たちはよくがんばっていますね。」という声をたくさんいただいています。本当によくやってくれていると思います。●しかし、いえだからこそ気になることがたくさんあります。「いつもしっかりしているあなたがそんなことをするの?」とか「部活ではリーダーなのにクラスでの態度はなに?」とかいう姿を見かけること、聞くことが多々あります。●「これくらいならいいだろう。」とか「今は立場が違うから。」とか考えているとしたら・・・、これはかなり危険です。

2017年9月4日(月)
駅伝選手選考会

●10月17日に開催される大分市中学校駅伝競走大会の選手選考会を行いました。明野中では恒例行事となっており、この日に向けて夏休みから各部で長距離走の練習を重ねてきました。●1、2年生が中心となりますが、男子は昨年のメンバーだった3年生が2名参加しました。部活を引退した後も自主的に練習を続けていたようです。選手候補になってくれればこんな心強いことはありません。●わずかな練習期間ですが、昨年は女子が6位入賞、男子が8位と好成績を残しました。選手候補の発表は明後日6日です。

2017年9月1日(金)
防災の日

●9月に入って爽やかな風が吹き渡り、秋の空が広がりました。9月1日は防災の日です。本校では火災や地震などに備えて計画的に避難訓練をしていますが、今回は不審者が学校に侵入したという想定で訓練を行いました。●明野交番の所長さんに訓練の様子を見ていただき全校生徒が集合したところで講評を受けましたが、緊急放送を聞く態度や体育館へ集まる際に私語なく整然と行動する様子にとても感心しておられました。また、訓練を重ねることが大切だということ、訓練のための訓練ではダメだということをご指導いただきました。●今日から給食も始まり6時間授業となりました。夏休みからの切りかえはうまくできているでしょうか。少し疲れを感じている人は、この週末の時間をうまく使いましょう。

2017年8月31日(木)
始動
●後期生徒会最初の中央専門委員会が行われました。各専門委員長は目標や活動をただ伝達するだけではなく、なぜそうするのか、どうすれば自分たちが考える学校に近づくことができるのか、ということまで訴えることができたでしょうか。●学級委員の集まりである中央委員会では、各学年の生徒会担当の先生方が実際に活動するときにはどうすればいいのかをそれぞれの言葉で語ってくださいました。さあ次は実行あるのみです。●1ヶ月後の中央委員会で何が変わったのか、何ができるようになったのか、学級委員の報告を楽しみにしています。
2017年8月30日(水)
万一に備えて

●本校は学校医であるつざきクリニックの津崎建院長のご厚意で毎年全教員参加の普通救命講習会を実施しています。今年度は本日、熱気のこもった体育館で3時間みっちりご指導いただきました。●講習の内容は熱中症、出血、窒息、熱傷、アナフィラキシーの対応と、心肺停止時の蘇生法の演習などです。分かりやすく時にはユーモアを交えた津崎先生のご説明と繰り返し行う心臓マッサージで汗びっしょりになりながらもあっという間の3時間でした。●また今年は養護教諭の藤永先生のアイディアで実際に生徒が体調不調を訴えてきたときの想定でシミュレーションを行い、倒れた生徒への救命処置や他の生徒の指導など教員の役割分担を確認し、大変有意義な講習会となりました。●これで万全!ではありません。またこの講習で学んだことを役立てる機会がないことが一番ですが、万一に備えての対策をできるかぎりやっています。

2017年8月29日(火)
リーダーとは?

●午後から後期生徒会リーダー研修会が行われました。執行部と学級委員の総勢69名が参加しました。●校長からは「主体性とコミュニケーション能力を高め、突破力と意思伝達能力のある生徒会に」と激励され、森勇貴生徒会長は「あいさつが素晴らしい学校にします」と宣言しました。●これから日常活動と文化祭という大きな行事に取り組みますが、もう一つ、後期は3年生から1・2年生への引継ぎの時期でもあります。3年生には生徒会活動を通して明野中の良き伝統を発展させながらつないでくれるものと期待しています。

2017年8月28日(月)
開校50年の節目に向けて

●写真は上グラウンドへ向かう階段です。お気づきでしょうか?かつて階段前に武道場やプレハブがなかった時代に植えられたと思われる巨木(?)がなくなりました。●現在の生徒数は694名。1400名を超える生徒がいた30年前と同じようにしていてはダメだという校長のリーダーシップの下、校舎内外の改善を進めています。●そして一番求められているのは教職員の意識改革です。私自身日々いろいろなことを考えさせられますが、こちらはなかなか進みません。

2017年8月25日(金)
8月25日 始業式

●始まりました。2学期です。お蔭様で夏休み中の明中生は大きな事件事故に巻き込まれることなく無事にスタートすることができました。●これからは「まだ8月なのに」とか「猛暑日だから」とか言うのはやめましょう。充実の秋に向けて一歩一歩進むだけです。●まずは生活規律、学習規律を確立させて早く学校のリズムを整えましょう。

2017年8月24日(木)
最終日

●昨日8月23日は処暑。夏の暑さが落ち着く頃とされるそうです。大分市の昨日の最高気温は34.6度。とても落ち着いているとは思えません。朝晩は少し秋の気配を感じるようになったとはいえ、日中に吹く明野の風は熱風のようです。●8月も残り1週間。例年なら過ぎ行く夏を惜しみつつやり残した課題に取り組む時期ですが、今年はなんと夏休みが終わってしまいます。職員室では2学期がスムーズにスタートできるよう先生方が準備を進めています。●生徒の皆さんは大丈夫ですか?短い夏休みは最初から分かっていたことです。この夏の成果を実りの秋につなげましょう。

2017年8月9日(水)
伝える

●今日は長崎原爆の日、本校では戦争を体験された講師をお招きして平和学習を行いました。貴重な戦時中の映像や体験談を観たり聴いたりしながら、生徒たちは蒸し暑い体育館で何を感じたのでしょうか。●生徒代表お礼の言葉で生徒会長の前園さんは「戦争を知らない私たちだが、次の世代にしっかりと伝えていきたい」と言いました。そのためにも生徒たちには客観的事実を主体的に学び、当時のことを昔話としてではなく現実のこととして想像する力を身につけてほしいと思います。●戦後72年が経ち国際情勢や国内の状況も激しく変化する中で、平和のためにはどうすればいいのか。しっかりと判断して行動できるようになりたいものです。

2017年8月8日(火)
快挙!

●県内唯一の男子ソフトボール部が快挙達成です。宮崎県で行われていた九州中学校ソフトボール競技大会で見事に優勝し、4年ぶりの全中出場を決めました。●大会は迷走台風5号の影響をまともに受け、2日順延して行われ、初戦は大逆転の8対7、準決勝を2対1と息づまる接戦を制しました。ここで打ち切りとなったため両校優勝となりました。●試合経験が少なく、高いモチベーションを保つことが難しい中で激戦を勝ち抜いて結果を出した選手、監督をはじめとする指導者、そしてチームを支えた保護者の皆様に心から敬意を表します。●これで本校からは1団体と個人1人が全中出場となりました。陸上部の河野さんとともに、全中でも存分に実力を発揮してくれることを期待しています。

2017年8月3日(木)
いざ 九州へ!

●県総体が終わって1週間も経っていませんが明日から九州大会が始まります。●ソフトボールでは念願の県大会優勝を果たした女子部と県内唯一の男子部が壮行試合をしました。女子は激戦を乗り越えてバッテリーを中心に急成長を見せています。対する男子はようやく迎える公式戦に向けて準備万端です。●一方、こちらも県ナンバー1となった男子ハンドボール部は開会式での入場行進の練習です。まだ声も腕も足も気持ちも揃っていませんが大分県の代表として堂々とした態度を期待しています。●残念ながら新チームで夏休みの練習に取り組んでいる他の部は九州大会に向けて準備を進める選手たちをどのような思いで見ているでしょうか?来年こそは自分たちも、という気持ちになれれば暑さに負けることはないでしょう。

2017年7月29日(土)
栄冠は君に輝く

●連日の猛暑の中、昨日まで第55回県総体が行われました。本校生徒も大分市の代表として全力を尽くしてきました。●激戦を勝ち抜き栄冠をつかんだのは、ソフトボール部女子、ハンドボール部男子、空手道部男女の形です。他にも陸上部女子が団体2位、サッカー部とソフトでニス部男子が3位、個人戦では優勝を含めて多くの選手が入賞しました。九州大会に出場するのはソフトボール部男子を含めて63名です。●また、吹奏楽部は県のコンクールで金賞を獲得しました。大きな舞台での明中生の活躍を誇りに思います。

2017年7月24日(月)
あけまつ

●明野の夏休みは「明野まつり」で始まります。通称「あけまつ」。●この行事だけは友だち同士でも午後9時までの外出を認めているので中学生はとても楽しみにしています。もちろん生徒たちの安全を守るために中学校の教員も地域の補導員や他の学校と協力して万全の体制で臨んでいます。●みんなが帰った後に気になるのは大量のゴミです。関係者が掃除をしていますが、それでも目につきます。そこで藤澤校長と姫野教諭が前期生徒会執行部に声をかけて昨日今日の2日間早朝ゴミ拾いを実施しました。ゴミを拾った後はこの笑顔です。●1度でもゴミ拾いをした人は2度とポイ捨てをしないと言われます。「あけまつ」が日本一きれいなお祭りになる日は近い・・・!?

2017年7月20日(木)
「信頼」を裏切るな

●明日から35日間の夏休みです。昔と違って今は夏休みでもいろいろありますが、それでも1週間も短くなって残念なのは生徒だけではないようです。●今日は2時間の授業のあと、大掃除、県大会激励壮行式、終業式、先生とのお別れ会、部活生集会などが行われました。藤澤校長の式辞を真剣に聴いて心に刻みつけた生徒は、夏休みを無駄にせず有意義に過ごしてくれると思います。何よりも命を大切にして、親や家族、友だちや先生たちを裏切ることのない生活をしてほしいものです。●林徹也先生は1年4ヶ月、シェ−ン先生は3年半、大変お世話になりました。お二人の新天地でのご活躍を心からお祈りいたします。

2017年7月19日(水)
危険予測

●県から交通安全教育講師をお招きして自転車安全教室を開催しました。●2年前に改正された道路交通法をクイズ形式で説明していただいたり、実際の事故の場面を動画で見せてくれたりと、とても興味を引く内容でした。また加害者となったときの道義的責任や刑事上、民事上の責任の話も生徒たちには勉強になったことと思います。●個人的には「人が飛び出すかもしれない」「車が急に曲がるかもしれない」などといった「かもしれない運動」、つまり危険予測が大切だと感じました。そのためには視覚や聴覚からたくさんの情報を集めなければいけません。イヤホンしたりスマホを見ながらの運転はもってのほかです。

2017年7月18日(火)
吹部!

●明野中の部活動で最も多い78名が所属する吹奏楽部は10日後に開催される大分県吹奏楽コンクールで九州大会出場を目指しています。●音楽室の前はいつもスリッパがきれいに並んでいます。練習の最初は使用する教室と廊下の清掃からです。あいさつは必ず立ち止まって行います。モットーは「凡事徹底レベルアップ」。部員全員で当たり前にすることの基準を徹底的に向上させようと取り組んでいます。●部活動が始まって50分、掃除が終わったパートから基礎練習の音が聞こえてきましたが、まだ自分の持ち場の清掃が終わっていない人たちは黙々と雑巾がけをしていました。●こんな姿を毎日見ているからこそ心から応援したくなる集団になっています。県総体に出場できなかった運動部も見習うところが多いようです。

2017年7月14日(金)
おこさず あわず・・・

●明日から24日まで「おおいた夏の事故ゼロ運動」の期間に入ります。今朝はたくさんの地域の方が交差点に立って交通安全を呼びかけてくれていました。●大分市では小中学生の自転車事故が昨年度を上回るペースで発生しています。本校でも自動車との接触や骨折するような事故が起きています。幸いどの生徒も通常通りの生活を過ごせていますが、一歩間違えば大変なことになるところでした。●交通事故と水の事故は命に直結します。学校ではいろいろな機会をとらえて交通安全についての指導をしています。ご家庭でも子どもが外出するときには必ずお声かけをお願いします。

2017年7月13日(木)
梅雨明け?

●夏らしい空になりました。学期末の学校は慌しさを増しています。●夏休みが近づき生徒たちはうれしそうです。職員室の先生たちは期末整理でみんな大忙しです。昼休みも放課後もなんとなくバタバタしています。●「こんな時は思わぬ事故やトラブルが起きやすいもの、一呼吸置いて落ち着いて行動しましょう…。」と生徒に言いながら、実は自分に言い聞かせています。

2017年7月12日(水)
新執行部

●生徒会後期役員選挙で選出された会長と各学年の副会長、書記が職員室にあいさつに来ました。●元気いっぱいの自己紹介の後、会長の森勇貴君が「あいさつから新しい明野中を築いていきたい。」と決意を述べました。藤澤校長から「信頼に応えられるようにがんばってください。」という激励の言葉とともに全員の承認が得られました。●今の明野中学校をさらに「進化・深化」させていくためには、生徒一人一人の主体的な行動が必要です。新執行部にはその先頭に立ってほしいと思います。まずは清々しいあいさつから。

2017年7月11日(火)
学級懇談会

●今日は1学期末PTAです。2・3年生は参観授業、1年生は親子で情報モラル教室を受講しました。●その後の学級懇談会では各クラスでSNS等の利用に関する情報交換をしました。インターネットにつながる機器を子どもが自由に使うことのできるご家庭ではいろいろな悩みを抱えている保護者が多いようです。●学級全体が終わった後、教室や廊下のあちらこちらで先生を囲んだり、お母さんたちが集まってお話をする様子が見られました。この時間が一番の懇談会なのかもしれません。

2017年7月10日(月)
私たちにできること

●推定2,650個、約5.3kgのペットボトルキャップです。以前お孫さんが本校に通っていたという地域の方が、卒業して何年にもなるのに定期的に持って来てくれます。●本校の生徒会では貧困で苦しむ子どもたちにワクチンを支援する企業にペットボトルキャップを届ける活動を行っています。昨年度は約680kgを届け、約170人分のワクチンを送ることができました。●生徒だけではなく、地域の方々にも協力していただけるような活動をこれからも続けていきたいと思います。

2017年7月7日(金)
大人の役割

●昨晩はPTA地区部主催で大分市情報学習センターから講師をお招きして情報モラル講演会を開催しました。保護者、自治会長、青少協関係者等と教員の約100名が参加して、情報社会の現状について学びました。●講師は「ネット上のトラブルの原因は日常のトラブルと同じです。」と言われました。●固定電話しかなかった時代、夜の9時過ぎにかけようとして「こんな時間に先方にご迷惑だと考えられないのか」と親から怒られたことはありませんか?言ってはいけないこと、してはいけないことを本当に子どもは分かっているでしょうか?「ならぬものはならぬ」ときちんと教えることが大人の務めです。

2017年7月6日(木)
日常の風景

●昨日からの豪雨は改めて自然の怖さを感じるとともに、地球規模で環境が急激に変化しているのではと不安を覚えるほどでした。被災された地域の方々が1日も早く安心して通常の生活に戻ることができるようお祈りいたします。●明野中学校区は幸い被害の報告はありません。生徒たちも普段と変わらずに登校し、昼休みにはグラウンドの水溜りを避けるようにして元気に遊んでいます。●子どもたちが何の不安もなく遊ぶことができるこの当たり前の風景が末永く続くためにはどうすればいいのか。地球に住む全員に課せられた大きな問題です。

2017年7月5日(水)
台風一過

●朝のプールです。空も水もきれいな青色でとても気持ち良さそうなのですがすぐに梅雨空に戻りました。台風一過のいい天気とはなかなかいかないものです。●4時間目からは雨も降り出し、下校時間は大雨です。雷も轟き生徒たちが無事に帰宅できたか心配になるほどです。●「これまでに経験をしたこともないような大雨」と表現された九州北部豪雨から5年。あの記憶を風化させることなく伝えていかなければなりません。

2017年7月4日(火)
ナンマドル

●今年初上陸の台風はあっという間に通り過ぎてしまいました。一時雨風が強くなったものの学校には被害がありませんでした。しかし、側溝からは水があふれ、ドライバーの視界も悪いことが予想されるので、十分に注意をして帰るように各担任から指導してもらいました。●激しい雨が体育館の屋根をたたく中、1学期最後の全校集会が行われました。1年1組はなんと開始10分以上前に整列が終わっていました。1年全体も一番に集合が完了しました。MCCでの学習の成果が早速生かされたようです。●また、前期生徒会を引っ張ってきた執行部にとっても最後の集会です。全校生徒の前に立つ姿も発する言葉も堂々としたものです。大変なこともあったと思いますが、見えない力が一人一人に確実についていることは間違いありません。

2017年7月3日(月)
夏を制する者は

●教室の温度計は35℃に迫ろうとしています。時折吹く風も生暖かく、快適な環境からは程遠いものがあります。うだるような暑さとはこのことでしょうか。●このような中、3年生は第2回実力テストを受けました。各クラスの黒板には担任から思いのこもったメッセージが書かれています。●オープンスクールや体験入学などが次々と開催され、いよいよ受験生の夏本番です!

2017年6月30日(金)
卒業レポート

●2017年もあっという間に折り返しです。月日の流れは仕事が進まない人間にも容赦しません。●3年生の背面黒板にはついに「卒業」の文字が登場しました。中学校卒業を前に自分の興味関心があることについて、レポートをまとめて発表する学習のオリエンテーションが行われました。テーマは「未来への扉を開こう!」●残り約8ヶ月、これが長いのか短いのかは分かりませんが、次のステージに向かう準備には十分な時間だと思います。この時間をどう使うのか。時間は誰にでも同じスピードで流れていきます。

2017年6月29日(木)
一員

●1年生はMMCで学年集団の一員として行動することを学習しました。2年生は1時間目の事業所別の反省の前に急きょ学年集会です。●職場体験学習では働くことの意義を考え、その苦労や喜びを身をもって体験し、今後の進路決定に生かしていくことが目的です。多くの事業所からは「みんなとてもがんばっていました。」とお褒めの言葉をいただいています。●ではなぜ緊急学年集会なのか。問われたのは学校外での社会の一員としての自覚です。責任感を持って協力して仕事をする、公共の場で他の人に迷惑をかけない、しっかりと連絡・報告をする。●当たり前のことを当たり前にできる学年に。そして、卒業後は素晴らしい社会を構成する立派な一員になってほしいという2年部の先生たちの強い願いを感じる集会でした。

2017年6月28日(水)
この木のどこかに

●明野ではセミが鳴きだしました。鳴き声のわりには6月末に地上に出てきたのは少数派のようでその姿を見つけることはできませんでした。午後の仕事に集中できないことをセミのせいにするのは単なる言い訳です。●1年生が無事に帰ってきました。雨の影響も最小限で、バスから降りてきた表情を見ると充実した3日間だったようです。●2年生の職場体験学習も終了です。こちらはいろいろなハプニングもあり、これからの課題も見えてきたようです。●どちらの学年も明日は早速振り返りの学習があります。体験の記憶が新しいうちにきちんと総括をしておきましょう。

2017年6月28日(水)
マリンカルチャー 最終日

いよいよ最終日です。朝の集い、朝食、部屋の片づけを終えて合唱活動を行っています。斉藤先生の伴奏に男子はノリノリで歌っています。合唱を作っていくことで、学級・学年の絆も深まっていくことでしょう。

2017年6月27日(火)
マリンカルチャー 2日目午後

午後からは3・5・6・7組が水泳・カヌーの活動を行いました。雨は降っていませんが、蒸し暑い中での活動なので生徒は気持ちよさそうです。いよいよ残すところあと1日です。

2017年6月27日(火)
マリンカルチャー 2日目

2日目は曇り空ですが雨は降っていません。本日の活動はスケッチ・水泳・カヌーを行っています。カヌーをはじめて体験する生徒が多く、最初は緊張した表情でしたが慣れるにつれてみんなに笑顔が見られるようになりました。

2017年6月27日(火)
働くということ

●MMC2日目の午前中は、曇り空ながら予定通りのスケジュールで進められそうとのことです。●2年生は今日から2日間の日程で職場体験学習です。市内51の事業所にお願いをして、学校生活では体験できない学習をさせていただきます。これまで事前の学習を積み重ね、昨日は全体指導の後、事業所別に分かれて最終確認をしていました。●わずか2日で何を「体験」できるのか、それをどう生かすのか。ただ受け身で過ごすにはもったいない時間です。

2017年6月26日(月)
マリンカルチャー 初日 午前

午前中は雨が降っていません。海岸でストーンペイントの石を拾い、アイディアを出しながら作品を作りました。午後からは雨が降りそうなので、体育館でクラスマッチの予定です。

2017年6月26日(月)
MCC

●小雨の中、大型バスが正門を出発していきます。1年生が待ちに待った宿泊体験学習のスタートです。●天気はすっきりしませんが、実行委員と先生たちで雨天時用のプログラムも準備万端整っています。もし変更があっても、できないことを嘆くのではなく、できることを精一杯楽しんできましょう。●2泊3日、同級生と寝食を共にする貴重な機会です。一人一人が目的意識を明確にして、前向きに取り組んでほしいと思います。●いってらっしゃい!

2017年6月23日(金)
登下校

●毎朝学校周辺で登校指導を行っていますが、月に2回少し離れた場所まで人数を増やして行っています。●7時15分、生徒たちが早くも坂を上ってきます。早すぎるのは考えものですが、この時間ならいい準備をして一日のスタートが切れそうです。●通学路を学校から反対方向に歩いていくと3〜5人で横に広がって歩く生徒たちがいます。少し考えれば他の通行人の迷惑になることは分かるはずです。●早速各学級担任から指導してもらいましたが、ちょっとの気配りができるようになってほしいものです。

2017年6月22日(木)
定期テスト

1年生が初めての定期テストである1学期末テストに臨みました。●机の移動や荷物の整理などで朝から落ち着きません。学級担任からテストの受け方や心得についての指導もありました。●1学期の成績にも大きく関係するこのテストに向けて十分な準備ができたでしょうか。終わった後のホッとした表情、気持ちはよくわかります。●ただ大切なのはここからです。点数に一喜一憂するだけでなく間違えたところ、わからなかったところを今すぐやり直しましょう。

2017年6月21日(水)
il bello dorso

●早くも後期生徒会役員の候補者決めを行いました。本校では7月上旬に選挙を行い、2学期からの任期となります。●写真は3年生のあるクラスです。生徒会長候補を募ったところ、間髪いれず手が挙がりました。●3年生は12月までの実質4ケ月ですが、受験も気になるこの時期に立候補しようとする心意気がうれしいです。●良きリーダーは良き背中を見せなければいけません。この背中、自信とやる気に満ち溢れています。まだ候補者の段階ですが、期待をしたくなる背中です。

2017年6月20日(火)
風通し

●今、藤澤校長が先頭に立って校内外の環境整備に取り組んでいます。伸びきった枝や不要と思われる雑木は校長の手で次々と伐採されていきます。●昨日は学校主事のエリア指導員の方々が大量の木や枝の片付けと草刈りをしてくださり、とてもすっきりしました。●一方、職員室では場所や時間を問わず生徒のことや行事の取り組み等について先生たちが話し合う姿が見られます。管理職への連絡・報告はもちろん、学年間の情報交換も活発に行われています。●校長の目指す方向にいろいろな意味で進んでいます。

2017年6月19日(月)
進路U

●2年生では毎年この時期、ヤングキャリアアドバイザー講話、そして職場体験学習と進路学習が続きます。本日はいろいろな職種の若手6名が講師として話をしてくれます。●中学生は将来の職業について「よくわからん。」「高校も決まっていないのに考えられん。」ということをよく言います。わからないから学びましょう。高校も将来を見据えて選びましょう。●昔はこんな機会はありませんでした。自分のこととして積極的に臨んでこそ得られるものがあるはずです。

2017年6月16日(金)
梅雨?

●雨が降りません。日中の日差しは真夏のようです。●1年生は水曜日から水泳を始めました。水をはったばかりのばかりのプールはとても気持ちがよさそうです。先生の言うことをよく聞いて安全に楽しく泳いでもらいたいものです。●来週の期末テストに向けて部活動も中止となる週末です。各自で計画通りに学習を進めていきましょう。

2017年6月15日(木)
タマゴ

●遅ればせながらですが、先週から3週間の予定で教育実習生が来ています。「坂本先生」はなんと4年4ヶ月前には本校の生徒でした。●昔風に言うなら先生のタマゴです。このタマゴ、温めているだけではかえりません。つらいことも苦しいことも自分で乗り越えることが必要です。そしてその先にある喜びややりがいを実感することも。●教育実習は本気で教職を目指すかどうかの分かれ道です。この笑顔を忘れずに生徒と接してください。無事にかえることを期待しています。

2017年6月14日(水)
マリンカルチャーセンター

●6月末には1年生が楽しみにしている宿泊体験学習が2泊3日で行われます。今日は5時間目に係別会議をしました。●食事係の教室ではみんな一生懸命に食堂での座席を考えています。中学生にとっては誰の隣に座るかが重大な関心事なのでしょうが、食事係の本当の仕事は席を決めることではありません。●この生徒の記録用紙はまだ真っ白です。座席が決まったら他の仕事についてもしっかり話し合いましょう。

2017年6月13日(火)
大分市代表

●県総体へ出場する選手は総勢122名となりました。これは運動部活動生の比率からするとかなり高いと思います。●「明野中の代表から大分市の代表となった。さらにがんばりましょう。」と表彰式での藤澤校長の祝福の言葉です。そして「秋や春に勝って、今回勝てなかった部は何が原因かをしっかりと振り返ろう。」と続きました。まだまだ自問自答の日々です。

2017年6月12日(月)
新チーム

●今年も多くの選手たちが県総体への出場権を獲得しました。一方でこちらは3年生からの引き継ぎ、そして新チーム発足のミーティングです。●「次へ、前へ」と言っても簡単には気持ちが切り替わりません。3日たってもあの試合のことばかり思い出されます。今年の負けは本当にこたえました。●それでも時間は進んでいきます。3年生が退場し、新体制と新たな目標を決めました。●今週はオープンスクールウィークです。たくさんの方にご来校いただき、今の明中生の姿を見ていただきたいと思います。

2017年6月9日(金)
前へ

●練習の成果を存分に発揮すること、本番で力を出し切ること。これがなかなか難しいのはこれまでに何度も経験をしてきています。●いろんなことを想定して、言い聞かせて、練習をして、それでもうまくいかないときはうまくいきません。負ければ全て監督の責任です。●負けたことを振り返るのは本当につらいことです。でもそれをしなければ前に進めません。3年生は眠れない夜を過ごすことでしょう。そして、夜が明ければ新しい目標に進んでいきましょう。新チームもそこからスタートします。

2017年6月8日(木)
次へ

●続々と結果が報告されています。優勝して県総体出場を決めた部、惜しくも1点差で逆転負けした部、と様々です。●勝っても負けても、たとえ中学校での競技生活が終わったとしても中学生には次があります。いろんな“次”がありますが、次につなげていくにはまずこの結果をしっかり受け止めること。そして、この結果に至るまでの過程をしっかり振り返ることです。

2017年6月7日(水)
補助員

●初日は雨になりました。サッカーは雨の中でも試合が行われます。●本校サッカー部はシードされているので今日は試合がありませんが、サッカー部員たちはカッパを着て大会の補助にあたります。バスケ部員たちは早くから車の誘導をしていました。みんな市総体を支える大切な一員です。●ソフトボール・ソフトテニス・硬式テニス・軟式野球は順延です。この一日の過ごし方が勝敗を分ける大きなポイントになるかもしれません。

2017年6月6日(火)
会場準備

●本校はサッカーとバスケットボールの会場です。●体育館は晴天が続いたためとても埃っぽくなっています。バスケットボール部は自分たちの調整もそこそこに会場設営のためまずはフロア全体を雑巾がけです。グラウンドではサッカー部がライン引きや整備に大忙しです。●スポーツは選手だけでできるものではありません。会場の準備や試合・大会の運営、審判等たくさんの人たちの協力が欠かせません。また、これまで思う存分練習や練習試合ができたのも保護者をはじめ、多くの方の支えがあったからこそです。●最近では「感謝」と多くのスポーツ選手が口にするようになりましたが、市総体に臨む全ての選手が「感謝」の思いを胸にがんばってほしいと思います。

2017年6月5日(月)
選手激励会

●市総体が2日後に迫ってきました。本校では出場選手激励会を行いました。●各部主将から決意表明があった後、平井海斗水泳部主将と森田沙耶陸上部主将が「明中の代表として全てを出し切ります!」と力強く選手宣誓をしました。●藤澤校長の激励の言葉は「現状に満足していないか?結果にこだわれ。負けてがんばりましたは言い訳に過ぎない。」という厳しいものでした。●前大会でようやく結果を出したものの、今一つピリッとしない歯がゆさを感じている顧問としては、我が部に言われている思いで話を聴いていました。さて、我が部員たちはどうでしょうか・・・。

2017年6月2日(金)
青少協

●平成29年度明野地区青少年健全育成連絡協議会総会が本校で開催されました。この協議会は明野地区小中高の各学校だけでなく、様々な団体の代表者が集い、次代を担う子どもたちの健全な育成と安全を守るための組織です。●会議では今年度の活動計画や予算等が承認された後、それぞれの立場から情報交換を行いました。その中でもあいさつや自転車の乗り方についてたくさんの意見出されました。●中学生の皆さん、地域の方たちが厳しくも温かい眼差しで見守ってくれていることを忘れないでください。●最後に明野東小の校長先生が、先日の運動会で多くの中学生が最後まで残って片づけを手伝ってくれたことを報告してくれました。とてもうれしい報告でした。

2017年6月1日(木)
衣替え

●近年は暑くなるのが早いので、夏服への移行期間を長くとっています。すでにほとんどの生徒が夏服で登校していますが、いよいよ今日から完全に衣替えです。●これから市総体をはじめ2年生は職場体験学習、1年生は宿泊研修、そして期末テストと大きな行事が目白押しです。●蒸し暑くなってきますが、体調管理に気をつけて取り組みましょう。

2017年5月31日(水)
食事

●本日は小学校から栄養教諭の先生を招いて「食育講演会」が開催されました。中学生期に必要な栄養から競技別の適切な食事までグラフやイラストを使いながらていねいにご説明いただきました。●食事がいかに大切か、具体的にどうすればいいのかを生徒たちは学ぶことができました。次はこれを生かすことが大切です。●毎日の食事は成長期にある今の子どもたちの体を作ることはもちろんですが、将来にわたっての健康の土台作りでもあります。保護者の皆様のご協力もよろしくお願いいたします。

2017年5月30日(火)
進路

●市総体まであと1週間、高校入試までは早い人で7ヶ月半。3年生は第1回実力テストに臨みました。●勉強が苦手な人もいるでしょう。部活が終わってからと思っている人もいるかもしれません。でも、今の全てが将来につながっているのです。●自分の進路は自分で切り拓くしかありません。目標が明確な人はがんばれるものです。

2017年5月29日(月)
復調

●2年生の青ジャージが部活動に戻ってきました。学級閉鎖をしたクラスも今日から再登校です。●「終息宣言」といきたいところですが、まだまだ微減のようで、この土日に発症した生徒もいるようです。●全員の一日でも早い回復を祈っています。

2017年5月26日(金)
中教研

●本日は中教研、大分市の中学校教員の研修会の日です。本校では9つの部会が行われました。●このような大分市全教員の研修の機会が年に6回あります。またその準備や指導案の作成等で生徒たちに負けないくらい日夜研修に励んでいます。●教員たちは研修後、それぞれの学校に戻り市総体に向けての指導を行います。たくさんの車が駐車した本校のグラウンドも午後5時前には部活動生の活気ある声が飛び交ういつもの光景に戻りました。

2017年5月25日(木)
組合せ抽選

●一昨日からの雨でグラウンドは水浸しです。●負けたら終わりの市総体が近づくと各部の顧問(監督)は、試合から逆算して練習メニューを考え、生徒たちへ言葉かけをするものです。この時期屋外競技にとって困るのは雨。1日くらいならいい休養ととらえますが、数日続くと厄介です。●今日は市中体連評議員会、つまり市総体の組合せ抽選の日です。「どこと当たっても自分たちの試合をするだけ」と生徒たちには言いますが、内心はなかなか・・・。●そんなことは言ってられません。雨にも負けず、対戦相手に振り回されることなく残された時間を精一杯やるのみです。●それにしてもインフルエンザは誤算です。

2017年5月24日(水)
ゼンチュウ

●全国中学校体育大会、略して「全中」。全国の中学校運動部員の目標であり、憧れの舞台です。●この全中が8年ぶりに九州で開催されます。そこにつながる市総体が2週間後に迫ってきました。多くの3年生は全中に届かず、この市総体で中学校での部活動を終えることとなります。問題はその終わり方です。力を出し尽くしたのか、もっとやれたはずと後悔ばかりを残すのか。まずは心身ともに最高のコンディションで臨みたいものです。●ただ、季節はずれのインフルエンザが明中を襲っています。2年生は昨日に引き続き部活中止です。さらに学級閉鎖も。何とかこれ以上広がりませんように・・・。

2017年5月23日(火)
直立不動

●体育祭が終わって初めての登校は、みんなちょっと気だるい感じです。ほとんどの部活でこの2日間練習や試合があったからでしょうか。●そんな中、1年生と3年生は学年朝会を行いました。写真は3年生全クラスが集合するまで直立不動で見守る保体委員長の前川さんと松本さんです。微動だにしない姿勢に実行委員長として体育祭を成功に導いた自信が感じられます。●学年主任の那賀先生からは集合態度、私語0、機敏な行動、係での働きなど一生懸命な姿に涙が出そうなくらい感動したという話がありました。●1時間目のクラスでの反省で今年の体育祭は終了です。明日は国語と社会の確認テストがあります。3年生の中学校生活はまだまだ続きます。

2017年5月20日(土)
力戦奮闘

●体育祭が大きな事故やケガもなく無事終了しました。保護者や地域の皆様、今年の体育祭はいかがでしたでしょうか。いろいろな場面で感想を聞かせていただきたいと思います。●さて、生徒の皆さんはどうでしたか。他人からの評価は評価として、自分自身で振り返ってみましょう。うまくいったことやできなかったこと、友だちと意見が対立したけど最後は協力できたこと、暑い中でもグラウンドでは絶対に歩かなかったこと、一つ一つに全力で取り組めたのなら全てのことが貴重な経験になります。全力を尽くしたかどうかは自分にしかわかりません。●最後に実行委員長、生徒会長、各団の団長が異口同音に言っていたことが大切です。「この経験をこれからの生活に活かしましょう。」●これだけの体育祭ができた学校です。火曜日からも気持ちを引き締めていきましょう。お疲れ様でした。

2017年5月19日(金)
Ready

●実行委員会の中心となった生徒会執行部の会議の様子です。新学期から1ヶ月半、明日の体育祭に向かって走り続けました。特にこの2週間は練習や集会で自分の思いを自分の言葉で伝える場面がたくさん見られ、一人一人がリーダーとして大きく成長することができたと思います。●最終確認の全校練習は分団長が「これまでで一番いい練習でした。」と総括しました。午後からは3年生を中心に会場設営と清掃を行いました。体育主任が心配した天気も大丈夫なようです。●準備は整いました。明野中学校第46回体育祭、乞うご期待!

2017年5月18日(木)
最高学年

●3年生最後の学年練習です。1時間目ですが、全員走って集合・整列完了。時間ぴったりに始まりました。●私語なし、服装違反なし、座礼・返事よし、聴く姿勢よし。実行委員たちリーダーも主体的に動いています。●まだまだ完ぺきではないかもしれませんが、2年前の入学当初の様子をよく知る者としてはとても感慨深いものがあります。●最高学年として臨む最初で最後の体育祭です。精一杯やりましょう。「Green Story」は今大きな盛り上がりを迎えようとしています。

2017年5月17日(水)
最高の体育祭に向けて

●素晴らしい好天に恵まれて体育祭のリハーサルを実施しました。藤澤校長の「先を見通した行動をしましょう」という言葉に応えるように考えた行動をとる生徒が増えているように感じました。まだまだ改善の余地はたくさんありますが、生徒たちのやる気が伝わってくるリハーサルでした。●下の写真は学級委員を中心とした応援席係の会議の様子です。リハーサルの反省と今後に向けての確認のため午後からは係別会議を行いました。●「良い結果を得ようとするなら、良い準備をしなさい」とは本校の元校長が当時の全校生徒に呼びかけた言葉です。●最高の体育祭にするために、実行委員、各係、全ての生徒と全教職員で最高の準備を整えて土曜日を迎えたいと思います。

2017年5月16日(火)
SSW

●保護者の皆様は昨日配布したプリントをご覧いただいたでしょうか。本校では昨年度に引き続きスクールソーシャルワーカー(SSW)が配置され、基本的に金曜日に勤務することになりました。●SSWとは生徒や家庭が抱える諸問題についての相談を受け、必要があれば専門機関を紹介するなどのサポートを行う社会福祉の専門家です。登校できない生徒や集団にうまく適応できない生徒、親子関係や経済的な悩みのある家庭などはぜひご相談ください。●また、心理面から生徒や保護者のサポートを行うスクールカウンセラー(SC)も配置されています。どちらも学級担任または直接学校にお問い合わせください。●今年度はSCとSSWを加え総勢55名となりました。全教職員の総力を結集し、生徒を支援していきます。

2017年5月15日(月)
中堅学年

●休み明けの月曜日、2年生のあるクラスの朝練習の風景です。●誰に言われるでもなく体育座りで自分の順番を待っています。クラスごとの練習でも本番と同じようにきちんとやろうとする姿勢に感心しました。●「進歩 〜全校を支え、さらなる高みへ〜」が2年生の体育祭スローガンです。これまでの経験から、2年生がその名のとおりしっかりとした中核の役割を果たしている学校は間違いなく素晴らしい学校に向かって歩みを進めて行きます。

2017年5月12日(金)
学級カラー

●2・3年生から1日遅れて1年生の朝練習がスタートしました。●早速どんどん練習を始める行動派(?)クラスの向こうに何やら固まって話し合いをしているクラスが。こちらは綿密な打ち合わせの後に練習を始める理論派(?)クラスでしょうか。●学級担任のカラーなのか、リーダーの指示なのかは分かりませんが、早くもクラスの雰囲気の違いが表れているようでおもしろいものです。●クラスや学年を離れるとこんな楽しみ方もあります。

2017年5月11日(木)
朝のダッシュ

●午前7時27分、2・3年生の集団が上グラウンドに向かって猛然と走っています。●今日からクラスごとの朝練習解禁です。時間に遅れないように、友だちに迷惑をかけないようにと走るこの姿が大切です。●クラスの自由練習の時間はこの1年のクラスの雰囲気を創りだします。さあ、全員が定刻に揃ったクラスは何組でしょうか。●体育祭当日の順位よりも朝練習の様子のほうが気になる学級担任は多いはずです。

2017年5月10日(水)
ライン引き

●200mトラック、8レーン。これを一人で引くとどれだけ大変でしょうか?●引いたのは体育主任の小名川先生。5連休で唯一部活動が休みだった日曜日に朝7時から準備して開幕行事を迎えました。そして今日、昨日の雨で全て消えたラインが完璧に引かれていました。今朝は何時からグラウンドにいたのでしょうか。●体育祭成功に全力を尽くしているのは生徒だけではありません。●今年はきっと晴れますように。

2017年5月9日(火)
TEAM

●中学校初めての体育祭、初めての学年練習開始10分前、ほぼ集合完了。たった1日で改善されました。●でも、集合したあとが・・・。学年主任の田口先生から集団行動の基本中の基本の話がありました。1日で改善できた学年です。次は大丈夫ですね。●1年生の学年目標は「TEAM 〜仲間と学び、新たな進化〜」です。良き「TEAM」には良きリーダーが必要です。体育祭は良きリーダーが育つ絶好のチャンスです。

2017年5月8日(月)
開幕宣言

●上の写真は開幕行事10分前。3年生はほぼ整列完了、2年生はほぼ集合完了、1年生は・・・。●結局始まったのは開始時間を2分過ぎていました。3年生の皆さん、自分たちだけができればOKではありませんね。●「声を出し、汗を出し、知恵を出してがんばりましょう!」と前川隼佑、松本芽依両実行委員長の力強い開幕宣言でいよいよ今年の体育祭がスタートしました。全力勝負の2週間です。

2017年5月2日(火)
一進×一退

●自治:自分で自分のことを処置すること。社会生活を自主的に営むこと。(広辞苑より)●今日は年に一度の生徒総会です。自分たちで考えた目標と自分たちがやると決めた活動が承認されました。さあ、明中生の自治力はどうでしょうか。●前園あやね生徒会長は言いました。「一人一人が生徒会の一員である自覚を持って考えましょう。」今年の生徒会活動が楽しみです。

2017年5月1日(月)
薫風の候

●新年度は早くも5月です。連休の谷間の月曜日ですが、明野中の生徒たちは今日も元気に登校しています。●遅くなりましたが、今年度からこのコーナーで明中生たちの様子をお知らせいたします。今日の心地よい風のような爽やかな情報を明野の台地からお届けしたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。